増庵 Blog

-建築設計事務所の日常と周辺-
MAS/AN 増岡設計室

焼津の家 -外回り検査他-

2020-12-12 | ・焼津の家


外回りの工事がほぼ終了したので、
足場が外れる前に一回りして検査です。



内部はボード張り前に、スイッチ・コンセントの位置を確認。
クライアンご夫妻に同席していただき、
説明しながら一緒に回ります。

その他、造作家具の打ち合わせや、
仕上材の確認等々・・

埼玉から行くと、焼津は暖かいです。
コメント

焼津の家 -上棟-

2020-10-12 | ・焼津の家


台風14号の影響で延期になってしまいましたが、
昨日、無事に上棟いたしました。



田園風景の中に、低くのびやかに建っております。
庭の植栽が育てば、もっと溶け込んでしまうはず‥
コメント

カメラレンズ買い換え - Canon EF-M11-22mm F4-5.6IS STM -

2020-09-25 | モノ・デジモノ・オーディオ


建築写真を撮るのに
EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM(写真左)を
使ってきたのですが、ちょっとデカくて重い‥
ボディをKissMにしてからは、
マウントアダプタも要るので、さらにバランス悪い感じ‥。

そこで、EF-Mレンズの中でも評判の好い、
EF-M11-22mm F4-5.6IS STMに
買い換えました。



これだと、広角ズームながら
常用につけておけるコンパクトさ。
標準ズーム EF-M15-45mmと
あまり変わらないサイズ感です。
なかなか旅行に行けない今日この頃ですが、
旅用レンズとして最高な気がします。

レンズが届いた翌日、
まさに広角レンズ用の景色!という写真が撮れました。



ニュースにもなった「かなとこ雲」
コメント

焼津の家 -配筋検査-

2020-09-25 | ・焼津の家


設計を始めてから、ずいぶん経ってしまいましたが、
ようやく8月下旬に工事着工いたしました。

昨日は基礎の配筋検査。
実はその前に、地盤調査の結果が良くなくて、
ピュアパイル工法で地盤補強しております。
クライアントにとっては、かなりのご負担になりますが、
これで安心して住んでいただけます。


平屋ということもあって大きい!
コメント

川越の家Ⅱ -竣工写真 その2-

2020-07-02 | ・川越の家Ⅱ
自分で撮った写真も少し。



小屋裏からの見下ろし。
ソファは、FUJITAKE WORKSさんに張り替えてもらいました。





スタディコーナーからの見返し
箱階段の足元の穴は、ルンバの基地。





キッチンから階段方向を見る。







階段、小さな飾棚。



洗面台は既製品の扉を榀のパネルに交換。



2階トイレ



小屋裏から階段を見下ろす。

コメント

川越の家Ⅱ -竣工写真-

2020-07-02 | ・川越の家Ⅱ
お引き渡しから随分月日が経ってしまいましたが、
竣工写真です。



街中の路地に面した、南北に細長い敷地です。
通りを挟んで南側に3階建ての建物があるので、
陽当たりを考慮して2階を主空間にしています。



玄関を入ると4畳分の土間になっています。
雨の日に洗濯物を干したり、自転車を置いたりという用途の他、
ご夫妻の仕事柄、小さなギャラリーとしても使える様に考えています。



1階は広めの個室。 奥にクローゼット。
2室に分けても使えるように、ドアが2つあります。



階段
鉄の手摺は、加成幸男さん作。



2階の居間食堂。
奥に家族みんなで使えるスタディコーナー。
箱階段が小屋裏に続きます。





キッチンから食卓、スタディコーナーが見通せます。



キッチンからもバルコニーに出られます。



ダイニングテーブルは、hyakkaさんの"shaker table"。
ペンダントは、この家のためのオリジナルでシェードは磁器製です。



スタディコーナー
天井の低い、落ち着いた場所。





写真:畑拓さん
コメント

通学路

2020-06-03 | 日々のこと


川向こうの通学路に小学生。
毎日見ていた光景が戻りました。

なんてことない日常だけれど、
久しぶりに見ると、幸せな光景だな‥と‥

うちの中三女子も、明日から登校です。
コメント

アルコール66

2020-05-19 | 日々のこと


緊急事態宣言が出て以来、
最低限の買い物くらいで、出掛けることの無い生活。

元々、通勤のない生活を送っていたので、
大きな生活の変化は無く、
仕事の打ち合わせも、
メールやビデオ会議で問題無しです。

中3女子がずっと家にいることだけが、
我が家の変化か‥

花粉症なので、マスクのストックは結構あって、
騒動に巻き込まれることはありませんでした。

消毒用アルコールが残り少なくなってきました。
買ったり、届いたりした荷物を、
まめに消毒していたせいでしょう。

業務スーパーで売っていた”アルコール66”なる商品。
最近話題の、消毒に使える酒メーカーが作る高度数スピリッツ。
味見したら、普通に美味しかったです。
消毒が間に合うようになったら、いただきます。
コメント

庭の花々 -春-

2020-05-11 | 庭のこと


この季節は、庭の花が咲き出して、その様子を見るのが楽しいです。
同時に、雑草が勢いを増すので、何かと忙しいけれど‥。

朝食後の一時、庭をブラブラと見回るのが日課ですが、ほんとに気持ち好い。
外出自粛生活が続いていますが、
庭の手入れと犬の散歩が気分転換になっています。


コメント

パンを焼く。

2020-05-04 | 飲み食い






新築祝いに仲間からホームベーカリーをもらってから9年以上、
朝食のパンを家で焼いています。
たまには、買ってきたパンやご飯をいただくこともありますが‥

普段は朝食に合わせてタイマーを掛けていますが、
この2ヶ月、娘が学校に行けないので、
朝の時間に余裕があります。
そこで、ホームベーカリーには、捏ねと発酵を任せて、
色々なパンを焼いてみています。

特にフランスパン系が家族に好評。
ピザは以前から焼いているのですが、
なかなか美味しい生地ができないので、試行錯誤中。
甘いもの系もボチボチ‥

パン作りって、捏ねるのが手間だし散らかるし、
発酵させて、寝かせてと、
長時間ついていないといけません。
(色々と簡単な方法もあるようですが‥)
そこをホームベーカリーで手抜きすると、
とてもラク。

外出自粛で、パンやお菓子作りが流行っているそうで、
たしかに、スーパーに行っても材料が売り切れています。
我が家は、いつもの作業の延長で、
本格的なものは作っていませんが、
なかなか楽しいし、美味しいです。
コメント

加治丘陵を歩く。-唐沢トラスト地へ-

2020-04-26 | 日々のこと


登校出来ないまま、3週間が過ぎたうちの中三女子。
ネットでの遠隔授業にも慣れてきたようですが、
一歩も外に出ない日が続くのもどうかと‥

そんなわけで、
愛犬を連れて、新緑が美しくなった加治丘陵に出掛けました。
10分も歩けば、この緑に浸れるのに、
ずいぶん久しぶり。



野生動物の気配・・
けっこう大きな音がしたけど、なんだろう?



人もいないし、いつ来ても気持ち好い!



唐沢では、入れ替わりに数人と遭遇。
持っていった”おにぎり”と”お茶”で一休みしました。



気持ち良さそうに水に入っていきます。



短い時間でしたがリフレッシュできました。
・・が、体力不足も痛感しました。
コメント

ジューンベリーもうすぐ満開・オオシマザクラ開花

2020-04-05 | 日々のこと


庭のジューンベリーがもうすぐ満開。
今年は早いです。



川向こうの桜(ソメイヨシノ)は、
かなり散ってしまいましたが、
共演が見られました。



こちらは鉢植えで育てている桜。
もう8年も前になりますが、
「横浜の家」の植栽工事に立ち会ったとき、
敷地内に実生していたものをもらってきました。
今まで花が咲くことが無く、
品種が判らなかったので、
鉢植えのまま様子を見ていました。

今年、大きな鉢に植え替えたら、
初めて開花!
この白い花は、「オオシマザクラ」でしょうか。

露地植えすると手に負えなくなっちゃうと思うので、
このまま鉢植えで楽しむことにします。
コメント

雪でした。

2020-03-29 | 日々のこと


満開までもう少しというところで、この大雪‥。



外出自粛要請の出ている週末ですから、
家でまったりするにはちょうどイイです‥。



でも、
犬は外に出たくてしょうがない様子。



雪が止むのを待って散歩です。



寒いけど、雪と桜の景色も悪くないです。
コメント

サクラ2020

2020-03-25 | 日々のこと



今年は桜の開花が早く
都内ではもう満開ということですが、
川向こうの桜並木は、まだ6〜7部咲きというところ。



満開になる来週は、天気が今一つの予報。
今のうちに散歩を楽しんでおきます。
コメント

焼津の家 -基本設計-

2020-03-08 | ・焼津の家


田園風景が広がる焼津の平地に建つ住宅。
広い敷地に、平屋で計画します。



場所柄、地震による被害が心配されるところ。
地震時には、倒壊や器物落下等の危険が無く、
安全に避難が出来る計画が求められます。
津波には、個々では対処しようがないので、
とにかく避難。

また、大雨による浸水も心配です。
昨年の台風19号の時は、
大雨に大潮の時間が重なって、
この辺りも床下浸水してしまいました。
その時の水位から安全な床高を想定して、
基礎を高く設計しています。
室外機等の設備機器も、浸水しないレベルに設置し、
出来るだけ生活が守られるようにします。


コメント