もっきぃの映画館でみよう(もっきぃの映画館で見よう)
年間100本の劇場鑑賞、音声ガイドもやってました。そんな話題をきままに書きます。ネタバレもありますのでご注意を。
 



ハロー通訳アカデミーのメルマガをみてびっくり。
合格点は、結構弾力性をもってかわるようです。
問題と200名以上の自己採点をもとに分析したというこの結果。

=======================================
<要約・カットして引用います。>
●2010年度第1次邦文試験の分析結果(2010年9月4日14:00現在)
(1)3科目の難易度は、難しい順番に、一般常識→日本地理→日本歴史。
(2)3科目の想定される平均点は、下記の通りです。
   一般常識:50点台半ば
   日本地理:50点台後半
   日本歴史:60点台前半
  ※約20%を占める外国人の受験者が、例年平均点を大きく下げる傾向があります。
(3)合格点=平均点という基本的な考え方が重要!
   難易度の高い科目は自己採点が40点台、50点台でも合格している例があります。
   平均点あたりが合格ラインであると考えてよいと思います。
=======================================

ということは、わたしの場合
          
        ハロー平均点予想
   一般常識:50点台半ば  <61点 ○
   日本地理:50点台後半  >51点 ×
   日本歴史:60点台前半  <65点 △

なので、
一般常識はギリギリと思っていたのが安全圏内
逆に日本地理が安全圏内かとおもったらギリギリ、
日本地理は少し合格ラインがさがってきたけど、やっぱりダメ
となります。

次回から、これから1年どうとりくむかを決めるために、地理の今年の問題の詳細分析を
やっていきたいと思います。

ところで、1次の合格発表は、11月12日(金)何と2ヶ月半。
英検の場合2次までの期間が1ヶ月からしかないので必然的に2週間ぐらいで
1次の合格発表となりますが、それぐらいでできないものなんでしょうかね。

同じくメルマガに載っていましたが、
テストの実施団体「国際観光振興機構」は、得点結果を「観光庁」に送り
「観光庁」が、いろいろ考えて合格点を決めるそうです。国がおこなうことですから
政策とはリンクするんでしょうから「通訳案内士」を増やすとか減らすとか考慮する
ところはあるのでしょうが、結果として「通訳案内士」を持っている人の英語力が
どれぐらいのものか?というレベルが揺らぐことは極力さけてほしいものです。
資格の信頼の問題でもあり、1年に1回しかない試験の運の問題でもありますから。





コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )



« フィリピンで... 通訳案内士010... »
 
コメント
 
 
 
レベル落ちていきますよ (合格率3倍現役ガイドは消沈)
2013-11-18 02:58:29
やる気をそぐようで申し訳ありませんが、正直に言います。ガイドだけの資格の人は皆消沈しています。観光名所ご自分でいけばわかりますが、外国人観光客でガイドを利用している人がほとんどいません。旅行会社でもこの資格だけの人は相手にしませんし、近畿日本ツーリストなどは添乗員資格がないと仕事を回しません。ですのでガイドに合格してもその資格取得のためにガイド協会で研修。2,30万円かかります。それと英検1級もっていないと相手にされません。実情です。合格者数増やして旅行会社のガイドの賃金を下げる意図がはっきりしました。私は1級も添乗員資格も持っていますが。
 
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。