高齢おじさんの超最大サイクリング

人生の残り1/4世紀を自転車とともに歩む高齢おじさんの
お楽しみサイクリングダイアリー

早朝神崎練

2014年07月30日 | Weblog
 昨日は利根川の土手を走りに走って都合156㎞に。今日は友人の誘いに乗って、5時像の公園発で神崎コースに。

 本当は1.5周する予定だったが、当の友人の希望で1周に。

 復路はできる限り牽いたが、昨日の疲れが脚に残っていて、坂が結構きつかった。しかし、以前よりは登れるようになっていることを実感できたのでよかった。
コメント

ヒルクライムに出てきました

2014年07月28日 | Weblog
 先週の土日と山梨・韮崎で開催された甘利山ヒルクライムに出かけてきました。

 土曜の午後3時頃に前日受付を済ませ、その足で南アルプス市のホテルに。夕食は回転寿司で簡単に済ませ、午後9時過ぎには就寝。翌朝は4時頃から準備して、5時45分頃にホテルを出発。途中コンビニに寄って、6時15分頃に駐車場到着。

 駐車場は砂利敷きで、3本ローラーは使えなかったが、幸いにもすぐ近くにコンクリートが敷かれたところがあったので、そこに置いてアップ。15分も漕ぐと汗だくになってきたので、今度は公道に出て適当に走る。

 8時、クラス別に4㎞ほどのスタートラインまでパレード走行開始(といっても、必ずしもクラス別には関係なくスタートできる。自分は遵守)。車の多い一般公道をややしばらく走ってから甘利山入り口交差点で左折すると、いよいよ登りが始まった。進むほど勾配はきつくなり、39/24のギヤが必要になったところにスタートラインがあり、計測開始。

 自分が出場したのは61歳以上の部だが、回りにそれらしき人はいなかった。

 専門家に言わせると、誰もが走れるコースではないというだけあって、平均勾配9.6%のコースは距離は11.7㎞と短いものの、なかなかハード。ギヤも39/27を使うことがほとんどであった。一旦抜かれた50歳代の人に途中で追いつき、コースのほとんどを一緒に走った。

 気温が高く、しかもかんかん照り。盆地特有の暑さのためか、おびただしい汗。ウエアはもちろんのこと、手袋までビショビショになってしまった。

 レースは10㎞過ぎからペースを少し上げ、残り1㎞からは踏み続けてそのままペースを落とさずにゴール。目標は1時間を切ることであったが、ゴールタイムは1時間02分17秒と叶わなかった。気温がもう少し低ければなんとかなったかもしれないが、実力不足であることには間違いなかった。

 クラス別の順位は1位と41秒差の2位。距離にして約130mであった。

 表彰式で副賞の名産ぶどうを1箱もらい、13時過ぎに猛暑の会場をあとにして16時30分に無事自宅に到着。それにしても、こんなに暑いヒルクライムは初めての体験であった。
コメント

夕方練

2014年07月16日 | Weblog
 今日はスケジュールの関係で、体が空いたときはもう午後3時を過ぎていた。それでも少しでも走っておこうと、レース用マシンにコスミックカーボンホイールを履かせてライドに。

 昨日の山道行きで脚に疲れが残っていたので、平坦部を淡々と走り、午後6時45分過ぎに帰宅。日没の関係で、3時間ちょっとの時間しかなかったが、それでも90㎞ほど乗ることができた。

 このところ、日中は30℃を越える暑さ。こうなってくると、額の汗が目に入って、たまらなく痛くなる。だから、明日は早起きして、10時頃までに走り終えるのが良さそうである。
コメント

那須岳ヒルクライム大会

2014年07月13日 | Weblog
 12日(土)は栃木県であった那須岳ヒルクライム大会に出かけてきました。この大会は昨年から始まり、今回が2回目になります。距離は14.4kmで平均勾配は4.8%ですが、コースにはフラットに近い数百メートルの区間と1.6kmほど結構な下りの区間が含まれているので、実質的には結構きついコース設定になっていました。

 自分は50歳以上の部に出場。なんとか無事に走りって、46'18"950のタイムで部門別13位、総合100位でした。まあまあだったと思っています。

 つぎのヒルクライムへの出場は7月下旬で、60歳代の部があります。こちらは距離は11.7kmと短いのですが、平均勾配が9.6%もある難コースとなっています。初めての出場になります。

 過去2年間の大会の成績をみると、この部門で60分を切って走った人は僅かにそれぞれ1人ずつ。しかも切ったのは同一人なので、2年間でわずかに1人ということなります。1時間以内で走るのは相当大変そうです。でも、それを目標に走りたいと思っています。

 2週間後です。

 
コメント

やっぱり

2014年07月10日 | Weblog
 天気は怪しげでしたが、ちょっとした間隙を縫って安食~栄橋~神崎大橋~久住~NTと84㎞ほど走りました。でも今日は、風が強くて結構大変でした。

 こんな強い横風が吹いていました


 しかし、栄橋~神崎大橋間は追い風基調だったので、快適に走ることができました。

 お空の方はなんとか大丈夫かなとおもったのですが、やはり途中で雨に降られてしまいました。幸いにもすぐに止んでしまいましたが、路面はウエットになってしまいました。

 ところで、明日午後からはHCで栃木県に出かける予定ですが、台風が来ているのでどうなることやら。少し心配ですね。
コメント

単独ロングライド

2014年07月09日 | Weblog
 8日は天気に恵まれたので、利根川の土手を使って犬吠埼灯台~広域農道~多古市内~花植木センター~久住と単独ロングライドしました(185km, ave 26.4km/h)。ゴールまであと16㎞強というところでパンクに見舞われましたが、それ以外は特に問題もなく、無事走りきることができました。

 最後まで脚には余裕があり、最後のきつい坂もしっかり踏んで登ることができたので、それなりに満足しています。今日9日から11日までは雨になりそうですから、じっくりライドできたことはよかったと思います。

 12日は那須でHCがありますが、台風が来ているので、開催できないかもしれませんね。
コメント

曇り、ときどき晴れ:朝練会ができた

2014年07月06日 | Weblog
 8時からの朝練会に出席。ただし午後から出かけなければならないので、12時までに帰宅が必要。二次会も近場のコースを選択。

 一次会は30㎞/hスタート組で、4人ワンパック。今日は脚を回すことに課題を置く。したがってギヤは53/21で、行けるとこまで行く。

 基本1周回ごとに時速を1㎞ずつ上げていくビルドアップ方式なのだが、速度は大体予定よりも+1㎞/hがふつう。それだけならいいのだが、追い抜くときはスピードアップするから、ギヤが軽いとこのときが大変。今日もそうであった。

 それでも、6周回(1周回3.2㎞)のうち、5周回終了まで53/21でクリア。このとき時速は36㎞前後になっていたが、少々余裕があったような。

 最後は残り2㎞手前から先頭に出て(先頭交代で必然的にそうなってしまっただけだが)、残り600mぐらいからスパートしてそのままゴールまで守り切った。

 二次会は往路に坂があるが、それなりに踏んで走ってみた。感触は悪くなかったが、もう少し走れるようにならないと、HCでは戦えない気がした。

 来週土曜日は那須岳HC。60代の部はないので、50代の人たちと走ることになる。どこまで通用するか。
コメント

連続ロングライド

2014年07月03日 | Weblog
 昨日今日と2日間連続でロングライド。333㎞も走ってしまいました。昨日は単独、今日は友達と2人でです。
コメント