ごっとさんのブログ

病気を治すのは薬ではなく自分自身
  
   薬と猫と時々時事

亜鉛不足症状のメカニズムを解明

2018-09-24 10:29:46 | 健康・医療
京都大学は、亜鉛不足によって生じる様々な症状のメカニズムの一部を解明したと発表しました。

亜鉛不足が細胞外ATP(アデノシン三リン酸)代謝を遅延させ、細胞外でのATPの蓄積と、ATPの分解産物であるアデノシンの減少を引き起こすことを明らかにしました。

亜鉛欠乏症という言葉はたまに聞くことがありますが、それほど身近なものとは思っていませんでした。亜鉛欠乏症では、味覚障害や貧血、口内炎、皮膚炎、脱毛症、食欲低下、発育障害(小児で体重増加不良、低身長)、不妊症、などのうち一つ以上の症状が現れるとされています。

亜鉛というのは私にとっては時々試薬として触媒などに使う金属ですが、かなり毒性の強いものです。実際に実験に使うときは、手に付いたりしない様かなり注意を払っていましたが、こういった毒性の強いものが微量金属として身体に必須であるというのは面白いものです。

亜鉛は、生体内で様々なタンパク質と結合して機能を発揮します。その1つに、特定の酵素の活性中心に配位して酵素反応を触媒する、触媒因子としての機能があります。こうした酵素は亜鉛要求生酵素と呼ばれ、さまざまな代謝経路に点在しています。

一方生体において細胞外ATP代謝は、炎症などのシグナルに関わる重要な代謝経路として機能しています。細胞外へ放出されたATPは種々の分解酵素によりADP、AMP、アデノシンまで分解されますが、ATPとADPは炎症など、アデノシンは抗炎症などのシグナルを細胞膜に発現した受容体を介して誘発します。

分解酵素や受容体の異状によって細胞外ATP代謝が破綻すると、炎症や創傷治癒遅延などの症状を引き起こします。

研究グループは、亜鉛欠乏症による症状と細胞外ATP代謝の破たんによる症状は共通点が多いこと、細胞外ATP代謝に関わる酵素の多くが亜鉛要求性酵素であることに着目しました。

亜鉛の欠乏がこれら酵素活性を低下させることで細胞外ATP代謝が弱まり、これが亜鉛欠乏症の症状に関連していると仮定しました。研究の結果、培養細胞の膜画分、ラットの血漿において、亜鉛欠乏では各酵素の活性が低下し、細胞外にATPが蓄積しこれに伴ってアデノシンの産生が低下することを示すことができました。

またラットでの実験では各酵素活性の低下は、わずか数日の亜鉛欠乏食を摂取しただけで生じ、亜鉛を充分含む食事を1日摂取しただけで劇的に回復しました。

この成果は、亜鉛の機能について詳細な知見が解明される第一歩になりうるとしていますが、基礎研究としては面白いのかもしれません。

コメント

早期発見しやすいのに減らない大腸ガン

2018-09-18 10:56:52 | 健康・医療
日本人のガンの死亡率と罹患率は、単純に総数で見ると年々増加していますが、その主な原因は人口の高齢化の影響です。

これを取り除いた年齢調整率を用いると、ほとんどのガンで死亡率は減少していますが、大腸ガンに関しては男女とも死亡率は減少していません(その他膵臓ガン、子宮ガンも年齢調整をしても減っていません)。

大腸ガンの死亡率は肺ガンに次いで2位、罹患率は胃ガンに次いで2番目に高く、特に女性ではガン死亡率のトップになっています。日本の高齢化率は25%を超え世界で最も高いのですが、同様に高齢化率が20%以上であるドイツ、イタリア、フランスなどでは、ガンの死亡率は増えていないようです。

さらに本来、大腸ガンは数あるガンの中でも最も管理しやすいものの1つであるのに、日本では死亡率を減少させることができていません。もともと大腸ガンの死亡数が多かったアメリカでは、国家的な対策により大腸がんの死亡数を減少させることに成功しています。

一方日本では増加の一途をたどっておりますが、日本の検査技術や治療技術は国際的にレベルが低くはありません。

大腸ガンは、高生存率の3つの要素である「早期発見が可能、進行が遅い、治療法が確立している」をすべて満たすガンです。スキルス胃ガンや肺小細胞ガン、膵臓ガンなどは、発見が難しく進行が早いので「難治性ガン」と呼ばれていますが、大腸ガンはこれらと比べて、発見も治療も非常に行いやすいガンといえます。

大腸ガンを発見・治療する上で必要不可欠なのは「内視鏡検査」です。大腸ガンの多くはポリープが徐々に悪化して発生することが分かっており、ポリープの段階で発見すれば、内視鏡検査の時に同時に取り除くことができます。

つまり大腸内視鏡検査は、ガンの発見だけではなく、ガンの発生を予防することができる検査法といえます。こういった大腸ガンがなぜ増加しているのか、その要因の一つが食事の影響とされています。

日本食は、2013年に世界無形文化遺産に登録され、健康長寿を生む食事であると世界から注目されており、日本食は健康にいいはずなのに日本人のガン死は国際的に少ないとは言えません。現代の日本人の食習慣は欧米化が進んでおり、肉や脂肪の摂取量は過去50年で数倍から10倍まで増加していることが影響しているのかもしれません。

その他日本人の成人の運動量が少ない、野菜の摂取量が減少している等上げていますが、私はあまり納得できません。食事や運動でガンが予防できるなどと言うことは、単なる幻想だと思っています。

この様に大腸ガンがなぜ減らないのかについては、年齢調整罹患率などの計算方法に問題があるような気もしています。
コメント

変わりつつある肝ガンの背景

2018-09-12 10:12:41 | 健康・医療
日本人のガンで5番目に死亡数が多い肝臓ガンは、ほとんどの原因がC型肝炎やB型肝炎ウイルスの感染によるものでした。

しかしC型肝炎治療が飛躍的に進歩したことで、その背景は大きく変わりつつあるようです。

ガンの原因の一つが、ウイルスや細菌の感染によるもので、代表的なものがヒトパピローマウイルスによる子宮頸ガン、ヘリコバクターピロリ菌による胃ガン、そしてC型やB型肝炎ウイルスによる肝ガンです。

肝臓は肝細胞が集まってできていますが、肝炎ウイルスに感染すると肝細胞が炎症を起こし、それが慢性的に続くと線維化して、肝臓が固くなり萎縮していきます。その結果肝細胞の数が減り、肝臓の機能も低下して肝硬変となります。肝硬変になると肝ガンになる危険性が高まります。

肝ガンになった人の内、90%以上がC型肝炎(75%)とB型肝炎(15%)によるものでしたが、最近は70%程度となり、その割合は減少傾向にあります。この理由がC型肝炎治療の飛躍的な進歩です。

従来インターフェロンによってウイルス除去を行っていましたが、副作用が出やすく治療期間が長いことや、治療してもウイルス除去効果が出ない人も多かったようです。しかし2014年に飲み薬が登場して以降、次々と新薬が開発され、現在ほとんどのウイルが除去でき、副作用もほぼありません。

ウイルス性肝炎が原因となる肝ガンの割合が減っている一方で、増えているのが肝臓に脂肪がたまる脂肪性肝疾患(脂肪肝)が原因となる肝ガンです。

肝炎ウイルスの場合は、定期的に健診を受けガンになっていないかを確認しますが、脂肪肝は本人も気づかないままで検診を受けることもなく、ガンが進行した状態で見つかる傾向があるようです。

脂肪肝には大量の飲酒が原因となるアルコール性脂肪肝と、明らかな飲酒歴がないのに発症する非アルコール性脂肪肝があります。この主な原因は肥満で、食べ過ぎや運動不足などにより過剰な中性脂肪が肝細胞に沈着して発症します。

この脂肪肝が進行し、脂肪がたまった肝細胞が炎症を起こす非アルコール性脂肪肝肝炎(NASH)になると、肝硬変や肝がんになるリスクが高くなります。この治療は食餌療法や運動療法など生活習慣の改善以外なく、現在のところ有効な治療薬もありません。

肝ガンの治療としても腫瘍の数が3個以内であれば手術で切除できますし、ガン大きさが3センチ以内であればラジオ波焼灼術という選択肢もあります。

成人全体の20~30%に脂肪肝があるといわれていますので、いかに早くこの中から肝硬変や肝がんに進行する人を見つけるかが現在の課題といえるようです。
コメント

お酒は少量なら健康に良いはほんとうか

2018-09-10 10:31:57 | 健康・医療
今年8月に世界的に権威のある医学雑誌に、アルコールはたとえ少量であっても健康に悪いという論文が掲載されました。

それまではアルコールは少量であれば健康に良いが、過量になると悪影響があると考えられていたものが、覆されたことになります。もともとアルコールが少量ならば健康に良いのではないかという話は、フランス人の食生活からきているようです。

脂肪の摂取や喫煙は、動脈硬化を起こして脳梗塞や心筋梗塞を起こすことは昔から知られていました。ところがフランスではバターなどの脂肪をたくさん摂取し、喫煙率も高いにもかかわらず、近隣諸国よりも心筋梗塞の死亡者が少ないことが知られており、「フレンチパラドックス」と呼ばれていました。

フランス人はワインの摂取量が多いため、これが健康に良い働きをしているためこのような現象がみられると考えられるようになってきました。その後複数の研究でアルコールは、少量であれば動脈硬化を原因とした病気によって死亡する確率を減らす可能性があると報告されており、これがアルコールは少量であれば健康に良いといわれるようになった所以です。

また今年4月に出された論文では、83個の研究を統合して解析したところ、アルコール換算で100グラムまでであれば脳梗塞や心筋梗塞による死亡のリスクは上がらないと報告されています。その一方で、アルコールはたとえ少量でもガン(特に乳ガン)のリスクを上げる可能性は以前から報告されていました。

つまり少量のアルコールが健康に良いかどうかは、動脈硬化への影響とガンへの影響の綱引きのようなものが存在していたわけです。

今回の論文は、世界195か国で実施された592の研究を統合した大規模研究で、心筋梗塞や乳ガンを含む23個の健康指標へのアルコールの影響を総合的に評価したものです。

この結果を非常に単純化しますと、健康リスクを最小化する飲酒量に関して、最も信頼できる値は1日0杯であり、95%の確率で0~0.8杯/日の間に収まるということでした。つまり飲まな方が良いという解釈もできるわけです。

私は夕食のときに少量のビールと、風呂から出てきたときにウイスキーの水割りをほぼ毎日飲んでいます。こういった酒は完全に嗜好品であり、別に健康のことを考えて飲むものではないと思っています。

ですからこのような論文が出たからといって、何か考慮する必要は全くなく、おいしく楽しく飲めれば時には量が多くなっても全く問題はないと思っています。
コメント

糖質制限で老化するのか

2018-09-06 10:34:33 | 健康・医療
糖質制限と老化について初めて触れたのが今年4月ごろの記事とされています。糖質制限食のブームは2010年頃から始まったようですが、今やすっかり社会に定着した感じがします。

私の友人にも2人糖質制限をしており、一人は夕食に米を食べないという程度ですが、もう一人はかなり徹底した制限をしているようです。2人とも何キロかのダイエットができ、見た感じもやや細くなったような気がします。

糖質を減らせば血糖値を低くコントロールできて、糖尿病の改善や予防に効果的とされ、短時間で体重を減らせる事実もあり、多くの医師がその効果を認めています。

現在の日本人の食事摂取基準では、タンパク質13~20%、脂肪20~30%、炭水化物50~65%を目標値としていますが、歴史的に見ても米やパンが食事の基本であり、日本でも徐々にタンパク質を増やすという指導でこのような値になっていると思われます。

私の個人的感想ですが、現在の糖質制限食が可能になったのは、いわゆる飽食の時代に入り、炭水化物を取らなくても十分必要なエネルギーを補給できるという食糧事情になったから可能と考えています。

ただこういった飽食の時代に慣れてしまうと、少々の環境の変化があってもこの状況が変わることはなさそうですので、ずっと糖質制限食は続きそうな気もします。これは大きな食生活の変化ですが、この影響がはっきりするのは20年ぐらいたたないとわかりませんので、まだまだ試行中という時期なのかもしれません。

さて今回の動物実験は、東北大学の研究グループがマウスで行いました。その結果糖質制限食のマウスは、通常食に比べて平均寿命より20~25%短命だったようです。

さらに老化の進度にも顕著な差があり、糖質制限食の固体は背骨の曲がりや脱毛などがひどく、通常食に比べて30%も老化が進みました。この実験の背景には研究グループは日本人の食について研究しており、1975年ごろの和食が最も健康に良いという結果になっていたようです。

糖質制限食のマウスでは、確かに内臓脂肪が落ちて体重が減少したのですが、ヒトだと60歳に相当する月齢のころから毛艶が悪くなって脱毛が進み、背骨が曲がり始めました。80歳に当たる月齢になると通常食のマウスに比べて老化の進み具合で大きく差がつき、糖質制限食のマウスはどんどん死んでいったといいます。

研究グループはこの結果についてオートファジーなどを出して考察しています。これはあくまでマウスの結果であり、人間に適用できないのかもしれませんが、今後こういた研究結果はいろいろ出てくるものと思われます。

私は糖質制限食の必要性をあまり感じませんので、これからも通常食となりますが、今後10年ほど経てば評価がはっきりしてくるような気もします。

コメント