鉄血のオルフェンズ面白い@攻略の館

刀剣乱舞レベルカンスト

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

アニメ誌12月号早売り感想(ネタバレ含)

2004-11-08 | Weblog
「Newtype」「アニメージュ」「アニメディア」12月号

ゼノサーガ アニメ化ですよ

東映アニメーション制作・キャラクターデザインが結城信輝さん。
下に詳しいスタッフ他掲載。

ぴんちょうタンもアニメ化ですよ

ガンダムSEED関連は
キラ・ヤマト&ラクス・クライン 8話でアスランと再会

6話では「DESTINY」メインキャラクター総出演

そしてファフナー
春日井甲洋は19話でフェストゥム化ですか

毎月8日はアニメ誌の発売日~。
そしてガンダムファクトファイルが売り切れ…
明日発売日なのに。なのに。
土曜日に入荷ですか。そうですか。
発売日前に品切れの書店もどうなんだろう。


以下は女性向視点メインで。

「Newtype」12月号
表紙は劇場版機動戦士Zガンダム
原画は恩田さん・仲さん
付録は「蒼穹のファフナー」Log-Book
表紙は平井久司さん描きおろしの
一騎(シナジェティックスーツ)&総士
おなじく付録で「機動戦士ガンダムSEED DESTINY」下敷
下敷の表は2004年表紙のシン・アスカ+インパルス
裏は1色でアスラン・ザラ(広報イラスト)

巻頭特集は劇場版機動戦士Zガンダム
トリビュートZ・第一回目は高河ゆんさん描きおろしの
カミーユ&フォウ
「SEED」以前のガンダムは専門サイトが多数あるので簡単に。

■機動戦士ガンダムSEED DESTINY
P24-P33まで特集
描きおろしは見開きシン・アスカ(パイロットスーツ)
原画は橋本ひできさん(※下の漢字変換不明)

1話をメインに台詞を含めた特集
「ラッキースケベ」シーンもばっちり。
ディアッカ・イザークの特集もあり。
10/3に開催された前夜祭のレポートやOPコマ送りも掲載。
更に歴代ガンダムパイロットとシン・アスカとの比較レポート。
P264の「彩種挿話」ではイザーク特集。
白服+白のパイロットスーツのイザーク描きおろし。

■蒼穹のファフナー
22話までのサブタイトル公開
「Log-BOOK」では伏線やいままで明かされなかった謎も解明。
管理人Sが冗談で言っていた
『総士と一騎が一緒のファフナーに乗って出撃』
…どうやら本当になりそう。
ジークフリードシステム内臓型
【プロトタイプ・ファフナー】の存在が明らかに。
最終決戦は北極。
「最終話の直後一ヶ月の物語」プロットもあるとか
(※機会があれば続編はやりたいとの発言あり)

来月のNewtypeでは最終回直前大特集。



「アニメージュ」12月号
表紙は「ハウルの動く城」
金箔押しだよ~豪華~

付録は「機動戦士ガンダムSEED DESTINY」セル画式
ダブルクリアホルダー(シン&アスラン)
同じく付録は「カードキャプターさくら」描きおろし
Bigポスター
綴じ込みで「機動戦士ガンダムSEED DESTINY」と
「鋼の錬金術師」ポストカード

■機動戦士ガンダムSEED DESTINY
P26-33で特集
描きおろしは2枚。
インパルスガンダム:原画・やまだたかひろさん
シン・ルナマリア・レイ:原画・山口進さん
鈴村健一さんロングインタビュー掲載
「シンは決してヒーローになれるキャラクターではない」
意味深な発言もあり。

■蒼穹のファフナー
P40-44特集
描きおろしは一騎&真矢(シナジェティックスーツ)
原画:山岡信一さん
14~18話までを中心に特集

そして↓はアニメージュが一番詳しかった。
放映時間帯は「アニメディア」より。

★ゼノサーガ THE ANIMATION
毎週水曜日 深夜枠で2005年1月で放映開始

制作スタッフは以下
シリーズ構成:竹田裕一郎
キャラクターデザイン:結城信輝
総合作画監督:佐藤雅将
美術デザイン:須和田真
監修:長岡健史
チーフディレクター:古賀豪
アニメーション制作:東映アニメーション
(敬称略)

声優は未定
…声優のスケジュール難しそうだしな…

最後はこちら

「アニメディア」12月号
上の他二誌に比べると満遍なく番組を取り扱っている印象。
表紙は「学園アリス」クリスマスバージョン
付録は「鋼の錬金術師」描きおろしポスター
※裏面は最遊記

なんと
アルフォンス単独
鎧単独…初めてだ。快挙?
すごいぞ、アニメディア編集部。

■機動戦士ガンダムSEED DESTINY
P20-21、P62-63で特集
描きおろしはシン・アスラン・イザーク
そしてディアッカ。
6話ネタバレあり↓
連合のガンダム3機に襲われるイザークと
ディアッカを助けるのがアスラン。
しかしイザークはアスランに敵意をむき出しにする。

P62からはプラント議員の変遷と
ディアッカの降格(やっぱり降格か…)
イザークの昇進に関する特集。

「びんちょうタン」のテレビアニメ化企画も進行中


コメント   この記事についてブログを書く
« ファナティカですが | トップ | TVアニメ 好きなものは好き... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

  ガンダム占い?? (ダイエットしたらば)
 ガンダム・キャラクター占いだってーッ(笑)  わたくしの「おたく」を決定付けたアニメでゴザイまする。わたくしはギレン=ザビ閣下  父親殺しの鬼畜野朗でゴザイまする(爆笑)  最期はキシリア閣下にバズーカで頭を吹っ飛ばされてコロサレちゃうナイスガイなお方。どっか