くまさんママDiary 

5才の娘りんちゃんと3才の息子けんちゃん、そして2007/11/29誕生の息子りゅうちゃんの子育て日記です

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

新春講座&ソース同窓会

2009-01-11 20:23:10 | モブログ
東御市のさららさんご実家で新春講座に参加しました。夢をカタチにする講座です。ソースワークショップをやったメンバープラスひーちゃん。
私の今日からできる夢の一歩はお花を飾ること。
帰り道イメージ通りのお花を買って早速飾りました。嫌なことがあった後だったので、心が和みました。
育児休暇最後の貴重な一年大事に楽しく過ごしたいです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

mixi

2008-11-28 00:12:09 | モブログ
最近ブログ更新できなくてごめんなさい。mixi日記を使うことが多いです。お友達はよかったらマイミクになりましょう。
写真やプライベートな日記を書くにはmixiのほうが公開範囲を限定できて安心なので…
マイミクになってくださる方や友人ではなくても興味のある方はコメントやメールで連絡ください。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ホッ

2008-10-16 10:04:34 | モブログ
りゅうちゃんのガコウソウがよくなり、パパの仕事も通常通り。
月曜日から両親が泊まりに来て、先週とはうってかわってホッとする毎日。
美容院に婦人検診に歯医者にこどもたちあずかってもらい助かります。
4,5時間の睡眠時間も9時間に…
疲れがたまっていたので、ほんとありがたいです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

僞口創?

2008-10-13 00:55:39 | モブログ
金曜日竜ちゃんの舌にビスケットのたべかすみたいのがびっしり。あれ?と思ったけど、そのままに。土曜の夜、おっぱいを嫌がり夜泣きで夜中2時からしばらく寝られず…
日曜日はよだれがひどいし、おっぱいを嫌がる。
口の中をみると舌だけでなく頬の内側にも白いカビのようなものが…僞口創というものかしら?
明日はかかりつけの小児科が当番医なので、診てもらおう。
りんちゃんもけんちゃんもアレルギー性鼻炎で服薬中。
病院通いが続きます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

川遊び

2008-10-05 02:13:54 | モブログ
友人にステキな場所を教えてもらいました。安全に川遊びができるところ。最近暇があるとそこに出かけます。大町温泉郷の入り口にある鹿島川。後立山連峰の景色を眺めながら、こどもたちはびしょ濡れになりながらひたすら夢中で水をくんだり、石をなげたり…
竜ちゃんもごきげん。友人と一緒のときは自然の中でこどもはこども同士、ママたちも話しに花がさきます。
ちょっと歩くと野外音楽堂もあり、どんぐりやまつぼっくり拾いに夢中になるこどもたち。
秋っていいなぁ。
パパは忙しくて休日もいませんが、平和なひとときです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ホテル到着

2008-09-24 17:41:31 | モブログ
さっきディズニーリゾートにつきました。まずはホテルでお昼寝〓起きたらアフター6で夜のパレードにくりだします。
久々で楽しみ〓
お産の会も無事に和気あいあいといい時間になり、昨日はハートフルコミュニケーションという子育てコーチング講座。
最近託児が多いのでこどもと一緒に楽しみたいな。
今日は天気がよくて山がきれいだったなぁ…
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

コンサート&花火

2008-09-14 00:56:33 | モブログ
ハワイアンソングのコンサートに行った。
半野外なので雨でやめようかと思ったけど、ちょうど雨があがってくれた。
ホオポノポノの伝承者だというカイポ師のハワイアンソング。
りゅうちゃんはご機嫌よくきいていた。
こどもがたくさんいて遊べるようになっていて、りんちゃんけんちゃんは汗だくで遊んでいた。
お客さんはフラダンス踊っていた。
いろんなところでバッタリ会う人と今日もバッタリ。
フラダンス講座誘ってくれたので行ってみようかな。

夜はパパも一緒に神社のお祭り。
花火の大きな音でりゅうちゃん大泣き。近くで見るのはまだ早かったかな。

パパは今日も明日も仕事。
パパのいない休日は大変…
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

お産の振り返り

2008-09-05 23:06:58 | モブログ
いよいよ今月大町でお産の振り返りの会スタートです。会の名称は「妊娠・出産・育児birthーMOMO」といいます。
最初のテーマは「お産の体験を言葉にする」。
今のところ私を含めて4人の参加申し込み。
定員10名で少人数でみんなが十分思いを語ることができるといいなぁ…と思っています。
久しぶりにドキドキワクワク。
ここまでたどり着いたのはサンバの会という地元の助産師さんたちに相談にのっていただりしたおかげだと思います。保健センターや児童センターにチラシをおいてもらったりしました。
感謝です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ソース講座

2008-09-03 10:25:37 | モブログ
待ちに待ったソース講座。
はぁー…そういうことですか…
ワクワク探しの講座。自分の人生のテーマにうなってしまった。
ワクワクすることと家にはってある宝地図がリンクしていて当たり前だけど、笑ってしまいました。一緒に講座を受けているみんなとトレーナーのさららさんとの時間が本当に楽しくって、次回で最後なのが残念。
ご縁に感謝〓です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

産科医が消える前に

2008-08-25 23:20:34 | モブログ
森田豊さんという産科医が書いた「産科医が消える前に」という本を読んだ。
産科医から見た現状。問題点や産科医を増やすための提言がとてもわかりやすく書かれていた。
大野病院の事例を自らの経験を例に癒着胎盤の対応、判断の難しさが述べてある。先日、加藤医師が無罪判決を受けて安堵した。
これは医療ミスではない。
もしこれが有罪になるならば、今後癒着の可能性のある二度目の帝王切開は敬遠され、一度帝王切開した人はもう妊娠しないほうがよいという医師がでてくるのではないだろうか。
癒着胎盤から子宮全摘出後DICという出血がとまらないなんてことになり、母子救命センターに搬送という事態になった森田先生の経験談をきくと、あの亡くなった方がもし子宮全摘出していたとしても一命をとりとめていたかどうかわからないのではないだろうか。
産科医がいなくなっても、お産はなくならない。産科医がいなくても無事にお産がすむことも少なくないだろう。
でも、赤ちゃんの命やお母さんの命は奪われてしまうことも増えるだろう。
産科医も患者も同じ人間。モンスターペイシェントにならないように、産科医の生活の質が向上するように、産科医になりたい若者が増えるように、女性産科医が働き続けられる医療現場に改善できるように、社会がかわらなければいけないと思う。
医療を支えるのは医師だけでなく患者側の意識も大きいのではないだろうか。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加