実行・信頼 三上かずとし

木更津市議会議員「三上かずとし」のブログ

歩々清風・・・活動報告

2011年02月28日 | Weblog
4年の活動報告
今期8期目を振り返る。

コメント

歩々清風・・・臨時財政対策債

2011年02月28日 | Weblog
見過ごして良いか?
国の赤字国債と同様・・・危険である
慎重に借り入れるべきと考える。
臨時財政対策債を考えると
  


地方交付税は、地方公共団体の運営の自主性を損なうことなくその財源の均衡化を図り、国が必要な財源の確保と交付基準の設定を行い、地方行政の計画的な運営を保障することによって地方自治の本旨の実現と地方公共団体の独立性を強化することを目的としている。
全国の地方公共団体は、基礎的、広域的な行政機関としてその規模、機能、能力、運営の内容について、一定以上の均質的な水準が要求されるが、これらを賄う原資となる地方公共団体の税収入は、全国的に見た場合、地域の地理的、経済的、社会的環境によって著しく偏在しているのが実態である。 そのため、国が地方交付税を交付することにより、税収入(財源)の偏在を是正し、地方公共団体間の不均衡や過不足を調整し、均衡化を図っている。
本来は、平成13年度の臨時措置として導入された措置であったが、現在に至るまで、その措置は延長されている。
 臨時財政対策債の償還経費は、後年度の地方交付税に理論的に算入されるとはいえ、地方債の扱いであることに変わりはなく、地方債の残高が累増する原因にもなった。ただし臨時財政対策債は、あくまで「発行が可能」なものであって「発行しなければならない」わけではなく、
各自治体の責任と判断で発行されるものである.木更津市の、平成23年度末の市債残高は、総額で279億円余りであり、その内普通債が117億円で、臨時財政対策債が、129億円余であります。注意していくことが、必要です。
コメント

歩々清風・・・産廃反対の新聞報道

2011年02月24日 | Weblog
産廃絶対反対
昨日の県知事への陳情活動が新聞記事に
2月24日東京新聞朝刊より
コメント

歩々清風・・・産廃絶対反対

2011年02月23日 | Weblog
森田県知事に提出

水源に処分場絶対反対
富来田地区住民の反対陳情書
世帯では、90%・・・住民4651人の署名
木更津市全域の区長会長の反対陳情
木更津市全域の167名の区長の署名
渡辺芳邦県議・住の江雄次市議・と共に同席

   2月23日千葉日報新聞記事より     渡辺県議の質問記事

コメント

歩々清風・・・土地開発公社

2011年02月22日 | Weblog
土地開発公社の健全化
公拡法の「木更津市と公社」の関係で
 的外れの質問に、ひと言


土地開発公社は、単独の意思により土地の取得が、困難であることが、法律で理解できると思います。公社の仕事は、要請に応え如何に、先行取得し、最小の経費で保有しておくかです。本市の問題は、買い戻しに計画を立てず、公社に無責任に多額の代替地の買収を要請した元市長と、その・・・・であります。市民は、その債務を負わされた被害者です。議員足る者は、少し法律に基づいた発言が、必要ですね。
土地開発公社を規定する「公有地の拡大に関する法律」です。参考に読んでください。

第十七条  土地開発公社は、第十条第一項の目的を達成するため、次に掲げる業務の全部又は一部を行うものとする。
一  次に掲げる土地の取得、造成その他の管理及び処分を行うこと。
 イ 第四条第一項又は第五条第一項に規定する土地
 ロ 道路、公園、緑地その他の公共施設又は公用施設の用に供する土地
 ハ 公営企業の用に供する土地
 ニ 都市計画法第四条第七項 に規定する市街地開発事業その他政令で定める事業用 に供する土地
 ホ イからニまでに掲げるもののほか、地域の秩序ある整備を図るために必要な土地として政令で定める土地
二  住宅用地の造成事業その他土地の造成に係る公営企業に相当する事業で政令で定めるものを行うこと。
三  前二号の業務に附帯する業務を行うこと。
 2 土地開発公社は、前項の業務のほか、当該業務の遂行に支障のない範囲内において、次に掲げる業務を行なうことができる
 一  前項第一号の土地の造成(一団の土地に係るものに限る。)又は同項第二号の事業の実施とあわせて整備されるべき公共  施設又は公用施設の整備で地方公共団体の委託に基づくもの及び当該業務に附帯する業務を行なうこと。
 二  国、地方公共団体その他公共的団体の委託に基づき、土地の取得のあつせん、調査、測量その他これらに類する業務を行  なうこと。
 3 土地開発公社は、第一項第一号ニに掲げる土地の取得については、地方公共団体の要請をまつて行うものとする。
 4 土地開発公社は、その所有する土地を第一項第一号ニに掲げる土地として処分しようとするときは、関係地方公共団体に協  議しなければならない。ただし、前項の要請に従つて処分する場合は、この限りでない。
 5  第三項の要請及び前項の協議に関し必要な事項は、政令で定める。
コメント

歩々清風・・・質問通告

2011年02月21日 | Weblog
3月議会質問通告
大綱3点について通告しました。

1.人口減少地区の諸問題
 (1)市街化調整区域における土地利用方針について
    この制度の意義
    説明会、パブコメの結果について
    今後の取り組みについて
 (2)学校規模等審議会の最終答申について
   富岡、東清小学校の今後について


2.「道の駅」について
 (1)現状の取り組み進捗状況
    本年度の検討結果について
    南房総の類似施設は
    施設内容については、
 (2)今後のスケジュールは、
    ワーキング・グループのメンバーは
    完成目標年度は

3.環境問題について
 (1)残土条例制定後の状況

 (2)音信山の産廃処分場の反対について

 (3)林道条例の制定について


コメント

歩々清風・・・真武根剣道大会

2011年02月20日 | Weblog
第7回真武根剣道大会
少年少女の剣士の交流と親睦大会
木更津市民体育館で2月20日開催される
大会顧問(発起人)として観戦すると、文部省の学習指導要領や
武道館の建設要望の話題で頭が・・・・・
指導者の皆さん、連日の指導や大会運営本当にご苦労様です。


  
コメント

歩々清風・・・後援会役員会

2011年02月20日 | Weblog
みんなで挑戦
感謝そして団結
後援会役員会で思いを表明

コメント

歩々清風・・・TPP

2011年02月19日 | Weblog
環太平洋経済連携協定
       TPP
農協より木更津市議会にも請願書
18日本会議で紹介議員として提案説明

 政府は、平成22年11月29日(包括的経済連携に関する基本方針」を閣議決定しましたが、この中でTPP交渉の参加・不参加を先送りにしたものの、「関係国ととの協議を開始する。」ことになりました。我が国の公卿製品の輸出拡大や資源の安定確保を否定するものでは、ありませんが、日本が、貿易立国として発展してきた結果、我が国は、世界で最も開かれた、農産部純輸入国となり食料自給率は、著しく低下しました。
 例外を認めないTPPを、締結すれば、農業産出額3位を誇る千葉県の、農業は、壊滅的の危機に直面することになります。農家所得が、保証されても輸入は、増大し生産基盤は、崩壊してゆき関連産業も衰退し、地方の経済は、疲弊するばかりです。
これでは、国策とする食糧自給率の、向上は、到底不可能であると考えます。本紙にに於いても、来年度より、計画的に農業施策を、展開する為農業振興基本計画策定の予算措置を、した、矢先であります。
議員各位には、本市議会としてTPP交渉へ参加しないように、国に意見具申されますようお願い申し上げ、提案理由と致します。・…という内容でした。皆さんどう考えますか。残留農薬の問題、BSE等の非関税の食の安心安全の問題もあり、大変難しいことだとおもいます。
コメント

歩々清風・・・永井公会堂

2011年02月16日 | Weblog
落成祝賀会
69軒の協力で7年間の積み立ての成果
宝くじのコミュニティ補助金も利用
南側はガラス戸で、ワンフロアー、広い駐車場と機能的である
地域の親睦と融和の殿堂・振興発展の拠点として
子供から高齢者の地区民、そして多方面の利用が期待される

 
コメント