サッシ・エクステリアリフォーム専門! 新田建商の仕事ブログ

自社施工実績魚津No1。新田建商店長が書き綴る、現場のこと、業界アレコレ、仕事への想い・・・。

騒音計アプリ

2013年06月28日 19時52分29秒 | その他
今日もご覧いただきありがとうございます!


最近よく、防音のお問い合わせをいただきます。
音の種類にもよりますが、防音には内窓が効果テキメンで、
いつもオススメしています。


この時あると便利なのが騒音計。
実際どれぐらいの周波数の音が、
どれぐらいの大きさで部屋に入ってきているのか。


防音ガラスと一口にいっても、メーカーによって
得意不得意の音域があります。
シャットアウトしたい音域がどの程度なのかを知ることは、
防音対策にはとても重要なものです。


そこで今日ご紹介するのがコレ!
なんとあなたのスマートフォンが騒音計に!
騒音計アプリ 『RTA Lite』 のご紹介!





なんかラジオショッピングみたいになってきましたね。
けどなにも売りつけないので安心してくださいね。


で、気になるその正確性ですが・・・
いろいろと検証させてもらった結果
かなり正確に音域とデシベルを計測できます。


今後防音対策の現場では重宝しそうなアプリです。


今日も最後までご覧いただきありがとうございます!
おかげさまでガラス一筋99年! 有限会社新田建商
新田健太郎
コメント

窓のオペレーターハンドル取り換え

2013年06月20日 19時18分33秒 | ドアや窓、引き戸の修理・メンテナンス
今日もご覧いただきありがとうございます!


お風呂のルーバー窓を開け閉めするハンドル。
これが回しても窓が開かなくなったということで取り換えることになりました。


取り換え後の写真はこんな感じです。



お風呂のオペレータハンドルはちょくちょく取り換えのお問い合わせがあります。
水分のある場所なので、やはり傷みも早いのかもしれません。


新田建商ではこのようなちょっとした修繕も得意としています。
お困りごとがありましたら、事の大小問わずお気軽にお問い合わせくださいませ。。


今日も最後までご覧いただきありがとうございます!
おかげさまでガラス一筋99年!有限会社新田建商
新田健太郎
コメント

カットモールでサッシ取り換え

2013年06月18日 20時21分41秒 | 内窓・サッシ取付
今日もご覧いただきありがとうございます!


北陸いよいよ梅雨入り。
暑い暑い夏ももうすぐそこまで来てますね。


さ、ということで今日はサッシ取り換えの現場です。
市内にお住いのYさま
とにかく冬の結露にお困りだということでした。


内窓という手もありましたが、少しでも結露が減る方法ということで、
サッシそのものを結露が大変少ない最新の断熱サッシ+ガラスに
取替えすることになりました。


今回は『カットモール工法』を採用しました。
工事の流れは

サッシ周りの外壁をカットし、
古いサッシを取り外し、
新しいサッシを取付け
防水シーリングを施工し
外部はモール材を回して仕上げ、
内部は別途造作工事をして仕上げます。


サッシ取り換え工事としては
難易度、求められる精度が高い部類にはいるのではないでしょうか。
最近、新田建商では人気が高い工事メニューです。


今回取り換えるのは全部で3セット。
その中でも特に今回お伝えするのが台所にある勝手口ドア、

『開け閉めすることはない。明かりがとれればそれでOK』

ということでしたので、思い切って
高い断熱性が得られるガラス面を大きくとったFIX窓に
することになりました。


いきなりですが、外壁をカットし、取り外された勝手口ドアの図



そして新しく取り付けられた断熱Loweスリガラス調ペアガラスのFIXの図



カットモール工法のメリットの一つが
まったく新しい形のサッシにすることができる点です。
いままでよりももっと明るく、そしてなによりも結露がとっても少ない勝手口に
なりました。


結露でいたんだ床も簡易補修シートで修繕して工事完了。





大変いいがになりました!


今日も最後までご覧いただきありがとうございます!
おかげさまでガラス一筋99年!有限会社新田建商
新田健太郎
コメント

通風タイプの勝手口ドアへ取り換え

2013年06月14日 19時39分17秒 | 網戸製作・張替え
今日もご覧いただきありがとうございます!


暑い日が続きますね
なにか変な汗がいっぱい出てきます・・・。
年でしょうか・・・。


さて、先日のブログでもご紹介していた
通風タイプのドアへ取り換えする現場ですが、
(先日のブログはコチラ)
工事が無事に完了しました。


段取り八分とはその通りで、現場での作業は最小限で済みました。
無駄な現場作業は、リスクを生みます。
極力現場作業が少なくなるように段取りするのが新田建商流です。


できあがりはこんな感じです。





枠はそのまんま残し、ドア本体だけを取り換えする方法ですが、
とにかく低コストで通風タイプのドアに取り換えできるということもあり、
この時期、新田建商でも人気の工事です。


今日も最後までご覧いただきありがとうございます!
おかげさまでガラス一筋99年!有限会社新田建商
新田健太郎
コメント

網戸の外れ止め

2013年06月13日 19時23分55秒 | 網戸製作・張替え
今日もご覧いただきありがとうございます!


へたをすると傷害事故に発展するかもしれない!
そんな事故が最近よく起きているようです。


それは網戸の落下事故。
最近網戸が落ちた、壊れた、というお電話、お問い合わせが急増しています。
2階の網戸が落ちて、下に人がいたら大けがをします。


ほとんどの網戸には
『外れ止め』
という装置がついています。
網戸が簡単に落ちないようにするものです。
プラスドライバー一本で調整ができます。


網戸のタテ枠の一番上の側面に外れどめ部品がついていることが多いのですが、
この部品のネジをいったん緩め、 網戸のレールにあたるギリギリまで持ち上げます。
その後、緩めたネジを締めこむことで網戸は外れなくなります。


これが外れ止めの写真。





ちょっとわかりにくいですが、写真中央のちょっと上あたりに
ネジが見えます。これが外れ止め部品のネジです。


網戸によっては全く違う形の外れ止め部品もあります。
もしもわからないことがあれば、私たちまでお気軽にお問い合わせくださいね。


今日も最後までご覧いただきありがとうございます!
おかげさまでガラス一筋99年!有限会社新田建商
新田健太郎
コメント

段取り八分

2013年06月06日 19時23分59秒 | その他
今日もご覧いただきありがとうございます!


段取り。
下準備。


どちらも実際の現場では目立たない隠れた仕事です。
でも段取り八分といわれるように、段取り(下準備)さえしっかりできていれば、
現地での労力が本当に少なくて済みます。


楽なだけでなく、安全に、かつきれいに仕上がります。
仕事してても気持ち良いものです。

『いい仕事できたなぁ~』と感じるときは決まって、
段取りがよかった、下準備が的確だった、
ということが多いです。


さて、今回の現場はドアの取り換え工事。
勝手口を通風タイプに取り換えるというものです。
そして今日はその下準備。


現地の蝶番をそのまま再利用する為、
ステンレス製の裏板を製作し、ドアにネジ止め。
これで現地での加工が格段にやりやすくなります。





これで明日はきっと
『今日もいい仕事できたなぁ~。』といえるはず!


今日も最後までご覧いただきありがとうございます!
おかげさまでガラス一筋99年!有限会社新田建商
新田健太郎

コメント

木製引き戸をアルミ引き戸に

2013年06月04日 17時14分40秒 | ドアや窓、引き戸の修理・メンテナンス
今日もご覧いただきありがとうございます!


だいぶガタがきている木製引き戸。
開け閉めするのも一苦労な状態なので、アルミ製の引き戸に
取り換えたい! というご要望をいただきました。



ということで突然ですがAFTERはこんな感じです。



開口部の詳細な採寸、クセ、かたがり等調査したうえで
設計図を描き、取付します。 簡単なようで実は結構手間暇がかかります。


開け閉めは今までと比べ物にならないほどスムーズになりました。
これで物の出し入れもおっくうになりませんね。


今日も最後までご覧いただきありがとうございます!
おかげさまでガラス一筋99年!有限会社新田建商
新田健太郎
コメント

トイレの折戸

2013年06月03日 17時23分18秒 | ドアや窓、引き戸の修理・メンテナンス
今日もご覧いただきありがとうございます!


トイレの入り口に折戸が入っていました。
それが壊れたので新しいものに取り換えすることになったのですが、
できるだけ安く、工事も最小限で済むようにしたいというご要望でした。


すごく古いものだったので、扉だけ入れ替えもできない。
新しい建具を付けようと思ったら枠の入れ替えがでてきて大がかりな工事に・・・。


こんなときは壁や床を壊さず新しいサッシを付けられるカバー工法がぴったりです。
用途は少し違いますが、浴室改装用カバー工法をご提案させていただきました。


トイレ向けに少し改良を加えて、取付。
仕上がりはこんな感じ!



開け閉めがとってもスムーズになりました!


今日も最後までご覧いただきありがとうございます!
おかげさまでガラス一筋99年!有限会社新田建商
新田健太郎
コメント