高齢おじさんの超最大サイクリング

人生の残り1/4世紀を自転車とともに歩む高齢おじさんの
お楽しみサイクリングダイアリー

最北端旅行

2015年09月16日 | Weblog
 12日から14日まで、息子夫婦とともに稚内、礼文島、利尻島へと旅行してきました。旅行の計画はから実行まで、息子夫婦に任せっきりで、楽させてもらいました。

 風はあったがそれほど気温が低いわけでもなく、また泊まったホテルで出た料理はいずれも美味しく、特に礼文島のそれは類い希なほどの味でした。

 記憶に残るとてもよい旅行ができました。


礼文島のホテルから。フェリー乗り場から数十メートルのところにホテルがありました。


確か、これは猫岩かな

コメント

ローラー練

2015年09月10日 | Weblog
 昨日は生憎の雨。とても外を走ることはできないので、ロードレーサーを持ち出して3本ローラーに。

 53/17からこぎ出して徐々にギヤを53/15まで上げながら、まず30㎞を43分48秒。2分ほど自転車を降りて休み、今度は53/13までギヤを上げ、100rpm前後を維持しながら30㎞・35分23秒。

 2本目の30㎞は結構きつく、心拍数も140拍/分を超えていたので、心臓のポンプ能力向上にはいい刺激を入れることができたと思う。

 天気予報では、今日も朝から雨らしい。またもやローラーになりそうだが、今度はインターバルかレペティションをやってみたい。
コメント

望郷ラインセンチュリーライド 2015

2015年09月08日 | Weblog
 少し前になるが、8月30日(日)に群馬は昭和村総合運動公園を発着点として開催された標記ロングライド110kmに参加してきた。

 体調を考えて前日入りし、受付を済ませて少し離れた水上に宿を取るが、この時点から雨模様。宿のご主人や女将さんはとても気さくでかつ親切。お陰様で気持ちよく休むことができた。


 宿からのノンビリとした眺め。田んぼの先からは、利根川の流れが聞こえていた。このときは雨は降っていなかった。

 当日は宿を5時15分頃に出発。下道だけを走ったが、6時前には指定駐車場に到着。雨は依然として降り続いている。棄権も考えたが、少し小降りになってきたこともあって、取り敢えずスタート地点の運動公園まで向かう。


 指定された運送会社の駐車場。下がコンクリートだったので、汚れずにすんだのは大助かりであった。また、ゴール後の着替えのときには建物の中も使わせてくれるなど、配慮をいただきた。記して感謝したい。

 駐車場からスタート地点は5㎞ぐらい離れていて、しかも登り基調。脚は少し重い。

 会場に着くと、雨にも関わらずみんなやる気満々。その気迫に押されてスタートすることに。

 並びはゼッケン番号で100人ずつにグループ化されていて、スタートはその順で25名ぐらいずつ。私は400番台だったので、かなり遅れてスタート。

 スタート後、会場を出ると左折して一端逆方向に走り、右折、左折、右折を繰り返して本来のコースに入るのだが、その前にすでに登りがあり、脚を結構使わされてしまう。あとは平坦は少なく、登るか下るかのコースで、登りの距離も結構長く、脚を地味に削られる。

 用意されたエイドにきちんと寄りながら折り返し地点を目指すが、降りが結構きつく、休んでいるうちに身体が冷えてきてしまい、辛い。

 最後の登りをクリアし、そのあとの長い下りを走り切って折り返し地点到着。本来ならここでゆっくりする予定であったが、雨で濡れた身体は冷えていたので、暖かいうどんを食してすぐに往路に。

 気持ちよく下ってきた坂は今度は登り。この頃から、コスミックカーボンホイールには雨が入り込んで、「タプン、タプン」。すっかり重くなってしまった。疲れた脚で坂を登るには厳しい条件になってしまった。雨の日のディープホイールを履いてきたことを悔やんでも「覆水盆に返らず」なので、そこは気力でなんとかクリア。

 この頃になると、自分の前を走るライダーは数少なくなってきた。先導役を務めていた知り合いの狩野選手のグループにも追い付いたので、同道することに。しかし、当たり前だが狩野選手の登りにはとても付いて行くことができなかった。

 そんなこと繰り返しているうちに、ゴールの運動公園が見えてきた。やれやれである。ゴールでは多くの人がハイタッチで雨中の健闘を称えてくれた。

 ゴール後は久しぶりに会った狩野選手と記念写真を撮り、サービスの品々を食し、身体が冷え切らないうちに駐車場に戻った。


 彼は、大学生時代、体力測定で私の研究室を何度か訪ねてきた。それ以来の付き合いである。

 今回で2回目の参加であったが、前回の快晴とは打って変わっての冷たい雨。まさに難行苦行のロングライドであったが、それなりに気持が入っていれば走りきれることが分かった。
コメント