瀬戸口しおり「私の手料理」発売!

瀬戸口しおりさんの初レシピ本「私の手料理」(アノニマ・スタジオ)が発売されます。
大きな本屋さんにはもう置かれているみたいなので、そろそろ近所の本屋さんにも並べられるかと思うとワクワクドキドキしてきて手に汗をかきます。
もう私の手元には「私の手料理」があって、いくつか夕飯に作って美味しくて嬉しい夕ご飯になっています。
しおりちゃんの料理はkuukuuの時から本当に美味しくて、しかもしおり盛りで(大盛り)、昔も今もしおりちゃんはどんどん美味しい料理を生み出し、レシピとして私達に教えてくれます。
大切な友人であり尊敬する人であり家族のような存在であり・・・しおりちゃんの全てが好きです。
なので一人でも多くの方にしおりちゃんの美味しい料理を知っていただき、作って食べたら幸せな気持ちになった・・・なんて思っていただけたらと思います。
是非本屋さんで見てみて下さい!kuukuuが好きだった方も嬉しいレシピがいくつもあると思います。
勿論アノニマ・スタジオさんで購入できますので、是非in-kyoさんと合わせて行ってみて下さい!

そして「私の手料理」発売記念でアノニマ・スタジオさんで3月20日に瀬戸口しおりさんの週末食堂が開催されます。詳細はアノニマさんのホームページからどうぞ!

今年は「私の手料理」を見ながら初味噌作りに挑戦してみようと思います!
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

昨日の日曜市

今日は一日こもって器制作。明日こそ耳鼻科医院に行こうと思います・・・

昨日はニチニチ日曜市の日でした。お天気は良かったのですが、非常~に寒い一日でした。
寒い中来て下さったお客様、気になっていたけど行けなかった・・・と思って下さったお客様、本当にありがとうございました!

今回は沢山のお客様が来て下さり、エバジャムさんのお客様がニチニチの外までずら~りと長い行列が出来ました。
他のお店も激込みで、30分くらいで完売のお店が続出!12時前には食べ物屋さんは全て完売されていました。私はマフィンやカレーパンやケーキや角パンやジャムの姿を一回も見る事がなく終わってしまいました・・・

激込みすぎて不愉快な思いをされたお客様もいらっしゃったと思います。
本当にすみませんでした!
エバジャムさんの行列に並んで購入出来なかったお客様もいらっしゃったと思います。
そして4時までの市なのに、12時に来たら何もなかった・・・とガッカリさせてしまったお客様も本当にすみません!

エバジャムさんも含め、前も今もこれからも変わらなく愛情込めて作り、来て下さったお客様に喜んでいただけるようなニチニチ日曜市でありたいと思っておりますので、どうぞ温かく見守っていただき、是非またニチニチ日曜市に遊びに来ていただけたらと思います。

今回も反省する所が沢山あり、今後に生かしたいと思います。5月で3年経ちますが、まだまだニチニチ日曜市は成長中ですので、どうぞよろしくお願い致します!

写真はエバジャムのエバちゃん。エバちゃんお疲れ様でした!

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

明日はニチニチ日曜市です!

スギ花粉の飛ぶ量が少しづつ増えてきました・・・早く病院に行かなければ!とあせりつつ、まだ行けていません。
明日はニチニチ日曜市です!

出店は

・くまがいのぞみ(陶器)
・エバジャム(季節のジャム)
・泡山(古本)
・トサカンムリカレーパン(カレーパン)
・ひなたパン(食パン)
・dans la nature(マフィン)
・おかし屋ゆるひ(焼き菓子)
・百花(フルーツケーキ)

天気は大丈夫そうなので、是非遊びに来て下さい!

そして今日まで立川の器屋さん、H.worksさんで「○じゃないお皿」展が開催されています。
友人の須藤拓也さんの素敵な器もありますので是非!
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

Houseさんの展覧会

今日は風が冷たくて強かった。スギ花粉が飛んでいるので、こんな日は外に出るのが本当~に恐ろしい・・・
昼間は神楽坂に行って、マスミツ君の展覧会最終日に行って来ました。
ラ・ロンダジルさんに着くと、な、なんと友人の笑坐版店の順ちゃんと直樹君が居て嬉しい驚き!
残念ながらマスミツ君には会えなかったけど、3人で「これいいね~!」「おしゃれだね~!」「マスミツ君凄いね~」なんて話しながら楽しい時間を過ごしました。
マスミツ君は本当に起用で何でも作れるな~と改めて驚きました。本業のHouseの靴も凄く良いです!
順ちゃん(水田順子)は4月に国立の匙屋さんで展覧会をやるので、その時はまたお知らせしたいと思います。
二人とお別れをしてまっすぐアトリエに帰り、後は夜まで器制作していました。

写真はマスミツ君の革ミトン。
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

部屋のカレンダーはまだ1月でした・・・

昨日と今日はこもって器制作。1月は色々あって制作が遅れてしまったので、2月はこもる日が多くなりそうです・・・
今日は何日だったかしら・・・?と思って部屋のカレンダーを見ると、まだ1月のままでした。

今日から神楽坂のラ・ロンダジルさんで友人のHouseさん(マスミツケンタロウ)の
「ハウスの革モノ金モノ」展が開催されています。
ハウスさんは靴職人ですが、何でも作ってしまう凄い方なので是非行ってみて下さいね。

2月8日(金)~13日(水)

12:00~19:00(最終日18:00まで)

手仕事の器 ラ・ロンダジル

〒162-0825
東京都新宿神楽坂3-4

Tel 03-3260-6801

ラ・ロンダジル
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

今年もやって来ました・・・

今日も一日こもって器制作。雪がチラチラ降っていて寒い一日でした・・・

昨日の朝は鼻がむずむずしてきて花粉に起こされました。
テレビをつけると「今日からスギ花粉が・・・」とどこの番組でもやっていて、花粉対策などを取り上げていました。
今年もとうとうこの季節が来てしまった・・・これから数ヶ月は布団も干せないし、洗濯物は室内に干さなければいけない。
そろそろ病院にもいかなければ・・・
スギ花粉症歴18年。しかしテレビ番組に出ていたコメンテーターの方はスギ花粉症歴20年と言っていたので、上には上がいるな・・・と驚きました。
最近噂で聞いたのが、鼻の粘膜をレーザーで焼くと数年は楽らしい。しかも身近な耳鼻科のお医者さん(出来ない所もあると思います)で保険が利くから想像していたよりも安く手軽に出来るらしいとの事。
しかし手軽と言ってもレーザーを使った手術なので、しばらく鼻の粘膜は大変な事になるらしいとの事・・・でもこれは直接聞いた訳ではないので、今度お医者さんに行った時に聞いてみようと思います。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

台湾日記三日目と四日目

昨日は一日こもって器制作。台湾三日目を振り返ってみました・・・

1月25日(金)くもり

朝早く起きてホテルから歩いて行ける距離にある、台北私立美術館に9時30分に到着。開催されていたのは「KAIYODO and OTAKU Culture」中国語で海洋堂興御宅族文化。
フィギアがびっしり並んでいる・・・恐竜、ゴジラ、ガンダム、北斗の拳のケンシロウ・・・カリスマフィギア作家さんの作品も多数。
全然興味無かったから知らなかったけど、一つ作品が出来上がるまで相当大変な作業工程があって凄く驚く。一つ一つ見ていると本当に良く出来ていて楽しい。
9時30分から開館なのに、多くの若者達が観に来ていてこれまた驚く!
常設展も全部見て美術館を出る。

タクシーに乗ってしおりちゃんの日記にも書いてあった茶芸館「紫藤盧」に向かったけど改装中でやっていなかった・・・残念!

またタクシーに乗ってお粥横町に向かった。しおりちゃんの日記に書いてあったお粥屋さんに向かったら、朝10時30分で閉店と書いてあって呆然・・・
丸ちゃんとしばらく横町を歩くと、美味しそうなお粥屋さんを見つけて入ってみる事に。
お店の名前は「無名子清粥子菜」。おかずがお皿にずら~りと並んでいて、並んでいない温かいおかずは言えばおばちゃんが盛ってくれる。
私と丸ちゃんはそれぞれ食べたいおかずを3品づつ+揚げパンとお茶をトレーにのせて案内されたテーブルに着くと、二人前のお粥が用意されていた。
お粥の中にはさつまいもが入っていた。お粥もおかずも美味しくてパクパク食べてお粥の鍋が空っぽになった。お茶は凄く甘くて全部は飲みきれなかったけど・・・
お粥がこんなに美味しいなんて思わなかったので、家でもこんな朝ご飯を食べたいな・・・と思う。

お腹が一杯になった所でまたまたタクシーに乗って、丸ちゃんが行きたかった古本屋さんに向かう。このお店はちょっと遠くて、着くと全然雰囲気が違う町だった。タクシーの運転手さんは住所などを細かく確認してくれて、ぴったりお店の前で停まってくれた。ありがたい!

古本屋さんは沢山の本が積み上げられていた。店主はセレブな雰囲気のご婦人。
丸ちゃんは絵本を3冊購入して嬉しそうだった。

またまたタクシーに乗って迪化街に行く。漢方薬や乾物、伝統菓子などの問屋が軒を連ね、日本のアメ横に似ている。
私は乾物屋さんで白い干し海老が買いたくて、探していたら売っているお店を見つけ、お兄さんに何グラムで値段はいくらかなどの質問をしてみるが、お兄さんは日本語も英語もわからないし、私達は台湾語がわからないしでしばらくジェスチャーで必死に語りかけ、お兄さんも困りながらなんとか理解してくれて、私達もお兄さんの言っている事をなんとなく理解したつもりになって、無事に欲しい分だけ購入できた。
お兄さんは関ジャニに居てもおかしくないくらいの二枚目で、この時間は凄く楽しかった気がする・・・
後はドライフルーツ屋さんや紙袋や包装紙など業務用を扱っているお店や麺屋さんなどで買い物をして迪化街を出る。

しばらく歩いて豆乳から出来ている豆花のお店、「古早味豆花」に着き、私は豆花+愛玉(愛玉子の種から作るゼリー)+レモンシロップをかけた冷たいデザートを食べて元気を取り戻す。丸ちゃんは温かい豆花を食べていてこちらも凄く美味しかった。

次にしおりちゃんの日記に書いてあった地元の人が行く足つぼ治療院に行く。着くと込んでいるから30分後にまた来て欲しいみたいな事を言われ、外に出たけど30分どこで時間を潰そうか・・・と考えた所、近くに公園があったので行ってみた。
地元の子供達が楽しそうに遊んでいたり、おばちゃん達が話していたり、そんな姿を見ていたら30分経っていた。

また治療院に戻るとすぐに奥の部屋に連れていかれ、薬が入った桶に足を入れて足湯を10分くらいしてから違う部屋に移動し、足ツボマッサージが始まった。
マッサージと言うよりは本物の指圧治療院と言う感じで、今まで経験した事が無いくらい非常に痛い。しかも私達以外は皆地元の人。観光客が来るような所では無い雰囲気。
でもしおりちゃんの日記にエバちゃんから聞いたと書いてあったので、エバちゃんもしおりちゃんも永谷くんも皆ここに来たんだな・・・と思うと嬉しくなる。
テレビで大相撲がやっていて、皆相撲を見ていた。台湾でも大相撲が人気あるとは知らなかった・・・ちなみにバスの中やお粥屋さんなどで夏川りみさんの曲が流れていて、台湾で人気がある歌手なんだと知った。

先生もお客さんも日本語で「痛い?」と聞いてきたから「痛い」と返すと笑っていた。終わった後は足が軽くなってポカポカしている。しかも何だか眠くなってきたので足つぼ治療院を出るとタクシーでホテルに帰り、丸ちゃんとお昼寝。

ホテルの受付お姉さんに中華菓子屋さんとスーパーマーケットの場所を教えてもらい地下鉄で移動。

ホテルのお姉さんも中華菓子屋さんのお姉さんも皆美人でとても優しくて笑顔が最高!仕事だけど仕事だからと言うよりも人柄が皆非常に良くて、本当に感動する。

スーパーマーケット「家樂福」に行ったら楽しくて2時間くらいはいたんではないでしょうか・・・?10階以上ある建物だけど、スーパーは地下から二階までで、後は全部バイクと車の駐車場でした。

二人ともあまりお腹が空いていなかったので、最後の夕飯はスーパーでちょっとおかずとコンビニで台湾カップラーメンと缶ビールを購入し、部屋で最後の夜に乾杯して美味しくいただきました。

4日目は早い出発なので早起きしたら、部屋が突然停電になって(私達の階が停電になっていた感じ)、朝食を食べに行って帰ってきたら電気ついているかもね・・・なんて言って食べに行き、帰ってきたら電気がついた。

空港に向かっているバスの中でつんくに似ている王さんが、泊まったホテルで嫌な事とか気になった事がありましたら遠慮なく言って下さいと言ったら、私達と同じホテルに泊まっていた女性が「今日ホテルで突然停電になって、何が起こったのかと思って・・・」と王さんに話した。
「台湾では突然の停電や断水はよくある事なので、そんなの気にしないで下さい!」と笑いながら言ったので私達も笑ってしまった。
おおらかな人達が多く、食べ物も美味しくて、台湾にまた来たいと心から思いました。

星野さんと丸ちゃんと台湾に感謝!

写真はお粥屋さん




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

昨日は大雪?そして台湾日記二日目

昨日の東京は朝から雪が降っていて、突然大きな雪が降っては小さくなって、止むかな・・・?と思ったら、また大きな雪が降って・・・の繰り返しでした。
忘れないうちに台湾日記二日目。

1月24日(木)雨

早めに朝食を食べてホテルを出る。近くの地下鉄駅から途中でまた違う路線に乗り換え、忠孝復興駅で降りてバス停に向かう。
九份行きらしきバス停を見つけ、時刻表が書いていなかったのでいつくるかわからないけど待っていたら、20分くらいしてそれらしきバスが来た。
しかしバス停で停まらず、だいぶ過ぎてから停まったので、私達と他に8人くらい待っていた人達皆で猛ダッシュしてバスに乗れた。(本当は手を上げて停まってもらうみたい)
運転手さんに「九份」と言ったら「90」と運賃を教えてくれて、90元を払って何とか九份に行けそうなのでちょっと安心した。
バスは次のバス停名が出たりアナウンス的な事がないので、降りたい人はブザーを押して、停留所じゃなくても降りるような感じ。
九份までバスに乗って75分。その日は雨だったので外も寒かったけど、バスの中はドンドン寒くなっていく。なんと・・・クーラーがガンガンに入っていて、寒すぎて逃げられなくてプルプル震えが止まらず、多分唇が真っ青になっていたと思います。おまけに九份は山の上なので、峠の坂を登る急カーブの時とか凄いスピードを出しているので、事故を起こすのではないかと心配で心配で、顔も体も心も真っ青・・・だったと思います。

やっと着いてほっとしたけど、あまりに冷え切ってしまったので、丸ちゃんと温かい物を食べようとなり、芋圓店で焼仙草と小豆の芋圓を食べてやっと正常の体に戻り、九份をゆっくり歩き回る事が出来ました。
九份は映画「非情城市」の撮影に使われたり、宮崎駿映画「千と千尋の神隠し」の
モデルになったりして、雨でも平日でも凄い人が賑わっている観光地。
結局75分間バスに乗って来たのに75分も九份に居なかった・・・
帰りのバスもやっぱりクーラーがガンガンに入っていて、バスを降りた時は唇が青かったと思います・・・
温かい物を食べようとバスを降りた町のお店で酢辣麺(35元)を食べて温まる。入っていた具にレバーが入っていてちょっと驚いた。でも美味しかった。
お店を出て、パンパンに膨らんでいるのに中が空洞っぽい、けど薄っすら黒糖などが入っている焼きパン屋さんで一つ購入して歩きながら食べる。(一個15元)

中山駅近くにある「曼都髪型美容」に台湾シャンプーをやってもらおうと、二階のお店に向かって階段を上がっていると、店員が階段を降りてきて「台湾シャンプーするの?」と聞いてきた。よくわかったな・・・と驚く。
丸ちゃんと二人で並んでアロマオイルシャンプーでの台湾シャンプーをしてもらう。水気が少ないのによく泡立ち、物凄く可笑しい頭になる。でもマッサージも含めて最高に気持ち良いので、台湾に行かれる方にはおススメです。
最後に丁寧にブローをしていただき終了!(40分300元、日本円にして1200円くらい)

そして夕飯に永谷君おススメの酸っぱい鍋を食べよう!と気合いを入れてしおりちゃんの台湾日記に書いてある住所に向かったけど見つけられず、それでは本に書いてある酸っぱい鍋屋さんに行こうと向かったらそれも見当たらず・・・結局2時間くらい歩き回り、雨風に吹かれてブローしてもらった髪は崩れ、丸ちゃんと疲れ果ててもう酸っぱい鍋は諦めようとなり、タクシーに乗って永康街向かい、「高記」と言うお店で夕ご飯を食べました。台湾ではご飯を食べる時はお酒を飲んだりしないみたいで、高記にもドリンクメニューがなく、ちょっと物足り無いね・・・ビール飲みたいね・・・という気持ちでした。料理は美味しかったけど・・・

帰りは疲れてしまったので、タクシーに乗ってホテルに向かいました。(初乗り70元日本円で280円くらい)タクシーの運転手さんは皆親切。しかもタクシー代が安いので非常に助かります。ガソリン代がどうなっているのか気になる所でした。

写真は九份の芋圓屋で食べた、焼仙草(黒っぽいの)と小豆(おしるこみたい)。焼仙草は温かいうちはさらさらの汁だけど、冷めてくるとトロトロしてきてだんだん固まってくる所が面白い。カップは偽キティちゃん?


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

台湾日記?

台湾から帰ってきて一週間。どんどん記憶が薄れていくので、忘れる前に早く書いておかなければ・・・と思って書いていたら、何でだか変な所を押したりして日記が消去されてしまい、今は3回目・・・

1月23日(水)東京は雪

成田から飛行機に乗って4時間、台湾に夜の7時30分くらいに到着。パスポートを持って入国審査の列に並んでいたら、しばらくして皆緑色のパスポートを持っている事に気が付き、丸ちゃんに報告すると、後に並んでいた台湾人の女性が「日本人はあっち!」と並ぶ列が違う事を教えてくれて並びなおした。
今度は荷物がグルグル回っている所をずっと丸ちゃんと見ていて、自分達の荷物がいくら待っても回ってこなくて「私達の荷物が無い!」と話していたら、近くに立っていた台湾のおじさんが「成田からの荷物はあっち!」と教えてくれた。
空港内から台湾の人は親切だな・・・と感動!!

空港出口を出ると現地ガイドの男性が私達の名前を叫んでいた。その人は茶髪で眉毛がすごく細くて綺麗に整っていて、顔はつんくに似ている関西弁を話す台湾人の王さん。
小さな旅行会社をいくつも引き受けている台湾の旅行会社らしく、私達を合わせて8組くらい日本人が居た。
関西弁でジョークを言って笑わせる、王さんのお笑いセンスも光っていて、バスの中は笑いがあって穏やかな雰囲気だった
皆それぞれの泊まるホテルに降ろされていき、3番目に私達のホテルに到着し、王さんとフロントで別れた。
ホテルのフロントに着くと、美しいフロントの女性が「台湾へようこそ!」と籠に入った台湾バナナを一人一本づつ笑顔でくれた。
私達は部屋に着いて荷物を降ろすと凄くお腹が空いていたので、頂いたバナナを早々に食べた。お腹が空いていたのもあるけど、今まで食べた事が無いくらいの美味しいバナナで丸ちゃんと驚く。
さすがバナナの国・・・
バナナを食べて落ち着くと、すぐに外に出て地下鉄の駅に向かって歩いた。
地下鉄の切符はプラスチック製のコイン。入る時はコインマークの所にピッとあてて入り、出る時にコインを入れるスタイルの自動改札。(20元、日本円で80円でした)
士林観光夜市に着いたのが夜10時くらい。地元の若者達が沢山居て賑わっていた。
凄く人だかりがある店を覗くとフライドチキンのお店だったり、またまた人だかりが!っと覗くとアイスクリーム屋さんだったり、カキ氷屋さんだったり・・・
一通り歩き回って視察し、チャキチャキっとお好み焼きを焼いているおばちゃんのお店で牡蠣のお好み焼きを食べる。(2月1日の日記写真、値段は40元、日本円で160円。)
お好み焼きの生地は片栗粉系の澱粉質でプリプリしていて、具は牡蠣が5粒くらいにニラやネギなどが少々、ソースは凄く甘くて少し酸っぱくて後から辛くて・・・いちごソース?かな・・・?と思ったけどいちごの味もしないし・・・何だこの味は??
生まれて初めて食べた料理でした。その後に台湾クレープを食べました。(一個30元、日本円で120円)
大鍋に小麦粉で作られた饅頭っぽい物が、何十個~百個くらい一気に揚げている様子は凄い迫力!!
パリパリに揚げられた小麦粉の饅頭(中は何も入っていない)っぽいのをバンバンと叩いて砕き、私は黒胡椒パウダー、丸ちゃんは里芋(紫色だった)パウダーを振り掛けてクレープ生地で巻いたおやつ的な物だった。
かなり大きかったのと油っぽかったので、半分くらい食べたらお腹が一杯になってしまいました・・・こちらも生まれて初めての味でした。
そしてタピオカ入りミルクティー(30元)を飲もうと注文したら、LLサイズくらいの量でこれまた驚き・・・
お腹が一杯になったので地下鉄に乗ってホテル近くの駅で降り、夜遅くまでやっているマッサージ屋さんに行き、全身マッサージ+足つぼマッサージ60分コース(900元、日本円で3600円)をしていただき、初日の疲れをほぐしていただきました。
近くのコンビニで缶ビールとミネラルウォーターを購入して夜中の1時くらいに部屋に帰り、一日が終わりました・・・
写真は100個くらい一気に揚げられていた小麦粉の揚げ物。奥に写っている大鍋の中は凄い事になっていた・・・
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

二月になりました!

今日は制作前に表参道のeaで開催されていた、福田利之さんのbenoito原画展を観に行ってきました。
道に迷ってウロウロしていたら、福田さんとバッタリお会いしてギャラリーまで連れて行っていただき、本当に助かりました・・・福田さんありがとう!
福田さんの作品は本当に素敵で、お知らせしたかったのに今日が最終日でした・・・

福田利之さんのホームページ楽しいですよ!

2月に入って、日記の中で名前リンクが出来るようになりました。全然難しくなかったので、出来た事に驚くより、今まで出来なかった事に驚く・・・

先日は吉祥寺のにじ画廊で「映画の中のリトグラフ3人展」を観てきました。
井口奈己監督の新作映画「人のセックスを笑うな」の中で使用されたリトグラフ作品の作家、芳野さん、マツモトヨーコさん、石坂しづかさんの三人展でした。
とても素敵な3人展でしたが、こちらももう終了してしまいました・・・
映画の中で出てきますので、是非観てみて下さい!

芳野さんのホームページも素敵なので是非みて下さい!


写真は台湾で食べた牡蠣のお好み焼き。
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )