ごっとさんのブログ

病気を治すのは薬ではなく自分自身
  
   薬と猫と時々時事

フリーセル 6000クリア達成

2018-08-10 10:41:12 | 文化
PCのカードゲームのフリーセルをやっと6000クリアが達成できました。

前回5000クリアを書いたのが昨年12月下旬でしたので、7か月以上かかってしまいました。今まで大体半年で1000ゲームのペースでしたが、ややこのところ回数が減ってきているような気もします。前回実は5555ゲームの時に書いたのですが、6000までかなり時間がかかりそうなので一旦まとめてみたものです。

私は相変わらずブログの入力や特許の内職、さらに最近はネット囲碁を時々始めましたので、かなりの時間をパソコンの前で過ごしています。何かが一段落したり、ちょっと休みたいときなどにフリーセルをやっていますので、1日数回やることが多くなっているようです。

今回の終了画面は、タイム3.23でこれが6000回の時の時間ですが、大部分は3分〜4分程度で解けることが多いようです。こういった短時間で解けるのもフリーセルをやって気分転換になる大きな要素かもしれません。

次がベストタイム1.09となっていますが、これをいつ記録した記憶がないのですが、我ながらすごい記録だと思っています。2分を切ること自体珍しいのですが(大体が3分台になってしまいます)、こんなに早く解けたというのはこの更新は無理なような気がします。

プレイしたゲーム6002、勝ったゲーム6000で勝率100%となっています。難しかったと感じたとき(20分以上かかった)はメモに残しておくのですが、この1000ゲームでは4回ありました。

最も時間がかかったのが、5月27日の5711回目で、ゲーム番号7,205,249のゲームでした。これはAがすべて後ろの方にあり、さらに同じ色の同じ数字が一番後ろに2組あるというパターンでした。このゲームどうしても途中で詰まってしまい、最初のパターンまで戻るというのを4回も繰り返したとメモにあります。結局41分43秒でクリアできたのですが、かなり難問であったと思います。

私がこういったゲームに集中できるのは20分程度ですので、たぶん2,3回に分けて解いたような気がします。

しかしどうも最近はこの集中する力がたまに途切れてしまうことが出てきました。画面を見ていても次にどうやったらよいか、どう考えれば良いかが出てこなくなってしまうのです。たぶんこれは歳のせいだと思うのですが、まだあまり頻度が多くないため、その時の体調との関連などよく分かりませんが、やはり脳の衰えの一種のような気がしています。

これは解きかたもやや変わり、昔は何回か動かした後のパターンを読み、これなら大丈夫として動かしていましたが、今は何となくここからやれば良さそう的な感じで進めるようになってきました。

ある意味フリーセルに慣れてきたということもあるようですが、あまり良い傾向ではない気もします。何とか元気なうちに1万ゲームを達成したいものです。

コメント

久しぶりの定例囲碁会

2018-07-04 09:35:15 | 文化
久しぶりの定例囲碁会を先日行いました。

定例といってもこのところなかなか調整がつかず、2,3か月に1回程度になってしまいました。この仲間の最年長はKさんですがもう80歳になったのに本当に元気で、我々も見習いたいものです。

集合場所の碁会所に15分前に行ったのですが、ちょうど全員が揃いすぐに始めました。この碁会所は1日500円と安いのですが(このあたりが相場のようです)、およそ50面ぐらいの碁盤がある広い碁会所です。

通常ほとんど埋まるぐらいの人がいるのですが、この日は真夏のような暑さだったためか半分程度で珍しく空いていました。やはりこういった碁会所に来るのは高齢者ばかりですので、囲碁の人気も下降気味なのかもしれません。

最初の相手は最も強いIKさんで2子局でしたが、もう少しハンデを増やしてほしい気もします。それでもこの2子のハンデをうまく利用し、攻められないように注意しながら打っていましたので、終盤までやや有利な感じで進んでいきました。

ところがちょっとした読み違いで一カ所劫になってしまいました。この劫自身はそれほど大きくもなく問題なかったのですが、IKさんが打った劫材に対する受けを間違えてしまいました。というより何も考えずのぞきを付いたのですが、これが大悪手でした。

大きな黒地の中の生きと攻め合いという私の一方的な防戦を強いられ、結局黒地のはずがほとんどなくなってしまいました。これでは足りるはずがなく、ここで投了しました。局後IKさんによるとやはり私の方が良く、無理に劫を仕掛けたとのことでした。

それでも本当にちょっとした隙に付け入る力が上手というものなのかもしれません。もう1局のKさんとISさんの碁はまだ時間がかかりそうでしたので、少し指導碁的なことをやってもらいましたが、やはりこういったうまい人に教えてもらわないとなかなか強くはなれないようです。

この後のISさんとKさんとの碁はあまり良いところがなく負けてしまいました。やはり攻めと守りのバランスが重要ですが、2局ともやや守りに偏り過ぎたようです。相手が守るのを見てそこに打つべきだったと気付くようでは、やはり地が足りなくなってしまいました。

特に攻め合いもなく淡々と進んだのですが、中盤以後共に足りないと感じていましたが、逆転することもなくずるずると負けてしまいました。それほど大差ではなかったのですが、私としては後味の悪い負け方でした。

少し早めに終わり、まだ居酒屋が開いていないということでファミレスに行って軽く飲みました。種類は少ないもののつまみ類もおいしく安上がりで、ビールや焼酎も十分飲めましたので、こういった飲み会も良いのかもしれません。

コメント

フリーセルゲーム5555クリア達成

2018-04-27 10:46:10 | 文化
フリーセルで5000ゲーム達成を昨年12月に書きましたので、大体半年で1000ゲームぐらいしているようです。次は6000ゲームクリアで書くつもりでしたが、今回ちょっとしたミスをやってしまいましたので、ゾロ目のところで書くことにしました。

私は朝食を摂ったのち一休みしてこのブログの入力をして、内職の特許翻訳をしますので、一日4時間程度はPCの前にいますので、何かが一段落した時などフリーセルをやるというのが日課になっています。

特にはまっているわけではないのですが、休憩的な気分でフリーセルを解くというのが楽しみの一つです。一題に数分程度が多いので、ちょっとした気分転換になるのかもしれません。

このフリーセルの良いところは、しっかり考えればすべてクリアできるところで、現在のシステムはやり直しができますので、じっくり取り組むような問題もあります。今回5500ぐらいのときにミスをしてしまいました。

枚数を間違えてうっかりフリーセルにカードを出したところ、「カードが動かせなくなりました」のメッセージが出ました。この時の選択肢として「最後のカードをもとに戻す」と「OK」があるのですが、うっかりOKをクリックしてしまったのです。そうするとそこでゲームは終わり「負け」として記録されてしまいました。

結局5555クリアといっても画面の表示はタイム3.28、ベストタイム1.09、プレイしたゲーム5557、勝ったゲーム5555、勝率100%ということになりました。つまり2敗したということになりますので、やや残念な感じです。

今回やったゲームの中で記録した難しかったものは、2月8日にやった5217回目の1503461というものがありました。これは7か8のカードがすべて後ろにあり、途中で動かなくなってしまうものでした。結局これは42分30秒でクリアできましたが、このくらいの時間だとかなり疲れます。

さらに難しかったのが4月14日にやった5526回目の4241910という問題で、それほど難しそうなパターンではないのに途中詰まってしまうのです。これは途中休みながら挑戦しましたが、なんと1時間1分2秒という時間で何とかクリアできました。やはりこのフリーセルは奥が深い感じがします。

この解きかたが歳のせいかやや変わってきた気がします。昔はかなり先まで考えてからカードを動かしたのですが、最近はあまり考えずこのあたりからという感じで始めてしまうことが多くなりました。これは囲碁のときもそうですが、じっくり考えるということができなくなってきたようです。

別な言い方をすると集中力を維持するのが難しくなってきたのかもしれません。こういった傾向はあるのですが、次の6000クリアを目指して頑張ります。
コメント

人類の進化が病を生んだ

2018-04-09 10:47:04 | 文化
タイトルの「人類の進化が病を生んだ」という本の解説記事が出ていました。この本はイギリスの科学系ジャーナリストが書いた本ですが、読んでみたいような気もします。

この本は病気を理解し治療法を見つけるためには、既存の視野を少し広げて進化の観点からも考えてみることが大切という問題提起をしながら、最新の医学治験や先駆的な治療法を丁寧に描き出しています。

この邦題は、最近よく話題に上る「進化的ミスマッチ」を想像させます。例えばアレルギーや自己免疫疾患が劇的に増加したのは、公衆衛生、抗生物質、家庭用殺菌剤が体内の共生微生物を激減させたためで、ヒトの免疫系は正しく教育されなくなり、正しく制御されなくなったというミスマッチのためとしています。

また抗生物質耐性菌については次のように述べています。「進化をよく知る生物学者らは以前から、こういうことは起こるはずと警告してきた。

ヒトの生殖サイクルが数十年なのに対し、細菌は数時間ないし数分で増殖する。圧倒的に早く進化できるのだ。にもかかわらず、私たちはその警告に耳を貸さず、新しい抗生物質がどんどん発見されることに甘えて、ヒトの病気の治療や予防にざぶざぶ使うだけでなく、成長促進剤として無数の家畜にも与えてきた。その結果、多剤耐性菌や強力な病原性微生物の脅威にさらされることになった。」

この文章にはやや賛同できないところはあるのですが、進化に絡めているのは面白い気がします。またガンについてもなかなか面白い意見です。

「現在、多くのガン専門医は、微生物と同じくガン細胞も医者が投与する化学療法を出し抜くように進化するということを知らずに、同じ間違いを繰り返している。各種のガンの生存率は少しずつ良くなってはいるが、多くの症例で治療の妨げになっているのは腫瘍内部で細胞に耐性が付くことだ。」

このように病気の本質には進化が関わっており、病気を進化的に理解することによって、新たな治療法が生まれつつあることを紹介しています。ガンについてはさらに「大部分の症例において抗ガン剤治療がしていることは、ガンを悪化させないことでは無く、むしろガンが悪化する方向に選択圧をかけることだ」と批判しています。

そこでガンを撲滅する方法がないのならば、ガンと共に生きる方法を探せばよいと考え、非常にシンプルな方法を提案しています。その方法はアスピリンと炭酸水素ナトリウム(重曹)を使うことです。

アスピリンが動物実験で抗がん作用があると報告されていますが、メカニズムなど不明です。この重曹というのは初めて聞きましたが、そういった研究もあるのかもしれません。

その他認知症についてもアミロイド仮説を覆し、感染症原因仮説を推しています。全体的に進化と絡めて色々な問題を取り上げていますが、やや偏っており医療が方向を変えるとは思えない気がします。
コメント

久しぶりの定例囲碁会

2018-04-05 10:42:24 | 文化
この頃なかなか開催できず、定例とはいい難くなってきた囲碁会を開催しました。

私は近くの碁会所や公民館の碁会にもなかなか行く気になれず、ネットでの碁を体験入会してみましたが、やはりパソコンではなかなか難しいものです。特に最近は手を読むのが億劫になり、ほとんど考えずに打っているような気がします。やはり碁盤と碁石が必要な気もしていました。

そんな状況ですので今回も全く自身がなかったのですが、昔の仲間と打つということで早めに出かけました。集合場所の碁会所に行って見ると、今までほぼ満席に近いような人でしたが、今回はガラガラで3分の1も埋まっていませんでした。

すでにISさんとKさんが始めており、すぐにIKさんも見えて始めました。私のとの対局は2子局ですので序盤の良さを生かそうと、やや消極的になってしまったようです。中盤このまま終わっては負けが確実な感じになり、無理な手を打ってしまいました。

このあたりが碁の難しいところですが、やはり初めから狙いを持って打たないと自分が弱くなるばかりのようです。結局良いところなく大石を取られ投了しました。隣はまだ終わりそうにないので、いわば指導碁的に相談しながら打っていましたが、やはり単に対戦するだけでなくいろいろと教えてもらわないと上達は難しいようです。

次のISさんとは同じレベルですが、序盤どうしても打ちたいと思っていたところに先着されてしまいました。こういう場所に打たれてしまうと形が悪くなり、格好の標的にされてしまいます。そこでその部分の石は捨てて代わりに厚みを作ることにしました。

これには成功したのですが、ある一団の石がつながっていると勘違いしたまま進めてしまいました。ISさんが良い手で切ってきたというより、当然受けなければいけないところを守り忘れた感じでした。これは何とかしのいだのですが、先ほどと同じこのまま終わるとかなり差で負けという局面になってしまいました。

逆転できそうなところを狙っていったのですが、これに失敗しさらに差が広がる結果となりました。またもや私が投了して終わりになりました。このあたりでかなり疲れてしまい、集中力が落ちてしまったようです。

最後のKさんとの碁は最後まで打ったのですが、私の負けで3連敗となりました。やはり久しぶりでは3局は難しいのかもしれません。

いつものように少し早目に居酒屋に席を移し、軽く飲みながら情報交換や昔話で大いに盛り上がりました。まあ囲碁よりはこちらの飲み会が私の目的になっているような気もします。

コメント