憧れのAudio☆お知らせブログ☆

メインブログアドレス⇔http://longingforaudio.blog.fc2.com/

(音が判る音)(再掲載2)

2017年11月04日 | 音を聴く耳
精密なことをいえば、パルスを確認したり、特殊なCDを利用したり、音の状態を判断するのですが ここは、実際に聴く音。 たぶん、みなさま、このCDのこの音がきちんとでている。と、いう経験があるとおもうのですが、メンテナンスや音質改善をすると今まで聴こえなかった音が聴こえる様になります。 それで、代理個人はお気に入りのCDをかけて、きちんと「あの音」をひろうようになったか、聴いてみます。 高橋の . . . 本文を読む
コメント

(期待と不安)(再掲載2)

2017年10月24日 | 音を聴く耳
2015-01-01 あけまして、おめでとうございます。 新参者ではございますが今年もよろしくお願いいたします。 ****** 受付再開をひかえ、なんとなく、心が弾んでくる一方で、 一抹の不安をかかえてもいます。 お客様の機器によっては、元値より高く成る場合があります。 高く成ると言っても、オーバーホールとピックアップ交換と音質改善の三つ合わせなのですが・・。 販売台数が少なかっ . . . 本文を読む
コメント

未来耳?? (再掲載2)

2017年10月23日 | 音を聴く耳
2015-11-12 kizashi JPで、WADIA6を検索すると、ほぼ、代理の記事ばかりでてくる(下に貼り付け) どうしても、WADIA6LTDが当方の基準機になっているせいもある。 お客様のメールをよんでいると、高橋の返事があった。 WADIA6LTDを入手されてから、OH 音質改善を行ったCDX-10000を聴くことがなくなった。 と・・・。その返事を読んでいた。 . . . 本文を読む
コメント

・・・システムって・・・(再掲載2)

2017年10月22日 | 音を聴く耳
2015-08-01 音質改善はまだしもですが、 WADIA6LTDのような、機器をもってしまうと、 正直、システムのトータルバランスがきにかかります。 いままで、何人かの方がLTDをもってくださったのですが、 はたして、LTDの持ち味を表現できるシステムになっているか わからないところであります。 当方でも、アンプをL-580から サイテーション、90%以上、コンデンサなど変更 . . . 本文を読む
コメント

音を聴く耳 (再掲載2)

2017年10月17日 | 音を聴く耳
ひとつ前の「思うところ」は、じつは前ふりでおわってしまったというか、 ざっと、いきさつをかくつもりが、いきさつ多過ぎwww で、あらためて書こうとおもうのだけど、 代理の頭の中がうまく整理できていない。 で、相変らずたどたどしいのだけど・・・ぶっつけ本番でかいてみることにする。 書こうとおもったそもそもは、 「音を聴く耳」ということにある。 これが、視聴者・・みてないか・・聴者と . . . 本文を読む
コメント

(恐るべしOSコン) (2)(再掲載2)

2017年10月13日 | 音を聴く耳
OSコンの使い方によっては、 (この使い方は、企業秘密) 濁りがでてくる。と、いうことがあるので、 これまた、企業秘密でそこを抑えるわけですが・・・。 通常に使う場合 OSコンの整音効果は実に優れものなのです。 タンタルも音のよさでは、ぴか1らしいのですが、 ーこいつ、爆発するからなー と、いうことで、 1つのタンタルがふっとぶとその関連についているタンタルも 付け直さなければ . . . 本文を読む
コメント

ケーブルを考える(2)(再掲載2)

2017年10月07日 | 音を聴く耳
2016-03-07 基本的にCDPがCDの音を忠実に表現していくための性能をあげていく。 と、いうことが一番最初なわけです。 多くのCDPはメーカー出荷時においても、 性能を発揮できるように作っていません。 これを、変更をかけて、やっと 100という発揮率ができたとしても、 多く、その100の力をSPに伝えることも SPが100の力をそのまま表現することが難しいのでしょう。 . . . 本文を読む
コメント

(アナログとデジタル÷倍音)(再掲載2)

2017年10月05日 | 音を聴く耳
門前小僧でしかない代理はいろいろと「ロゴ」「専門用語」が判らないもので 以前、アナログとデジタルについてしらべてみたことがあります。 音的にいえば、アナログのほうが情報量がおおいというのがわかりましたが 実際の場面でアナログとデジタルの違いというのが良くわからないので 高橋にたずねました。 具体的に説明されたのが「時計」でした。 デジタル時計というのは12:55と言う風に時間だけが表示 . . . 本文を読む
コメント

微細な本質を表現できないアンプ?????(再投稿)

2017年09月29日 | 音を聴く耳
エヴァ・キャシデイのCDを戴いたのは、 確か、6LTD- blueの出来の良さに感激したという お礼というか、 そちらも、 エヴァを6LTD- blueできいてみてくれということだったのだと思う。   ところが、申し訳ないが 録音が悪くて、あちこちが、破状していて、聴けたものでなかった。 この時、まだI氏は 6LTD-blueの音を率直に表現するトランジスターアンプを手 . . . 本文を読む
コメント

音を語るためには、耳が要なんだろうね(再掲載2)

2017年09月27日 | 音を聴く耳
もう、仕上がった機器のことを書きたくて、しかたがないのですが ちょっと、おさえて・・・・ この機器は、 回路設計など、設計者のセンスが良くて OHはむろんのこと、 音質改善をおこなうと、ぐんと良くなるのです。   いわゆる、 素性が良い 性能が良い機器といいながら、 たいていの機器が、メーカー出荷時から、その能力を発揮できていないものなのですが、 ここをご理解いただ . . . 本文を読む
コメント

YAMAHA NS-1000Mネットワークの検索から思う(再掲載2)

2017年09月26日 | 音を聴く耳
YAMAHA NS-1000Mネットワーク への、検索があとをたたない。 おそらく、NS-1000に変更をかけたいと考えていらっしゃるのではないかと思う。 どのYAMAHA製品も同じということではないと思うが 基本的に 高鳴り気味の音作りをしているのではないかと思う。   じっさい、素のYAMAHA CDX10000を聴いてみた印象が 「高鳴り気味やねえ」ということばにな . . . 本文を読む
コメント

耳の感受性は個人差がある?(再掲載2)

2017年09月24日 | 音を聴く耳
2016-01-21 原材料が、切れてしまい、ただいま仕入中という情けないポカミスをおこしてしまい 代理の仕事は、材料待ちになっているので、www ブログをかいています。 いろいろ、思う処はあるのですが、なにもかも書くわけにいかないという裏側がありつつも、 「これは、神話になっている」と、言う部分を痛切に感じると 居ても立っても居られないところがあります。 今回もヘッドフォンのこと . . . 本文を読む
コメント

固定耳になりかけていた。(再掲載2)

2017年09月22日 | 音を聴く耳
2015-02-20 昨夜、ぽつぽつと高橋と話していたのですが、 どき!よまれてる?と思うことがありました。 まず、最近はある機器がエージングもかねて、依頼機器のエージング中も よく、かかっているのです。 時折、チェンジャーで「ある機器」の音を確認して、 また、元に戻して依頼機器のエージング・確認をおこなうわけです。 そして、依頼機器のエージングが無い時など「ある機器」の音だしをお . . . 本文を読む
コメント

辛い意見でごめんなさい(再掲載2)

2017年09月13日 | 音を聴く耳
2016-02-10 受け付け再開日の案内を差し上げていますが あくまでも、まだ、休止・停止中ですので 依頼メールをいただいても、 2月12日0時以降にご依頼くださいということになってしまい 申し訳ありません。 前回にも多くあったのが 0時という時間を誤解されていらっしゃる場合があるということです。 2月11日0:00~2月11日23:59:59までが11日で 2月12日0:0 . . . 本文を読む
コメント

ナンデダロウ?(再掲載2)

2017年09月10日 | 音を聴く耳
2015-09-03 メンテナンスとなってくるとどうしても、古い機器ばかりになってしまう。 メーカーのサービス中に他の修理やがへたにさわると、 メーカーが修理をうけつけないという制約があり ここに逆らえないのだけど 自分のものなら、かまわないとサービス中という部類の新しいものをおかまいなしにさわることがある。 正直をいうと、言うというより見ているというべきだね。 不満な音がでている . . . 本文を読む
コメント