HAYASHI-NO-KO

伯耆富士・大山 弥山から剣が峰方面

アマリリス

2021-06-13 | 春 赤・桃色系

余談に書いたとおり、藤江小学校の南、
道路を挟んですぐ下には、海蝕段丘の裾に少しだけ広がった砂浜。
海を見下ろす場所に、潮風に吹かれてこの花は咲いている。
大きな豪華な花は、やはり私には手に負えないからこんな撮り方しか出来ない。














(2021.05.14 藤江)




アマリリス
 ヒガンバナ科ヒッペアストルム属 Hippeastrum × hybridum
(2021.06.08 林崎町)

【アマリリス 余談 リンクは「ロマンチストの独り言」】
またまた50年近く前の高校時代の話になる。
朝は山陽電車・人丸前駅から人丸山東坂を歩く同じ電車通学仲間とのおふざけの登校。

下校時は三々五々、辿る道筋は一緒に下る仲間たちに合わせていたから不定だった。
買い食いは禁止はされていたけれど、それでも空腹を満たすために
通用門近くの川尻という屋号のうどん屋か、
富士屋と言う名の駄菓子屋に立ち寄ることが常?だった。
一度だけのことだけれど、その川尻でマドンナと一緒になった事がある。
店には全く不似合いだったアマリリスの鉢植えが置かれていた。
彼女の印象は当時からマーガレットの花に置き換えていたのだけれど、
今ではこの大ぶりで派手なアマリリスの方が似合っていたような気がしている。
余談の余談だが、この画像のアマリリスが咲いていた場所は彼女の通っていた藤江小学校の南にある。
「川尻」は現在コンビニエンスストアに変わり、「富士屋」は廃業してしまっている。


▲ 上の画像は2012年のもの。▲
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------
アマリリス


コメント   この記事についてブログを書く
« イヌムギ(犬麦) | トップ | アカメガシワ(赤芽槲、赤芽... »

コメントを投稿

春 赤・桃色系」カテゴリの最新記事