ごっとさんのブログ

病気を治すのは薬ではなく自分自身
  
   薬と猫と時々時事

孤立している化学物質過敏症

2018-09-21 10:25:58 | 化学
住宅の建材や日用品に使われる化学物質は現在国内で約6万7千種が流通し、なお増え続けているようです。

商品の品質を向上させる利点があるものの、体内に取り込むと頭痛やめまい、吐き気などに苦しむ化学物質過敏症(CS)を発症することもあります。

このCSやシックハウス症候群(SHS)は、建材の接着剤や塗料に含まれる化学物質が原因となります。この病気の難しい点は第1に診断がなかなかつかず、病院を転々としたり、CSと診断されても具体的な治療法がほとんどないところにあります。

汚れ落ちの良い洗剤、建物を傷から守る塗料、防虫剤、香料と化学物質の使途は多く、便利な生活を支ええいます。しかしその陰で苦しむ人がおり、この患者は70万人に及ぶと推計されています。

余談ですが私のように医薬品の開発をしていると最も怖いものが、過敏に反応して出る副作用です。通常の動物実験や臨床試験では全くでなかったものが、市販され何十万人が使用すると1万人に1人ぐらい(これはあくまで例えのようなもので、実際はもっと少なくなります)に副作用が出てしまうことがあります。

別に化学物質過敏症の人に副作用が出るというわけではありませんが、こういった非常に少ない副作用がなぜ出るのかも謎となっています。

さてCSやSHSは1990年代から存在が指摘されるようになり、合板や壁紙用の接着剤に含まれるホルムアルデヒドが代表格です。

厚生労働省はこれを受け、SHS対策としてホルムアルデヒドなど13物質の室内濃度の指針値を設定し、2003年の改正建築基準法では、ホルムアルデヒドを発散する建材の使用を制限し、シロアリ駆除用のクロルピリホスの使用を禁止しました。

化学物質過敏症支援センター(横浜市)によるとCSやSHSと見られる体調不良の相談は年間2千件におよび、こういった指針では改善されていないとしています。

SHSは04年、CSは09年に保険診療の病名リストに登録され、治療に健康保険が適用されるようになり、国が公的に病気として存在を見貯めたことになります。それでも外来や専門医が増えないのは、治療法が確立していないためのようです。

現在の対応は原因化学物質から離れ、換気などで室内濃度を下げる環境面の改善が原則となっています。そのため医療機関に入るのが再診料だけとなり、不採算部門として外来が閉鎖されていくことが多いようです。

発症には個人差があり、家族の理解さえ得られず孤立を深めているのが現状のようです。これを改善する動きは鈍く、まず医師も正しくCSやSHSを認識されるといった程度の対策しかないようです。まずこういった病気の発症メカニズムの研究から始めてほしいものです。
コメント

9月度定例敬老麻雀

2018-09-20 10:07:06 | ギャンブル
先月の麻雀を割と早くやったので、今月は初旬にやりたかったのですが、なかなか調整がつかず中旬となってしまいました。

集合時には久しぶりに晴れて暑さが戻っていたのですが、涼しい雀荘でいつものような打ち始めました。

最初の半荘は今日の運を占うなどと言って、気を入れてやるのですがすべて空回りとなりました。何と私以外の3人が親の時それほど良い手ではないのですが、リーチ、一巡、自摸などという満貫を自模ったのです。

こういう時は静かにしないといけないのですが、南の親の時ドラがらみで聴牌したのですがリーチをかけないと上がれない手で、何とか取り戻そうとリーチをかけました。ところがすぐH君に追いかけられ、なんとメンタンピン3色ドラ1の高めを振り込んでしまい、跳満で私はハコテンとなり飛んでしまいました。

最悪のスタートですが、次の半荘は固く打っていましたが、微妙な差で沈みの2位に入りやや復調の気配も出てきました。

3回目の東ラスぐらいに、なんと配牌で良い手を聴牌していたのです。中、9ピン、7万が暗刻でメンツができており、1万単騎の3暗刻でした。私もずいぶん長いこと麻雀をやっていますが、配牌聴牌というのは記憶にありません。

親がもし最初に1万を捨てればなんと地和(チイホー)の役満になるわけです。それほどうまくはいきませんでしたが、私の第1自摸が8万でした。ここは待ちを多くすべきと1万でダブルリーチをかけました。この時どこまでが役満かという話になり、私が調べておくことになりました。これは何順目かで高めの8万を自模り無事跳満となりました。

今回は割と大きな手がよく出て派手な麻雀になりました。SHさんは小三元、ホンイツチャンタの跳満や、SKさんは清一色、タンヤオ、3連刻という珍しい手の倍満を上がり、これが最高手となりました。この時私が親で気にしていたのですが、安く上がってしまうということができず、結局自模られてしまいかなり痛い8千点となりました。

途中かなり激しい雨になり、近くに落ちたのではないかとうような大きな雷もなり、電車が止まらないか心配するほどでしたが、帰るころには止んでいました。

さて麻雀の方は満貫、跳満が飛び出す派手な展開でしたが、ツキが誰かに偏ることなく順番に上がるような形になりました。私はトップを2回取りましたが、3人も1回ずつという平均化するパターンでした。

終わってみると私がトップといってもウマを除けば1桁のプラスで、全員がほぼ原点という全く差のない結果となりました。結局全員が敬老だったようですが、途中経過は本当に面白い麻雀となりました。
コメント

早期発見しやすいのに減らない大腸ガン

2018-09-18 10:56:52 | 健康・医療
日本人のガンの死亡率と罹患率は、単純に総数で見ると年々増加していますが、その主な原因は人口の高齢化の影響です。

これを取り除いた年齢調整率を用いると、ほとんどのガンで死亡率は減少していますが、大腸ガンに関しては男女とも死亡率は減少していません(その他膵臓ガン、子宮ガンも年齢調整をしても減っていません)。

大腸ガンの死亡率は肺ガンに次いで2位、罹患率は胃ガンに次いで2番目に高く、特に女性ではガン死亡率のトップになっています。日本の高齢化率は25%を超え世界で最も高いのですが、同様に高齢化率が20%以上であるドイツ、イタリア、フランスなどでは、ガンの死亡率は増えていないようです。

さらに本来、大腸ガンは数あるガンの中でも最も管理しやすいものの1つであるのに、日本では死亡率を減少させることができていません。もともと大腸ガンの死亡数が多かったアメリカでは、国家的な対策により大腸がんの死亡数を減少させることに成功しています。

一方日本では増加の一途をたどっておりますが、日本の検査技術や治療技術は国際的にレベルが低くはありません。

大腸ガンは、高生存率の3つの要素である「早期発見が可能、進行が遅い、治療法が確立している」をすべて満たすガンです。スキルス胃ガンや肺小細胞ガン、膵臓ガンなどは、発見が難しく進行が早いので「難治性ガン」と呼ばれていますが、大腸ガンはこれらと比べて、発見も治療も非常に行いやすいガンといえます。

大腸ガンを発見・治療する上で必要不可欠なのは「内視鏡検査」です。大腸ガンの多くはポリープが徐々に悪化して発生することが分かっており、ポリープの段階で発見すれば、内視鏡検査の時に同時に取り除くことができます。

つまり大腸内視鏡検査は、ガンの発見だけではなく、ガンの発生を予防することができる検査法といえます。こういった大腸ガンがなぜ増加しているのか、その要因の一つが食事の影響とされています。

日本食は、2013年に世界無形文化遺産に登録され、健康長寿を生む食事であると世界から注目されており、日本食は健康にいいはずなのに日本人のガン死は国際的に少ないとは言えません。現代の日本人の食習慣は欧米化が進んでおり、肉や脂肪の摂取量は過去50年で数倍から10倍まで増加していることが影響しているのかもしれません。

その他日本人の成人の運動量が少ない、野菜の摂取量が減少している等上げていますが、私はあまり納得できません。食事や運動でガンが予防できるなどと言うことは、単なる幻想だと思っています。

この様に大腸ガンがなぜ減らないのかについては、年齢調整罹患率などの計算方法に問題があるような気もしています。
コメント

テニス仲間との遅くなった暑気払い

2018-09-17 10:14:35 | 日記
私は今かみさんと木曜日の夜のテニススクールに通っています。

ブログにも書きましたが、このクラスのメンバーは非常に仲が良く、コーチも交えて暑気払いや忘年会あるいは新年会といった飲み会を行っていました。ところが今年はやや様相が変わってきてしまいました。

まずこのクラスを担当していたSコーチが、市が開催している市民テニス講座のコーチとして木曜日を担当することになり、Mコーチに変わってしまったのです。

このクラスは10人いたのですが、仕事の都合でほかの曜日のクラスに移った人や、一つ上級のクラスに進んだ人、男性ですが赤ちゃんが生まれて育休に入った人などがおり、現在は5人(男性2人、女性3人)になってしまいました。

テニスが終わった後などに今年も暑気払いをやろうという話しになったのですが、どうせなら昔の仲間に声をかけようということで、女性3人が中心になり話が進んでいきました。当初8月の終わりを想定していましたが、全員の都合がつく日がなかなかなく、9月中旬になってしまいました。

場所はJRの駅の近くの牛タンの店になり、コーチの都合に合わせて7時半とやや遅い集合となりました。

定時から少し遅れて全員が揃い賑やかに乾杯して始まりました。テーブルの配置のためもありますが、これだけの人数がいるとどうしても2つぐらいのグループに分かれて話が進むようになってしまいます。最初は全員で大坂なおみの活躍の話題で盛り上がりましたが、すぐ2つに分かれてしまいました。

実は現在の木曜夜の5人は、Mコーチの指導法にやや不満を持っていました。このあたりが当然次の話題になっていきました。私もこのあたりをSコーチに話しましたが、どうもMコーチは非常にまじめな人で、何とか技術を上げようと真剣に取り組んでいるのですが、生徒がそれについていけないという当りから問題が出ているようでした。

現在の5人は高齢化が進み平均年齢が60歳以上というメンバーですので、うまくなりたいより楽しくやりたいが勝っているというところですれ違いが出ているようです。

こういったやや深刻な話もありましたが、大部分は楽しいテニスの話題で盛り上がっていました。今年の7月から一つ上級のクラスに移ったKさんは、やはり厳しいレッスンになるようでその苦労話もなかなか面白いものでした。来月には市のテニス大会にダブルスで出場する様で、ややうらやましい気もします。

おいしい牛タンを食べながら楽しく飲んでいるとあっという間に3時間以上たってしまい、お開きにしましたが、何人かは2次会に行ったようです。この中では私が最年長ですが、趣味が同じ仲間と飲むというのは、年齢に関係なく話が弾み本当に楽しい暑気払いとなりました。

コメント

徹夜一晩でも太る可能性

2018-09-16 10:26:37 | 自然
睡眠不足で太ることが知られているようですが、私は今まで聞いたことがありませんでした。

この原因はレプチンやグレリンといった摂食ホルモンの変調といわれていますが、最近一晩の徹夜といった短期的急速な睡眠不足により、代謝調節に必要な骨格筋の組織変化や後天的な遺伝子変異が影響して、太ることにつながるという報告が出ました。

慢性的な睡眠不足や海外旅行などの時差ボケの影響で睡眠障害が起きると、肥満やメタボリック症候群、糖尿病になるリスクが高くなります。これはサーカディアンリズムと呼ばれる体内時計が変調をきたし、身体の代謝機能に影響を及ぼす結果と考えられています。

今回スペインのウプサラ大学などの研究グループが、一晩の急激な睡眠不足、つまり徹夜が遺伝子レベルでどんな生理学的な影響を与えているか調べました。

体内時計も遺伝子によって制御されており、いくつかの遺伝子が見つかっています。この内ある遺伝子が重要で、この遺伝子を異常発現させたりノックアウト(切除)すると、マウスでの脂肪の代謝がおかしくなりますが、これは骨格筋のこの遺伝子が変調することが原因とされています。

またヒトでは睡眠不足で遺伝子が後天的に変化し(メチル化される)、体内時計に関連した遺伝子や骨格筋での遺伝子機能が減退することが分かっています。骨格筋は身体を支えたり骨格を動かすための筋肉であり、タンパク質などの栄養や水分をため、食べ物が少なくなったり水分が足りなくなったりする際に分解し補給する代謝機能を持っています。

研究グループは、健康な白人男性15人を対象に事前のアンケートで朝型か夜型かを調べ、交互に2回実験しました。徹夜群と睡眠群の実験を開始し、徹夜群は寝ないように監視され完全な徹夜状態にして翌朝7時まで脳波や心拍数を記録し、認知機能を評価する簡単なテストを行いました。

その後血液サンプル、皮下脂肪と骨格筋から生検サンプルを採って比較しました。その結果徹夜群の遺伝子を調べたところ、皮下脂肪の遺伝子の広い領域で後天的な変異(メチル化)が起きており、特に脂肪酸の取り込みに関連する遺伝子に変異が大きく出ていました。

またこうした変異は骨格筋では認められませんでした。この実験結果とマウスでの実験を組み合わせると、徹夜などでも肥満になったり糖尿病にかかるリスクが高まるとしています。

こうした遺伝子の変異はどの程度の時間で修復されるのか分かりませんが、肥満といった長時間かかって生ずる現象が、一時的な遺伝子変異で急激に加速されるというのはやや怪しい感じもします。私が睡眠不足になることはまずないのですが、良い睡眠が健康に必要なことは確かなようです。

コメント