みゆみゆの徒然日記

日本の伝統芸能から映画や本などの感想、
心に留まった風景など
私の好きなことを綴っているブログです♪

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『ブラックペアン1988』

2008年11月14日 | 本・マンガ
海堂尊/著

 『ジェネラル・ルージュの凱旋』を読んで、『螺鈿迷宮』を読もうと思い、書店に行ったら売り切れだったのでこちらを先に読みました。(割と大きいところなのに・・・ちなみに『ジェネラル~』も売り切れだった。)
 
 バチスタスキャンダルが起こる20年前の昭和63年の東城医大が舞台。 このお話は今までの物語とは違いミステリーではないですが、楽しめました。何せペアンって何?ああ、この表紙のやつ?っていうくらいの全くの度素人かつ血が苦手なんで、手術描写はちょっと想像し辛かったですが(苦笑)、それでも飽きることなく読み終えることができました。
 主人公は世良という研修医。その指導医が当時、東城医大に赴任してきたばかりの講師だった高階病院長。そして婦長さんだった藤原、猫田、花房とシリーズおなじみの看護師たちや黒崎や垣谷たちの登場もあります。バチスタシリーズの主人公田口や速水、島津も学生として少し出てきますが、学生の時から既に彼らの性格や進路がはっきり分かるエピソード(田口、手術見学中に倒れる、など)があって、なるほどね~と(笑)変わっていないのね~という人から、昔はこうだったのねとか(笑)なのでこの20年の間のエピソードとか読みたくなりました(笑)高階が病院長に選ばれるまで編とか・・・・。

 『螺鈿迷宮』は今月文庫になるとエクスカリバーさんに教えてもらったので、文庫版でチェックするつもりです。

 ちなみに『チーム・バチスタの栄光』のDVDを借りようと思ったらみんな貸し出し中でなかなか借りれない~・・・。
コメント (4)   トラックバック (4)   この記事についてブログを書く
« 今日の富士山~本格的に雪化粧 | トップ | 伊右衛門おまけ・文庫包み »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (エクスカリバー)
2008-11-15 13:15:31
小説を楽しんだのであれば、映画の方は慌てて観なくて良いかも・・・(苦笑)。

それにしてもこの作品を含め、キャラクターの幅がどんどん広がっていってますね。
Unknown (みゆみゆ@管理人)
2008-11-15 22:25:31
★エクスカリバーさん
映画は慌てているわけじゃないんですが、3泊OKになったらお店に行っても常に貸し出し中で・・・(^^;タイミングが合えば借りるつもりです(笑)

本当、この東城医大を中心としたお話の広がりとかキャラ設定とか幅がどんどん広がっていきますね。
そして・・・確かに花房さんのキャラが分かりません(笑)猫田さんは変わらないけれど(笑)
こちらにも・・・ (由香)
2008-11-16 12:02:48
お邪魔します♪
この作品はバチスタシリーズの番外編として大いに楽しめました~
高階院長が若くてカッコ良かったし(笑)、学生時代の田口先生や速水先生がちょこっと登場して楽しかったです!

海堂さんの作品はキャラが充実していて面白いですよね~
医療問題もうまく絡めてあって、どんどん興味を引かされるわ~
高階院長 (みゆみゆ@管理人)
2008-11-17 01:06:08
★由香さん
こちらにもありがとうございます!
確かにこれは高階院長がかっこよかったですね~だからどんな経緯で病院長にまでなっていったのか気になりますね~。

海堂さん作品はキャラが面白いですよね。
読めば読むほどますます広がっていく世界で・・・
早く最新作が読みたいです~がその前に既刊作品を読んでから・・・にしようかなと。

コメントを投稿

本・マンガ」カテゴリの最新記事

4 トラックバック

『ブラックペアン1988』 海堂尊 (【徒然なるままに・・・】)
「外科研修医世良が飛び込んだのは 君臨する”神の手”教授に新兵器導入の講師、技術偏重の医局員ら、策謀渦巻く大学病院・・・・・・ 大出血の手術現場で世良が見た 医師たちの壮絶で高貴な覚悟。」 うーん、相変わらず濃ゆいキャラクターたちが、凄まじい物語を展開...
【本】ブラックぺアン1988 (★YUKAの気ままな有閑日記★)
        『ブラックぺアン1988』     海堂尊      講談社【comment】本作は、1988年の東城大学医学部付属病院が舞台となっている。つまり、『チーム・バチスタ~』から始まった『田口&白鳥シリーズ』の約20年前を描いたものだ。これは、シリーズ...
ブラックペアン1988 海堂尊 (粋な提案)
ブックデザインは鈴木成一デザイン室。カバーCGは桑原大介。初出「小説現代」。 1988(昭和63)年の東城大学医学部付属病院。 新人外科研...
本 「ブラックペアン1988」 (はらやんの映画徒然草)
桜宮サーガとも呼ばれる一連の海堂尊さんの作品群の中で物語の時代の中では古い時代に