高齢おじさんの超最大サイクリング

人生の残り1/4世紀を自転車とともに歩む高齢おじさんの
お楽しみサイクリングダイアリー

牛久大仏へ。

2014年09月22日 | Weblog
 牛久大仏へ。コースは坂も少なく走りやすい。途中、街道練習中の競輪選手4名に追い抜かれ、あっという間に見えなくなってしまった。

 かなり飛ばしていた。こちらはノンビリ走行中ではあったが、かなり速かった。

 朝の早い時間帯だったので、土産物屋さんのシャッターも降りたままであった。



久し振りに写真を撮ってみた。それにしてもでかい
コメント

長崎へ

2014年09月19日 | Weblog
 今日は以前勤めていた大学の研究室の同窓会が、学会のある長崎で行われるので参加してくる。

 懐かしい顔に出会って、元気であることを報告してきたい。それにしても長崎に行くのは何年ぶりかな。

 最近では、佐世保であったインターハイに選手勧誘で訪れたのが最後だったかな。


コメント

体がいうことをきかない

2014年09月17日 | Weblog
 朝起きたら、体はまったくやる気なし。とにかく疲労感一杯。ということで、お昼頃から天気がよいのにローラーに。

 冴えない1日だった。
コメント

同じところをグルグルと

2014年09月13日 | Weblog
 首もかなり楽になってきたので、本格的に坂練をしてみた。コースは選手も使う6㎞周回コース。登りは2カ所で、距離は350~400m前後。勾配はおよそ6~7%に8~9%。

 最初の12周は単独でノンビリ。ギヤも39/21に39/24と軽めに。残りとはやってきた三人組と一緒に走り、ギヤもそれぞれ一段ずつあげ、速度も19~23km/hに。

 100㎞を超えてからは少し辛かったが、へたることなく目標の20周120㎞を完了。少し力が付いてきた感じがした。

 これからは体と相談しながら、坂練を多くして、HCに備えることにしたい。

 さて、明日の日曜日は久し振りに天気に恵まれそうだから、チームの朝練会もあるだろう。参加して、32㎞/hスタート組で出走の予定。今日の感じでは34km/hスタートでも行けそうだが、無理はしないことにした。
コメント

自炊

2014年09月09日 | Weblog
 このところ雨ばかり。今日も昨夜からの雨で路面はウエット。

 ということで、溜まっていた本の自炊に取りかかるが、うまく吸い込んでくれない。

 なにもかもうまくいかない。
コメント

雨は降らなかったが

2014年09月06日 | Weblog
 昨日は大多喜方面に友人と出かけて坂巡り160㎞。獲得標高は1、630mほどに。

 今日は家を離れることができなくて、仕方なくローラーに。ビルドアップ風に乗って101㎞。後半はギヤを53/13まで上げて、グイグイ漕いでみました。

 2時間10分ほどで終了。

コメント

スプリント練

2014年09月04日 | Weblog
 久し振りにスプリント練。3㎞コースを周回のたびに500mを急走しながら10本。そのあとは反対回りを10周回し、計73㎞。久し振りのスピード刺激だったので結構疲れた。

 明日は大多喜方面にロングライドの予定。

コメント

まるで散歩のように

2014年09月03日 | Weblog
 11時頃からフラフラと光・匝瑳方面に出かけ、多古、花植木センター、久住とノンビリと走って帰宅。距離101㎞、獲得標高650mであった。

 今月は月末までイベント参加はないし、首のケガも完治の宣告?を受けたので、心配なく走れるのがいい。首の可動性はまだ十分ではないが。

 ところで、昨日は元研究室の勉強会に参加して、医学部心臓血管外科准教授のCTによる筋量や形状評価の話を聞き、終了後にデータをもとにあれこれとお昼ごはんを忘れて、1時間半も先生とディスカッションしてしまった。先生には申し訳なかったが、元研究者としての血が騒いでしまったらしい。

 筋と脂肪ではCT値が違うので、それを利用して筋を同定するとのことであったが、スポーツ選手は脂肪が少ないので、筋を1つずつ分離することは難しいようであった。

 しかし、大腿直筋や腸骨筋、大腰筋については分離が可能のようであったから、これからの研究に期待できそうであった。

 久し振りに頭の体操をした、という感じであった。

 
コメント

インカレ応援

2014年09月01日 | Weblog
 伊豆の日本サイクルスポーツセンターであったインカレの応援に土日と出かけてきました。かつて退職するまで監督をしていた某大学の応援をするためです。

 結果、男子総合得点は一桁台と、強化部になって以来、最低の成績となってしまいました。とても残念でしたが、これが現在の実力だと割り切るしかありません。

 でも、特段選手の潜在能力が劣っているとは思えませんでした。むしろ、トレーニングや部活動のあり様に対する心構えに問題があるように思えました。

 そこで、ここを改善できればまた上昇できると選手にコメントしてから急ぎ帰路につきましたが、事故渋滞にはまって予定の時間までには帰宅できませんでした。
コメント