いつもココロに太陽を!

~ Me Hana O Ka La I Ka Pu'uwai ~

今日は台詞つき

2015-01-31 | Hula
朝の駅です。

仕事が忙しくなるかわからない頃に引き受けてしまったボランティアで、会社を休みました。
今日休むことがどれだけ月曜日の自分の首をしめるか、容易に想像つくけど仕方ない…

荷物もあるので、ロマンスカーを待っています。
お着物のおばさま達も素敵なショールを羽織ってお待ちです。

今日は「水戸黄門パート2」



先日、通し稽古がありました。




今回は前回の「ありがとうございました」から台詞が大幅に増えました。
でも、話す内容が難しい時代劇の言い回しでなくフラの歴史についてなので、これは大丈夫。
頭に入っている、いつも話しているようなことだもんね。

最初に短い台詞を言うMちゃんが監督さんから
「もっとゆっくり!もっと滑舌よく!」
と直され、次のKちゃんは
「声が小さい!もう台本見ない!」
と言われています…

うー…
キンチョーするー

一番長い台詞のワタシは、大きな声で、ゆっくりと笑顔で、身ぶり手振りを加えながら台詞を言いました。
おじいちゃんおばあちゃんにお話しするように(事実そうだし)。



拍手(笑)
おじさま達から拍手が起こりました(笑)

「声が聞きやすい」
「よく通る声だ」
おじさま達が口々に(国会のヤジとおんなじ)言ってます。

昔はもっと通る声だったけど(それは自覚ある)今じゃしゃがれた低い声が悩みなのに、まだそう言われるのか…
それなら良かった。

けど、
「さすが、体格と一緒だな」

はい、それはセクハラー
おっちゃん、それはセクハラ議員でっせ

まぁ、慢心はミステイクを産むので、これから何度もぶつぶつ言って本番を乗りきりたいと思います。

フラの後に台詞ってーのがイヤなんだよなぁ~。
先に台詞を片付けちゃいたいワタシです。

行ってきます。
コメント

いじわるー!!

2015-01-30 | 季節のハナシ&植物
雪です…

テレビで見る新橋駅前は積雪ゼロcmのようだけど、こちらやや積もり始めた2cmって感じ。

思い出される去年の豪雪。
あれ以降もう、一面の白が全く嬉しくない体質になってしまいました。

夜前までにやんで、溶けてほしいっ!!
こんな日でも働きにいかねばならぬ労働者です。

シャバシャバの国道の前でバスを待っていると、トラックの往来が恐怖です。

人の前で徐行してくれる運転手さんもいれば、わざと加速して跳ねをあげていく人もいる。
人間は色々だなぁ。

さっきも、はいたパンツにバシャーンと跳ねを跳ばされました。

前に並んだおじさんも被害を受け、二人で苦笑い…



バス停には屋根があるので、傘で足元をガードしてみても、すき間からバシャーン

いじわるな人はいるもんです。

どうかあの運転手がお腹を壊しますように、と念じながら、またおじさんと苦笑い。

あぁ…
明日の路面が凍りませんように。

平凡でいいので、穏やかな日を過ごさせて下さいまし。
I wish.
コメント

山越うどん

2015-01-27 | おいしいもの
四国に出張したN江ちゃんのお土産、讃岐うどんが昨日で切れてる
急いで食べなきゃって、今夜のメニューになりました。

今日はオットがお休みでワタシはお仕事。

「夜は讃岐うどんだからね、支度をヨロシク~」
とだけ残していけば、素晴らしいおうどん定食ができるのがうちのオットですよ

お風呂上がりのパジャマ姿で駅までお迎えに来てくれて、帰る道中。

「おうどんの支度、なんかした?」
「ん?お湯はいったん沸かしてあるよ」
「天ぷらは?」
「あー。やってない。」
「えー天ぷらなしぃ?」
「あら、食べたかったの?」

今日のオットは優秀な主婦ではなく、お昼寝をタップリしちゃったらしいわ。
(わが身に置き換えたら、私には責めることはできないんだけど

せっかくの有名店の讃岐うどんなら、天ぷらで美味しく食べたいなぁ。



最近、この丸亀うどんで天ぷらのお持ち帰りができるんだよね。
よし!買って帰ろう!

「あー、オレ、カネ持ってないよ」
「カネならワタシがある!」


パジャマのオットを車中に残し、かき揚げをメインに買って帰りました。



N江ちゃん曰く、ここのおうどんは讃岐うどんランキングでいつも上位10位に入っている行列のお店らしい。



山越うどん。

ヤマコシうどんかと思ったら、ヤマゴエうどんなんだね。

讃岐うどんには「かけ」「釜玉」「ぶっかけ」「釜あげ」「醤油」とたくさんのバリエーションがあるけれど、この山越うどんは釜玉のTOP…KING of 釜玉。

釜玉の山越、山越の釜玉…なんだって。
(ネットによる)

そうとは知らずに一番好きな「かけ」で食べてしまった。(つゆ付き)



老眼のオットが何も考えず2袋を茹でてしまい、2人とも食べきれなかったの
(残りは明日の朝にさっと小鍋で温めなおしていただきます)
でも、袋には「○人前」とは書いてないのよね(個人差があるもんね)
だから正確には1袋が何人前かわかんないの。
けど、食べても食べても減らないあの量はやっぱり1人前ではないと思うなぁ。

せっかくなら2回に分けて、適量を「かけ」と「釜玉」と楽しむんだった。

太くてつるっとのどごしの良い、そしてしっかりとしたコシのある美味しいおうどん。
休日には2時間待ちもザラだっていう人気店のおうどんは、讃岐の醍醐味が凝縮された素晴らしいものでした。

山越うどん。
高校の修学旅行以来行ったことのない讃岐のほんの少しを体感できた気がしました。

忘れないようにこうして残し、今度はネットで探してみよう。
コメント (2)

わくわく福岡♪

2015-01-26 | お出かけ
オットが年に一回のお泊り旅行に行きました

日頃ご主人が出張をする人にはわかりえないであろう、このワタシのワクワク感
お出かけするオットもワクワクなら、留守番のこっちもワクワクよん(笑)
ワタシの夜はFreeなのだーっ!


オットからは、食事の度に逐一メールが届きました。



カウンターで揚げたてを食す福岡Styleの天ぷら屋さん。
2人でネットでたくさん探し、人気のお店を選びました。
天ぷらの供される前にテーブルに置いてある塩辛とお惣菜をご自由にどうぞ。

本文は「うまい。」とひと言でした


夜の宴会は人気居酒屋を福岡に住むマナちゃんのご主人に教えてもらい、コースで予約しました。



活きイカのお造りと後造り(天ぷら)が食べられるお店を基本線に選んだので、オットの写真もイカのお刺身をくわえたものでした。
(イカ刺しの大好きなワタシに自慢してるのね)


翌日は柳川のライン下りへ。



ビデオで見せてもらったものによると、貸切の船にはコタツができていて、お酒を飲んだりお弁当を食べながら船での川下り(厳密にはお濠下り)を楽しめるらしい。
船頭さんが民謡を歌い、川岸にお店も出ていて、船上からおつまみや飲み物の補充もできるんだって。

春には桜が、初夏には紫陽花…
川辺のお花をスローボートで楽しめる。

ワタシはいつか行けるなら、大好きな柳の季節に行きたいなぁ。
あ、柳も春だったね。

風情のある川下りを楽しめてよかったね。




柳川名物の「うなぎのせいろ蒸し」も熱々の香ばしさで美味しかったらしいわ。


明太子の『福太郎』さんへの工場見学では、入場料0円なのにお土産がいただけました。


ラーメンと かりんとうと のど飴。

今、のど飴をなめながらこの記事を書いているけど、プチプチとはじける明太子の粒が面白い。
のどもスースー気持ちいい~。

明太子のお買い物は今回はもちろん全員『福太郎」さんで。
高菜明太もいいお味でした。

1泊じゃ見きれない福岡だったけど、中洲も行って、太宰府にお参りもでき、駆け足にしては充実していたみたいです。

今度はワタシも、連れていってねー。
コメント (3)

天下一品の良さがわかった

2015-01-24 | 外食
今日は仕事で外回り。
約15歳年下の新入社員(アコースティックギターが好きなアコギ君としよう)と車で都内を走りました。

今日一日で回らなければならない場所が多く、ぎっちりタイトなスケジュールだったので、朝一番から車で出て、お昼はコンビニで買ったものを車中で食べることにしよう、との話でした。

ところが、想定より道がすいていて順調すぎる展開に。

「ならばファミレスでも行きましょう」とアコギ君。
「そうだねー」とは返事をしたものの、たまたまその時は車の停められるファミレスが見つからず、コンビニとて同じ。

車でぐるぐる回りながらワタシがぽつんと「別にファミレスに行きたいわけじゃないんだなー」とつぶやきました。

「え?ファミレスイヤですか?」
「うーん…別にファミレスで食べたーい!ってものがないもんなぁ。ラーメン屋さんの方が本当はいいかなぁ。」

ファミレスで日替わりのハンバーグを食べたりするの、本当は別に好きじゃない。
それに亭主以外の男性とファミレスで向かいあってランチするのもちょっと緊張するじゃない?
ラーメン屋さんならカウンターの横並びもあるし、車内も横だからこそ気まずくないわけで…

アコギ君にはそこまで言わないけど、「車が停められるならラーメン屋さんとかの方がいいなぁ」とワタシは言いました。

「marchさん、ラーメン食べるんすか?ラーメン好きですか?」
「うん、ラーメン好きだし、行くよー」
「ちなみにジャンルは何ですか?トンコツ、醤油…」
「あ、何でも平気普通の中華屋さんでも家系でも」
「マジっすか?!」

アコギ君は驚いている。

「いやー、marchさん、ラーメン好きとは思わなかったっす。」
(普通好きだろ

「ちなみに『天下一品』とか…平気っすか?」
「あ天下一品行ってみたい!行きたい行きたい!」


天下一品…
その昔、オットと杉並の方で一度入ったことがあるんだ。
天下一品のラーメンがどんなものか知らずに、お店のネームバリューだけで入ってみたのよね。
そしてその時、あの「こってり」の麺にオットと2人本当に驚いてしまったの。
驚いてしまったというより、「これはおいしくない」と判断をしたんだ。
だってラーメンのようにすすれるわけでなく、ただただ重いスープ、なんなんだ?これは?と疑問しか残らなかったの。

例によってオットは「もう2度と行かない」宣言するし、ワタシも当時はそうだったんだけど、アメトーークで『天下一品芸人』を観て、あまりのみんなの溺愛ぶりに「もしや、本当はおいしいんではないだろうか?」と長いことその疑問が解けずにいたのよ。
けど、オットはもう行かないし、ワタシもなかなか一人で行く勇気はない。
そんなところに思いがけず『天下一品』のお誘いがあったらこりゃ行くでしょう?

てなことをアコギ君に語り、「行こう行こうわーい、行きたーい」と。
「えー!マジっすかー?」と逆にアコギ君も狂喜してます。

アコギ君、実はかなりの『天下一品ラバー』らしく、最近結婚するまでは食生活もテキトーな≪The 独身≫だったんだって。
「僕もたぶん『天下一品芸人』みたいなもんですねー」と。

車で走っていたのは錦糸町界隈。
そこはアコギ君がかつて妹と4年半住んだところで、さっきも車中からよく通った『天下一品』が見えていたらしい。
けど、女性を乗せて「天下一品に行きましょう」とは言えなかったんだって。
心の中では「なつかしいなー、喰いてーなー」と思いながら。

行こう、行こう。
あの時一度は面食らってNGを出したけど、ワタシにとって本当にNGなのか、いやー美味しいわとなるのかを確かめたい。

をパーキングに入れて、アコギ君御用達の錦糸町の『天下一品』へ向かう道中、アコギ君が
「いいですか?テンカイチはラーメンを食べると思って入っちゃだめです。テンカイッピンという料理を食べると思ってください」
とレクチャーをしてくれました。

なんのこっちゃのような感じだけど、言わんとしていることはわかるよ。
ラーメンのようであれはラーメンではないもんね。

「でも、もしmarchさんの口に合わなかったら申し訳ないなぁ」
「なーに行ってんのよ。口に合わなかったとしてもちゃんと最後まで食べるし、一食損した!なんて暴れないから大丈夫。それより、積年の疑問が解けるのがうれしいんだから大丈夫よ!」



たしか、最後のスープにご飯を入れると超絶美味しい…とTVで言っていたのを思い出し、継続中の「餃子の旅」もあるしで、ワタシは「こってり+ライス+餃子」setを頼みました。
アコギ君は「こってり大盛り+チャーハン」。

ワタシの白米をあらかじめアコギ君に半分渡し、餃子もおすそ分けしてLet's eat

ズビビビビ…
すするというより口の中に運ぶ感じの口当たり?
あーそうそう。こんなやつだった。
麺をたたみ、たたみ、口の中に運ぶ感じなんだよね。

今回はもう前回驚いたようには驚かない。
知ってる、知ってる。

そして、鼻腔深く香りを吸い込むと…

「やばい。うまいぞ。」とワタシ。
「うまいっすか?ほんと?」と顔が輝くアコギ君。
「うん、わははー、ヤバイ、うまいよ、ここ
「あー良かったぁー」

深みのあるトンコツ味。
ポタージュのような特徴のスープ…スープというか、やっぱりポタージュ?
ポタージュが麺に絡まりながら口の中に入ってしまうので、最後にはあまり残らないのね。
そんな感じの『天下一品』というお料理。

残り少ないスープの中に半ライスを入れ、レンゲで食べたらあーら美味しい!
ジャガイモのポタージュのトンコツ味のリゾットみたい

知らなかったんだけど、ご飯の上に明太子が乗っているセットがあって、それはあらかじめスープに入れるように考えられたものなんだって。
トンコツポタージュ+白ライス+明太子…
やーん美味しいにきまってるぅ

なるほど、納得。
いつも混んでるのも納得。
そして中毒性があるのも納得。
ラーメン二郎のように、桂花ラーメンのように、ここ天下一品にも中毒患者が通うのがよくわかります。

どうやらワタシもその仲間入りをしたみたい。
やばーい
また一つ、知ってしまった今日なのでした。

結局席は向かい合わせだったんだけども(笑)

アコギ君はいつまでも「しかし、今日テンカイチが喰えるとは思わなかったなぁ」と嬉しそうでした。
良かった 良かった。

あ、ちなみに、オットにこの話をしたら、やっぱり食いつきが悪く、「じゃこれからも彼と行って」だって
もともとポタージュも好きじゃないもんね。
はいはい。
誘いませんよ。

ちぇっ
コメント (2)

1月のネイル 珊瑚のお姫さま

2015-01-23 | ネイル
先月のブルーのネイルは、その色からして不評になるかと思いきや、何人かの方にほめていただく結果となりました。
(オットじゃない男性が2人混ざっていたのが特にオドロキ!)

やはり、雪の結晶のポテンシャルは高いのかな~。

さて、ワタシの爪の中で唯一キレイな形をしているのが、左手の人差し指なの。
この爪は、子供の頃に噛まなかったのか、深爪の名残もなく、他の9人より美しいの。
もしbeauty contestに出るならこの子以外ないのね(笑)

その人差し指がここ2回続けて、かなり早いタイミングでプニ~っとむけちゃうようになりました。

なんでかなー?
なんでやろー?

思うに…大切に思うあまり、サンディング等を全然していない気がする。
他の爪はだいぶ傷んでいて自然と何層かにむけているのに対し、この子だけはまったく無傷の美しさを保っているもんだから、可哀想でヤスリがかけられない。
その過保護の結果、毎回この子だけプニ~っとむけちゃうんですね。

これじゃイカンと、今回はエコヒイキなく10人同じようにサンディングをし、甘皮の処理も丁寧にやってみました。

さて長持ちするのでしょうか?


年末年始にTVで E-girlsを観て、そのネイルに注目してみると、可愛い濃いピンクの色使いが気になりました。
数人の子が濃いピンクだったんだよね。

アナ雪の次はピンクだな~と自分のジェルを見てみたら…
うーん
ワタシのストックには濃いピンクがなく…
思うような色ができないことがわかりました。

ならば仕方ない。
方向を180°転換し、≪coral pink≫なるネーミングのジェルに小さなパールを施して、乙女チックなデザインにしました。

題して「珊瑚のお姫さま」

これは普通に考えればオトコウケ良さげのデザインです。
さぁ、どうなるでしょうか?
ちなみにオット モアイ君の反応は「無」でしたが(関心がないのねー 笑)
コメント (4)

胃がん検診ふたたび

2015-01-19 | 健康づくり
爪の先ほどの白身を食べてしまったことで受診できなかった胃がん検診。
言うだ言わないと物議を醸しましたっけね

言わない…が大勢を占め、そこまでがんじがらめに真面目じゃなくてもいいもんなの?
と、ゆうべは『21時以降は食事も水分も禁止』との決まりを破り、22時半頃までお茶なんか飲んでみた(笑)

今まで、きっちり21時までに食事を済ませ、20:59にはご馳走様!をしていたクソ真面目な私が時間を過ぎてもお茶を飲んでるなんて…

少し不良してみたのよーっ(意味ないよね)

そのかわり、今朝はもうお弁当も作らず、一切のものを口にはしないで、出勤前の一番目指して行きました。



受付の30分以上も前なのに、私の順番は12番。
みんな早いなぁ

胃袋の中で膨らむ炭酸をググッと我慢して、ぐるぐると寝返りを何度も打ち、検診は無事に終了です。


勝負はここから

バリウムを排出することがすごくトラウマになっているのです。

下剤を飲み、お水を紙コップで4杯飲みました。
苦行~
お水が苦手なのでこれがキツきつい。
でもバリウムが固まるのはもっとツライ。

今日は頑張らなきゃ。



今年もエキナカの箱根そばでかき揚げうどんを食べました。
天ぷらの油でスルッとツルッと出てくれたらいいなー。

おそばやさんでもお水を2杯。
フーッ
あとでコンビニで500mlを1本、頑張ろう。

  

向こうの席にいる男性が、手に持った唐辛子の瓶を自分のおそばに延々振り続けている…

普通なら瓶を逆さにしてパッパと数回振るじゃない。
その人は1回ごとに手首を返すの。


(戻して)

(戻して)

・・・この繰り返し。

一心不乱に唐辛子を振るその人に吸い付けられちゃった。

たぶん私、80回まで数えた気がする。
いつまで振るんだろう?

見てたら、同じところに振るんじゃなくて、場所を選んで振っている?
おそばが見えなくなるように全面に振りたいのかなぁ?

もう150回はゆうに越えてるその量。
表面がどうなってるか見たい!のもあって2杯目のお水をもらいに行きました。

その人の器を覗いたら、真ん中部分のおそばだけ日の丸のように残し、周りはびっしり真っ赤。


(戻して)

(戻して)


振る場所を変えながら、結局時間からいって300回は振っていたかなぁ。

その後、やっと瓶を置いたと思ったら、何かをお箸でつまんでコップに出しています。
ゴマかケシの実か…

どんなアートを作ろうとしているんだろう??
もうおそばはとうの昔に伸びているはずね。

気が遠くなるそんな人に付き合ってもいられないから私はさっさと食事を済ませて立ち上がり、もう一度その人の器を覗いたんだけど。

そこにはなんのデザインもない(私には)赤いそばが広がっているだけ。

要するに、彼にしか見えない、彼にしかこだわれないそんな世界観の持ち主だったみたい

300回分もカウントを付き合って損したー
どっと疲れちゃいました。

さぁ、会社へ行こう。

コメント (1)

なんかついてます。

2015-01-19 | Weblog
オットとお出かけで並んだ電車のホーム。

オットの前の女の子の肩に羽織ったストールに「なんかついてます」。



ん?
ん?

「虫かと思ったらつけまだわ」とヒソヒソ声のワタシ。
当の彼女は耳にイヤホンをしてこちらの会話は聞こえません。

もし、片方のつけまが取れているのに気づいていないなら教えてあげなきゃ。
ワタシは彼女の顔を覗き込みました。
けど、彼女の両目にはしっかりときれいなつけまが。

どうしよう…とモジモジするワタシを「いいんだよ」と制するオット。
教えなくていいんだって言うの。

こちら、おせっかいが普通になった正義のおばちゃんじゃない。
教えてあげたい…

けど、「いいんだから(笑)」とワタシの前を腕で制するオット。

そう言われてみると別にいいような気もする。
イヤホンはずさせてまで言うことでもないのかな…
ワタシがやきもきすることもないのかなぁ?

ってんで、すごく気持ち悪いけどお世話ババア封印。

「あ、つけまちゃん、降りたね」
などと最後まで動向は気になったけれど、今回は封印してみた。

オットがいなかったら絶対に教えてたと思うわ。
だって、ワタシ、そういうお年頃だもん(笑)


コメント (1)

ねずみバス

2015-01-19 | Weblog
オットとお出かけする時に乗ったバス
ボディにポップなイラストが描いてありました。

あら見かけない可愛い絵だなーと思いながら乗り込んだら、
シートにもびっしりいた!



あはは 可愛い

よーく見たらこのバス、新しいのね。
柱も窓もピカピカできれい




何故にネズミ?と考えること5秒…

かなちゅー
神奈川中央バスだからだわっとひらめいた。

かなチューかぁ
かなちゅーバスのかなチューちゃん

いえいえ、この子の名前は『かなみん』。
神奈中とみんなをつなぐ『かなみん』。(HPより)

黄色と青が鮮やかで可愛い。
楽しいバスです。


コメント (2)

かすかに香る「一昔前」感

2015-01-17 | ファッション
今日、クロゼットから出して羽織ってきたのは、
ハワイアンキルト柄のダウン。

うーん…
ピークが過ぎてる感は100も承知であえて着てみたよ。

でも、こんなにふかふかで、ともすると暗めのお洋服が多い冬にこんな明るい色合い。
やっぱり捨てらんないよねぇ。

ちょっと前にはあんなにいたハワイアン(ファッション)人口。
今ではトンと見かけないし、みんなどうしたんだろう?

ワタシも、脳裏では何度か断捨離候補にあげながら、でもやっぱり捨てられないわ。

この黄色は、はるか昔、スポーツクラブをやめる際にフラ仲間のみんなが贈ってくれた物。
いっかいのスポーツクラブフラだったのに、まるでサークルのように密度が濃く、中には意地悪なおば様もいたけど、それ以上に仲良しのお友達が増えた貴重な場所だったの。
数人の意地悪おば様を除いて、残り大勢で買ってくれたんだよね。

ありがたいことです。

一番大事なのは、流行なんて気にせずに自分のポリシーとして着続ける事だけど、このキルト柄が主張が強すぎて(というか、強烈なフラおばさんがある時期世の中にあふれ過ぎたのよね)、「今」じゃないのよねぇ。

まぁ気にしないでいこう。

ワタシは本当にハワイが好きなんだし、ちゃんと似合うように着ればいいんだわ。
いつかおばあちゃんになった時にまた流行も巡ってくるさ。

…といいつつ、ワンシーズンに数回も着ないから、ここ2~3年はクリーニングにも出していないよ

まったく、流行り廃りとは厄介なものですなぁ。

明るくていい色なんだけどなぁ。
コメント