ごっとさんのブログ

病気を治すのは薬ではなく自分自身
  
   薬と猫と時々時事

昔のギター仲間の忘年会

2018-12-09 09:24:26 | 日記
学生時代のクラシックギター愛好会のメンバーは、5月にこのところ山中湖に固定された一泊のギター合宿と、その他年1,2回の飲み会を開催しています。

今回は早めの忘年会を11月末にやる予定でしたが、都合が悪い人が出てきてしまい、急遽日程調整をやり直して12月開催ということになりました。

今回の幹事をやったA君が面白い企画を準備しました。都心の彼のうちに集まり、彼が買いそろえたオーディオでギター曲などの鑑賞会をやってから場所を変えて飲み会をするというものでした。

皆好みのCDなど持ってきましたが、彼に言わせると本当に音が良いのはやはりレコードということでした。彼が買いそろえたアンプやイタリア製のスピーカーということで、確かに良い音でしたがギター曲では音域もそれほど広くなく、本当の良さは分からなかった気もします。その他ジャズなども含めて1時間ほど鑑賞会を行い、最寄り駅の会場に移りました。

予算がやや高めでしたので、良い店だろうと思っていましたが、商店街から少し外れた高級料亭でした。和風な作りでしたが、個室の中はイス席でやはりこの方が楽な感じがしました。

今回はこのグループのリーダー的存在であるO君が直前に風邪を引き欠席となりましたが、いつもの9人が集まり賑やかに始まりました。

今回は久しぶりなので近況報告といっても、今一番はまっていることは何かという話を全員がしましたが、もうほとんどが退職して暇を持て余している状況ですが、皆それなりに面白いことをしているようです。

料理はメインがすき焼きの和食で、美味しく食べることができました。このすき焼きが始まるころに、希望により琴の生演奏をするがどうかという話があり、もちろんお願いしました。

個室の一角に琴を設置し、おばさんに近いお姉さんが演奏してくれました。曲目は我々の年齢に合わせたような昔のポピュラーをアレンジした2曲と、琴らしくということで「さくら」の変奏曲でした。この琴の奏者は4人おり、交替で毎日やっているようです。

この後も音楽関係の話を中心にかなり盛り上がりましたが、本来この席で来年の合宿の課題曲や誰が重奏するかなど話題になるのですが、やはりこういったことはO君がいないとなかなか進みませんでした。

やはりこのグループはO君がまとめ、それをY君が具体化していくということでこんなに長く続いていのかもしれません。予定通り2時間半ぐらいでお開きになりましたが、この場所は自宅から2時間近くかかるということで、帰りは結構大変でした。

それでも師走とはいえ割と暖かったので、何度もの乗り継ぎも間違えることなく帰ってきました。
コメント

大学時代の友人との久しぶりの会食

2018-11-16 10:20:22 | 日記
先日大学時代からの友人と久しぶりで会食(と言っても飲み会ですが)を行いました。

前回は今年の5月に会い、その時のことは「二人だけの同窓会」としてブログに書いています。今回はちょっと事情があり書かないつもりでしたが、やはり私にとってはかなり楽しい会ですので、出すことにしました。

このM君とは学生実験なども近く、私の下宿から数分のところにやはり下宿していましたので、よく行ったりもしていました。ただこの時代に一緒に飲んだ記憶はありませんが、これは私が若いころはほとんど酒が飲めず、小さな缶ビールで真っ赤になり頭が痛くなるという体質のためでした。

今のようにある程度酒が飲めるようになり好きになったのは、多分40代後半ぐらいからでした。この辺についてはまた別な機会に書いてみます。

私は学生時代から麻雀が好きで、時間があれば雀荘や学生寮に行って麻雀をしていましたが、M君はこの中には入っていませんでしたが、不思議と気の合う仲間として一緒に行動していました。

特に覚えているのは、大学の試験前のことです。彼は試験勉強としてノートや参考書などから内容をまとめて紙に書くという勉強法を取っていました。そこで時間を見計らって(彼が何枚か書き終わったころ)彼の下宿に行き、それを読んで覚えるというのが私の勉強法となりました。

これについては何か文句を言っていたような記憶もありますが、二人で雑談も交えながら勉強するというのはなかなか面白かった思い出となっています。私が無事単位が取れていたのはM君のおかげだったかもしれません。

彼は長いこと大学にいましたが、就職してからは専門も違い(彼は微生物です)学会で合うということもなく、たまに同窓会などで合う程度でした。たぶん卒業35周年の同窓会の幹事を一緒にやったのが最後だった気がします。

その後毎年同窓会が開催され、私も何度か参加しましたがM君は全く現れませんでした。2年前ぐらいにM君が出席するという情報があり、私も出かけたのですがドタキャンで合うことができませんでした。

そこで彼にメールを出したのが始まりです。同窓会で皆で合うより二人でゆっくり飲みながら話しをしようということになり、2人の中間駅で合うようになりました。それで前回は「二人だけの同窓会」となったわけです。

どうもM君との思い出話のようになってしまいましたが、今回も2時にビール直営店で合い、店を替えながら8時過ぎまでいろいろと話に花が咲いていました。もう少し会う頻度を上げようかと言って別れましたが、私にとっては楽しい一日でした。

コメント

テニス仲間との遅くなった暑気払い

2018-09-17 10:14:35 | 日記
私は今かみさんと木曜日の夜のテニススクールに通っています。

ブログにも書きましたが、このクラスのメンバーは非常に仲が良く、コーチも交えて暑気払いや忘年会あるいは新年会といった飲み会を行っていました。ところが今年はやや様相が変わってきてしまいました。

まずこのクラスを担当していたSコーチが、市が開催している市民テニス講座のコーチとして木曜日を担当することになり、Mコーチに変わってしまったのです。

このクラスは10人いたのですが、仕事の都合でほかの曜日のクラスに移った人や、一つ上級のクラスに進んだ人、男性ですが赤ちゃんが生まれて育休に入った人などがおり、現在は5人(男性2人、女性3人)になってしまいました。

テニスが終わった後などに今年も暑気払いをやろうという話しになったのですが、どうせなら昔の仲間に声をかけようということで、女性3人が中心になり話が進んでいきました。当初8月の終わりを想定していましたが、全員の都合がつく日がなかなかなく、9月中旬になってしまいました。

場所はJRの駅の近くの牛タンの店になり、コーチの都合に合わせて7時半とやや遅い集合となりました。

定時から少し遅れて全員が揃い賑やかに乾杯して始まりました。テーブルの配置のためもありますが、これだけの人数がいるとどうしても2つぐらいのグループに分かれて話が進むようになってしまいます。最初は全員で大坂なおみの活躍の話題で盛り上がりましたが、すぐ2つに分かれてしまいました。

実は現在の木曜夜の5人は、Mコーチの指導法にやや不満を持っていました。このあたりが当然次の話題になっていきました。私もこのあたりをSコーチに話しましたが、どうもMコーチは非常にまじめな人で、何とか技術を上げようと真剣に取り組んでいるのですが、生徒がそれについていけないという当りから問題が出ているようでした。

現在の5人は高齢化が進み平均年齢が60歳以上というメンバーですので、うまくなりたいより楽しくやりたいが勝っているというところですれ違いが出ているようです。

こういったやや深刻な話もありましたが、大部分は楽しいテニスの話題で盛り上がっていました。今年の7月から一つ上級のクラスに移ったKさんは、やはり厳しいレッスンになるようでその苦労話もなかなか面白いものでした。来月には市のテニス大会にダブルスで出場する様で、ややうらやましい気もします。

おいしい牛タンを食べながら楽しく飲んでいるとあっという間に3時間以上たってしまい、お開きにしましたが、何人かは2次会に行ったようです。この中では私が最年長ですが、趣味が同じ仲間と飲むというのは、年齢に関係なく話が弾み本当に楽しい暑気払いとなりました。

コメント

不思議な老人の飲み会

2018-07-25 10:23:24 | 日記
先日私が派遣社員として勤務していた時の、私の担当であった派遣会社の人から久しぶりに皆で飲みましょうという誘いがありました。

このKさんはもともと私の派遣先の会社を退職して派遣会社に移った人で、私より何歳か上ですがまだ派遣会社働いている方です。その他私の少しあとからやはり派遣社員として勤務し、一緒に働いていて昨年辞めたTさんと、現在私と同じような立場で派遣されているUさん(私はあったことがありません)とで飲み会を開くというのです。

結局私とこのKさんTさんが70代でUさんが少し若い60代というじいさんの集まりを、何を目的として集まるのかよく分かりませんでしたが、行って見ることにしました。

会場はJRの駅でしたが、これは私の住んでいる市の名前なのですが、私家からは良い公共交通機関がなく結構大変でした。車で行けば30分もかからずに行けるのですが、飲み会に車で行くわけにはいかず、タクシーももったいないということで、最寄駅からかなり遠回りして1時間以上かけて向かいました。

ちょうど改札を出たところにTさんがおり、久しぶりの挨拶などしていたらKさんから電話があり、この駅ビルの6階屋上のビアガーデンにいるということでした。

何しろこのところの猛暑なのに外は暑そうと思っていきましたが、なかなかしゃれたところでバーベキューがメインの食材でした。確かに外で暑いのですが、若干風もあり汗が出るという程ではありませんでした。やはり年寄りは集まるのが早く、すぐにUさんも見えて集合時間の30分前に乾杯ができました。

私が辞めてから3年以上たちましたので、研究所の現状などUさんから教えてもらいましたが、相変わらず人の出入りは激しく、所長を始めかなりの人が変わっているようでした。

Uさんは週2回顧問のような形でしたが、家が東京のかなり遠いところのようで、2時間以上かかるとかなり大変そうでした。この会社は金属の表面処理という点では、ほぼ独占企業のようなものですので、いろいろ問題はあるようですが相変わらず好調で昨年は設立以来の好業績を出したようです。

しかし研究所は相変わらずで、5年先を目指した研究が2年もたたないうちに見直しになる等、あまり研究所としては機能していないようでした。こういった会社や研究所の体質といったものはそれほど変わるものではなく、私がいたころと本質的には同じような感じでした。

こういった話をしながら2時間半ほど飲み、食事もなかなかおいしく過ごし、結局Kさんの派遣会社のおごりということで終わりましたが、最後まで何のために集まったのかよく分かりませんでした。

体感的にはそれほど暑くはなかったのですが、たぶん30℃近い中で飲んでいましたので、かなり疲れた感じがしました。
コメント

二人だけの同窓会

2018-05-31 10:46:23 | 日記
昨年の夏に久しぶりに会った学生時代の仲間と今年も合ってきました。

毎年この時期になると大学の専門学科の同窓会が開かれています。しかしこのところマンネリ化?してきたようで、40人以上の学科でしたが徐々に参加者が減っており、このところ10人ぐらいの会になっていました。

私も参加するかどうか迷っていたのですが、学生時代一番気の合ったM君とゆっくり話した方が面白そうということで、同窓会には参加せずM君と連絡を取ってみました。彼も賛成してくれて、昨年と同じように二人の中間の駅で合うことになりましたが、1時ごろ合って昼食会にしようと提案してきました。

まあ昼食でもビールぐらいはあるだろうということで1時集合の昼食会ということにしました。M君はかなり早めにくるタイプなのですが、昔から(50年も前ですが)集合場所には時間ぴったりに来るという面白い好みがあり、今回も1時間以上前に近くまで来ていたようです。

駅から少し離れたファミレスに行き、私はパスタなど昼食を取りましたが、彼はもともと昼はあまり食べないということで、つまみの類を頼んでビールで乾杯しました。

近況報告的な話から始まりましたが、昨年情報交換していましたので、それほど大きな違いは出ていませんでした。やはり学生時代気の合った仲間というのは50年たっても変わらず、現役時代の仕事の話や時事問題など尽きることなく話していました。

ビール2杯で楽しく話していましたが、気が付くと4時を過ぎておりコーヒーでも飲みたくなったので、場所を変えることにしました。私の麻雀のホームにしている雀荘の下が昔ながらの喫茶店でしたので、そこに移動しました。

ここは久しぶりに入ったのですが、1人用席にはパソコンやタブレットを開いて仕事をしているように人でいっぱいでした。ここでコーヒーを飲みながら話の続きをしましたが、M君は微生物が専門で腸内免疫に力を入れてきたようで、インドでの大規模実験などの話を紹介してくれました。

彼は腸内免疫については独自の考えを持っており、私の知っている一般的な情報とはやや異なっておりなかなか面白いものでした。その他現在の時事問題ではやはり受け止め方はやや異なっているものの、政府内の人事局のように官僚の幹部人事を政権が握ってしまったことが今回の事態を引き起こしているという点では一致しました。

気が付くと7時近くになっており、彼も何か食べるというので私もサンドイッチを付き合い、もう一度ビールで乾杯して話しを続けました。彼によればいろいろ話をするには、夕方合って飲みながらでは時間が短いので昼食会にしたとのことでした。

確かにあっという間に7時間近くも一緒にいましたので彼の判断は正しかったようです。また秋ぐらいの再会を約束して別れました。

コメント