自由民主党 柏市議会議員・円谷憲人 公式ブログ

千葉県柏市議会議員 円谷のりひとの議会・活動報告、政策提言など。記事には政治活動以外の内容(雑記)も含まれます。

「柏多目的アリーナ」建設の計画策定を=議会報告

2015年05月22日 15時56分05秒 | 政治・議会活動
 地域の活性は、様々な視点から施策を進めるべきです。そのひとつとして、駅から徒歩圏内にスポーツ、文化活動、イベント、コンサートなどが行える多目的施設をつくることが必要だと以前から議会においても訴えております(地域活性と「柏アリーナ」構想=議会報告)。JX―ENEOSサンフラワーズのホームゲームが柏で行われなくなった(JXサンフラワーズのホームゲーム再開を=議会報告)ことにより、さらにその思いを強くしております。そこで先の議会において、もう一度「アリーナ構想」について次期総合計画にっ盛り込むよう質疑・
要望をいたしました。下記はその要旨。

――策定中の次期総合計画についてお尋ねする。これまでも計画に盛り込むことを要望してきた多目的アリーナの建設に関しては芸術、文化の振興、スポーツ振興、市民の交流あるいは経済活動に至るまで、多岐にわたる分野での地域活性のために必要な施設のひとつであること、公が担うべき事業であること、これについてはこれまでの議会で答弁をいただいている。それを踏まえての、現段階での計画への導入を含めた検討状況は。

企画部長「次期総合計画の策定状況は、現在は基本構想の構成案などについて審議が行われているところであり、個別具体の事業については作業に入っていない。庁内における検討状況や審議会の審議動向を見据えながら、基本構想に上げるまちづくりを実現するためにはどのような施策や事業を優先的に実施していくべきか、現状分析や人口推計などの将来分析を踏まえて検討する必要がある。また、本市の財政状況は、少子高齢化に伴う生産年齢人口の伸び悩みなどの課題を考えると、経費削減や業務効率性の追求だけではなく、一歩踏み込んで施策の重要度や優先度に応じた事業選択をし、効率的で積極的な行政運営を一層進めなければならない。したがって、これらの視点を十分踏まえながら、スポーツ振興、地域活性化策のひとつでもある多目的複合施設の位置づけについても今後検討してまいりたい」

――JX―ENEOSサンフラワーズのホームゲームを開催できないなどの問題を考えても、複合アリーナが必要なんじゃないかと思う。今後いろいろと市民からの要望などにしっかり耳を傾けて、(計画策定を)進めていただきたい。

 現在のところ、声高にアリーナの必要性を訴えている議員は私以外におりません。多目的複合アリーナをつくることは、多額の費用と期間を要する事業であり、いかに機運を高めていくかが重要です。実現に向けてがんばってまいりますので、後押しをお願い申し上げます。

※総合計画……自治体において、行政運営のすべての基本となる総合的な指針を定めた計画。10年ごとに計画策定される。


■関連リンク
地域活性と「柏アリーナ」構想=議会報告
JXサンフラワーズのホームゲーム再開を=議会報告
『千葉県』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
« 民間の力を生かせる災害協定... | トップ | 青年部長に留任=自民党柏市... »
最近の画像もっと見る

政治・議会活動」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事