越後長尾・上杉氏雑考

主に戦国期の越後長尾・上杉氏についての考えを記述していきます。

越後国上杉輝虎の略譜 【38】

2012-12-28 23:12:46 | 上杉輝虎(謙信)の略譜
永禄10年(1567)7月 上杉輝虎(弾正少弼) 【38歳】

朔日、越前国金ヶ崎(敦賀郡)に滞在中の左馬頭足利義秋から御内書が発せられ、速やかに相州北条方と和睦して参洛するように促されるとともに、近いうちに軍事行動を起こしたいとして、兵糧の援助を要請されている。
同日、左馬頭足利義秋(花押)から、年寄衆の「直江大和守(政綱。大身の旗本衆)」と「河田豊前守とのへ(長親。同前)」のそれぞれに宛てて御内書が発せられ、出張(上洛)の実現のために使僧の智光院(頼慶)を随伴させて、これまで色々と手を尽くしてくれたゆえ、ひたすら感じ入っていること、輝虎の参洛が支障なく実現するために、言葉を尽くして取りまとめるべきこと、北条方(相州北条氏)へも和睦を厳命するので、このたびこそ両家が合意するように、改めて申し付けること、よって、これらを信堅(飯河肥後守信堅)と祐阿(杉原入道祐阿)が詳述することを伝えられている。
同日、左馬頭足利義秋(花押)、「智光院(頼慶)」に宛てて御内書が発せられ、近国の諸侯が出勢(上洛)の挙行を言上してきたので、近日中に実施したいので、輝虎に参洛を急き立てるなか、兵糧の援助を頼むことは心苦しいが、よく検討した上で、内々に申し付けること、よって、これらを(杉原)祐阿が詳報することを伝えられている。
同日、左馬頭足利義秋の随員である聖護院門跡道澄(花押)・(関白近衛前久の弟)から書信(「上杉弾正少弼殿」)が発せられ、長らく智光院(頼慶)を随伴させて示した御懇切の数々は、敵味方に高く評価されて諸国に広く知れ渡っており、さぞかし御満足であろうこと、このほど取次の大役(この2月に大覚寺義俊は客死した)を仰せ付けられたので、何事につけ御遠慮なく御存念を表してほしいこと、万事に於いて上杉殿の意見を重視したいとの思いにより、御内書を発せられたこと、もはや三好(三好三人衆)と松永(久秀)の抗争は見境なく激化しており、この機会を逃さず御山執(上洛)を挙行したいとの御意向なので、調達のままならない兵糧の御進上を望まれていること、兵糧が整えば敵国の奥深くまで進陣されながら、(輝虎の)御参陣を待たれるつもりであり、それによって御当家(将軍家)再興が果たされるのを、最も望まれていること、よって、これらを頼慶(智光院)に詳報したので、彼の者が詳述することを伝えられている。
同日、飯河「信堅」から、「直江大和守殿(政綱)」に宛てて副状が発せられ、このほど御出張(上洛)の件について、改めて御内書を発せられたこと、このたびの隣国への御出張を、濃・尾・三州を始めとする諸侯が参加を約束して献言してきたものの、肝心の輝虎が御参洛されないのでは、天下の静謐は成し遂げられないため、輝虎が御参洛できる環境を整えられるべきこと、未だに成就しない相州(北条氏)との御和平を成立させるように、改めて申し付けられるので、このたびこそ両家が合意するように、手回しに尽力されるべきこと、よって、これらを首尾よくまとめれば、ひとえに御忠節との仰せであることを伝えられている。
同日、杉原「祐阿」から、「直江大和守殿(政綱。大身の旗本衆で年寄衆に列する)・河田豊前守殿(長親。同前)・神余隼人正(佑)殿(旗本衆。かつては越後国上杉家の京都雑掌を務めた)」に宛てて副状が発せられ、追って申し入れること、近隣の諸侯から出勢(上洛)の挙行を勧められたので、(足利義秋は)近いうちに御出勢されること、しかしながら御兵糧以下の調達がままならないため、御進上が可能かどうかのこと、(輝虎に)御参洛を強く仰せ付けられているなか、御兵糧の御進上を仰せ付けられるのは気が引けられるところ、とにかく御兵糧の調達に難儀されているので、(輝虎の)御意を得られるように、力の及ぶ限り奔走されるべきこと、よって、これらを智光院(頼慶)に詳報したので、彼の者が詳述することを伝えられている。

5日、(上杉「輝虎(花押a3)」)、先の下野国佐野領の唐沢山城(安蘇郡佐野荘)に於ける防衛戦で城衆が相州北条軍を撃退した際、戦功を挙げた佐野地衆(鍋山衆)の「大芦雅楽助殿」に宛てて、遅ればせながら感状を発し、いつもながらの見事な武勲であるとして褒め称えるとともに、今後も傍輩と結束して健闘するように期待のほどを表した。

尾(濃)州織田信長が濃州を制圧したとの情報に接すると、13日、(上杉「輝虎」)、「織田尾張守殿(信長)」に宛てて自筆の書簡を発し、取り急ぎ筆を執ったこと、このたび聞くところによると、濃州を一変させたばかりか、因幡(ママ)山(美濃国厚見郡井口の稲葉山城。濃州斎藤氏の本拠地)を乗っ取ったのは、いつもながらの例えようがない見事な戦果であり、すぐにも祝意を表したく思い、先ずは飛脚に書簡を託したこと、改めて使者を派遣して祝儀を表すること、これらを懇ろに伝えた。


『上越市史 別編1 上杉氏文書集一』 569号 聖護院道澄書状、570号 足利義秋御内書、571号 足利義秋御内書(写)、572号 飯河信堅副状、573号 足利義秋御内書、576号 水(杉)原祐阿書状、578号 上杉輝虎書状(写)、993号 上杉輝虎書状(写)


永禄10年(1567)8月 上杉輝虎(弾正少弼) 【38歳】

7日、(上杉「輝虎」)、交流の途絶えた佐竹次郎義重(常陸国太田城主)・宇都宮弥三郎広綱(下野国宇都宮城主)を始めとする、かっての味方中との関係改善を図るため、佐竹氏の客将である「太田美濃守殿(三楽斎道誉。資正。常陸国片野城主)」に宛てた書簡を使僧に託し、其許の現況を把握できてはいないが、このたび使僧をもって申し入れること、佐竹家とは、代々重ねてきた友好に基づき、取り分け近年は連帯を深めていたにも係わらず、関東の争乱を煽り立てる徒輩の策動により、むしろ関係はこじれてしまい、無念極まりない状況であること、この機会に相互がわだかまりを捨てて心を合わせ、是非とも陣営の再構成を図りたいこと、、幸いにも宮(宇都宮氏)については、(佐竹)義重とは骨肉の間柄(宇都宮広綱の妻は義重の妹)であり、今後は両家に下野国佐野から東方一円の統治をゆだね、輝虎は関東の半分を統轄するつもりなので、万事に於いて世評も芳しいであろうこと、本来であれば、こうした内意を直報するべきところ、両家の現況がわからないため、先ずは其方(太田道誉)に申し伝えたこと、尤も佐(佐竹)・宮(宇都宮)の家中衆にこそ、こうした提案の取り成しを頼むべきところではあるが、遠境ゆえに両家の事情が把握できないため、これも其方の手引きにより、彼の家中衆の理解を得たいこと、「多嶋(武蔵国衆の広田・木戸氏をさすか)」については、去る頃に氏政(相州北条氏政)が、もはや周辺で従わない者は、彼の一ヶ所のみであると称して、彼の在所に攻めかかったところ、一身に南軍の攻勢を受け止めると、古今無比の奮戦によって大軍を撃退したこと、そして、こうした最中にあっても、ますます忠節を尽くす覚悟を明言し続けていたこと、万が一にも佐・宮の両家が苦境に陥れば、なおさら輝虎が救援に駆け付けること、従って早速にも関東出陣を挙行するべきところ、留守中の防衛態勢を整えるため、信濃国飯山領(水内郡)での地利の構築(飯山城近辺に新城を築いたのか、或いは飯山城に郭を増築して拡張したのか)に忙殺されて果たせなかったが、漸くほぼ完成したので、必ず今月中に出陣すること、上野国沼田領(利根郡沼田荘)と下野国佐野領を結ぶ直通路が存在するとの情報を得たので調査したところ、最小限の拡張工事で兵馬の往来が可能となり、ありがたくも天運に恵まれて喜ばしいこと、倉内(沼田城)に着陣したならば、諸軍が揃うまでの間に道普請を完了させた上で、沼田から佐野へ直行すること、たとえ当秋の出陣で大功を収められなくとも、敵方になびいた国衆を降して勢力図を一変させるのは眼前であり、まして両家の御同心を得られれば、東方の味方中の再編も思い通りであること、佐野の統治については、すでに聞き及んでいると思われるが、先年に佐(佐野小太郎昌綱)が息子の虎房丸を証人として差し出したにも係わらず、、彼の者を見捨てて離反を繰り返すも、惻隠の情から、そのつど彼の者の処分を見送っていたこと、これより佐野領の統治を以前のように佐野へ委譲する旨を下知したので、譜代も外様も一致団結しており、日を追うごとに佐野の陣容は整いつつあるため、両家も満足されるであろうこと、よって、これらを彼の使僧が詳述することを伝えた。


この間、甲州武田信玄(徳栄軒)は、越後国上杉氏の陣営の動向に注意を払い、7日、信・越国境の信濃国野沢の湯要害(水内郡)に拠る信濃先方衆の「市川新六郎殿(信房)」に対して覚書(竜朱印)を送り、一、城内の昼夜の警戒と修繕等を怠ってはならないこと、一、地衆をみだりに入城させてはならないこと、この補足として、往還の人改めについて、一、地衆に対して非分狼藉を働いてはならないこと、一、越国(越後)の模様について、念入りに情報収集して逐一報告するべきこと、相原庄左衛門尉の替わりとして、天河兵部丞を在府させるべきこと、この補足として、相原が帰着した上で、兵部丞に全ての事柄を相談するべきこと、これらを指示している。
7日から8日に掛けて、「甲・信・西上野三ヶ国の諸卒」から起請文を徴収し、一、信玄に対して「逆心謀反」を引き起こさないこと、一、「長尾輝虎」を始めとする敵方に如何なる功利をもって誘引されたとしても同意しないこと、一、三ヶ国の諸卒が悉く逆心を引き起こしたとしても、自分だけは信玄に忠義を尽くすこと、これらを誓約させ、厳しい統制を図っている。

相州北条氏政(左京大夫)は、房州里見領に侵攻するも、23日、上総国三船山(望陀郡富津)の地で房州里見軍に大敗を喫し、岩付太田源五郎氏資(大膳大夫。相州北条氏康の娘婿。武州岩付城主)らを失っている。


永禄12年(1567)9月 上杉輝虎(弾正少弼) 【38歳】


18日、(上杉「輝虎(花押d型)」)、信・越国境の越後国祢知城(頸城郡)の城衆である「斎藤下野守殿(朝信。譜代衆。越後国赤田城主)・赤見六郎左衛門尉殿(信濃衆)・小野主計助殿(旗本衆)」に宛てて書信を発し、其許(祢知城衆)から信州口へ目付を送り込んで甲州武田軍の陣容を見届けさせ、しっかりと報告を寄越してくれたので、嬉しく思うこと、その情報は、爰許(輝虎本陣)から送り込んだ目付が入手した情報と一致していること、関東表から寄せられた情報でも、濃州を併合した尾州織田信長が甲府へ攻め入るので、甲州口は激しく動揺しているそうであり、これも一致した情報であることから、恐らく事実ではないかと考えていること、引き続き目付をしっかりと張り付け、甲・信表と越中口の様子について、こまめに報告を寄越すべきこと、言うまでもなく、要害の維持管理を徹底するべきこと、これらを伝えた。

こののち帰府した。


『上越市史 別編1 上杉氏文書集一』 474号 上杉輝虎書状(写)、579号 上杉輝虎書状(写) 『戦国遺文 武田編 第二巻』 1098号 武田家朱印状写、1099~1186号 〔生島足島神社〕起請文 『戦国遺文 後北条氏編 第二巻』 1035号 北条氏政判物、1036・1037号 北条氏政書状写 『千葉県史 資料編 中世5(県外文書2 記録典籍)』 735号 年代記配合抄
コメント

越後国上杉輝虎の略譜 【37】

2012-12-23 14:27:51 | 上杉輝虎(謙信)の略譜
永禄10年(1567)5月 上杉輝虎(弾正少弼) 【38歳】

2日、(上杉「輝虎(花押影a)」)、羽州米沢(置賜郡長井荘)の伊達家に属する国衆の「上郡山殿(民部少輔盛為。出羽国小国城主)」に宛てた書簡を使者(真壁越中守)に託し、別紙をもって申し伝えること、このほど当国菅名荘(蒲原郡)に侵攻してきた会津衆により、神洞・雷の両城を奪われたが、すぐさま当手の軍勢を派遣して追い払い、凶徒を五百名ほど討ち取ったので、さぞかし喜ばれたであろうこと、よって、これらを彼の使者が詳述するので、書面を略したことを伝えた。
6日、(上杉「輝虎」)、「上郡山民部少輔殿(盛為)」に宛てて返書を発し、このたび来札(真壁に託された書簡より前に発せられた書簡に対する返書か)を披見し、満足しきりであること、去る3月18日に信・越国境の信濃国野尻城(水内郡芋河荘)を甲州武田晴信に奪われたが、即日取り返して防備を固めたこと、更に先月は当国に手引きする徒輩がおり、菅名荘に会津衆の侵攻を許したが、すぐさま当手の足軽共を派遣すると、五百余名の凶徒を討ち取り、残党を追い払ったこと、いかにも各方面は平穏無事なので、御安心してほしいこと、遠境にも係わらず、厚情の限りを尽くしてもらい、感謝に堪えないこと、よって、これらについての詳報は、先だって使者の真壁越中守(旗本衆)を派遣した際に済ませており、今回は省略することを伝えた。

下野国佐野領の唐沢山城(安蘇郡佐野荘)に在番する色部修理進勝長(外様衆。越後国平林(加護山)城主)から本田右近允(実名は長定か。旗本衆)を通じて、番城体制の不備を理由に早期の帰国を要求されると、7日、(上杉「輝虎(花押a3)」)、「色部修理進殿(勝長)」に宛てて返書を発し、このほど本田右近(允)方への書中を披見したこと、その地(佐野唐沢山城)の番城体制の不備により、労兵を帰国させたいとの申し出については、はなはだ尤もであること、虎房(佐野小太郎昌綱の子である虎房丸。越府に人質として差し出された。輝虎の養子になったと伝わる)に佐野の家督を相続させるため、近日中に上野国根利(利根郡)の地へ送り出して佐野衆に受け渡すので、それまでは在番を継続するべきこと、このたびの辛労については、いうまでもなく十分に理解していること、また、甲州武田軍に奪取された信濃国野尻島(野尻城)については、自ら差配して即日取り返し、会津衆による菅名荘への侵攻については、軍勢を急派して阻止したところ、五百余名の損害に慌てて詫びを入れてきた盛氏(蘆名止々斎)と和解に至ったので、いかにも諸方面の防備は万全であり、ともあれ安心してほしいこと、返す返すも、虎房丸の受け渡しが完了してから、帰国されるべきこと、只今の時分まで佐野で無事に過ごしてきたにも係わらず、一人(色部勝長)で帰国を焦り、路中で災禍に見舞われでもすれば、敵味方の嘲笑を受けるのは免れず、考えただけでも口惜しくてならないこと、実際に在番衆の五十公野(玄蕃允。外様衆。越後国五十公野城主)が独断で帰国を図ったばかりに、無法にも敵(相州北条軍)に捕縛されてしまったわけであり、仮に納得してもらえないとしても、この通路が断絶しているなかで、万一の事態を懸念しての忠告であること、これらを念入りに伝えた。更に追伸として、返す返すも虎房の受け渡す時期を遅延したりはしないので、その時分に帰国されるべきことを伝えた。
16日、(上杉「輝虎(花押a3)」)、「色部修理進殿(勝長)」に宛てて血判起請文を送付し、起請文の意趣は、このたび加勢としてその地(唐沢山城)に配置したところ、吉江(中務丞忠景)と荻原(伊賀守)の両名に遜色なく奮闘されており、その忠節を輝虎一生涯こころに留めておくこと、一、其方(色部勝長)の息子(弥三郎顕長)が脚力を寄越してきたので、何事かと思いきや、少しも其方の進退について、輝虎かたから保障を得ていないとの不信感を示されたので、こうして誓詞をもって申し遣わすこと、一、留守中に於いても懇切に対応し、外敵から当国を守り通すので、従って、今度はその地から道理を申し越すべきであり、吉江・荻原と協調して失策がないように努めるべきこと、これらを神名に掛けて誓約した。

これから間もなく、唐沢山城が相州北条軍の攻撃を受けているとの情報が寄せられ、救援のために急遽、出陣して上・越国境まで進んだところ、唐沢山城衆が北条軍を撃退したとの報告が届き、越府に引き返した。


この間、相州北条「氏政(左京大夫)」は、佐野唐沢山城から抜け出した越後衆の五十公野玄蕃允を捕縛すると、その五十公野から、奥州黒川(会津郡門田荘)の蘆名家を頼って在所に帰還することを懇望されたので、5月14日、「葦名殿(蘆名止々斎)」に対して書信を送り、ここ暫くは、関東情勢の変化により、図らずも疎遠となっていたこと、このほど思い掛けない巡り合せをもって、佐野から抜け出した越後衆の五十公野を捕らえたところ、貴辺の援助により、会津口から在所に戻りたいそうで、その要望に沿って貴辺に身柄を引き渡すこと、懇ろに引き受けてもらえれば、この氏政の面目が施されること、ますます長尾輝虎が関東に争乱を引き起こすので、力の限り防戦に及んだところ、当夏の関東は余す所なく安寧を取り戻したこと、そればかりか、毛利丹後守(北条高広。上野国厩橋城主)を始めとする越後衆までもが当陣営に従属してきたこと、また以前のように連携を図り、今度こそ越国を打倒したいので、是非とも連帯の御同意を得たいこと、よって、これらを弟の源三(大石氏照。武蔵国由井城主)が詳報することを伝えている。

その後、北条氏政は唐沢山城に攻め寄せるも、陥落させることはできずにあっさり撤収している。


『上越市史 別編1 上杉氏文書集一』 558・559号 上杉輝虎書状、560号 上杉輝虎書状、561号 上杉輝虎起請文、562号 上杉輝虎書状、563号・564号 上杉輝虎書状(写)、565号 上杉輝虎書状 『戦国遺文 後北条氏編 第二巻』 1023号 北条氏政書状写


永禄10年(1567)6月 上杉輝虎(弾正少弼) 【38歳】

4日、(上杉「輝虎」)、防戦を尽くして相州北条軍を撃退した下野国佐野領の唐沢山城衆のうち、佐野家の被官である「大貫半三郎殿」・「飯塚対馬守殿(実名は泰貞か)」、佐野地衆(鍋山衆)の「小曽戸善三殿」・「小曽戸図書助殿」・「梅沢兵庫助殿(実名は正頼か)」に宛てて黒印状(印文「量円」)を発し、今回もまた伊勢氏政(相州北条氏)の軍勢を数多討ち取って撃退した防戦の功労を称えるとともに、以前に指示した通り、近いうちに虎房丸を養子として其許(佐野)へ受け渡すので、守り立てて更なる忠勤を励むように促した。

15日、これより前、濃州平定を遂げた濃(尾)州織田信長の許へ祝儀のために使僧の宝蔵院と龍蔵房を派遣したところ、使僧の通行に便宜を図ってくれた飛州姉小路三木「良頼」から書信(「山内殿」)が発せられ、尾張守(織田信長)への祝儀は時宜にかなった適切な対応であり、良頼にとっても本望であること、(信長との)友好を永続させるのが最も重要であること、よって、これらを宝蔵院と龍蔵坊が詳述することを伝えられている。

25日、年寄の河田「長親(豊前守。大身の旗本衆。越後国栖吉城主か)」が、自らの配下である「小越平左衛門尉殿(古志長尾家の被官、長尾景虎の旗本衆を経て、河田に配属された)」に証状を与え、佐田甚左衛門尉との間の土地相論については、双方の主張の正否を明らかにすることは困難なため、四貫百文の知行地を折半するように下した。


『上越市史 別編1 上杉氏文書集一』 562号 上杉輝虎書状、563・564号 上杉輝虎書状(写)、565号 上杉輝虎書状、566号 上杉輝虎書状(写)、567号 上杉輝虎書状、568号 河田長親判物

◆ 鍋山衆については、江田郁夫氏の論考である「中世下野鍋山衆の成立と終焉」(『栃木県立文書館研究紀要 第三号』)を参考にした。
コメント