食育・体験レストラン栗の里相模原インター店(笹生農園)の自作水耕日記

食と農で地域貢献しよう!をモットーに農園レストランを経営、今までの6次産業ではないオリジナルの経営スタイルのお店です、

お知らせ

 水耕栽培については、お近くのJA又は農業試験場にお問合せください。栗の里では、個別に水耕栽培の方法や指導は行っておりません。  また、団体様の場合は(平日限定10名様~)、講義(30分)無料です。お食事つきでお受けできます。40名位のセミナールームも御用意しております。お気軽にお問合せください。講義内容は、水耕栽培から発想を変える新しい6次産業です。 農業委員会研修・行政関係・福祉関係など、とても参考になると思います。(大型バスは第二駐車でお願いします)

トマトって・・・

2014年05月30日 | 2014年春夏水耕トマト

トマトくん、1房でこんなに花を咲かせて大丈夫?間違えちゃったのかなあ

コメント

食育第一農園の近況報告

2014年05月30日 | ★★最新情報★★

写真1)余ったトマトの苗を畑の隅に植えました。30株位かな、今すごい勢いで成長しています。10段収穫で撤収
写真2)ピーマンは植えるのをやめて、ナス(80株位)を植えました。よく育っています。秋まで栽培するか未定
写真3)これは大根(600株位)、来週あたりに収穫です。この時期のアブラナ科の野菜は栽培しにくいですね。早く収穫したいです。

7月中ごろから、人参を1万本の種まきが始まります。それは大変だって思うかもしれませんが、1時間もかからないと思いますよ!やっぱり農業はアイデアで効率よくやります。

 

コメント

収穫始まっています!

2014年05月30日 | 2014年春夏水耕トマト

ホームセンターの資材と太陽の光で超低コスト・超低ランニングコストで超多収穫しちゃおう!!》
栗の里二本松店のトマトは第一花房の収穫が始まっています。15段~20段まで収穫予定なのでこれからず~っと収穫が続きますよ!!

コメント

カブをプレゼントしています。

2014年05月27日 | ★★最新情報★★

生産余剰につき、アントシアンが綺麗にでている首が紫色のカブを本日差し上げます。1グループ5個まで無料ですので御自由にどうぞ、袋を御希望の場合は10円です。 また、トマトも3名様以上1パック無料でトマト狩りがお楽しみ頂けます。

コメント

本日新規開講です

2014年05月26日 | 2F「みんなのお部屋」より

19:30より本日3講座目のヨガ、(福前先生)ヨガは人気あるんですねえ。尚、栗の里2Fみんなのお部屋は飲み物の持ち込みは一人100円の有料です。今は3日に一件くらいのペースでお教室やセミナーが増えていっています。御興味のある方は是非御利用ください。

コメント

鯉用池の穴掘り

2014年05月26日 | ★★最新情報★★

本日は鯉用の池の穴掘りが終了しました。明日は金魚養殖用の池の穴掘り。合計で20メートル弱の池です。平本造園土木様ありがとうございます。

コメント

本日は無料相談会でした

2014年05月26日 | 2F「みんなのお部屋」より

本日は2Fみんなのお部屋で、安達先生による遺言セミナー・無料相談会が開催されました。大好評だった為、これから月1回開催するそうです。参加費無料ですのでよろしかったら是非いらしてください。

コメント

春夏トマトのトマト狩りスタートです。

2014年05月16日 | 2014年春夏水耕トマト

お待たせいたしました。第一花房のトマトが赤くなりだしたので、1パック無料トマト狩りがスタートします。本日は4名様以上で1パックです。栗の里二本松店

コメント

すべて自家生産で窒素循環型へ・・・

2014年05月11日 | ★★最新情報★★

まだまだ、勉強不足ですが、窒素循環!?と言う事で2メートル×10メートルの池をここに二つ作ることにしました。それで、その上でお花を育てる。もちろん水耕栽培です。池の錦鯉に餌をあげて、鯉から出た糞やアンモニア・硝酸態窒素とか色々なものを微生物が分解して、植物が養分として吸収する。こんな感じです。鯉になんの餌あげようかなあ。自家生産米の絹ヒカリの糠でもいいのかなあ? 実現すればすばらしい循環型栽培ですよ~^^。食育体験レストラン栗の里二本松店(笹生農園 笹生剛)

コメント

赤くなりだしました

2014年05月11日 | 2014年春夏水耕トマト

自作水耕栽培今年は1ベットだけ根域制限をし、ちょっとだけ水分ストレス。水分ストレスとは蒸散>根からの吸収って言う感じです。あまり水分ストレスは好きではないんですけど、100株だけお試しです。
第一花房が赤くなりだしました。さて、これからトマト君に頑張ってもらってこれでもか!っていうくらい実をつけてもらいましょう。

コメント