HAYASHI-NO-KO

常念岳頂上からの穗高

シャクナゲ(石楠花)

2021-04-17 | 複数の色 混色系

【森林植物園の覚え書き 日本の石楠花】
アヅマシャクナゲ(東石楠花 Rhododendron degronianum) 花冠は5裂、おしべ10本
ツクシシャクナゲ(筑紫石楠花 Rhododendron japonoheptamerum var. japonoheptamerum) 
花冠7裂、おしべ14本
ホソバシャクナゲ(細葉石楠花 Rhododendron makinoi )花冠は5裂、おしべ10本
葉が細いので見分けはつけられる。

豪華すぎて手に負えないから殆ど撮ることの無い石楠花。
























シャクナゲ(石楠花)
ツツジ科ツツジ(ロードデンドロン)属
(2021.04.11 森林植物園)

【シャクナゲ、ツツジ、サツキ、みんなツツジ科ツツジ属】
サツキも元はサツキツツジ、やはりツツジ。
花は肉厚、葉には艶があり小さく、殆どのおしべは5本で小枝が多い。
ツツジの葉には艶が無く、花も大きいしおしべは5~10本。殆どは10本。
サツキ、ツツジ共3輪が一単位で茎頂に咲く。
シャクナゲの花は5~10輪程度が車状に咲くので遠目でも区別出来るし
おしべは10、或いは14本。
--------------------------------------------------------------
去年の西洋石楠花 二年前の石楠花 四年前の石楠花


コメント   この記事についてブログを書く
« シナミズキ(支那水木) | トップ | カンサイスノキ(関西酢の木)  »

コメントを投稿

複数の色 混色系」カテゴリの最新記事