えむこの小部屋

音楽と写真と自然と・・・・

京都②

2012-05-24 01:33:29 | 関西
山科からバスに乗って。
四条河原町でバスを降り八坂神社前から清水寺へブラブラ。突然、目の前に五重塔が!重要文化財の八坂の塔



清水寺  修学旅行以来です。


観光客がいっぱいです。


見事な桜。
神戸で桜を見て、夏の沖縄6日間→京都で桜→北海道はまだ寒い。変な気分です。


京都駅の売店で購入した「春の行楽弁当」桜の横のベンチでいただきました。
2010年のお伊勢参りにも同じ弁当でした。


「摩利支尊天」
東京の泉岳寺で、「大石内蔵助が髷(まげ)の中に摩利支尊天を納めて討ち入りしたのですよ」と、
売店の男性に教えてもらったのを思い出して、入ってみました。


桜の花びらが、雪のように・・・建仁寺


摩利支天の語源は、サンスクリット語で、陽炎(かげろう)を意味するマリーチの音を漢字に
写したものです。陽炎には、実体がないので、捕らえられて傷つけられることがないところから、
戦国の武将の間に摩利支天信仰が広がったようです。


経には、猪車に乗りて立つこと舞踊の如しと記されています。


日本で祀られている像の多くが
猪を眷属(けんぞく)として従えているのは、この経からきているのでしょう、と、いうことです。


蒔絵調根付守を購入してみました。


摩利支天は、開運と勝利のの女神さまだそうですよ。
狛犬じゃなくて、狛猪っていうのが、かわいいですね。


京の五条の橋の上、牛若丸と弁慶が出会いました。
五条の橋が、当時と場所が違うそうです。


5条から歩いて京都駅へ
近代建築の中にどーんと、東本願寺がありました。改装中のところも。


京都駅に着きました。


ホテル京阪京都から関空行きの高速バスに乗って大阪国際空港に無事につきました。



ピーチに乗って、北海道に帰ります。


コメント

京都(山科 大石神社)

2012-05-23 19:39:59 | 関西
4月14日。大阪から京都にきました。


バスの中から鴨川を撮る。沖縄とくらべたら、かなり寒いです。


バスから降りて、桜が咲いている所までテクテク歩きます。


ジャーン。着きましたー!京都山科大石神社です!


桜が素晴らしい。




大石桜


小雨が降って雰囲気がすごくいいんです。


大石さま


大石さま


元禄14年7月から15年9月まで大石内蔵助さまが、京都山科のこの近くに隠棲しました。






大石邸宅跡碑

細川邸で散る梅の花を見て歌を詠みました。
「水にうつる花や藻屑に浮き替へて散りしを恨む庭の梅が枝」 


大石さまの邸宅は討ち入り後取り壊されましたが、廃材でこの茶室が作られました。
外観は改装されていますが、内部は当時のままだそうです。






「大石内蔵助遺髪塚」
吉良邸へ討ち入った四十七士の一人、寺坂吉右衛門が持ち帰った遺髪を祀っています。




コメント

大阪

2012-05-23 17:40:30 | 関西
神戸から大阪にきました。
ここは大阪城。沖縄のグスクを見てきた後なので、大阪城の石垣の規模の大きさには驚き。


4月16日の大阪城。まだ桜が咲いていました。


花よりだんご?


三ヶ月ぶりに大阪の夜の街を歩きます。


今回は、大食いでおなじみのジャイアント白田さんのお店へ


「串かつ しろたや」です。


ジャイアント白田さんが、お店の串揚げを全部たべるというテレビ番組を見ましたが、
全部食べるとは・・・さすがです。


白田さんがお店に出勤されるのをチラッと見ました。
白田さんがいなくても、ポスターがあるので、白田さんのお店に来たぞー!という雰囲気は出ます。


コメント

須磨浦公園

2012-04-22 23:37:39 | 関西
山陽電車須磨浦公園駅からすぐの場所にある公園です。
ここに、義経が・・・と、思いましたが、場所が場所だけに、浜に逃げてゆく平家のことを考えました。


思いがけず、今年の関西旅行も桜が満開で、お花見ができました。


須磨浦公園の付近は、「戦の浜」とも呼ばれていて、 「一の谷合戦」の舞台になった場所。


日本の勢力範囲を線刻した、直径1.2m、重さ2.4tの花崗岩製の地球儀


地球儀がないですね。

阪神淡路大震災の時に、ゴロンと落ちたそうです。


須磨浦公園のこの階段をテクテク登っていくと「一の谷公園」があります。
せっかく来たので登りましょう。


とても見晴らしがいいですねぇ。


「一の谷公園」です。とても可愛らしい公園ですよ。


南国ムードたっぷりですね。


安徳天皇 は治承四年(1180年)に2歳で即位されました。
おじいちゃんは、平清盛ですね。
当時、天皇は大輪田沖(おおわだおき)の平家の軍船に守られて、船上で生活していたそうです。
この一の谷町に内裏を置かれたということです。
源義経の奇襲に敗れて、屋島に逃げ、その後、日本史で習ったように、安徳天皇は下関の壇ノ浦の戦いで、
祖母に抱かれ、8歳で海中に身を投じました。 三種の神器のうち、宝剣と共に没したそうです。
安徳天皇の冥福を祈る ために祀られたのが、本宮です。



どういうゆかりでしょうか?皇女 和宮の銅像
幕末動乱期に公武合体の切り札として政略結婚をさせられた宮様です。
NHKの大河ドラマ「篤姫」で 、堀北真希ちゃんが演じてましたね。


山陽電車須磨浦公園駅から西へ歩いて約2~3分くらいの所にあります。


須磨浦公園西側、三の谷の西、国道2号線沿いにある大きな五輪塔の石塔で、地上部の高さが約3.5mあります。
                                        
                                             イケメン敦盛さん
   

また神戸に帰ります。

源平のことを考えながら
そごう神戸店の京甘味「文の助茶屋」で食事しました。NHK「平清盛」が益々面白くなりそうです。
コメント

須磨寺

2012-04-19 21:41:59 | 関西
源平合戦ゆかりのものが、数多くあるといわれる「須磨寺」です。




弘法岩五鈷水

大師様だと思わせるような石を求めて四国各県を訪ね歩いたそうです。
そしてめぐり合った大岩を「弘法岩」と称し迎えられたそうですそんな風に見えますね。


16歳の平敦盛と源氏の武将・熊谷次郎直実の一騎打ちのシーンをブロンズ像で再現しています。


騎馬で海上の船に逃げようとした敦盛を、敵将を探していた熊谷直実が
「敵に後ろを見せるのは卑怯でありましょう、お戻りなされ」と呼び止める。

敦盛が取って返すと、直実は敦盛を馬から組み落とし、首を斬ろうと甲を上げると、我が子直家と同じ年頃の美しい若者。


直実は敦盛を助けようと名を尋ねるが、敦盛は「お前のためには良い敵だ、名乗らずとも首を取って人に尋ねよ。
すみやかに首を取れ」と答え、直実は涙ながらに敦盛の首を切った。

笛の名手として知られ、若くて美しい美少年「平敦盛(たいらのあつもり)」

前日に聞こえてきた笛の主が敦盛だと知り、自身の息子も16歳で戦いにより命を落としている直実は、
その後、この世を哀れんで歌を詠んでいます。

「人間五十年、化天の内をくらぶれば、夢幻の如くなり
    一度生を受け、滅せぬもののあるべきか」

敦盛の首を洗った池です。

敦盛の首実検の時に、義経が座った松の木です。

コメント

神戸(三宮 南京街)

2012-04-17 12:52:58 | 関西
関西国際空港から高速船に乗り、神戸へ向かいました。

「本高砂屋、元町本店」で、きんつばを食べました。コーヒー&きんつばで、500円です。
出来立てのせいなのか、皮が軟らかくて美味しかったです。

元町から南京街へ。ピンクのマグノリアの花が満開です。

派手な中国美。人生で2回目の南京街。

広場に、いつもいる男の子と女の子。前回行った時と男女右左が逆になってます。

「シェフがテレビに出たことあるよ~」と、言われて入ったお店。おばちゃんの呼び込みが上手なので、
次から次とお客さんが入ってきます。
コメント

peach(ピーチ)に乗ってみました。

2012-04-15 15:43:06 | 関西
4月7日(土曜日)新千歳からピーチに乗って、関西国際空港に行ってきました。


ピーチは色が可愛くて私の好みですね~❤❤




ここだけピンクなのが、いいですね。


初日は売り切れになったお弁当を買ってみました。700円でした。


ANA FESTA 千歳ゲート一号店から買った「白プリン」です。まりもようかんのように、爪楊枝でプスッと押してやぶるので、ドキドキしますよ。280円です。


機内でのおやつとか書いていたので、買ってみましたが、狭いので、きびしいです。
コメント

大阪

2012-04-04 14:24:18 | 関西

すごく遅くなりましたが、1月の済州旅行の続きです。
鶴橋に行ってきました。  韓国宮廷餅カフェ「茶母」
かぼちゃ粥とオミジャ茶のセット。お餅もキムチも美味しい。もちろん、かぼちゃ粥も。


「茶母」の店内。鶴橋で色々見てから、ここに入ってのんびり・・・落ち着きました。


アメリカ村でハンバーグレストラン「びっくりドンキー」を見つけました。


こちらは、道頓堀。びっくりドンキーって、道外にもたくさん店舗があるのですね。


にぎやかな千日前商店街にある「なんばオリエンタルホテル」なんばグランド花月のすぐ近くです


旅行最後の日も「なんばオリエンタルホテル」に泊まりました。今度は、4階ガーデンフロアーの部屋。
これで、札幌→大阪→チェジュ→大阪の旅も終わりました。


コメント

関西国際空港

2012-01-22 17:49:01 | 関西
関空は、2度目ですが、国際線は初めてです。


エスカレーターで上ると荷物を持ってるし、高すぎて怖いです。


早朝6時ですから、人がいません。


パーマンですよ~


ジャイアン、スネ夫、ジャイ子


どらえもんと不二子先生
コメント

丹波ワインと大根のぴくる酢

2011-06-26 12:08:00 | 関西
お気に入りのテレビ番組に、辰巳琢郎さんの「辰巳琢郎のワイン番組」があります。
先日のテレビ放映は、京都のワイナリー「丹波ワイン」でした。

関西に旅行に行った知人のお土産が「丹波ワイン」でしたよ。
飲むのが勿体ないですね。
大根のぴくる酢、どんな味でしょう。

丹波鳥居野CabernetSauvignon&Merlot
 (カベルネソーヴィニヨン&メルロー) vintage2007


コメント