ごっとさんのブログ

病気を治すのは薬ではなく自分自身
  
   薬と猫と時々時事

喫煙と交通死亡事故

2018-07-21 10:25:16 | 煙草
日常的にタバコを吸う人は吸わない人に比べ、交通事故で死亡するリスクが高いとする研究結果を東北大学が発表しました。

研究グループは茨城県の40歳以上の健康調査データを用いて、男性約3万3000人の喫煙習慣と交通死亡事故について調べました。その結果、1日20本以上タバコを吸う人は吸わない人に比べて交通事故で死亡する危険性が1.54倍に高まることが分かりました。

研究グループは、運転中にタバコを吸うことで事故につながっているケースが多いのではないかと分析しています。

私としてはついに喫煙と交通事故という因果関係がなさそうなところまで、喫煙の害を強調する研究が出てきてしまったかという感じです。もちろんこの研究はまじめなものであり、嫌煙権活動とは無関係なものであることは確かだと思います。

今回の結果を細かく見ていくと、この死亡事故に遭うリスクをタバコを吸わない人を1.00とすると、昔吸っていたがやめた人1.13、20本未満の喫煙者1.32、20本以上の喫煙者1.54となっています。

これは多くタバコを吸う人ほどリスクが高まるという結果になっていますが、おかしな点もいろいろありそうです。例えば昔吸っていたが今は止めている人は、吸わない人と完全に同じにならなければいけないはずです。

また交通事故での死亡という定義は、運転中の事故だけではなく歩行者や同乗者、さらに言えば電車や水上交通などの事故も入っていますので、喫煙との因果関係はより少なくなっているはずです。また喫煙本数と死亡事故リスクと関係があるとも思えません。

この結果を統計処理前に実数で示します。交通事故による死亡は、男性の非喫煙者では7,355人中31人、過去喫煙者では9,115人中46人、20本未満の喫煙者5,125人中29人、20本以上の喫煙者11,403人中62人となっています。

また女性非喫煙者では59,832人中127人でしたが、喫煙者群は約4,000人と人数が少ないこともあり誰も死亡しなかったため除外されています。この結果は男女合わせると全く違ってきそうです。

もともと喫煙と交通事故の関連を調べるのに、男女を分ける必要性もないような気がします。今回の研究は20年間の継続調査ということですが、都合のよい数値だけを取り上げているような気もします。

こういった研究結果を別に否定するわけではありませんが、こういった結果から運転中の喫煙を規制するといった変な動きにならないことを祈っています。この研究グループは、運転中の喫煙を規制すべきと述べていますが、そのためには運転中の死亡事故の件数などを正確に把握してからすべきことのような気がします。

まあ今回の研究は偶然の結果と見るのが正しいと思っています。
コメント

加熱式タバコ、受動喫煙のリスク

2018-06-07 10:47:01 | 煙草
5月31日は世界禁煙デーだということを少し遅れて知りました。テレビなどでも特に変わったことはなかったような気がします。

最近紙巻きたばこから「加熱式タバコ」に切り替える人が増えているようです。私もこのブログで何回か書いているように、加熱式のアイコスに代えてから早いもので1年半ぐらいが経過しています。

この期間でアイコスが故障したというわけではないですが、いろいろ不都合なことが出てきて新しいアイコスに買い換えました。やはり精密機器ですので、どんな故障が出るかわからないということもあり、2セット持っている方が安心ということもあります。

この間紙巻きたばこを一度も吸ったことはありませんし、吸いたいという気分にもなりませんので、完全にタバコの代用品として定着しています。

加熱式は燃焼による煙が出ないため、周囲への影響や健康リスクが少ないというイメージがありますが、禁煙専門医によると有害性を指摘しているようです。

加熱式タバコは、電気式の専用器具で葉タバコに熱を加えることで発生した蒸気を吸うシステムです。現在国内ではアイコスのほか3種類が発売されています。灰や煙が出ず、臭いが少ないのが特徴で、たばこ各社は健康への影響が小さいとしており、禁煙エリアでも加熱式タバコを認める店舗もあるようです。

しかし日本禁煙学会や呼吸器学会では、健康への影響を懸念する声が強く上がっています。厚生労働省の調査では、加熱式の喫煙者が直接肺に吸い込む蒸気には、ホルムアルデヒドなどの発ガン物質やニコチン、タールなどの有害物質が含まれていることが分かりました。

これは当然の結果で、喫煙者はニコチンを摂取するために吸っているわけですので、タバコの葉に含まれる揮発性物質をすべて吸引していることになります。

また、加熱式の喫煙者の口から出るPM2.5などの有害物質を含む蒸気は、すぐに見えなくなりますが、紙巻きの煙と同じように周囲に広がっているようです。このため煙が見えにくく臭いもわずかなので、受動喫煙のリスク回避が困難な点も問題だとしています。

そのため政府が今国会に提出している健康増進法改正案では、加熱式タバコも規制対象になっているようです。こういった議論では、加熱式タバコの有害性が強調され危険性があるものは避けるべきという論調しか出てきません。

タバコ企業からの発表とはいえ、加熱式は従来の煙草の有害物質を大幅に減らせていることは確かなようですので、タバコの弊害の改善策といった観点からの意見も聞きたい気がしています。

コメント

禁煙補助薬に関する話題

2018-01-10 10:37:08 | 煙草
最近禁煙補助薬について色々発表されています。私は基本的に禁煙しようという気はないのですが、禁煙しようとしていろいろ苦労している人もいるようです。

禁煙治療をする日本の禁煙外来で使用されている治療補助薬に「チャンピックス」という商品名の薬があります。

この薬はニコチン性アセチルコリン受容体に結合し、ニコチンより弱いがニコチンと同じようなドーパミン刺激を脳に与え、同時に喫煙によるニコチンの受容体への結合を邪魔し、ニコチンが作用しにくくする機能を持ちます。

この成分はバレニクリンという物質で、古くから禁煙のために利用されてきたマメ科の植物に含まれるアルカロイドです。ニコチンと同様にこれが受容体と結合することが分かり、2005年に米国の製薬会社ファイザーが禁煙補助薬として製品化しました。

アメリカの研究者が約3年間、16か国140医療機関の禁煙治療データをもとに合計で8144人をコホート調査した研究では、バレニクリンのほうが、プラセボ群やニコチンを皮膚から吸収させるニコチンパッチ群よりも禁煙治療効果があったという発表もあります。

ただこの研究にはファイザーとスミスクラインという製薬会社から研究資金が出ているようです。どうも研究資金の出所によって、研究結果の信頼性が乏しいというような記述を時々目にしますが、研究者は自分の信念で研究しているはずで、資金提供者に有利になるような結果を出すとは考えにくい気がします。

日本人の喫煙者210人をバレニクリン群(107人)とプラセボ群(103人)に分けて比較した研究では、15週〜24週の連続禁煙率はバレニクリン群のほうが高い(46.7%、12.6%)結果が出ました。また調査開始時と比べて4週目に喫煙本数を半分に減らした喫煙者数はやはりバレニクリン群のほうが多かった(59.8%、30.1%)ようです。

この研究もファイザー社から資金提供を受けているとのことでした。またこの研究では、重篤な副作用がバレニクリン参加者の3.7%に現れました。めまいや意識障害が起き、その結果として自動車運転中の事故に至った例もあるようです。

一方ファイザーからの資金提供のない研究の中にはバレニクリンに否定的な論文もあります。例えばアメリカで3年間、禁煙治療を受けた喫煙者1086人を調べたコホート調査によれば、約半年後の禁煙継続率はニコチンパッチ群22.8%、バレニクリン群23.6%、コントロール群20.2%となり、それぞれに大きな違いはないようです。

その他バレニクリンの心血管疾患に関するレポートなども出ているようですが、こういった禁煙補助薬の使用は医師に任されているわけで、禁煙しようとした人にとっては自分で選択するわけではありません。

それでもこういった研究がいろいろ行われているというのは面白い気がします。

コメント

加熱式タバコが歯周病を悪化させる?

2017-11-30 10:44:53 | 煙草
私も使用しているアイコスに代表される加熱式タバコに切り替えてから、歯茎が痛くなったという声が出てきているといいます。

加熱式タバコは紙巻きたばこに比べれば、圧倒的に有害物質が少ないはずなのに、なぜ歯茎が痛むのか不思議なところです。

加熱式タバコは「次世代タバコ」とも称され、その代表格であるアイコスは未だに品薄状態が続くほど、その人気は依然として高いようです。メリットは副流煙がほとんどなく、周囲への臭いも気になりにくく、有害物質も9割ほど低減できるとされています。

このアイコスに加えてブルームテック(日本たばこ)やグローなどと言う機種も製品化されており、主要たばこメーカーによる次世代タバコ競争が過熱しています。こうした加熱式タバコは、タバコの葉を燃焼させないことから、有害物質であるタールがほとんど出ないのが特徴です。

これは私も実感しており、タバコを吸うとフィルターがかなり黄色くなりますが、アイコスだと全く色が付きません。タールには発ガン物質も含まれ、人体に影響を及ぼす化合物が約200種類も含まれているといわれています。これが10分の1程度であるのが加熱式タバコのセールスポイントでもあるわけです。

それにもかかわらず歯科治療の現場では、アイコスを吸い始めたことで歯科医院に来る患者が増加しているようです。これを考察するために、喫煙と歯周病の関係をまとめてみます。

タバコが歯周病の主要なリスクファクターであることは確かで、ほとんどの喫煙者は歯周病を患っており、原因としてはタールとニコチンといわれています。具体的には、喫煙によってタールが口の中の粘膜に吸収されると、唾液の分泌量が減少し、歯周病の原因である歯垢や歯石が歯に付着しやすくなります。このタールとニコチンの相乗作用で歯周病となるわけです。

ところがこのタールには有害作用がある一方で、抗炎症作用や抗ウイルス作用を持つ成分でもあるようです。これによって歯周病によって生ずる歯茎の痛みや腫れといった症状が、タールの作用によって抑えられているといいます。ですから歯周病が重度に進行してもその症状が表面化していないだけのようです。

つまり通常の煙草からアイコスに代えたことにより歯茎が痛くなるのは、タールの抗炎症作用がなくなったためであり、アイコスによって歯周病が引き起こされたのではありません。このタバコのタールに抗炎症作用があるというのは知りませんでしたが、やはり色々な成分の入っているタールには少しは役に立つこともあるのかもしれません。

幸い私はアイコスに代えても歯茎が痛くなったりはしていません。

コメント

加熱式タバコをどう位置づける

2017-09-28 10:41:29 | 煙草
加熱式タバコが本格的に売られはじめ、これをどう考えるかの賛成・反対の意見が出ていました。

私はこのブログにも書きましたが、8か月ほど前から加熱式タバコ(iQOS)を使っています。嗜好品の一つとしてタバコはずっと続けるつもりでいましたが、ネットなどでのアイコスの評判が良く、ほかの人への迷惑にならないということで試してみました。

これはタバコの葉を加熱して成分を吸うということで、ニコチンなどは普通の煙草と同じように入ってくるようで、十分喫煙の満足感が得られました。アイコスを吸うと普通の煙草を吸いたいという気持ちが出てこないということもあって、しばらくこれだけにしてみました。

私は喘息の傾向があり、毎日ではないのですが、朝起きたときや夜寝る前にかなり咳が出ていました。また温度が急に変わった時なども咳き込むことが多かったのですが、喘息のためとあきらめていました。

ところがアイコスに代えてから1週間ごろからこの咳が全くでなくなったのです。偶然喘息が良くなった可能性もありますが、やはりタバコによって出ていたと考える方が良さそうです。

アイコスの宣伝文句にはタバコ中の有害物質を90%以上削減したとありますが、確かにヤニはほとんど出ていません。このように私にとってはかなり良い効果が出ているようです。

この記事でも賛成派(というより容認派)のガンセンターの医師は、「害の低減」ということを利点として挙げています。この医師は禁煙外来を担当しているようですが、実際に禁煙に成功する人は3割に満たないようです。こういった禁煙できない人に、少しでも害の少ない代替品として加熱式タバコを進めることの方が実際的であるとしています。

また周囲の人への影響は非常に少なく、副流煙というものは全く出ませんし、煙の代わりに蒸気が出ますがすぐに消えてしまうためこれを吸う可能性は非常に少ないとしています。

反対派はいつものようにタバコである限り絶対悪であるという主張ですが、ニコチンを摂取するので依存性は変わらないというのは確かです。また害が少ないというのはたばこ業界の一方的な発表であり、信頼できないとしていますが、この辺りは科学的論拠ですので信用してほしいものです。

私は先に述べたように、もう一度タバコに戻る気はしませんが、このアイコスという装置は精密機器ですので、いつ故障が出るかわからないという気もします。そういったときに備えてもう1セット買っておこうかと思っていますが、まだ品薄状態が続いているようです。

加熱式タバコはいろいろ面倒なところがありますので、すべての煙草がこれに変わることは無いと思いますが、これからも伸びていきそうな気はしています。

コメント