HAYASHI-NO-KO

伯耆富士・大山 弥山から剣が峰方面

ミドリハカタカラクサ(緑博多唐草)

2021-06-23 | 夏 白色系

明石公園にはトキワツユクサがかなりの勢いで広がった。
特に剛の池南畔近くの茂みは殆ど日当たりも無く年中湿気ている。
その辺りに群れていたけれど何度かの草刈りで消えた。
ところが緑の相談所の建物を挟んで南側、図書館への坂道に広がり始めていた。
今年はもうその辺りにはツユクサを凌ぐ勢いで広がっている。
その近くに少し雰囲気の違うトキワツユクサ。
花茎や茎は緑だから生育不良のオオトキワツユクサとも感じるのだけれど花も葉も小さい。
毛が余り見当たらないからミドリハカタカラクサかも知れない。



















(2021.06.08 明石公園)
















ミドリハカタカラクサ(緑博多唐草)ツユクサ科ムラサキツユクサ属 Tradescantia fluminensis 'Viridis'
オオトキワツユクサ(大常盤露草) Tradescantia fluminensis(Tradescantia albiflora)
【要再考】 

この画像は、トキワツユクサを撮った折に、オオトキワツユクサ??と感じて撮ったものだけれど
花はトキワツユクサとさほど違いは無かった。
茎・花茎が緑色だったことからオオトキワツユクサとしてものだけれど
どこかに違和感も残った。
暫定的に「シロフハカタカラクサの斑が消えたもの」と記述されているミドリハカタカラクサとしたけれど
以前のオオトキワツユクサも一度再考の要がありそうだ。
(2021.06.20 明石公園)


▲ 明石公園のトキワツユクサ 葉の下面や茎、花柄が紫色 ▲

--------------------------------------------------------------
オオトキワツユクサ トキワツユクサ トラディスカンチア・ゼブリナ(シマフムラサキツユクサ) ブライダル・ベール


コメント (4)   この記事についてブログを書く
« オオムラサキツユクサ(大紫... | トップ | オウゴンヒバ(黄金檜葉) »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
綺麗なお花ですね。 (こいも)
2021-06-21 00:35:06
林の子さん
色々と難しいですね。
トキワツユクサは果柄が紫色ですね。
こちらのオオトキワツユクサは消えてしまいましたが
ミドリハカタカラクサかもしれないお花・・・
もう一度よく見て来ようと思います。
いつもありがとうございます。
画像だけからの比較。 (林の子)
2021-06-21 10:50:25
画像だけからの比較は難しいですが、この場所の花は小さいので
最初はすぐ横に広がっているトキワツユクサと一緒に扱おうとしていました。
それでも撮った画像を見ているとトキワツユクサの特徴も無いので
生育不良?のオオトキワツユクサの可能性も捨てきれないでいます。
一番下の二枚を合成したものは、こいもさんの過去の画像を無断拝借したものです。
二種の比較には充分使えると思っています。
トキワツユクサを・・・ (こいも)
2021-06-21 13:35:04
林の子さん
トキワツユクサを撮ってきました。
これからミドリハカタカラクサと思われるお花を撮って来たいと思います。
少し曇って来てしまいました。
特徴を見つけて撮ってこようと思います。行って参ります。
こいもの画像をつかっていただきまして(大丈夫でしょうか?)ありがとうございます。
比較には充分です。 (林の子)
2021-06-21 21:12:24
比較しながら実物を見るのは、自分の撮った画像が一番有効です。
何度か撮っている内に覚えきれるものだとは思うのですが
やはり身近なものが一番だと思いますね。
見た目で花が小さく、トキワツユクサとは違っている、
それだけのことで「ミドリハカタカラクサ」と思うのですが
実際の所、生育不良のオオトキワツユクサの可能性も捨てきれませんね。

コメントを投稿

夏 白色系」カテゴリの最新記事