もっきぃの映画館でみよう(もっきぃの映画館で見よう)
年間100本の劇場鑑賞、音声ガイドもやってました。そんな話題をきままに書きます。ネタバレもありますのでご注意を。
 



タイトル:ベルヴィル・ランデブー /フランス(ベルギー・カナダ) ジャンル:フレンチ・アニメ/2002年/80分 映画館:テアトルタイムズスクエアーズ、新宿(340席) 鑑賞日時:2005年1月22日(金)17:35から約170人 2回目1月29日(土)11:20から約70人 私の満足度:75% オススメ度:80%(大人向け) まいったなあ、という感じ。アニメとフランス映画はあまり・・・、 しか . . . 本文を読む

コメント ( 1 ) | Trackback ( 19 )




もし、あなたなら~6つの視線のなかで、一番驚いた作品 エピソード6 NEPAL 平和と愛は終わらない 「JSA」「オールド・ボーイ」のパク・チャヌク監督 1990年代のソウル。つたない韓国語を操るネパール人女性グルンさんは 財布を落してラーメンをたべ無線飲食で警察につかまる。警察官は グルンさんを精神障害者と間違え、その後6年4ヶ月もの間、精神病院などを たらい回しにされたお話。おもわず「ありえ . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 2 )




タイトル:MOVIE HUSTLE / 邦画 ジャンル:美少女オムニバス/2004年/約80分 映画館:テアトル池袋(162席) 鑑賞日時:2005年1月21日(金)21:30から 約60人 私の満足度:40% オススメ度:30% テアトルの今月中のチケットが余って、この映画の 最終日ということもあり、行ってきました。いつもながら 時間ギリギリに駆け込むタイプなのですが、5本のショート ムービー . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




タイトル:もし、あなたなら~6つの視線/If You Were ME 韓国 ジャンル:人権をテーマにしたオムニバス/2003年/110分 映画館:新宿武蔵野館3(84席) 鑑賞日時:2005年1月15日(土)21:10から約50人、初日 私の満足度:75% オススメ度:70%(派手さはないです、リアルな手術なシーンあり) この映画実は、今月「カンフーハッスル」「トニー滝谷」とともに 満足度100 . . . 本文を読む

コメント ( 3 ) | Trackback ( 8 )




「結果はええんよ。また開催できたことがうれしいっちゃ」 2003年の下関陸上競技場で、26年後の主人公郁子役。 最近はあまりおみかけしなかったのですが、私のもっている もともとのイメージは結構派手で、とても学校の先生はあわないし、 郁子とはギャップありのはずでした。 でも映画では、モノクロだったからか、役作りがうまかったからか 違和感なかったです。 背筋がピンとのびて、やや緊張の面持ちでまっすぐ . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 2 )




もっきぃです。(ネタバレあり) 2004年のベスト青春映画「チルソクの夏」、日頃の映画の鑑賞日記と 並行して、主要な出演者をひとりずつ紹介してきたいと思います。 名付けて、チルソクの夏 スター列伝 今回は、第1回谷川真理さんです。 「プサン側の圧勝やねえ、下関が勝ったのは数えるほどしkないけぇ。 10年ぶりでも結果はおなじやん」 2003年の下関陸上競技場で、映画初出演ながら杉山真理役を さわ . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




タイトル:ゴジラ FINAL WARS / 邦画 ジャンル:実写怪獣もの/2004年/110分 映画館:日劇2(668席) 鑑賞日時:2005年1月10日(水)18:40から 約200人 私の満足度:65% オススメ度:50%(怪獣が沢山みたい人にはオススメ) 私自身コジラは最近の2作しかみていないが、いずれも結構重い テーマのヒューマンドラマだなあと驚いた記憶があります。 そして今回の誕生50 . . . 本文を読む

コメント ( 6 ) | Trackback ( 9 )




キネマ旬報の2004年映画賞が発表された。今回は選考委員編、読者選出編は後日 発表らしい。いろいろな映画賞があるが、私がこの賞に一番興味を持つのは、その 透明性にある。選考委員がどういう基準で選ばれるのかは知らないが、名だたる 映画評論家などなどが、実名で順位をつけてコメントされるので、それを読むのが また楽しい。例えば、文化庁の寺脇研さんは「ニワトリはハダシだ」をどう評価 するか?など考えるのも . . . 本文を読む

コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )




東京工業大学の留学生センター日韓プログラム5周年記念事として 「チルソクの夏」上映会の後に行なわれた佐々部清監督講演会を 聞いてきました。映画はもちろん、お話もおもしろかったです。 企画については以下のHPをご参照ください。 http://www.ryu.titech.ac.jp/nikkan/fifth.html なお、『』内でも、メモとうろ覚えのなかで再現した監督の発言ですので 正確さには . . . 本文を読む

コメント ( 2 ) | Trackback ( 3 )




タイトル:チルソクの夏/邦画 ジャンル:青春映画の金字塔/2003年/114分 映画館:東京工業大学大岡山西9号館デジタル多目的ホール (300席弱) 鑑賞日時:2005年1月8日(水)13:30から 約200人 私の満足度:100% オススメ度:100% 大好きな「チルソクの夏」を久々に大スクリーンでみることができた。 しかも佐々部清監督の講演会&懇親会もあるという、いたれりつくせりの企画。 . . . 本文を読む

コメント ( 25 ) | Trackback ( 36 )




もっきぃです。 もう1月5日になりましたが、昨年を振り返りましての5大ニュース。 その1、自由が丘武蔵野館の閉館。 ショックでした。音声ガイド付き鑑賞会の会場として、また レイトショー「黒蜥蜴」「恐怖奇形人間」「幻の湖」「少女地獄」 トークショー、原田芳雄、三谷昇、千葉真一、・・・懐かしいです。 ちなみに私は「武蔵野興業」の株を1万株もっており、いつでも タダではいれるんです。いいでしょ。でも . . . 本文を読む

コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )




もっきぃです。 12月は鑑賞会があったこともあり、期待の10作に書いたのでも半分しか見て ないのですが、それでも「ニワトリはハダシだ」5回の他、15作品を見ました。 今月の1本「ボン・ヴォヤージュ」は、1940年6月パリ陥落の36時間を 中心に描いた作品ですが、シリアスというより、こっけいなおもしろさがあり、 主演イサベル・アジャーニのわがままなかわいさとあいまった見事な エンターテイメント作品 . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




タイトル:血と骨/邦画/R15 原作:梁 石日(ヤン ソギル)『血と骨』幻冬舎文庫刊 ジャンル:原作者の父をモデルとした在日コリアンの生涯/2004年/144分 映画館:丸の内ルーブル(516席) 鑑賞日時:2004年12月4日(水)19:10から 約100人 私の満足度:60% オススメ度:50% 金俊平(ビートたけし)が1923年済州島から日本へ渡ってきてからの壮絶な半世紀。 最初の脚本は . . . 本文を読む

コメント ( 6 ) | Trackback ( 0 )




タイトル:カンフー・ハッスル字幕版/中国 ジャンル:アクション系ありえねーっ/2004年/103分 映画館:MOVIX京都スクリーン1(190席) 鑑賞日時:2005年1月3日(月)15:45 満員 私の満足度:70% オススメ度:60% 「少林サッカー」を見たときの衝撃は今でも忘れられない。単におもしろかった 笑ったという域を超え、おそらく自分の生涯で、このジャンルで(ナンセンス系 アクション . . . 本文を読む

コメント ( 14 ) | Trackback ( 42 )




タイトル:赤いアモーレ/イタリア ジャンル:回想のラブ・ストーリー/2004年/121分 映画館:銀座ヤマハホール(試写会) 鑑賞日時:2004年12月8日(水)18:30から? 満員 私の満足度:70% オススメ度:60% 冒頭、暗転から救急車のサイレン。雨、真上からの映像。交差点?傘の花が開 き、車が数台。担架で人が救急車にのせられ、運ばれてゆく。よこにころがるヘ ルメット、雨が半分くらいた . . . 本文を読む

コメント ( 3 ) | Trackback ( 1 )



« 前ページ