お産・育児ママネットワーク パム

皆様の周産期医療・産科医療に関するご要望、ご意見をお聞かせください。合わせて私達の活動記録です。

「~ネットワークが創る~これからの地域周産期医療」講演会のお知らせ

2013-10-27 13:17:56 | お知らせ
ブログの管理者の齋藤です。

しばらく更新もせず、申し訳ありません。
上田市産院の存続活動から8年の月日が流れ、
この月日の流れのなかで、東御助産所が身近に生まれ、そして上田市産婦人科病院も女性の生涯を見守ってくれる医療の場として誕生してくれました。
待ちにまっていた信州上田医療センターの出産も再開が平成26年来年4月から決定し、「地域周産期母子医療センター」の役割が6年4ヶ月ぶりに確立するニュースを聞き、とても嬉しい限りです。

そこで、今回の勉強会は、
上田地域が手本としている「周産期医療ネットワーク」を確立させた宮崎大学附属病院の病院長の池ノ上先生をお迎えして、下記のとおり講演会を開催します。何分夜の開催となり、小さいお子様をお持ちの方は大変参加には無理があると思いますが、ご参加いただけたら本当にありがたいです。

大勢の周産期医療に関わっている方々も参加していただける予定です。
先生方ともお会いできる機会です。

どうか皆様のご参加をお待ちしています。

=講演会の内容=

「~ネットワークが創る~これからの地域周産期医療」
講師 宮崎大学医学部附属病院
病院長 池ノ上 克氏
と き 平成25年10月30日(水)pm6:30~
ところ 信州上田医療センター 3F研修センタ-講堂
*事前のお申込みは不要です。直接お越し下さい。

「地域でめざすのは ”つながり”」
地域の皆様へ 
上田で安心してお産をしたい!そうだれも願っている。
宮崎県における周産期医療のネットワークの成功例を学び、上田地域の周産期医療の再構築において、それぞれの立場で、今自分たちができることは 何か 探り考えてみましょう。
 この講演会は、どなたでもお気軽にご参加いただけます。
地域で私たちを支えてくださっている、医療従事者の皆様とご一緒させていただき“より上田らしく”ママと子ども達にやさしい周産期医療の確立に向け、今私たち住民は何ができるか? 一緒に学びましょう。

======
主催  育児サークルビーンズ
共催  信州上田医療センター・上田市
後援  上田市医師会・小県医師会
信州産婦人科連合会上田・小県・東御ブロック 
問合せ先 0268-75-5463(上田市立産婦人科病院)
平成25年度 上田市わがまち魅力アップ応援事業



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 出産ジャーナリスト 河合 蘭... | トップ | 加齢で妊娠率低下15歳~39歳... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

お知らせ」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事