憧れのAudio☆お知らせブログ☆

メインブログアドレス⇔http://longingforaudio.blog.fc2.com/

女性の耳(2) (再掲載3)

2018年08月14日 | 音を聴く耳
なんということでもないのだろうけど 女性の耳が感情耳だということを理解されにくいところが多々ある。と、思い始めた。 それは、しかたがないかもしれない 代理が知る限りでも、女性がAUDIO 云々と語ることは見たことがない。 つまり、男性のAUDIOは、聴くばかりでなく、中のつくりがど~~の ・・・・たとえさえ実例をだせないありさまなくらいだから・・・・ と、まあ、機械いじりが好きな男の特 . . . 本文を読む
コメント

CD、インプレがが教えてくれる・・・

2018年08月13日 | 音を聴く耳
当方と同じ620Aのネットワークを作り直したということで、 いろいろ、同じCDを聴き比べすることになったのですが・・・ CDPは当方と同じ WADIA6LTD(改)blue ネットワークの基礎?については、 高橋がつたえ、 オーナー様は、素材をいろいろ、厳選し (素晴らしい音になった)と自己申告されていたのですが・・・・ どうも、 同じCDの音の抽出・表現に対してのインプレが違う。 . . . 本文を読む
コメント

(アナログとデジタル÷倍音)(再掲載3)

2018年08月12日 | 音を聴く耳
門前小僧でしかない代理はいろいろと「ロゴ」「専門用語」が判らないもので 以前、アナログとデジタルについてしらべてみたことがあります。 音的にいえば、アナログのほうが情報量がおおいというのがわかりましたが 実際の場面でアナログとデジタルの違いというのが良くわからないので 高橋にたずねました。 具体的に説明されたのが「時計」でした。 デジタル時計というのは12:55と言う風に時間だけが表示 . . . 本文を読む
コメント

代理の耳(再掲載3)

2018年08月11日 | 音を聴く耳
http://karuna98.blog.fc2.com/blog-entry-312.htmlより無断拝借しております。 認識を広げ感情を豊かにできた手話の可能性は皮膚感覚です。皮膚感覚のキャパを再認識します。*外胚葉が皮膚と脳になり、皮膚と脳はダイレクト。*皮膚は耳では捉えられない2万Hz以上の音(波動)をキャッチする 温度や湿度の変化は空気中の水分子の振動差、皮膚はその差をキャッチするセン . . . 本文を読む
コメント

860LTD- blueの音、報告の中の怪訝から・・おまけ・・終(再掲載)

2018年08月11日 | 音を聴く耳
アッテネーターを触るというところで・・・ ちょい、不安になる代理。 ****** 気になったのは、 色々な機器を聴き比べようというときに いちいち、場所?をかえたり ネットワークレベルを変えたりしていると 比較にならないところがでてくるのではないか?と思ったのです。   例えば、 860LTD- blueのレンジの主流線は、細目に縦(垂直方向に)左右にでてい . . . 本文を読む
コメント

860LTD- blueの音、報告の中の怪訝から・・2(返信から)(再掲載)

2018年08月11日 | 音を聴く耳
★ なにが、原因かわかりませんが、 最高峰にもっていっているものが 最高峰の音にならないということは、 解せない状態です。 ☆彡 6-BLUE エージング不足は否めません・・・ 熟成の進んだノーマル6LTDはいぶし銀の良さが・・・(安心感あり) 了解しました。6LTD-BLUEのカット周波数は同じ・・・ なら、それに合わせて、620Aのアッテネータを調整します 中域と高域も・・ . . . 本文を読む
コメント

どこに焦点を当てるか

2018年08月07日 | 音を聴く耳
こう・・・なにか、ちかっときて、 書き始めるのですが わりと、ちかっときたことが、 前振り、前座?みたいな話になって 結論(たいそうな・・)は、 違うとこにいってしまうのが、ほとんどなのですが・・・   ここのブログでも良く来るのが ***の音質はどんなものなの? と、いうような検索です。 この答えは以前にも、書いていて 当方での評価?印象というのは OH/音質改 . . . 本文を読む
コメント

・・・システムって・・・(再掲載3)

2018年08月06日 | 音を聴く耳
2015-08-01 音質改善はまだしもですが、 WADIA6LTDのような、機器をもってしまうと、 正直、システムのトータルバランスがきにかかります。 いままで、何人かの方がLTDをもってくださったのですが、 はたして、LTDの持ち味を表現できるシステムになっているか わからないところであります。 当方でも、アンプをL-580から サイテーション、90%以上、コンデンサなど変更 . . . 本文を読む
コメント

860LTD- blueの音、報告の中の怪訝から・・(再掲載)

2018年08月05日 | 音を聴く耳
よく、SPの位置あわせというのを行う事が多いようで、 SP25の時にも、 セッテイングに行きます。 後ろをどれだけ開けて・・・(後、覚えてない) と、いう説明もあったのだけど 基本的には 「良いSPはどこできいても良い」 と、いうもので、 当方、620Aモニター版をおいて、 かれこれ、12年? いっさい、動かしたことがない。 置き方を言えば、少し内側に振る 下に板をおいて、 . . . 本文を読む
コメント

音を語るためには、耳が要なんだろうね(再掲載3)

2018年08月05日 | 音を聴く耳
もう、仕上がった機器のことを書きたくて、しかたがないのですが ちょっと、おさえて・・・・ この機器は、 回路設計など、設計者のセンスが良くて OHはむろんのこと、 音質改善をおこなうと、ぐんと良くなるのです。   いわゆる、 素性が良い 性能が良い機器といいながら、 たいていの機器が、メーカー出荷時から、その能力を発揮できていないものなのですが、 ここをご理解いただ . . . 本文を読む
コメント

(音が判る音)(再掲載3)

2018年08月05日 | 音を聴く耳
精密なことをいえば、パルスを確認したり、特殊なCDを利用したり、音の状態を判断するのですが ここは、実際に聴く音。 たぶん、みなさま、このCDのこの音がきちんとでている。と、いう経験があるとおもうのですが、メンテナンスや音質改善をすると今まで聴こえなかった音が聴こえる様になります。 それで、代理個人はお気に入りのCDをかけて、きちんと「あの音」をひろうようになったか、聴いてみます。 高橋の . . . 本文を読む
コメント

(期待と不安)(再掲載3)

2018年08月03日 | 音を聴く耳
2015-01-01 あけまして、おめでとうございます。 新参者ではございますが今年もよろしくお願いいたします。 ****** 受付再開をひかえ、なんとなく、心が弾んでくる一方で、 一抹の不安をかかえてもいます。 お客様の機器によっては、元値より高く成る場合があります。 高く成ると言っても、オーバーホールとピックアップ交換と音質改善の三つ合わせなのですが・・。 販売台数が少なかっ . . . 本文を読む
コメント

音を聴く耳 (再掲載3)

2018年08月01日 | 音を聴く耳
ひとつ前の「思うところ」は、じつは前ふりでおわってしまったというか、 ざっと、いきさつをかくつもりが、いきさつ多過ぎwww で、あらためて書こうとおもうのだけど、 代理の頭の中がうまく整理できていない。 で、相変らずたどたどしいのだけど・・・ぶっつけ本番でかいてみることにする。 書こうとおもったそもそもは、 「音を聴く耳」ということにある。 これが、視聴者・・みてないか・・聴者と . . . 本文を読む
コメント

ケーブルを考える(2)(再掲載3)

2018年07月29日 | 音を聴く耳
2016-03-07 基本的にCDPがCDの音を忠実に表現していくための性能をあげていく。 と、いうことが一番最初なわけです。 多くのCDPはメーカー出荷時においても、 性能を発揮できるように作っていません。 これを、変更をかけて、やっと 100という発揮率ができたとしても、 多く、その100の力をSPに伝えることも SPが100の力をそのまま表現することが難しいのでしょう。 . . . 本文を読む
コメント

微細な本質を表現できないアンプ?????(再投稿2)

2018年07月29日 | 音を聴く耳
エヴァ・キャシデイのCDを戴いたのは、 確か、6LTD- blueの出来の良さに感激したという お礼というか、 そちらも、 エヴァを6LTD- blueできいてみてくれということだったのだと思う。   ところが、申し訳ないが 録音が悪くて、あちこちが、破状していて、聴けたものでなかった。 この時、まだI氏は 6LTD-blueの音を率直に表現するトランジスターアンプを手 . . . 本文を読む
コメント