共に成長しようじゃないかっ!

“母ちゃん”になったSugary。
大福登場の、子育てブログです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

マーチング

2015-09-23 09:34:43 | 子育て/日常

年長さんになって始めたマーチング。
1クラスしかないので、他と比べるとこじんまりとしていますが、それでも敬老祝賀会や名古屋大会にで披露しました。

敬老祝賀会は、小学校の体育館で行いました。
大福のパートはシンセサイザー。



マーチングが終わったら、歌を歌いました。

その翌日は、名古屋大会です。






幼稚園、保育園のマーチングはこの他に2組。
しかも、全ての曲が同じだという、偶然…。
比べられる要素たっぷりです
他の組はもう、なんというか、同じ幼稚園児とは思えないくらいレベルが違って、すごかったですよ。
人数も多いですし、マーチングの練習で「園長先生が怖い~」とか言っている、我が幼稚園とは比べ物にはならないくらいの練習を積んできてるんじゃないかと、その様子を見て想像してしまいます。
いや、実際は、想像つかないんですけどね。
旦那と二人、「どんな練習してるんだろうね…?」とその疑問しか出てきません。

さて、肝心の大福たちの演奏ですが…。
通し稽古で見た時のリズムに比べ、少し早くなっていました。
大福パートのシンセが遅かったのか、木琴パートが早かったのか…。
ただ、シンセはシンセで揃ってるし、木琴は木琴で揃っているので、どっちがズレたのかさっぱり分かりません(笑)
本番前のリハーサルで、早さ調整があったのかなぁ…?
曲と曲の間に挟んだ太鼓パートも、ちょっとバラついて、子供たちも段々と自信がなくなったことで、音が小さくなったりしました。

でもね、頑張ったと思います。
初めての大きな大会ですし、緊張もあったでしょうから。
そもそも、大人である自分たちがそれができるかと言うと、たぶん無理です(笑)
なにせ、記憶力がありません
更に言えば、ピアノなんて習ったことのない私が、シンセを弾けるわけがない(笑)

ただ3組中、一番最初に披露できたことは、正直、助かったかな~と思います
ちなみに、隣でビデオを撮っていた旦那も、思わず小さな声で「がんばれー」と言っていました(笑)

来月にはもっとたくさんの組が出場する大会があります。
子供たちの成長は著しいですしね、次も頑張ってくれる姿を撮影したいと思います。

さぁ、大人は大人で、席取りのために早く並ばないといけないのが大変な作業です

コメント

花の命は…

2015-09-16 09:32:50 | 子育て/日常

……意外と長い(笑)

7月22日に幼稚園のお泊り会がありました。
その時に持ち帰ったのが、朝顔。
もともと花に興味はなく──育てようと思うのは食べるもののみ(笑)──長く花が咲くように…なんて願ってはいませんでしたが、シシトウを育てているので、ついでに1週間に1回の液体肥料はあげてました。
花自体が結構長く咲くのかどうかは分かりませんが、もうすぐ2ヶ月経つというのに、まだ花が咲きます。



昨日の時点では、まだつぼみも出てきました。


1個1個の花の命は短いですが、苗の命は長いもんだ…
ちなみに、この朝顔の奥にあるカランコエは、冬の時期に雪をかぶって(枯れたら捨てれるし…と、雪が降っても家の中に入れなかった私…)、かなり枯れました。
枯れたところをバッサバッサ切って、ここまで切ったらもう無理だろ…と思いつつ、朝顔と同様液体肥料と水やりを続けたら、見事にワッサーと葉っぱが増えてきましたよ(笑)
花って…意外にしぶといじゃないか(笑)

そんなこんなで、まだまだ花は咲くのでしょう。


ちなみにもうひとつ。
親は意外に花が好きでして、家の庭にも食べ物はもちろん、花も植えてあります。
ただ、O型故か、おおざっぱ(笑)
この花はここに植えて…というよりは、タネが飛んでそこらじゅうに芽が出てる感じです。

「もうちょっとさぁ、花壇は花壇で花を植えて、そこら辺に芽が出てきたやつは抜けば?」

──と言うと、

「そうなんだけどさ~、芽が出てくると、抜くのが可哀そうで…」

──と言う。

そのくせ、私が駐車場に車を入れようとするときに、「そこに花があるけど…」と言うと、「あー、いいの、いいの。勝手に生えてきたやつだから踏んでもいいよー」と返ってくる。

本当に花が好きなんだろうか?(笑)
花が咲いてから抜いたり踏んだりする方が罪悪感があるんだけどなぁ…

コメント