囲碁七転八倒

縄文人と申します
50の手習いで始めた囲碁、
何とか初段の壁を越えたがここから苦難の道が待ち受ける

白番39目勝の巻

2018-10-13 00:24:03 | 対局

 

こんばんは

縄文人です

 

先生からのアドバイス

感覚に流されないでロジカルに打つことを徹底すること!

  1. 自分なりの判断、考えを持って打つこと(誰かが言ったから、手筋の本にあったから等は捨てる)
  2. 数手先を読む、イメージする(課題を解く、まずはそこに課題があることの気付きがあるか)
  3. 自分の打つ手に裏付け・理由の根拠を持つ( いい手である根拠・悪い手である根拠を持って着手をきめる)
  4. 気付かずに何となくで打ってしまっている(ロジックが必要)
  5. 一手の理由を説明しながら対局する方法で練習する(自分はどうなる+相手はどうなる)
  6. 犬の顔、耳とかの手筋を打つ時、ほんとうに石の強弱に係わるかどうか考えてみること(ただ形だからで打たない)

 

今日はエアロビ1時間やって疲れ気味で

冴えてない感じでしたが

白番39目勝でした

先生のアドバイスを先読みではできてなく慌てた場面が多々ありました


棋譜再生

 

 

コメント