高齢おじさんの超最大サイクリング

人生の残り1/4世紀を自転車とともに歩む高齢おじさんの
お楽しみサイクリングダイアリー

牛久大仏

2018年10月27日 | Weblog
 昨日は時間が少しタイトだったが、友人達との最後のライドになる可能性もあるので、思い切って一緒に牛久大仏に。結構大きくて高い大仏さんで、80m位のところには展望台も用意されているが、一度も登ったことがない


 できるだけ先頭を引き、帰りは軽い向かい風の中、最後の5kmほどを36km/hほどで引かせてもらう。これ以上速く走ると、みんな70歳前後の年齢なので、つき切れしてしまう可能性があるから、そこは慎重に漕がせてもらった。ただ、大仏さんのすぐそばにある元祖壺焼き芋は、11月1日からだそうで、残念ながら食することは叶わなかった。


この面々とライドしてきました
 
コメント

第一回伊豆スカイライン国際ヒルクラム(10月14日)

2018年10月19日 | Weblog
 10月一杯をもって海を渡る郷里に転居することになったのて、事実上今年最後のレースなる標記大会に出かけてきた。スタートは朝6時45分と早く、小雨も降っていて体が震えるほど寒かった。しかし、スタートして山伏峠までのきつい坂を登っているうちに、汗をかくことはないものの、体は少し温まってきて寒さを感ずることはなくなった。

 山伏峠から先はアップダウンの繰り返しであったが、途中下りで風の強いところがあり、ディープリムを装着していたこともあってハンドルが取られて怖かった。それでもなんとか41分12秒ほどで走り切り、無事ゴールすることができた。結果は60歳以上の部で6位。出走者は29名であった。


今回は6位まで入賞だったので、なんとかその恩恵にあずかることができた。

 71歳になり、トレーニング効果よりも加齢による衰えの方が強くなってきた。サルコペニアのせいなのか、心拍数を十分に上げるだけ踏むことができなくなってきた気がする。以前は150拍/分を超えていたが、今は145拍/分以上になることが少なくなってきた。もっともここ2年ほどは膝を痛めて、思いっきり踏む練習が全くできていたかったので、そのせいなのかもしれない。

 先般の筑波8耐のときは、160拍/分を超えるレベルで走ることができていたので、少しずつ戻りつつあるのかもしれないが、まだ坂で踏み続けるだけの筋持久力はないということなのかもしれない。
コメント

七福神

2018年10月11日 | Weblog
 それぞれの地域には、七福神、があることが多いが、成田の近くにも、下総七福神があり、サイクリングの途中に寄ることができる。先日も夢牧場に寄ったついでに、近くにある4つほどを見て回った。近くでは印旛や佐倉、八千代、習志野にもあるが、なかには外から見ることができないものもある。しかし、下総と印旛は外にあるので、見ることができる。


これは、夢牧場から数100mのところの常福寺にある大黒天です。
コメント

猿の腰掛け?

2018年10月09日 | Weblog
 サイクリングで七福神巡りをしているときにこんなものを見つけました。かなり堅く、しっかりしていました。


実は下の方にもう一個ありました
コメント

最後のトレーニング?

2018年10月03日 | Weblog
 土曜日に平坦部である8時間耐久レースにチームメンバーとして出場の予定なので、強度の高い2kmほどの平坦走を3本。木・金でテイパーの予定。日頃、猛練習しているわけではないから、これで十分に走れるはず。さて、待ち合わせ場所で友人から赤城山HCの参加賞を手渡されたが、中身の一つはホイールバック。ありがたかった。

明日は午後から雨が降りそうなので、早起きして1時間ほど軽く走る予定。


小さな川と橋だけど、名前はそれなりに立派かな
コメント

秋の味覚

2018年10月01日 | Weblog
 今の季節、ちょっと足を伸ばせば、道路上には秋の味覚の栗が。そんなわけで、牛久大仏方面に足を伸ばして、転がっている栗を拾い集めてみる。もう終わりに近いが、それでも拾い損ねたものがまだ結構残っていて、それなりに集めることができた。北海道の実家には、私が拾ってきた実を亡き父が温床で発芽させて育てた大きな栗の木が2本ほどあり、大粒の実をたくさん落としてくれる。引っ越しの時期から、今年は無理だが、来年は楽しめそうである。その実を父がしたように発芽させて、大きな木に育ててみたいと思っている。

 今日は台風の影響がまだ少し残っていて風が強かった。行きは追い風で随分と楽をさせてもらったが、帰りはその分向かい風がきつく、思うようにすすまなかった。本日の走行距離91km。


利根川にかかる若草大橋からは、遠く筑波山を望むことができた。自宅からここまでは、平坦な道を走っておよそ24kmほどである。
コメント

残念!

2018年09月30日 | Weblog
 あれほど楽しみにしていた赤城山ヒルクライム、台風の影響もあって早々に中止となってしまった。レースは早朝なのでなんとかなると思っていたが、帰りが大変なことになることが予想されるので、致し方なしといったところか。柏ICに入ったところで、すでに現地入りしていた友人から連絡が入ったので、つぎのICで降りて帰ってきた。すぐにホテルに電話し、事情を話したら気持ちよく無料でキャンセルしてくれた。ありがたいことである。

コメント

台風の影響が心配

2018年09月28日 | Weblog
 今度の日曜日は赤城山ヒルクライムなのだが、天気予報が芳しくない。どうも台風24号の影響のようで、予報はどんどん悪くなるばかり。おそらく当時は雨のレースになるだろう。しかし、わざわざ神奈川から測定に来てくれたTさんが走るのであれば、棄権するわけには行かないし、雨中のレースは2年前のニセコクラシックで経験済み。ただ、標高の高いところで降られると、気温が低いこともあって体は冷えるから、万全の準備をしていく必要がありそうだ。
 70歳以上のカテゴリーがが用意された最初の年なので、精一杯走るつもりである。


バイクは、これに軽いR-sysを履かせて軽量化を図る予定である。重量は7.2kgくらいまで減らせるが、軽さは理論的にはさほどパフォーマンスには影響しないようだ。それもそうだ。重量100gの違いは、勾配が10%あっても、理論的にはわずか10gの違いにしかならないのだから。
コメント (1)

レジェンド

2018年09月27日 | Weblog
 我が国シニアヒルクライム界で圧倒的な強さを見せているTさんがやってきた。私の以前の勤務先で生理学的な測定を受けてもらうためである。延べ2日間で、2日目は奥様帯同でお見えになった。御年71歳で私と同じ年のお生まれだが、生まれ月は4月と私より3ヶ月ほど早い。

 2日目の夜はなんと夕食をご馳走になり、翌日には私のホームコースで40分ほど一緒にトレーニングする機会に恵まれた。ご本人も奥様も気さくなお人柄で、話していて楽しい。最後は赤城山ヒルクライムでのお互いの健闘を誓い、固い握手をして別れた。そのあとは房総の村、宗吾霊堂、成田山と回られ、最後に美味しいうなぎを食べられて帰宅されたとのメールを頂いた。それにしても、坂を登るときの速さは尋常ではなかった。


このときは、コース見も兼ねてアップ中なので私が先頭にいるが、このあと2つめの坂で加速してどんどん先に行かれてしまった。

コメント

牛久大仏

2018年09月24日 | Weblog
 久しぶりに仲間二人と牛久大仏まで出かけてきた。自宅から45kmほどのところにあるが、道中坂はほとんどなく、かつ車の少ないところを走るので、走りやすいコースとなっている。帰りは、コンビニで休憩しているうちに少し降りだし、若干濡れてしまったが、その雨も途中で止んだのでずぶ濡れになることはなかった。


高さは120mあるとか

 昼食を集合場所近くのうどん屋でとったが、とにかく麺が太くかつ400gと量も多く、満腹になってしまった。91kmほどのライドであったが、消費量よりも摂取量が多かったような気がした。


量が多く、食べきるのが大変であった。
コメント