お産・育児ママネットワーク パム

皆様の周産期医療・産科医療に関するご要望、ご意見をお聞かせください。合わせて私達の活動記録です。

“どうするお産”の仙台、埼玉に参加してきました。

2006-08-30 17:06:25 | 活動報告

パムのスタッフが、どうする?日本のお産 in 埼玉および仙台に参加しました。今回は参加した感想を掲載します。10月1日には“どうするお産in長野”を開催します。長野でもお産についてなんでも言ってみませんか?

なおこの内容はパム通信Vol.2に掲載しています。

「ふうまママ in 埼玉」2歳の子供を連れて、埼玉大会に参加しました。会場に付くと、100名は入る会場はいっぱいでした。医師・助産師・看護士・学生・子連れのお母さん・パパの参加もありました。後ろのブースでは子供たちが遊んでいます。そんな中会は始まりました。現状報告を聞いてから、今のお産の現状の中で「ネガティブなこと」「ポジティブなこと」について、とにかくいろんな意見を言う!それぞれの問題点やニーズを知り誰が何をしていくべきかを一緒に考えて行きました。人前で発言するのは勇気がいるものですが、会の発起人の熊手さんの参加してくれた方一人一人はとても大切なんです。みんなの意見はどれのも正しいんですよ。という空気が会場を暖かく包み、活発に様々な意見が飛び交いました。どうすれば、お産に関わる人たちの環境がよくなるか・・女性がより安全で心地いいお産するための環境が作れるか・・・みんなで考え知恵を出し合うとても充実した一日でした。

「横トン in 仙台」

仙台市内のみではなく東北の各県から医療者を始めとして参加していた。
  午後のディスカッションでは東北大学の助産師の卵の方と話をすることができたが現在の状況を踏まえて、さらに頑張る意欲を見せてくれた。どうすればいいのかなどを真剣に考えていた。また、助産師を続けてきたけど、今のままではいけないと再度大学院に入りなおし勉強しなおしてまた頑張るという方もいらっしゃった。
  ディスカッションの中で上田市産院の存続は本当によかったのか?という問いかけがあった。その方とはもっと話をしたかったが、時間がなかった。
  それぞれがそれぞれの立場で動き出している。
  問題の再認識を行ったことでまた一歩進めることができたのではないかと思う。 

コメント   トラックバック (2)

御礼!!(^^)

2006-08-30 16:44:28 | 活動報告

どうする?日本のお産 日程決定しました。 10月1日(日)上田市上野が丘公民館にて実施します。参加申し込み受付中!!!




さて8月23日に「役立つ情報てんこもり!集まれ、ママ、プレママたち!!」を塩田母子センターにて開催いたしました。当日は暑い中多くの赤ちゃん、お母さんそしてプレママご夫婦に来ていただき本当にありがとうございました。メンバー一同厚く御礼申し上げます。
グッズの情報交換やベビービクスなど行いましたがいかがでしたか?さて、グッズ情報で好評でした授乳クッション。もっと詳しい情報がほしい方はパムまでお問い合わせくださいませ。今後もこのような集まりを開いていきたいと思います。次回もよろしくお願いいたします。

 

コメント

社説=こども病院 高度医療を損なわぬよう

2006-08-28 00:08:21 | 守りたい!子供病院
信濃毎日新聞 20060405 朝刊 社説記事より

社説=こども病院 高度医療を損なわぬよう

 県立こども病院(安曇野市)が揺れている。県知事が二月県会で、高度医療だけでなく、一般の小児科や産科の診療も行う方針を表明したのが発端だ。安易な方針転換で、重い病気の子どもたちの受け入れが難しくなるようでは本末転倒だ。
「この病院は難病を抱える子どもたちの最後のとりでです・命にかかわる問題です」と四日、病院に通う子どもや親が一般診療開設中止を田中知事に訴えた。「サービスを低下させることはない」と知事は回答したものの、子どもや妊婦の救急を受け入れることで「門戸を広げる」と、一般診療の問題には触れないままだった。具体的な方向が見えず、親に動揺が広がるのは当然だ。
 県が「改革」を打ち出す背景には、小児科医・産科医不足、経営赤字の問題などがある。
年間四百件余のお産を扱ってきた安曇野赤十字病院(安曇野市)が医師不足で今春から産科を休止するため、近くのこども病院で正常産も受け入れる案が浮上した。産科医同様、小児科医も労働環境が厳しく、病院勤務医が足りない。専門医が多数いるこども病院で、より多くの子どもに対応するのが小児医療の充実になると県は主張する。
小児医療は人手も時間もかかる半面、保険点数が低い。こども病院も経常経費で二十三億円余り(○四年度)を一般会計から繰り入れる。県財政が厳しい中、赤字削減の狙いもあるとみられる。
こども病院には生まれつきの病気や重い障害のある子どもたちが通っている。百四十七のベッドは満床に近い状態で、診察や手術が数カ月待ちという患者も珍しくない。
余裕のない中で患者を増やせば、ここでしか治療を受けられない子が、必要な時に受け入れてもらえなくなるのではー。そんな不安が生じている。
心臓病など先天的な障害のある子や小さく生まれた赤ちゃんの救命に力を入れ、乳児死亡率の改善などの成果を挙げている。
県内医療機関と連携し、樹分担をしながら、赤ちゃんに病気があっても安心して出産できるような体制を作ってきた。
全国的にも誇れる体制であり、これからも維持すべきだ。
その上で・どうすれば門戸を広げられるかの論議は可能だろう。
閉ざされたままの第四病棟の稼働、看護師らの増員など課題たくさんある。
現場の状況や利用する側の声を踏まえ、在り方を慎重に見極める姿勢を、県に求める。
コメント

イベントのご案内 8月23日

2006-08-17 18:23:27 | お知らせ
どうする?日本のお産 日程決定しました。
10月1日(日)上田市上野が丘公民館にて

役立つ情報てんこ盛り!
集まれ!!ママ、プレママたち!

日時:8月23日(水)10時30分~12時
場所:上田市塩田母子健康センター(塩田自治センター隣) 地図
◇ ベビービクス体験会
◇ 出産・育児グッズ座談会
◇ 出産・育児座談会
ほか、抱っこりんの使い方講習会
なども予定しています。
詳細時間はHP、ブログにてご連絡
します。気軽にお越しください。
  ●メールアドレス
keep-s@mail.goo.ne.jp
携帯からもお問い合わせできます。

コメント   トラックバック (2)