共に成長しようじゃないかっ!

“母ちゃん”になったSugary。
大福登場の、子育てブログです。

夏休みの宿題をビンゴ方式で…

2017-07-20 08:50:33 | 子育て/日常

明日から夏休みが始まりますが…。
大人にとってウンザリなのは、子供がずっと家にいて兄弟ケンカや「暇だ、どっか連れて行け」コールが毎日のようにかかる事、給食が出ず家で作らないといけない事…などありますが、宿題をさせる事への奮闘が輪をかけてウンザリすることだと思います。

去年の夏休みは、何故か夏休みに入った当日にどんどんやって、7月中にはほとんどの宿題が終わっていた大福ですが…。
きっと、学年が上がるたびに勉強は難しくなり勉強もしたくなくなると思うので、今年はちょっと楽しみながら勉強をさせようと考えてみました。
それが、「宿題ビンゴ」
もともとは、親が「あの宿題は終わったのか? これは? 他にない?」と把握するのが難しいので付箋に書いて張り付けようかと思ったんですけどね(普段、何か沢山やってほしいときに付箋に書いて貼り付けておくと、やり終った時に剥がすのが楽しいのか、ちゃちゃっとやっちゃうんです)。
結果的に、ビンゴが子供にとっても楽しいんじゃないかと思ったんです。

去年は課題ではなかった読書感想文。「そのうち課題になるから、今のうちに書いてみたら?」と促したら、賞状を貰えたので「来年も書く!」とヤルキモードが入りました。
フエルトペンで書く宿題も散々怒って褒めてを繰り返し書かせた結果、教室横のローカではなく皆がよく見る下駄箱のローカに張り出されるなど、努力が実ったことで「来年も頑張る!」とやる気になってくれました。
漢検も初めて受けましたが満点合格したので、「2年も満点取りたい」と意欲的。
学校だけでなく、名〇屋銀行のICキャッシュカードデザインコンクールも、絵の才能はありませんが「描いてみたら?」と言って描いたら、参加賞を貰えたので次も喜んで応募してましたし。
ありがたいことに、消極的じゃないので色々勧めてみます。
応募できるものを勧めてみると「やる!」と言ってくれるので、努力が結果として出ると(参加賞だけでもいいんです)次に繋がってくれるので親としては助かります。
そのうち、新聞掲載の学童習字にも応募させるつもりですが…。

さて、そんな大福の「ヤルキモード」をなくさない為にも、楽しんで勉強ができたら…と思いました。
「なつやすみのせいかつ」の宿題は、表紙の裏も含め全部で37ページ。
漢字プリントも8ページ。
そこに、読書感想文、「なつやすみのせいかつ」とは別に工作1点、繰り返す文の作成、保健の宿題を合わせると、全部で49項目。
これをビンゴ表に書きだしました。
あと、自由課題にも挑戦という事で、表の右上にその旨を書いた付箋も貼ってあります。
──で、ビンゴを達成するごとにアイスを買ってもらえる、という事にしました。
安いチューチューではなく、ピノとかガリガリ君とか、贅沢アイスです(笑)
1日30分のゲームをビンゴ達成時だけ1時間にできる、とか言うのも考えましたが、あっという間に宿題を終えそうだったので、口にする前に「アイス戦略」へ変更しました(笑)
でも、大福はめっちゃ喜んでましたよ~

そのうち、お手伝いビンゴとかを作ってもいいかもとか思っちゃいました

この方法で何年まで通用するか、あるいは成功するかどうか分かりませんが、子供の宿題で毎日奮闘する夏休みの親御さんは、一度試してもいいのかも

コメント

野球観戦 中日 VS DeNA

2017-07-10 11:00:13 | 子育て/日常

会社で野球の年間シートを買ってるから…と、毎年、会社からチケットを貰っていた実母。
以前は4枚貰っていたので、友達家族と一緒に観に行っていたみたいなのですが、最近は2枚になり、独り身としては必要なく…。
故に、友達に譲っていたそうです。
でも、その母も今年で仕事を辞めるので、これが最後のチケット。
ならば、孫に観せてあげたい…という事でプレゼントしてくれました。
ただ問題は、私が野球に興味がない事と方向音痴という事。
ここは旦那に…とお願いしましたが、結局、仕事が休めないという事だったので、私が数時間開場までの行き方・帰り方を調べて不安要素を少なくしていきました。
行くことを諦めることも考えましたが、この野球に興味ない私が、これから以降、チケット代を出してまで連れて行くかというと、ほぼないと言っても過言ではない。しかも、調べてみると、座席のシートはなかなかいい所でしたし、来場者にはレプリカのユニホームも貰えるという事でしたので、行かないのはもったいないな。
──という結論に至り、ここは覚悟を決めて行くことにしたんです

──で、結局あれだけ調べたにも拘らず、乗り換えが必要だった行きの電車は、なぜか乗り換え不要で、乗り換えが不要な帰りは、野球の終了予測時間が違ったので、乗り換えが必要なものに…
でもまぁ、結果的にはスムーズに行けましたし、大福も楽しんだみたいなので良かったです。
試合に集中はしてませんでしたけどね





毎回、攻守交代の数分間に、色んなイベントがありました。
登録した来場者チームのジャンケン勝負とか、チアダンス、ドアラの勝敗を占うバク転、ドアラのバズーカー砲、そして風船飛ばし…などなど。






勝敗の行方は…。
ドアラの占い通り、バク転失敗→負けました
でも、勝ったチームが最後に風船を飛ばすものだと思っていたので諦めていたのですが、この経験も大福はできて良かったです。
しかも、後ろのシートに座っていた方が大福に話しかけてくれて、更にはバットの形をした太鼓のばちみたいな応援グッズまでいただいちゃいました。
本当は、5回裏の攻撃で大盛り上がりした時に貸していただいたもので、終わったら返すつもりだったのですが、最後には「あげるわ。男の子なのにピンクでごめんね」とまで言われ…。
ほんと、すみません…返すつもりだったのに…。
それでも、大福がその人を気に入って仲良くしてもらったり、帰りには「また会おうね」と手の平タッチしたり…ととても楽しく過ごせて喜んでいました。
名前も知らない方たちでしたが、初めての野球観戦での出会い、ありがたかったです。
試合は負けましたが、行って良かったです。

因みに、12時過ぎの電車で出かけ、帰ってきたのは19時頃でした。
野球の試合、思ったより長い~(笑)

コメント