自由民主党 柏市議会議員・円谷憲人 公式ブログ

千葉県柏市議会議員 円谷のりひとの議会・活動報告、政策提言など。記事には政治活動以外の内容(雑記)も含まれます。

なり手不足への懸念の声=民生委員推薦会

2013年09月26日 13時21分49秒 | 高齢者福祉政策
 本日は、市議会教育民生副委員長として「民生委員推薦会」に出席しました。民生委員(児童委員を兼ねる)は、地域においての住民の相談役・見守り役としてご活躍いただいております。柏市では、本年が3年の任期が終わる一斉改選の年に当たります。

 会議の中では、各町会長から推薦された各候補者を市長に推薦するかを審議するとともに、委員と行政間での意見交換も行われました。委員はわれわれ市議会議員のほかに現職民生委員、福祉事業関係者、学識経験者など多岐に渡る方々で構成されています。そういった方々の意見を聞く場はなかなかないので、貴重な機会となりました。
 
 意見の中には、民生委員のなり手不足の懸念がありました。柏市も改選後は民生委員497人となりますが、一方で35人が欠員となっております。ボランティアとして多くの時間を費やす民生委員の不足は、社会の成り立ちの変化、次代の流れの中で深刻な問題になる可能性があります。高齢化や独居老人の増加を考えれば、民生委員は自助・共助・公助の共助の部分で不可欠な存在です。今後の重要な課題ととらえ、どんな対策が有効か研究して参ります。

 なお、当会で推薦された各民生委員候補者は、審査会専門分科会の諮問を経て厚労大臣より委嘱されます。

■関連リンク
民生委員・児童委員について(厚労省)
『千葉県』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
« スポーツ施設の充実化をめざ... | トップ | 秋山市長、2期目の重点政策... »
最近の画像もっと見る

高齢者福祉政策」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事