ごっとさんのブログ

病気を治すのは薬ではなく自分自身
  
   薬と猫と時々時事

動物体内でのヒトの臓器作成を容認

2017-11-04 10:40:38 | 健康・医療
動物の体内でヒトの臓器を作る基礎研究について検討してきた文部科学省の専門委員会は、薬の開発や病気の原因解明などに利用できる可能性があるとして、容認することを大筋で了承しました。

生命科学分野の基本方針を決める政府の生命倫理専門調査会は、動物の体内でヒトの臓器を作る基礎研究を容認する見解をまとめました。その後、文科省の委員会が具体的な指針改正に向けて、倫理面の課題などの検討をしていました。

対象となる研究では、動物の受精卵が成長した段階の胚に、ヒトの細胞から作ったiPS細胞などを注入した「動物性集合胚」を作るような研究です。こういった研究はすでに海外ではかなり進んでおり、例えばアメリカのソーク研究所の研究グループもその一つです。

この研究グループは、幹細胞技術を使ってヒトの細胞や組織をブタの胎児の中で作ることに成功したと発表しています。しかし基本的には、それぞれの種は別々に進化しており、発達プログラムを規定する要素は多いため、ある種の動物の細胞を他の種の発育中の受精卵に混ぜることは困難ということがあるようです。

そこで研究グループは、まずラットとマウスという近縁種で実験しています。まず膵臓のないマウスの胎児を作り、その体内にラットの幹細胞を注入しました。幹細胞はマウスの体内でラットの膵臓へと生育し、マウスは健康に本来の寿命を全うしたとされています。

そこで研究グループは、ヒトのiPS細胞を作成し。それをブタの受精卵に注入する実験に着手しました。ブタが使われたのは、臓器の大きさや発育に要する時間が人間と近いからとしています。

この受精卵はブタの体内に移植されましたが、安全性への配慮から実験は4週間で終了となりました。この安全性というのは、生まれてきたブタの胎児が人間のような知能や感情を持っていた時どう対処するかという、倫理面での結論が出ていないためのようです。

このブタの胎児の中のヒトの細胞を調べたところ、一部は分化をはじめて前駆細胞に変わっていました。しかし成功率は、ラットとマウスの実験に比べてずっと低かったとしています。

このように動物体内でヒトの臓器を作成するという試みはすでに進んでいるようですが、本当に目的とする臓器だけがヒト由来のものになるかなど課題は多かったようです。

現在遺伝子技術が進み、ある臓器ができないようにすることは、マウスやラットのレベルではほぼ完成しているようです。ヒトの臓器をつくるという基礎研究が始まれば、思った以上に早く実現できそうな気もしています。
コメント