実行・信頼 三上かずとし

木更津市議会議員「三上かずとし」のブログ

歩々清風・・・プレミアム商品券

2015年03月27日 | Weblog
プレミアム商品券
続けて市民より質問を
担当課に聞いてみますと概要は、資料のようであります。
地域内の消費の喚起ため1万2千円の商品券を、1万円で販売します。
子育て世帯優遇分として、2万セットを九千円で販売。
今後のスケジュールは、資料の右下を


コメント

歩々清風・・・地方創生

2015年03月26日 | Weblog
地方創生
行政の考える地方創生の考えです
国民の合意を持って対応の行動を。


コメント

歩々清風・・・囲む会に出席

2015年03月25日 | Weblog
3月24日 三上かずとしを囲む会

先憂後楽の精神で
「地方創生の概要」を、話したが
今の木更津市民には、
実感として受け入れ難いようである。

状況として、木更津市全体で見ると
人口の増、企業の進出などプラス指標があり
私の、資料と話しでは、興味のない別世界の話であったのではと
テーマの選択について反省をしました。
しかし、バブル崩壊の時は、「木更津だけは、違う。」と対策が、
遅れてしまったが、今度の地方創生の要請には、
間違いのないよう迅速な対応をすすめるべきであります。









コメント

歩々清風・・・まち・ひと・しごと創生

2015年03月23日 | Weblog
まち・ひと・しごと創生法
選挙戦の(将来を語る)基礎資料として
       区の総会等に出席して挨拶の時 配布しました。
・・・・硬すぎると思うが、私の姿勢です。・・・・

コメント

歩々清風…土地開発公社理事会

2015年03月20日 | Weblog
木更津市土地開発公社理事会
平成26年度 第4回理事会開催

議会終了後 副市長応接室にて
市の健全化計画により 2億円の
買い戻しの後の 銀行借り入れは、24億円余りとなります。それらに関係する

事業計画、一般会計予算は、原案通り承認されました。
健全化前の170億円を超える負債が夢のようであります。




コメント

歩々清風・・・立候補説明会

2015年03月19日 | Weblog
説明会に28陣営出席
19日の地元新聞に記載されていました。
記事を読むと石井勝議員が、退職予定議員となっていたので、
驚き本人に電話をすると、
「誤報で訂正を申し入れた。」とのことであり、安心をいたしました

木更津市議会議員一般選挙標語
『一票の 重みに託そう 僕らの未来』
大切な一票です。棄権せず、必ず投票しましょう。

投票日程
投票日 平成27年4月26日(日) 午前7時から午後8時まで
告示日 平成27年4月19日(日)

 ※入場券に記載されている投票所において、投票できます。
 ※入場券が届きましたら、封を開け、投票所をご確認ください。

期日前投票
  平成27年4月20日(月)から4月25日(土)まで
  午前8時30分から午後8時まで(富来田公民館は午前8時30分から午後5時まで)
コメント

歩々清風・・・馬来田小卒業式

2015年03月18日 | Weblog
祝 馬来田小卒業式
来賓として参加する。
「仰げば 尊し」「蛍の光」を聴き感激を
卒業生35名 中学での活躍を祈る。
在校生も立派にできました。




コメント

歩々清風・・・境界が決まれば

2015年03月16日 | Weblog
16日9時30分より境界立会に参加
お彼岸前に工事は、完了予定
みんなの同意で懸案事項が解決です。
木更津市の担当職員もご苦労さまでした。
写真の反対方向が、妙泉寺となります。




コメント

歩々清風・・・選挙事務所開所式

2015年03月15日 | Weblog
3月13日 必勝を期し事務所開き
祝詞には、「高位当選」の言葉が
宮司のサービスで出た言葉か、感謝感謝です。






コメント

歩々清風・・・予算委員会

2015年03月13日 | Weblog
11日より 3日間の予算委員会
渡辺芳邦市長編成の本格予算
市長のマニュへストの実現の予算審査
鶴岡太治議員の賛成討論より

市長は、国がこれまでにない危機感を持ち、
人口減少の克服と地方創生に向けた取組みを進める中、本市の新たなまちづくりを展望し、市政運営の柱となる
「木更津力の強化」、「将来に向けた土台づくり」、「街なかのにぎわいづくり」を着実に進めるとともに、
近い将来予想される人口減少、超高齢化という構造的な課題に対しても明確なビジョンを持ち、
正面から取り組んでいくと、力強い決意を、施政方針において述べられました。
新年度予算は、経済情勢の好転から税収の増が見込まれる一方、
子育て支援、介護、教育等の行政需要は多岐多様にわたり、かつ、将来への投資となる新規事業を盛り込むなど、
過去最大となる400億円を超える規模となったわけでございますが、
この3日間の審査におきまして、各事業執行部局が、限られた予算を、いかに効率的に執行すべきか苦心していることが
十分伝わったところでございます。特に、市民力強化に向けた、
(仮称)市民活動支援センターの開設や、地域力の源となる、(仮称)木更津市産業・創業支援センター開設に伴う
産業育成への動き、学校校舎、体育館等の耐震対策完了に向けた工事や
防災行政広報無線のデジタル化による 安心安全の確保への取り組み推進など、
市民生活のさらなる向上を目指した事業の実施に対しては、大いに評価すべきものと考えますし、その成果を期待しております。
一方、平成27年度をスタート年とする中期財政計画に基づき、市債発行の抑制や、財政調整基金の確保に意を留めながら、
成長可能な財政基盤の確立を目指すことにつきましても、今後の木更津市にとりまして、
大変重要な点であると感じておりますので、これらの指標、目標を実現できるよう、
健全な財政運営に当たっていただきたいと存じます。
 そして、限られた財源を有効に活用するとともに、創意工夫をし、効率的な執行に努められるよう強く要望いたしましす。、


コメント