高齢おじさんの超最大サイクリング

人生の残り1/4世紀を自転車とともに歩む高齢おじさんの
お楽しみサイクリングダイアリー

今日は軽かった

2009年02月27日 | Weblog
 雨。いつもの労働であったが、回りは軽く、いつもよりは3-4km/hアップの感じ。

 ということでガンガン?漕いで、最後は負荷をかけて1kmを2本。結果として、月間目標到達。去年のこの時期よりは80km弱少ないが、1日少ないからほぼ同じか。

 明日は早朝出勤、夜帰宅だから練はなしです。
コメント (2)

坂を登って・・・

2009年02月26日 | Weblog
 6時過ぎに出て408号線までを往復。風もそれほどではなく、そして気温も高めで、熊野神社などの坂もそれなりに登って、まあまあのランができました。

 あと1日で100%目標達成できるところまで近づきました。でも、明日は雨の確率のようで。どうなるか・・・。

 それにしても今年の冬は暖かい日が多いような。
コメント

目標まであとわずか

2009年02月25日 | Weblog
 今月もあと3日。でも、なんとか目標距離は達成できそうなところまできました。

 予報では明日も明後日も雨。土曜日は朝から夕方までなにやら最終審査会。しかも場所は都内。なので、走る時間はとてもとれない。

 となると、残るはあと2日。得意?のなんとかで、なんとかします。

 1日は降らないで欲しい。
コメント (2)

今日もまた・・・

2009年02月23日 | Weblog
 最近、ロングスパートが少し効くようになってきたような。でも、くの字手前からゴールまでとはまだまだいかない。それにスピードも49km/h程度。こちららも、まだまだです。

 今朝は雨。なので、何もしないよりはまし、と適当にローラーしておしまいにしました。
コメント

ビジー、なりです

2009年02月21日 | Weblog
 一昨日、昨日とACTN3遺伝子多型の分布の検定によく使用されるHardy-Weinberg平衡なるものの理論を考えて頭を酷使したせいか(よくあることだが、考えてみれば簡単だった。)、心身ともにお疲れ状態が継続。でも、それも昨日の院生への説明で終了。

 しかし、今日は定期診察、入試、退院などいろいろなことが重複する一日。終日追いまくられそう。

 当然早朝しか時間がとれそうにもないので、眠い目をこすりながら田んぼの中を走り、適当に坂を登って帰宅。

 では、骨の様子を確認しにいきます。付いているかなー・・・。念力を使うしかないか。



 やっぱり、一部しか付いていない。もう完全には付かない可能性大とのこと。ショックだが仕方ない。

 でも、日常生活にはなんら不自由はないから、気にしないことにしました。
コメント

雨かー・・・

2009年02月20日 | Weblog
 窓越しに雨音が。そのためか、起きるのが遅くなり、玄関先でローラーに20kmほど乗るのがやっと。

 ここのところやや脚が重い。最終組で走ってみたいが、今の調子では1周も保たない。それにしても、1回のトレーニングの距離が少なすぎるなー・・・。

 今月は目標距離の達成、かなり微妙なところ。いつもより2日少ないし、厳しそうなのだが。
コメント

内から外へ

2009年02月19日 | Weblog
 なんとなく凹みそうな気持ちを奮い立たせて、外に出てみました。随分と日の出が早くなっています。6時25分頃にはすっかり夜が明けた感じになりました。来週になれば、6時にはライトに頼ることなく走れるようになりそうです。いよいよという感じでしょうか。

 周回コース、結構向かい風が。で、全然スピードに乗りませんでした。てなわけで、馬なりに走っておしまいとなりました。

 汗らしい汗もかくことなく、冷えるだけ冷えてのご帰還と相成りました。お風呂の湯が熱かった。


 

 日曜朝練から。先頭の3人でエコクラシックに挑戦の予定。そして、この段階での脚力は、
ゴールで判定したところ、この順番でした。
コメント

ローラー向きのタイヤ

2009年02月18日 | Weblog
 今日も身体はお疲れのよう。家から出る気力が湧いてきません。それでも身体は、いや脚は回しておくかと、いつも作業を1時間ほど繰り返しました。

 それにしても、最近納得していること。乗り心地の悪いタイヤは、ローラー用に向いている。理由はなかなかすり減らないから。要するに堅いのである。当たり前か。
コメント

お疲れさん

2009年02月17日 | Weblog
 昨日は本当に久しぶりに室内夜練。そのせいか、すっかり疲れて朝までぐっすり。もっとも昨日は一日中ペーパーのレフリーばかりやっていたので、頭は完全に疲労困憊の状態であったからなのかもしれない。

 今朝、いまはそうでもないが、起きたときはかなりの風。当然意欲を削がれて、収まるところ収まる。

 こんなことでエコクラシック大丈夫なのか。
コメント (2)

可もなく不可もなく

2009年02月15日 | Weblog
2週間振りの朝練会参加。hi-tom君と待ち合わせして、エコクラシックの参加料をお渡し。申し込み手続きありがとうございました。

 コースを2周して本隊の到着を待ち、本日もCでスタート。メンバーはkimさん、hi-tom君、えふさん、○さとさんと私の5名。

 淡々と進みますが、途中A組?から下がってきたりしん君が合流すると、展開がにわかに急変、というよりもスピードがあがり、ラストのバックは超40km/h。速い!!

 そして、最後のホームも向かい風の中、りしん君がグングン引き。くの字付近で速度が少し鈍ったので、これをかわして先頭に。誰か出てくると思ったが、誰も来ません。

 そのうち、りしん君がまくり返してきてそのまま朝練会は終了となりました。


 若い人は、踏み直しすることができるから、やはり凄い。当たり前か、40歳以上
違うのだからと納得しつつ、付いてさらにまくり返す努力をしなかった自分を反省。


 今日もたくさんの人が朝練会に参加し、走りを楽しみました。

 二次会は成徳方面に。いくつかの坂をテーマを設定して走る。双子橋に戻る道に入り、先頭交代すると出てきたのはhi-tom君だけ。おかしいなと思いながら、そのまま走り、スプリントしてお終い。


 ポイントとしていた6個目の坂をしっかり登るのが課題でしたが、終盤少々だらけて
しまいました。

 どうやら、後方で2名の落車事故があったらしいので、引き返して様子を伺いに行くが、大きな怪我はなかったようであった。しかし、両名の車輪やフレームに問題が発生していて、こちらは修理が難しそうであった。


 二次会にもこれだけの人が参加しました。暖かく、気持ちのよいライドでした。

 自転車の場合、お互いに危険を承知の上での集団走行なので自己責任になるのだが、少し集団が大きすぎたように思える。ブレーキング等で車間が詰まっても、経験的には5~6名までならなんとか回避できるが、それ以上になると事故が発生する確率が高くなるように見える。

 大人数での走行は確かに楽しいが、危険もそれだけ高くなる。特に、集団のスピードが上がったときは要注意である。私は前にいる人数が多いときは、危険に備えて意識的に車間を2m前後空けるようにしている。

 二次会後はショップでコーヒーをご馳走になり、方向が同じhitom君、えふさんと一緒に、練習しながら帰りました。結構きつかったような気が。よい練習に。

 本日の走行距離 111km。写真は師匠提供でした。
コメント (4)