もっきぃの映画館でみよう(もっきぃの映画館で見よう)
年間100本の劇場鑑賞、音声ガイドもやってました。そんな話題をきままに書きます。ネタバレもありますのでご注意を。
 



この手のタイトルというに、私はいままでいったい何回騙されてきたかと 言う気がしないでもないのですが、行ってきました。そして、やはり、内容が 薄かったです。(テアトル梅田にて鑑賞 満足度40% オススメしません。) ひとつ驚いたのは、宣伝で「大相撲」のシーンがでていたのですが、今話題だし 大きく宣伝しているのかなと思っていたのですが、結構時間を割いていました。 小錦、曙、そして八百長を暴露した元小 . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




凄かった。今年のナンバーワンかも?福知山シネマで1週間上映して くれたおかげで、映画館でみれました。 連合赤軍についてよく知っているわけではないので、これが実録なのかは わからないです。だけど自分がこの若松監督の表現した当時の環境に ひとりのメンバとして存在していたらおなじこと(同士殺しへの加担)を したのではないか、逃げられなかったのではないかと 納得させられる迫力がありました。 また、この . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 10 )




2007/12/? テアトル梅田 モーニングショー2本立て 6割ぐらいの入りだったかな?<上のしおりは映画館のカウンターにおいてありました> 2007年は、没後十周年記念ということで、 86年[母なることの由来]のデジタル復刻版(83分)と 04年[母なるひとの言葉](55分)の2作品が上映されました。 一部映像は重なっていますが、前者は80年代前半の活動を中心に 後者は97年の国葬の模様及びシ . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 1 )




これから見られるAさんへ いつからぶりだか?お久しぶりです。 「ヒロシマナガサキ」見に行かれるとのこと、一足お先に見たので、 ひとりよがりながら、感想を書かせていただきます。 最初、「ヒロシマナガサキ」と聞いたときは、またかという感じ。 ニュースで広島平和宣言の「被爆者の哲学」という言葉を 聞いてもピンとこず、季節柄みておこうと足を運びましたが、 今ではとても良い、聞く体験をさせていただいたと . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 2 )




元気ですかーっ!! もっきいです。ご無沙汰です。もうこのブログなくなちゃったと思われた方 いませんか?まだまだほそぼそと続けていきます。よろしく。 マルタから日本に帰ってもう7週間、いままでの生活に戻るにつれ 英語をどんどん忘れてゆく感じに、ちょっと焦ってます。それで映画は 英語のものを3本。でも、英語以外でどうしても見たくなるものもありまして、 さらに、ラジオで聞いたのですが大島渚監督は、いま . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




タイトル:ヒョンスンの放課後(原題 A State of Mind) ジャンル:北朝鮮ドキュメンタリー/2004年/94分 映画館:神戸アートビレッジセンター(84席) 鑑賞日時:2004年12月2日 (日),10:30~ 13人(男9、女4) 私の満足度:65%  オススメ度:50% 1995年のゴールデウィーク「平和のための国際スポーツと文化の祭典」が ピョンヤンで開かれ、前後2週間ぐらい . . . 本文を読む

コメント ( 4 ) | Trackback ( 8 )




タイトル:めぐみ -引き裂かれた家族の30年 原題:Abduction The Megumi Yokota Story 製作国:アメリカ ジャンル:ドキュメンタリー/2006年/90分(アメリカ版は85分) 映画館:シネ・リーブル神戸(102席) 鑑賞日時:2006年12月2日 (土),14:10~ 35人ぐらい 私の満足度:65%  オススメ度:60% 最初に、アメリカでこの映画がつくられる . . . 本文を読む

コメント ( 14 ) | Trackback ( 23 )




タイトル:Dear Pyongyang ディア・ピョンヤン(ヤン・ヨンヒ監督) ジャンル:北朝鮮、ドキュメンタリー/2005年/107分 映画館:第七藝術劇場(96席) 鑑賞日時:2006年11月4日50人 私の満足度:70%  オススメ度:70% 以前に、北朝鮮に5回行き、チュチェ思想を学んだという人と 話したことがある。「拉致なんてありえない」と熱く語って いた彼は、いったい今どうしている . . . 本文を読む

コメント ( 8 ) | Trackback ( 10 )




タイトル:蟻の兵隊(池谷薫監督) ジャンル:ドキュメンタリー/2005年/101分 映画館:第七芸術劇場(96席) 鑑賞日時:2005年9月24日 60人 私の満足度:80%  オススメ度:100%この作品が多くの人に鑑賞されることを望みます。 東京では11週間のロングラン、大阪でもアンコール上映で やっと見る機会に恵まれました。梅田(大阪)からさらに乗換て いかなれけばならないこの映画館は、 . . . 本文を読む

コメント ( 8 ) | Trackback ( 13 )




タイトル:送還日記 韓国(原題:送還) ジャンル:奇跡のドキュメンタリー/プルン映像2004年作品/148分 映画館:大阪・第七芸術劇場(96席) 鑑賞日時:2006年5月2日(火),12:50~ 15人 私の満足度:75%  オススメ度:75% (ぴあより) "北のスパイ"と呼ばれる老人たちを取材したドキュメンタリー。 韓国で逮捕され、厳しい拷問を受けても北朝鮮の思想を 捨てなかった”非転向長 . . . 本文を読む

コメント ( 3 ) | Trackback ( 11 )




なんと言っていいとやら、脈略なくだらだら書きます。 私のブログに、「ゆきゆきて、神軍」の感想があるのですが普段の アクセスは、ほとんどないのに、お亡くなりになった26日は19、 27日は、21のアクセスがありました。これは私のブログの79件の 記事のなかでページアスクセス数が2番目に多いことになり、 ここにも神軍パワーを感じます。 『奥崎という「主演」俳優のおもしろさにひかれた』 という人の意 . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




タイトル:運命を分けたザイル,TOCHING THE VOID/イギリス 原作:「死のクレバス アンデス氷壁の遭難」ジョー・シンプソン著 ※原作者が、脚本担当。出演もしてます。岩波現代文庫1050円 ジャンル:山岳ノンフィクション映画化/2003年/107分 映画館:テアトルタイムズスクエア(340席) 鑑賞日時:2005年3月11日(金),18:50~ 90人 私の満足度:70%  オススメ度: . . . 本文を読む

コメント ( 5 ) | Trackback ( 21 )




タイトル:スーパーサイズ・ミー /アメリカ ジャンル:人体実験ドキュメンタリー/2004年/98分 映画館:渋谷シネマライズ(303席) 鑑賞日時:2005年1月23日(日)19:40から満員(特別料金) 私の満足度:60% オススメ度:60% 日曜日の最終回は、1000円の特別料金のためか?満員。 この映画館、床が後にいくほど低い逆スロープで、その分 背もたれが傾いていて、一旦すわるともう動け . . . 本文を読む

コメント ( 6 ) | Trackback ( 30 )




タイトル:ゆきゆきて、神軍/邦画 ジャンル:ドキュメンタリー/1987年/122分 映画館:シネマスクエア東急(224席) 鑑賞日時:2005年1月29日(土)9:00から約50人 傑作度:85% オススメ度:85% DVD :4935円税込 この作品について書くのは正直、気が重い。でも自分はこの作品が ドキュメンタリーでの最高傑作と思うので、稚拙であれなんであれ ここでなにも書かずにとおり過ぎ . . . 本文を読む

コメント ( 1 ) | Trackback ( 4 )




タイトル:もし、あなたなら~6つの視線/If You Were ME 韓国 ジャンル:人権をテーマにしたオムニバス/2003年/110分 映画館:新宿武蔵野館3(84席) 鑑賞日時:2005年1月15日(土)21:10から約50人、初日 私の満足度:75% オススメ度:70%(派手さはないです、リアルな手術なシーンあり) この映画実は、今月「カンフーハッスル」「トニー滝谷」とともに 満足度100 . . . 本文を読む

コメント ( 3 ) | Trackback ( 8 )



« 前ページ