HAYASHI-NO-KO

甲斐駒ヶ岳からの中央アルプス

ヒイラギナンテン(柊南天)

2017-04-05 | 春 黄色系

この花は、あまり撮ったことが無い。

開花後に花弁の端に控えているおしべは、訪花昆虫があるとめしべの方に動く。
だから人間は何度か爪楊枝で試してみる。
あっ、動いた…とわかるのは開花直後の、おしべがまだ花弁に沿っている「新鮮な花」


▲ もう萎れ始めた花も混じる。

▲ 萼片も花弁も黄色、花の一つを取って数える。

▲ 昆虫が来たのか、6個あるおしべの2個がめしべ側に寄りかかっている。

▲ 開花直後、おしべは花弁側に沿ったまま。

▲ 開花直後、花弁側にあったおしべ6本は、訪花昆虫があるとめしべの方に寄る。
通説はそうだが、訪花昆虫がなくても自家受粉するのだろうか…と思うほどに花数は多い。




▲ 花序は茎の先端部から四方に穂状に伸びる。

▲ 一つの花序には20個程度、花柄の先に黄色の花。

▲ 上側が花序、下の赤褐色は葉序、奇数羽状複葉、棘のある小葉が互生に並ぶ。

▲ 全ての花が結実するわけでは無さそうだから、この状態の花柄が幾つも連なっている。
ということは、自家受粉ではなく別の花の花粉を貰わないといけない…と言うことになる。





▲ 萼片は大小合わせて9枚、筒状になっているのが花弁で6枚から出来ている。
萼片の内側も黄色だから、かなりの枚数に見える。
花柄の根元には苞葉が1枚。








▲ 萼片も筒状の花弁が開く頃には、内側の黄色が目立つ。
左の花は花粉を出し終えたおしべの花糸が茶色くなっている。

▲ おしべが花弁に沿っている、普通の図。めしべは花粉を受けやすいよう蜜を出す。

▲ おしべがめしべに寄っている図。おしべの花糸は先端が2裂。

▲ 花粉がついためしべの子房部分が見える。花冠、萼片はこのようにして萎れてゆく。

葉がヒイラギ、果実がナンテン、ヒイラギナンテン。安易な名づけ。
葉は奇数羽状複葉、小葉は11枚以上はついている。

ヒイラギナンテン(柊南天)
メギ科ヒイラギナンテン属 Mahonia japonica
(2017.04.01 須磨離宮公園)
鋸歯がそれほど強くなく、葉の幅が狭いホソバヒイラギナンテン(Mahonia fortunei)、
それよりも狭いナリヒラヒイラギナンテン(Mahonia confusa)なども庭木として使われる。
派手好みの人たち用?には、幾つかの園芸種。
「チャリティー」(Mahonia × media 'Charity'  ヒイラギナンテンと、マホニア・ロマリフォリアの交雑種)などは真冬に咲く。


葉がヒイラギ、果実がナンテン、ヒイラギナンテン。
--------------------------------------------------------------
ヒイラギナンテンセイヨウヒイラギナンテンヒイラギナンテン

『写真』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ヒメウズ(姫烏頭) | トップ | トゲミノキツネノボタン(刺... »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
わぁ~すごいですね~ (こいも)
2017-12-31 08:13:04
林の子さん
なんと素敵なマホニアチャリティーでしょう。
はっきりとすっきりと良くわかります。
萼片も花弁も黄色でこいもの画像では
何が何やらわかりませんでした。。。
萼片は大小合わせて9枚なのですね。
雄しべと雌しべの関係...興味津々です。
ますます爪楊枝の魔法にかけてみたくなりました。
そしてお花をひとつ分解したくなりました。
今年はたくさんのことを教えていただいて
ありがとうございました。
心よりお礼を申しあげます。
どうぞ佳いお年をお迎え下さいませ。

ご無沙汰です。 (林の子)
2018-01-06 11:21:36
大晦日の夜に救急搬送されて、そのまま年越しました。
急性十二指腸潰瘍でした。
なんとか今日、退院できました。
無理がたたった…と言うことでしょうが、一週間以上しゃっくりが断続的に続いていたので、そこまでは思い至らなかったために、かなりの状態でした。
今まで通りに戻るのは少し時間がかかるでしょうか。
お大事になさって下さい。 (こいも)
2018-01-06 18:40:25
林の子さん
それは大変でしたのですね。
急性十二指腸潰瘍では さぞ痛かったのではないでしょうか・・・
どうぞお大事になさって下さい。
本日ご退院でしたか・・・
良かったですね。ご退院おめでとうございます。
今年はとても寒い気が致します。
ご無理をなさらずに…お風邪など召しません様に…
どうぞゆっくりとお過ごしになって下さい。
こいもは葉痕探しへと歩きだしました。
新しい出逢いに感激しております。
本年もよろしくお願い致します。


経過です。 (林の子)
2018-01-06 22:18:14
大晦日でしたから救急で搬送して貰ったので即、胃カメラ飲んで措置して貰えました。
急性十二指腸潰瘍、かなりの出血だったので輸血、暫くは病院暮らしと覚悟しました。
「葉痕探しへと歩きだしました」との由。冬には冬の…ですが、体調だけは充分にお気をつけください。
こちらこそ、本年もよろしくお願い致します。

コメントを投稿

春 黄色系」カテゴリの最新記事