お産・育児ママネットワーク パム

皆様の周産期医療・産科医療に関するご要望、ご意見をお聞かせください。合わせて私達の活動記録です。

第2回総会報告

2005-12-21 20:33:49 | 第2回総会 報告
->会の概要   ->上田市が医師確保へ
→上田地域の医療を考えるリレーシンポジウム開催(12/24)


第2回総会が開催されました →総会のお知らせ

遅くなりましたが、総会の内容をご報告します。
→お礼と今後の活動

①『いいお産』望み上田市産院存続を求める母の会 桐島 挨拶

本日はお忙しい中、またお寒い中お集まりいただき、ありがとうございます。私達の活動は、11月9日(水)母の会として結成してから今日まで、およそ約一ヶ月が過ぎました。「産院がなくなるかも」ときき、いてもたってもいられず、「なんとかしなければ」と想いだけで、立ち上げた母の会でしたが、活動のひとつである署名活動では、目標の6万人をはるかにこえ、今現在9万2千455人分の署名を集めることができました。これは上田市の人口の4分の3を超えることができました。本当に皆様ありがとうございました。
今日も、みなさんの努力に感謝し、このものすごい署名の数をみなさんと一緒に喜びを分かち合いたいと思い、気持ちばかりですがシャンメリーを用意しました。このシャンメリーは、産院の看護スタッフからいただきました。おいしくいただきましょう。
「くす玉を割る」見覚えのあるくす玉だと思います。産院からお預かりしてきました。(産院退院時には、必ず院長とスタッフで、お祝いをこめたくす玉を割ってくれ、無事の退院を祝っていただきました)
「かんぱーい」
私達の署名を受けて、また市長と語る会で思いを伝えた結果、「廃院の選択肢もありえる」と言っていた市長さんも「存続に向けて努力する」と考えを変えてくれました。そして、今上田市として、存続に向かって努力していただき、現在複数の医師からの応募があったと、先日報じられました。しかし、まだ産院存続が決定したわけではありません。「産院を存続させよう」という市民の声を消さないため、私達は活動を続けていく必要があると考えています。
今回の総会の香かでは、経過報告とともに、私達が考えている活動を皆さんに理解していただき、今後のご協力をお願いし、この会を開催したします。

→②活動報告
勉強会に参加して
③周産期の中のお産を知って
→④お礼と今後の活動
お寄せいただいた感想


コメント (1)