高齢おじさんの超最大サイクリング

人生の残り1/4世紀を自転車とともに歩む高齢おじさんの
お楽しみサイクリングダイアリー

無事帰還

2009年03月31日 | Weblog
 連絡が悪くて、ホテルを出てから自宅に着くまで、ちょうど24時間。すっかりお疲れさんになってしまいました。

 ナリタに着くと、なんと選手の自転車が着いてない。荷物が多すぎて、どうもワルシャワで積み込めなかったらしい。ついてないときはこんなものである。

 何はともあれ、無事帰還。明日からまた通常の勤務。肘の調子もかなりよくなってきたので、来週になれば少しずつ走れそうな感じである。
コメント

3月29日 最終日

2009年03月29日 | Weblog
 世界選手権も今日が最終日。でも日本選手の出番はなし。淋しいかぎりである。今後のサポートのことをあれこれ考えるが、いろいろありすぎてうまくまとまらないのが現状。

 帰国の飛行機の中が勝負になりそう。

 それから、肘の調子は回復基調に。手をついても肘に感ずる痛みもほとんどなくなってきた。学校が始まる頃には、ハンドルに手を置くことができるようになるかもしれない。

 それにしても、こちらは曇天日が多い。昨日は午前中少し晴れたが、午後にはまた曇り。選手団の話では、こちらに来てから初めての晴れだったとか。なんとなく気分に高揚が感じられないのも、このせいなのか。
コメント

世界選手権 3月28日

2009年03月28日 | Weblog
 早くも3日目。今日の出場は、男子スプリント予選に、成田選手と渡邊選手。

 成田選手は一時不調であったが、今大会はチームスプリントの第一走者として17秒865の自己記録を出して、復活気味。実績があるだけに、期待したい。

 日本では、修士と博士の学位授与式があった日だが、○坂君と○井中君の博士学位授与式に出ることができなくて残念。遠くワルシャワで、今後の二人の活躍を念じた。

 これから競技場に。現地時間11時。

******************************************************************************

 男子スプリント予選は、渡邊選手が22位(10"488)で通過。成田選手は41位(10"829)で予選通過ならずでした。トップは、BAUGE Grégory(仏)で、タイムは9"930でした。

  渡邊選手は1回戦で敗れ、今日で日本選手の試合はすべて終了となってしまいました。残念無念です。

 短距離はマレーシア勢の活躍が目に付きました。3名が予選を通過し、特にAWANG Azizulhasniは1/8決勝でBAUGE Grégoryを下して、1/2決勝まで駒を進めています。
コメント

いよいよ競技場へ

2009年03月27日 | Weblog
 今日は午後2時頃からレース開始。競技場はホテルから車で20分くらいのところにあります。まずは団体追抜があります。4分を切る世界のトップの走りをしっかり観察しておきたいと思います。

 そして、夕方には1kmTTがあります。新田選手が出場の予定です。どのくらいのタイムが出るでしょうか。楽しみです。

 こちらは日本と違ってまだ冬の感じです。朝夕には気温もマイナスになりますし、外には雪が残っています。日本とのギャップが結構大きく、身体が驚いているようです。


 レースの結果は、またのちほど。

**************************************************************************

 11時にホテルを出ていったん空港に。帰国する盛 一大、佐藤友和両選手を見送ってから、選手のいるホテルに。

 しばし、コーチ、選手等とトレーニングやコンディショニングのことで談笑してから2時前に競技場に。

 競技場は板張りのきれいな250mの走路。選手の話では、走りやすいとのこと。記録が出そう、との評判。

 選手ピットに行くと、本当に久しぶりに元ヘッドコーチのゲーリー・ウエストに。オーストラリアのナショナルコーチに復帰していた。

 そのあと観覧席をウロウロしていると、今度は中野浩一氏に遭遇。彼とも久しぶりに会ったので、競技を観ながら強化のことなどいろいろと話す。

 その後、一緒にいた滝沢元選手ともトレーニングのことで意見を交わす。現役の頃は、周回コースでよく遇ったが、話したことはなかった。とても礼儀正しい人。恐縮しました。

 1kmTTは、7時15分から開始。5番目に出走した新田選手の走りをビデオに収録。

 新田選手は、快調に走って1分03秒655を出してトップに立つが、10番をすぎるころから好記録がでるように。ついには、NIMKE Stefanが18"744-13"242-13"784-14"814、と走って1分00秒666。疲れを感じさせない走りに、世界の強さを再認識。

 その後出走した者もこの記録を上回ることはできない。結局新田選手は18位。

 今日は女子選手がハロンを10秒台(971)では走るのを初めて観ることができるなど、よい刺激を受けた1日。

 夜は到着した連盟会長と一緒にホテルで食事。体調管理に気をつけられているとかで、随分とスマートに。

 明日は男子のスプリント予選が。
コメント

ポーランドにいます

2009年03月27日 | Weblog
 世界選手権同行で先ほど現地時間23時過ぎにワルシャワのホテルに着きました。午後のスクラッチで、盛選手が5位に入ったようでした。明日はしっかり応援するとともに、世界の最新の情報を入手したいと思います。

 それにしてもフランクフルト経由の長旅ですっかり疲れてしまいました。日本はもうすぐ朝の8時てすね。
コメント

固定

2009年03月22日 | Weblog
 朝練会に顔を出し、hi-tom君に詫びを入れ。今日の朝練会は50名を超える参加者で実に盛会。気持ちよく走れる春が来ていることを実感。お店のマスターの奥様も見かけました。

 いつものコンビニで二次会に出かける人々を送って帰宅。昼寝してから、固定ローラーに乗ってみました。負荷期1-2km、休息期1km、でインターバル風に乗ってみましたが、右手が使えないのはなんとも不自由であった。息も絶え絶え、21km乗るのがやっとでした。

 これでは走れるようになったとしても、Dクラスにも及ばないまで、落ち込んでいるかも知れない。

 世界選手権から戻る月末までにハンドルに手をやれるようになるのは少し難しそうな感じであった。
コメント

少しの辛抱が

2009年03月22日 | Weblog
 ニューマシンが到着しましたが、しばらくはお蔵入り状態が続きそう。肋骨の痛みも少しずつやわらぎ、腕も手を握ってわずかなら支えられるまでに。

 固定のローラーに乗ってみました。脇腹の痛みは感じないが、手放し状態で乗るのは実に退屈。あまりの単調さに、10km乗るのにも大変な忍耐が。

 外は気持ちよく乗れる季節になってきたのに。気分は滅入るばかりです。
コメント

順調?

2009年03月20日 | Weblog
 水曜日は検診日。医師の都合で、ここを逃すと、4月までありません。レントゲンを撮り、診察室へ。医師は職場の仲間である教授。「ママでも金」で有名な、とある選手の主治医でもあります。腕がいいので評判。

 ○ 折れているのはこの部分ですね。この部分でかすかに付いています。亀裂骨折です。
 △ ここですか。
 ○ そうです。模型で言うと、この部分ですね。
   でも広がっている様子もなく、順調に推移しています。必ず付きます。
 △ ・・・(安堵!!)
 ○ でも固定は安全のため、もう少し続けましょう。
 △ つぎはいつになりますか。来週は休診ですよね。次回は4月になりますかね。
 ○ 木曜から海外ですよね。火曜日は出勤されます? 朝、時間とれます?
 △ とれます。
 ○ それじゃですね。それではレントゲン撮ってもらって印刷したのを職場でみましょう。
 △ ありがとうございます。

、ということでこれまでとは違って順調な回復らしい。

 4月になれば、固定も外せる勢い。とにかく、固定部が痒くてたまらないので、早く外したい。

   

 
コメント

いろいろと・・・・

2009年03月15日 | Weblog
 タキさんのところでバイクの治療。なんとか形が整いました。1週間後には元気なのが来る予定ですが、活躍の場はしばらく与えられそうにもありません。

 あばら骨の痛みも少し和らいできたので、そろそろ固定で手放しライドなどはどうかと。まあ、焦らずに新学期とともに活動開始といきたいですね。
コメント (5)

凍結していました

2009年03月05日 | Weblog
 走ろうと思って外に出ると、路面がなんとなく光って見えます。よく、観察すると氷です。表通りに出ても同じ。これは危険と、急いでバック。途中、家の前の坂でスリップ。おお!!、怖でした。

 仕方なく、その場走りを31kmほどしておきました。寒いせいか、回りが悪く、汗の割りにはスピードが出ませんでした。

 明日からは、部の指導で館山に行ってきます。余裕があれば、選手と一緒に走ってきます。

コメント (2)