えむこの小部屋

音楽と写真と自然と・・・・

カナディアンワールド★キャンドルアート2010

2010-08-08 17:07:51 | カナディアンワールド公園
8月7日(土)芦別市にあるカナディアンワールド公園に行ってきました。


公募で、中学3年生の女の子のデザインが選ばれたそうです。




大粒の雨が降ってきたのですよ。


子供たちの手により、キャンドル(特製松明)の灯が付けられています。




雨の中、がんばって灯をつけている姿、感動ですね。


女の子、完成ですね。


男の子も完成です。


手をつないだ男の子と女の子が、星をつかんでいる飛んでいる?
「輝く湖水」に絵が浮かんでいます。

レーザー光線のショウがありました。

煙が焚かれて、流れてきた煙にレーザー光線があたると、オーロラのように綺麗に見えるのですよ。
コメント

カナディアンワールド公園

2010-06-18 23:09:02 | カナディアンワールド公園
一年ぶりに来たカナディアンワールドの素晴らしい景色に圧倒されました。
歳月を経て、木も育ち、とてもナチュラルな公園になりました。
一時は人も少なく淋しいカナディアンワールドでしたが、
今年は、オープンしたお店も増えて、一軒一軒お邪魔させてもらって楽しく過ごしました。


ポストオフィスとリンド夫人の家


のっぽの時計塔セントジョン


クリスティアンヌ


アンの教会


輝く湖水
とても天気がいいのに、気持ちいい風が吹いてきます。
コメント

ダイアナの家から見たアンの家

2010-06-18 18:07:10 | カナディアンワールド公園

ダイアナの家は、素敵なレストラン。
昨年は、映画の撮影にも使われたそうですよ。

ダイアナの家です。

卵の白身で作ったシフォンケーキです。
ふわふわして、すごーくおいしいのです。
お料理上手な奥様と、気さくなだんな様。
中国映画「肩の上の蝶」の撮影風景を撮ったアルバムを見せていただきました。


ダイアナの家のだんな様が、お手入れされていました。
あまり綺麗にイングリッシュローズが咲いているので、
造花かしら?と、思いさわってみましたら、本物でしたよ。


ダイアナの家です。
実は、前日にカナディアンワールドを見たりなかったので、次の日も行きました。
他の家に行って、最後に「ダイアナの家」に寄ったらもう、しまっていました。


リンドおばさんの家
いつも入れなかったのに・・・入れました。うれしかったです。
今年オープンしたお店です。
モンゴメリ女史の本がたくさんありましたよ。
手作りのパッチワークやキルトが飾ってありました。
みすぼらしかったリンド夫人の家が、とても素敵になって、私もHappyでした。
コメント

アンの家

2010-06-14 16:22:45 | カナディアンワールド公園
1年ぶりに、カナディアンワールド公園に来ました。
今年のカナディアンワールドも、一段と素敵になりましたよ。

Green Gablesの前庭に咲くケマンソウ(華鬘草)別名タイツリソウ(鯛釣草)



Green Gables

ペンキも綺麗に塗られて、まさに、「グリーンゲイブルス」です。


Green Gables2階アンの部屋
平成2年1990年、カナディアンワールドとしてオープンした時から
変わらぬ佇まい



割れた石板も当時のまま



客間寝室


マリラの部屋




裁縫部屋




応接間
コメント

星の降る里 芦別カナディアンワールド公園

2009-05-05 20:23:56 | カナディアンワールド公園
4月29日に開園したばかりです。


アンの部屋です
 

マシュウがアンにプレゼントしたパフスリーブのワンピース


アンがギルバートの頭で割っちゃった石盤


アンが盗んだとかん違いしたマリラの紫水晶のブローチ
マリラのお部屋にありました


白樺にかこまれたダイアナの家。アンの部屋から見えます。


ダイアナの家からもアンの家が見えます。ここは、レストランになっています。




ダイアナの店で食べたグリーンスパゲティ。野菜たっぷりでおいしいです。


こちらは、しめじとベーコンのスパゲティ


左が郵便局、右がリンドおばさんの家


教会です。アンに親切にしてくれたアラン牧師夫妻はいるのかしらん?


以前はここで結婚式も行われていました。
そとには、カップルの手形のレリーフが今でも飾られています。


ステンドグラスは、本物?高い位置にあるので、わかりませんでした。


ゲートを入るとすぐにあるサロンケンジントンの「風の音」
これは、芦別で有名な「ガタタン」と、いうスープです。
午後から、肌寒くなってきたので、身体が温まりました。


ゴールデンウィーク中に訪れた人にプレゼントしていましたパンジーです。
レストランダイアナの家と、お茶を売っている家からいただいてきました。
お茶を売っている家の方には、コーヒーをご馳走していただきました。
アンティークのテーブルセットで、自分の家のようにくつろいでしまいました。


コメント