高齢おじさんの超最大サイクリング

人生の残り1/4世紀を自転車とともに歩む高齢おじさんの
お楽しみサイクリングダイアリー

久しぶりに朝練に

2009年05月31日 | Weblog
 もうすぐ全日本アマ選手権があるというのに、寮祭・個人ロード選手権などいろいろと行事が重なって、選手は4人までの減少。部活はいつもの通り9時スタートだが、今日は特別に許しをもらって朝練会に出ることにした。久しぶりなので楽しみ。


 なにはともあれ、少し走れるようになってきたので、C出走は今日を最後にしたい。なので、今日は仲間との走りを楽しみたい。


 それから、今日は午後からパーティー(退職記念)で渋谷までお出かけだし、朝練後は部活指導もあるので走れない。朝練前に朝練しておくことにするか。そして、たまには双子公園から出発してみるか。


 と思い立ったので、早速実行。甚平大橋を渡り、右折してサイクリングロードに入り、酒直の水門を渡ってさらにしばらく走り、折り返して象の公園に5分前に到着。


 もう走り出している人もいたが、小用を済ませて周回コースに向かう。少し出遅れ、集団に追いついたのは順大の近くまで来てから。


 いつものようにCでスタート。5人。30km/hからのビルドアップのはずだが、ペースがガタガタで走りにくい。後方から修正の声がかかるが、どうもうまくいかない。そうこうしているうちにラスト周回に。


 とともにBから下がって入っていた1人がスパート。しかし、誰も追いません。2コーナーを回って先頭に出たところでペースをあげ、しばらくして先頭交代を促すも、だれも付いてきていません。かなり離れています


 仕方ないので、そのまま先行する者を追い、3コーナー付近で捉えてそのまま先行。4コーナー手前で○里さんも吸収。都合3人に。


 4コーナーを立ち上がり、43km/h前後でそのまま行こうとしますが、後ろから差されます。しかし、○里さんは差しかえして2番目でゴールライン到着。良い練習になりました。


 その後は部活をみて、帰宅後坂練に。しかし、もう脚が一杯になっていて、思うように走れない。5本の予定を2本で切り上げて帰宅。少し距離不足であったが、それでも71kmほど走れたからよしとしなくては。


 これから渋谷までお出かけ。疲れるが仕方ない。




 部員に混じって、h-hiroshiさんがインターバル・スプリント。500m x 1/lap x 6lapと
250m x 2/lap x 4 lap.少しきつそうでした。3名の部員は全員全国大会入賞経験者
だから、組み合わせが悪かった?

 
 
コメント (2)

とろ火効果

2009年05月30日 | Weblog
 寮祭で、中庭が舞台。当然騒がしくて仕事にならない。お昼過ぎに退散。といっても、今日は土曜なのだから、普通なのかもしれない。

 食事後、時間も十分にあるし、雨もほとんど止んだ状態なので1人神崎に向かう。途中、上福田付近で霧雨状態となり、路面も濡れてきたが、そのまま進むと雨も止んできた。

 1人なので、坂もゆっくり、ノンビリ練を決め込む。いわゆる「とろ火効果」を狙う。それでもこのところあまり距離を走っていないので、脚がきつい。

 帰りは、いったん双子公園まで行き、そこからサイクリングロードを引き返して3kmコースに向かい、せんべい坂経由。

 91kmほど乗ったが、とろ火効果を狙うには、少し距離が足りなかった。
コメント

定期検診

2009年05月29日 | Weblog
 1ヶ月半ほど前にとったMRIの写真の結果を聞きに、○○医院に。やはり骨頭壊死が起きていることには間違いはなさそうですが、今のところ特に広がっている気配もないとのこと。

 念のためレ線撮影を行ってから診療を終え、結果は後日聞くことにしました。今後は半年に一回診察を受けながら様子を伺うことになりそうです。

 これはこの世とサヨナラするまで続くことになりそうです。

 明日は外を走ってみたいですね。晴れてくれるとよいのですが。
コメント

寝坊して・・

2009年05月28日 | Weblog
 油断をしているうちに時計の針は1時間近く進んでしまったらしい。用意をして、バイクのクロックを覗くと、なんともう6時近い時間になっている。

 雨もポツリときて、空模様もなにやら怪しげなので、CAAD8に乗り換えて3kmコースに向かうが、進むにつれて路面の濡れが強くなる降りとなってきた。仕方なく戻りを決断してせんべい坂を登り帰路につくと、前方にこちらを注視する若者が。

 なんとH野くんではないか。本日の始まりは、どうやら私と同じであったらしい。

 しばし、ヒルクライムの話をしてから自宅に。この頃には路面もすっかり濡れてしまったので、ローラーで代用トレーニング。

 今月は目標距離をすでに超えているので、あとはどこまで伸びるか。

 職場はみんなアメリカに出かけてしまったが、新型なにやらのせいで結果的に留守番役。まあ、のんびりできるからいいか、と考えていたら「宿題」がいっぱい押し寄せてきてしまいました。
コメント

登坂訓練に

2009年05月27日 | Weblog
 一日休んで再スタート。10kmコースを5周。1周目、橋に向かう道で、帰ってくるH野君とえふさんに遭遇。

 本日の課題は、出てくる合計10個の坂をすべてアウターだけを使用して20km~25km/hで走りきること。周回ペースはビルドアップ。

 22'台から徐々に上げていき、最後は19'台で走りながらなんとか課題達成。しかし、脚はだいぶ弱っていました。前途多難です。
コメント

お疲れさん

2009年05月26日 | Weblog
 なんだかんだと、ストレスで体が鉛のように重く、動かなくなってきました。かなり重傷状態です。

 もうなにか切り捨てないと、真剣に思うのであるが、エコなサイクルだけは切ることは出来ない感じです。

 でも疲れが最高潮に達しているようなので、明日(と言っても実際は今日なのですが)は、お休みすることにします。
コメント

疲労困憊でした

2009年05月25日 | Weblog
 昨日は完全に疲労困憊。特に変わったことをしたわけではないが、日ごろの疲れがたまりにたまった感じ。

 20時過ぎに懇親会から帰ってくると、そのまま御就寝。朝まで死んでいました。

 今日は夜間大学院の授業が都内で22時近くまであるので、果たして今日中に家にたどり着けるか。そして、明日は部の朝練。なんとかしなければ。
コメント (1)

明日は雨模様なので、走っておきました。

2009年05月23日 | Weblog
 疲れていたのに早めに目が覚めてしまったし、明日は雨模様で外走りは無理そう。ならばと意を決して外に。

 しかし、パラパラとなにやら落ちてきたので、備えてCAAD8にバイク交換して、気持ちの仕切り直し。

 今日は少し時間があったので、いつもより多く、しかも気持ちよく10周回。加えて、500mの快調走を2本。

 途中、ふとさんに遭遇(多分、おそらく間違いなく)。人知れず、早朝練されているようです。



 体調は少しずつ戻ってきていると思うが、やはり年齢による衰えは隠せない。気持ちを体で表現することができない。歳はとりたくないものだ。



 
コメント

私、見る人。かなさん、走る人

2009年05月22日 | Weblog
 部のアップだけに参加。グループは短距離班。

 アップだからわずか3周。最終回はトラックレーサーに乗るI君が引き、向かい風など関係なくペースアップ。

 最終コーナーを立ち上がると、さらに速くなる。遅れ始めた女子選手を追い抜いて52-53km/h近くまで上げるが、離れる一方。

 くの字を曲がる頃には、先頭とは50m近い差に。速すぎ。

 そして、2 dashあとは指導?に専念。かなさんがアップと、中距離班の

    500m/lap x 8 lap + 250m x 2/lap x 3 lap

 のインターバル・スプリント走に飛び入り参加。

 最後は苦しそうでした。でも頑張ってました。

 感想はいかがでしたか。かなさん。



 明日は2010年の千葉国体の折りに、一環行事として開催される学会(日本体力医学会)の打ち合わせ会が午後に。そして部活も午前中に、もちろん勤務もしっかりあります。

 今日は上記の理由でトレはほとんどなし。まあ、言うなればさぼってしまいました。なので、明日は早朝練しようかと。

 早起きできたら神崎方面はどうかと思案中。このコース、適当なアップダウンもあるし、なにしろ交通量が少ないので、安心して走ることができるのがよい。


 ところで、銚子センチュリーランは申し込み遅れ。でも、申し込み受付開始後24時間もしないうちに定員達してしまうなんて早すぎでは・・・・。
コメント (2)

強制朝練

2009年05月21日 | Weblog
 明日は雨らしいので、今日は目覚ましで起こして、H野君の朝練会に強制参加。かなさん、えふさん、H野君に私の4人。

 35-36km/h x 3, 37km/h x 2, 40khm/h~ x 1、で計6周。最後はH野君がグングン引いてくれます。「誰か行くのかな・・、どうしようかなぁ・・・、悪いなぁー、」などと躊躇しているうちにゴール。

 それにしてもH野君の引きは立派なものでした。力付いてますね。

 帰り際、ビニ坂、煎餅坂、宗吾坂、参道坂を利用して ×6 の登坂。このところ坂も少しずつ走れるようになってきたが、以前のようなスピードが出ない。

 もとに戻るにはあと一月ぐらいかかりそうです。
コメント