ごっとさんのブログ

病気を治すのは薬ではなく自分自身
  
   薬と猫と時々時事

「培養肉」の名称をめぐる議論

2018-10-13 10:33:21 | その他
最近「培養肉」という新たな肉が生産されるようになってきたようです。

この名前を巡ってアメリカでは何という名称にするかで議論が展開されています。培養肉とは、牛や鶏、魚から採取されたごくわずかな細胞をベースとして、研究室で培養される動物の組織のことです。

現在のところこうやって培養された肉は、まだソーセージのような食品となるだけのようですが、動物の組織培養技術が比較的安価な肉の世界まで応用できているということは驚きです。培養肉は、動物を屠殺する必要がない、厳密な衛生管理が可能、食用動物を肥育するのと比べて地球環境への負担が低いなどの利点があり、従来の食肉に代わるものとして期待されています。

現在のところ、高価であることが培養肉の課題の一つですが、技術の発展によって従来の肉と同程度までに低価格化することができると予測されています。

2013年には、オランダのチームによって世界初の培養肉ビーフバーガーが実現し、ロンドンでデモンストレーションされました。

余談ですがこういった人工肉の話は、もう30年以上前ですが日本で盛んに研究されたことがあります。これは本物の肉を使うのではなく、微生物にタンパク質を作らせ、それを取り出して肉に加工するというものです。

私が勤務していた研究所も精力的にこれに取り組んでいました。この微生物は炭化水素資化性菌といって、石油中に含まれる成分をエサに育ち、多量のタンパク質をため込む性質を持っていました。

このタンパク質を取り出し、食品グループが通常の肉のように加工するという研究でした。私は専門外ですので、食品グループが作成した肉を食べて評価するという、いわゆる官能検査を手伝っていました。

ラーメンの中のチャーシューのように加工したものでしたが、本物と変わりないような美味しいものに仕上がっていた記憶があります。これならば十分肉として商品化できると思っていましたが、思わぬところから問題が出てきました。

これは当然マスコミも取り上げ大きな話題となりましたが、そのときの名前が「石油タンパク」として報道されたのです。安全性などにも全く問題はなかったのですが、「石油」と「食品」はいわば両極端にあり、とても科学的ではない批判にさらされてしまったのです。

これは科学論争ではなく感情論ですので、商品化自体難しいものになってしまい、この段階で幻と消えてしまいました。

余談が長くなってしまいましたが、このように名前というのはその商品の行く末を左右するもののようです。今回の培養肉もそういった点で何と名付けるかで、所轄官庁も異なり難しい問題となっているようです。やはり食品はイメージが重要ですので、こういった論争が起きるのかもしれません。

コメント

データで見る「死」の県民性

2018-10-11 10:12:14 | その他
2017年に亡くなった人は、全国で約134万人と戦後で最も多かったようです(厚生労働省・人口動態統計)。

私の高校や大学の同級生もかなり亡くなっており、「死」は何となく身近なもののように感じています。

2017年の死亡数と出生数の差となる自然増減数は、約39万人の減少で、都道府県別に見ると自然増は沖縄のみとなっており、日本は死亡数が出生数を大きく上回る「多死社会」に入っています。

死亡数を死因別に見ると、1位悪性新生物(ガン)、2位心疾患、3位脳血管疾患、4位老衰、5位肺炎となっており、ガンの死亡者は増え続け、81年以降は死因トップで、死因全体の28%を占め、3.6人に1人はガンで命を落としています。

実はこの死因というのもそれほど厳密なものではないという印象を持っています。89歳で亡くなった私の母は、入院中色々な臓器が徐々に悪くなり明らかに老衰で亡くなったのですが、入院しているのが呼吸器科だったため、医師から死因は「肺炎」でよいかと聞かれました。

奇妙な感じはしましたが、別に逆らう程の問題ではないため母の死因は肺炎となりました。たぶんこういったことは多く、実際は老衰という死因がもっと多いのではないかと思っています。

ガンの死亡率が最も高いのは、男女とも青森で、脳血管疾患も男性1位、女性3位となっています。青森は平均寿命が男女とも最も短く、「短命県」と知られているようですが、これは塩分摂取量の多さが課題とされているようです。

ガン、脳血管疾患の死亡率は、青森、秋田、岩手など東北地方の県が上位に並び、低い県は男性のガンは長野、山梨など中部地方、女性のガンは岡山、長野、徳島、香川などとなっています。心疾患は男女ともに千葉、埼玉、奈良、和歌山など首都圏や近畿圏で死亡率の高い県があるようです。

どうも日本人は都道府県を一つのくくりとして順位を付けるのが好きなようですが、私はほとんど意味がないと思っています。今回のような死亡率や平均寿命は、年齢構成や病院数など色々な条件によってばらつきが出るのが当然です。

ですから行政単位として分けられている都道府県でも当然このばらつきは出てしまい、全てで同じになることはありませんので、順位がつくという程度のことだと思っています。

自分が住んでいる県が良いことの上位にあると嬉しくなり、悪い事の上位だとがっかりするといった、いわば興味本位の順位付けといっても良いのかもしれません。

高齢者で特段の死亡原因がない自然死の場合、死因は老衰になりますが、男女とも老衰の死亡率のトップは静岡、2位三重で中部地方が上位で、九州地方が低いというデータになっているようです。

このようにデータはいくらでも出てきますが、タイトルにある「県民性」などとは全く無関係だと思っています。
コメント

若者の酒離れ 本当の理由は

2018-09-30 10:19:43 | その他
色々な理由から若者の酒離れが進んでいるようです。厚生労働省の調査によると、飲酒習慣のある男性は20~29歳ではわずか10.9%しかありません。

この調査は2016年に実施した「国民健康栄養調査」の飲酒の状況というものですが、若年層になるほど酒を飲まない実態が浮き彫りになっています。

飲酒習慣のある人が最も多いのは、男性では50~59歳の46.1%で、40~49歳は37.9%、30~39歳は29.0%と一貫して減り続け、20~29歳ではわずか10.9%しかありません。女性も男性ほど顕著ではないのですが、やはり同様の傾向があるようです。

階級・階層社会の専門家は、非正規で働く若者が増えて低所得のため、酒を飲むだけの余裕がないというのが最大の要因と分析しています。酒は飲まなければ生きていけないというものではなく、あくまで嗜好品ですので酒代は真っ先に削られるとしています。

派遣社員やアルバイトなど非正規で働き、極端に生活水準が低い「アンダークラス」と呼ばれる階級が増加の一途をたどっています。ある試算によれば、2015年時点でアンダークラスは929万人で、労働者の3人に1人が非正規というのが現状で、所得の減少はフリーター化する若年層で著しいようです。

このような非正規のシフト制の職場だと労働時間もまちまちなので、みんなが一斉に仕事が終わって帰りに飲むという機会もありません。かつて「1億総中流」と呼ばれたころは、日本人の大多数はビールと日本酒を中心とする「酒文化」を共有してきましたが、それが崩壊の危機にあるようです。

日本の歪んだ酒税法も若者の酒離れを助長する要因としています。特にビールの税率が突出して高く。1リットル当たり220円で、350ミリリットル缶で77円もかかっています。一方ワインは1リットル当たり80円となっています。別にワインは金持ちが飲む酒というわけではありませんが、あまり若者は飲まないのかもしれません。

世代論からの分析もあり、アルコール飲料に限らず、車やAV機器への関心が低下し、買わない世代が登場しました。

1980年前後に生まれた「バブル後世代」で、収入に見合った支出をしない「嫌消費」層となっているようです。この世代は就職氷河期に就職活動をして社会に翻弄され、常に将来に不安を持っているから消費を控えています。

またそれまで組織や仲間意識を重視してきた会社は、個人の実力主義賃金体系へ移行しています。仕事が終わったらみんなでとりあえずビールというサラリーマン文化が消滅しました。この世代は超個人主義だから、上司に誘われても平気で断るわけです。

さらに交際費が使えなくなり、ますますサラリーマンたちの足は酒場から遠のいてしまったとしています。この意見に全面的に賛成するわけではありませんが、若干納得できるような気もします。
コメント

タンパク質は動物性と植物性で異なるのか

2018-09-27 10:37:17 | その他
近年菜食主義の人が増え、環境的にも優しいとされていますが、植物性タンパク質だけで大丈夫なのか、筋肉をつけるには動物性の肉が必要なのかという研究がされています。

イギリスでは最近になって動物への愛が増しているようで、2016年には植物をベースに作られた食品の売り上げが1600%も上昇し、それ以後も変わらず上り調子となっているようです。

効率的に筋肉をつけていくために必要な要素といえば、食事からの十分な栄養素と定期的なトレーニングであり、食生活において欠かせないものはタンパク質となっています。

2017年の研究では、身体の筋肉量自体を増やすのには、植物性でも動物性でも効果は同じと出ているようです。研究者がこの二つを比べてみたところ、タンパク質の種類と筋肉量には直接的な関連性が見られず、それよりも重要だったのはタンパク質の摂取量で、量がしっかりとれていれば豆腐や大豆などでも筋肉量は保てるという結果でした。

それでも別な研究では(被験者は男性のみです)、ホエイタンパクなどの動物性のタンパク質の方が、ウエイトトレーニングで筋肉をつけるには効果的であるという結果も出ています。

この理由としてタンパク質の構成単位であるアミノ酸の「ロイシン」が動物性タンパク質に多く含まれているためのようです。動物性タンパク質には8~11%ほどロイシンを含んでいますが、植物性タンパク質は6~8%となっています。

ただこの量を補うために植物性タンパク質を増やすことで(運動後は2~3グラムが良いとされています)、動物性と同じ効果を得ることも可能としています。

大学生の男子生徒を対象とした2015年の研究で、筋肉トレーニング後、米タンパク質(ロイシン量3.5グラム)を食べたグループとホエイタンパク質(ロイシン量5.5グラム)を摂取したグループの筋肉量を比べたところ、筋肉の付き方には大きな違いはなかったようです。

現時点では女性を対象とした研究や、長期に及ぶ研究はまだ行われていませんが、ロイシンの摂取がカギを握っているのは重要な発見のようです。このロイシン量を増やすためにサプリメントなどを利用するのは、何となくよくないような気もしますが、理論的には効果があるのかもしれません。

筋肉を付けたい場合のタンパク質の理想摂取量は、自分の体重×1.2グラムとされています。しかしタンパク質が必ずしもすべてを決めているわけではなく、たとえば炭水化物は筋肉の分解を防ぎ、運動するための燃料にもなっています。

私は菜食主義ではなく、肉も魚も食べていますのでどうでもいいことですが、特定のアミノ酸が重要というのは面白い知見のような気がします。
コメント

このブログ開設何と4周年

2018-09-13 10:42:39 | その他
このブログは2014年9月7日に開設しましたので、早くも丸4年がたったことになります。

当初は毎日更新ではなく、2,3日に1回程度でしたが、何がきっかけかわかりませんがよほどのことがない限り毎日更新するというスタイルでやってきました。今調べてみると記事数も1440件となり1回に大体1,100文字ぐらい書いていますので、自分でも驚くほどの量になっていました。

こういったときにはいつも触れるのですが、私がブログを書いてみようと思ったきっかけは、単純に時間ができたということもありますが、私の言いたいことを記録に残そうという意図でした。

4年前までは大学の非常勤講師をしており、学生さんに講義の傍ら(医薬品化学と医薬品工学という講座で、ドラックデザインがメインテーマでした)私の長い研究者生活で感じたことや、時事問題などを話してきました。一応資料は残っているのですが、時間が経てば当然忘れてしまいます。

そこでそれを文章にして残したいというのがそもそもの発端です。この内容は多く見積もっても100件程度ですので、その他に好きな猫の話しや新たな時事問題、その後テニスの話題など入れましたが、1年程度続けばよいと思っていました。それが「健康医療」や「自然」といったカテゴリーの話を更新し続けることができました。

一つには最初のころはアクセス数が200程度だったものが、徐々に増えてきて現在は500前後となっています。こういったある程度の人に読んでもらっているということが、励みになっていることも確かです。

このブログネタはネットの色々なサイトを始め、新聞やテレビなどから取っていますが、こういった最新情報に注意を払う習慣というのは、ボケ防止には役立ちそうな気がします。

現在の問題は、健康医療に関する話題が極端に減っているのです。一時は色々な病気の新しい治療法や、病気のメカニズムの解明といった話題がかなり多く、どれを取り上げるか迷う程でしたが、今年に入ってぐらいからほとんど出なくなってしまいました。

私は主要大学や研究機関のプレスリリースを読むサイトを時々覗いていますが、こちらも低調のような気がします。

私のブログのカテゴリーでの投稿数はやはり健康医療が305と最も多く、次が何とテニスで209となっていました。これは錦織の復活と大坂の活躍でつい増えてしまったようです。これに時事の163、自然の151と続きますので、まあ私の興味ある順番といってよいようです。

時には珍しいようなことを入れようとして「その他」という項目を作りましたが、やはりあまり得意でない分野は、私の文章として適当な長さにまとめるという作業がかなり大変になっています。

いつまで毎日更新が続けられるか分かりませんが、自分の文章が出てくる限り続けたいと思っています。
コメント