HAYASHI-NO-KO

裏銀座 水晶岳 鷲羽岳からの北望 

イチョウ(銀杏、公孫樹、鴨脚樹)

2021-11-04 | 秋 樹木 果実・葉

銀杏をつける雌株も、つけない雄株も
揃って秋の色に変わってきた。












(2021.10.04 西新町)

大樹が色付くにはもう暫く時間が要るのだろう。








(2021.10.05 明石公園)

長枝の冬芽。














(2021.10.14 田町)










(2021.10.26 西新町)








イチョウ(銀杏、公孫樹、鴨脚樹) 
イチョウ科イチョウ属 Ginkgo biloba
(2021.11.02 明石公園)

 
▲ ㊧大樹に育ったイチョウの短枝の冬芽・葉痕 何年か分の葉の痕が階層になって残るので長枝に葉痕が残るのは殆ど見ない。 ㊨須磨離宮公園の鴨脚樹 雌雄揃っている。▲
--------------------------------------------------------------
今年の公孫樹 新葉の展開 長枝の冬芽・葉痕 短枝の冬芽・葉痕


コメント   この記事についてブログを書く
« ガイラルディア・アエスティ... | トップ | アラカシ »

コメントを投稿

秋 樹木 果実・葉」カテゴリの最新記事