いつもココロに太陽を!

~ Me Hana O Ka La I Ka Pu'uwai ~

買いました。使いました。

2013-04-30 | お買いもの
お野菜不足の記事を書いたところ、
時短対策としてシャトルシェフがお薦めよ。と23ちゃんから教わり、ワタシ、すぐに買いましたよ。

迷わず4.5Lの大きい方。
可愛い黄色や赤に心が揺れたけど、キッチンのインテリアを考えてシルバーに。
これはこれで満足だけど、う~、黄色も可愛かったんだよなぁー。
いや、ぐっと我慢!

朝仕込んで夜に出来てる。
夜に仕込んで朝出来てる。

素晴らしい !!
こんなの知らなかったー。

記念すべき第1回目は乾燥タラと大根のプゴクスープを。
味つけをしながら10分煮たらもう加熱終了。
ふやけないと美味しくないタラが朝にはトロトロに\(^^)/
タラからいいダシが出てました。
そして熱々!

すごいわ~。すごいのねぇ。
2回目の昨日はチゲスープを。

朝仕込んで、昼間ミシンをやりながら放置。
私がガタガタ縫ってる間も調理は進んでるのねぇ。
夜にはレンコンまで柔らかいスープができてました。

タマにキズは、白菜や大根がチョー柔らかくなっちゃうことかな?
でもこれは贅沢な悩みだね。
お野菜トロトロでどこに文句あるんだってハナシ。

やっぱり持つべきは友。
口コミしてくれる友は大事にしなくっちゃ とあらためて思いました。

これからもみんなで情報交換しながら、歩んで行こうぜぃ!
コメント (2)

なんかうれしかった

2013-04-26 | Weblog
小田急線の新宿駅。

ホームにあるおトイレに入ったんだ。

最近、多いこの貼り紙。


《きれいに使っていただき、ありがとうございます》

先にお礼を言っちゃうやつね。
そうすることで、きれいにしなきゃと思うっていう…
外国人がこの貼り紙を「ニホンジンハ、スバラシイトオモイマス。」ってTVで言っていたのを観たわ。

その下に一言。
《この先もお気をつけて》

これ、よくな~い?
こんなの見たことないよ。

これからロマンスカーで箱根へ行くおばちゃん達。
新宿へ繰り出すお姉さん達。

なんか、みんなの背中をそっと手をかけてくれるような優しい言葉だわー。
思わずほっこりして、座りながら写真撮っちゃった

私の育った国が、こういう国でよかったなー。
コメント (1)

生理的に どう?

2013-04-26 | 仕事
会社でね、スタバのドリップコーヒーを飲もうと思ったの。
フィルターに豆が入ってて、カップ内でポタポタやるやつね。

会社の給湯室にはインスタントコーヒーがある。
違いがわかるシリーズの。
普段はみんなそれを飲んでるわ。 お湯さして。

で、私はいただきもののスタバを持参したからポタポタやって飲もうと思ったわけ。

でもあのポタポタ物って、1杯じゃ濃いでしょう?
胸焼けしちゃう。

だから何気なく、隣に座わる上司に「スタバの本格コーヒー飲みません?」って
スタバの袋見せながら聞いたんだ。
2杯で希釈したらちょーど良いもんね。

「あ、いただこうかな。僕の分もコップに入れてきてくれるの?」

コップとは、使い捨ての紙コップ。
会社の給湯室にあるのはわずか100㏄しか入らない小さな紙コップだ。
お医者さんの検○の紙コップだってもうちょっと大きいよ(笑)。
普段はこれでお茶やらコーヒーを彼らは飲んでいるの。

「いや、それじゃ、ちょっとしか入らないから…私のマグカップでもいいですか?」
「え?僕はいいけど?」
「じゃ、入れてきま~す♪」

私は引き出しにマグカップを2つ入れているのね。
ウーロン茶用に茶こしがついてるのと、普通のと。

で、茶渋のついていないきれいな方のマグカップに上司のコーヒーを入れて、
飲んでもらったんだ。

ちょうど良い濃さのコーヒーはおいしかった♪

    

話はここからで、
それを後日聞いたランチ仲間の女子たち。

みんな、「うえ~」って言っている。
つまりは、自分のマグカップを上司のおっちゃんに差し出すのが嫌だと。

注)この場合、ひょっとすると相手の上司だって私のマグカップは
  本当はイヤかもしれないけど、そこはさておき。

これって、どう?
普通の女子は、生理的にいやなもんなの?

私は、若干ファザコンのケがあるのかな?
私の上司が小汚いおっさんじゃないせいもあるけど、あまり抵抗がないんだわ。
洗えば済む話だし。

むしろ、そういう反応を聞いて、私のマグカップを差し出したことの方が
「失礼だったかな」とは思っちゃったけど。

「洗えば済む話でしょ?」
と言っても、首をかたくなに振る子もいたわ。
「旦那さんなら平気なの?」と聞いたら「うん」。

そっかー…

どっちが変なのかな~。
わからなくなってきちゃった。

ちなみに上司は、飲み終わったマグをちゃんと給湯室に戻し、
洗ってペーパーの上に伏せておいてくれたよ。
充分、ジェントルじゃん、と思うんだけど…
コメント (3)

15分あったら…

2013-04-25 | Weblog
「それでは、15分後にお越しください」
と携帯会社の彼。

「はーい」
と言い終わる前に、二人してマッサージチェアに直行です。

もみ玉 サイコー!
さざ波 チェゴー!

一番有意義な15分の使い方(*´∀`)
コメント

全員スマホ !!

2013-04-25 | Weblog
ダンナさんが急にスマホに替えるって~。
これで一家全員スマホだわ。
あ、一家が2人なんだけどね(笑)

私とまったく同じのにしたわ。

ふっふっふっふっ
操作方法を教えてほしかったら
ワタシにかしづくのねー!
コメント (3)

チープなタイトルしか浮かばない。

2013-04-24 | Weblog
なんてタイトルにしよう・・・
考えてもチープなタイトルしか浮かばない。

「かけがえのない友達」?
「青春の仲間たち」?

うーん・・・なんか違うんだー。
もっと、深層の部分で大切すぎる・・・

高校1年の時の<I組>のクラスメート。
当時、あまりに仲良すぎて、「クラス替え反対」の署名運動をした仲間たちだ。
署名用紙はみんなで、部活の仲間などを通じて、他クラスまで配布した。

けど、他クラスにはクラス替えしたい人もいるよね。

私たちの集めた署名を、学校側は一応受理はしてくれたけど、
クラス替えが廃止になるはずはなかった。
そりゃそうだ。

高校2,3年はクラス替えはなかった。
私はあとの2年間で別の大切な仲良しもできたし、楽しい高校3年間を送ったけれど、
でも、1年I組は実に密度の濃い1年間だったの。

シェーキーズのPIZZA食べ放題に行ったり、銭洗い弁天、麻雀に集まったり、映画も観に行った。
バカみたいに仲良かったんだ。

    

卒業後、私達はまた自然に集まった。
大学生になった子、社会人になった子、実家の家業を継いだ子、箱根駅伝に頑張る子。
休日を合わせてテニスに行ったしスキーに行った。

男の子は免許を取った。
みんなで出かける範囲も、在学中の鎌倉どまりから群馬県まで拡がったよ。

不思議と恋愛になる子はいなかった。
でも、在学中には、ちょっといいなと思ったり、思われたり、
みんな淡い感情はあったようだ。
それでも、その後は恋愛になるカップルはなかった。

たぶん、みんなで最後に遠くへ出かけたのは25才ぐらいの頃かな。
千葉の外房へ行った。
女の子では最初にノリが結婚したし、男の子ではトシオちゃんが結婚した。
知らなかったし言わなかったけど、みんなそれぞれに恋愛が始まっていた。

その後、お互いの結婚式に祝電を送ったり、二次会に集まったり、
新築マンションに集まったり・・・

そしてそれも、自然になくなっていった。

当時の仲良し全員とずっと年賀状でつながっていたのは私だけらしい。
私だけが全員の「子供の成長」も「友人の老化(笑)」も把握していたことになるみたい。

    

今年の1月、コバが音頭を取ってみんなで集まった
人生半世紀の集まりだ。
私から見て、卒業以来の子もいれば(32年ぶり)
25年ぶりの子もいた。
最後にうちのマンションに集まったのが18年前だから、
一番最近で18年ぶりだ。
横ちゃんは幼稚園だったハツネちゃんをうちに連れてきたけれど、
その子が今じゃ、もう社会人だって。

懐かしい話も、近況も、みんな語り合ったけど、
もう忘れてることもたくさんある(笑)
あっという間に時間がたった。

    

ヨネさんからみんなに一斉メールが来た。
なんと、この歳にして初の大阪転勤だそうだ。

たぶん、1月に会っていなければ年賀状で
「引っ越しました」を知ることになったと思う。

でも、私達はまた集まった。

今度はこの前より楽しかった。

みんな生活環境はあの頃と変わったけれど、
誰かが近況を話せば誰も邪険にすることなく真剣に聞いた。

収入も役職も全然関係なく、
「息子が○○になったんだよ」とノリが話せば
「それはノリコが頑張ったからだよ」
男の子が言ってくれる。

ツノが「娘と○○してる」と言えば
女子が「ツノは昔から優しい人だったもんね」

確か昔は「西山」「古沢」「市ノ瀬」「原野」「小池」って呼ばれていたのに、
いつの間にか「ノリコ」「ふーこ」「みなちん」「いちこ」「めいちゃん」と男の子も呼んでいる(笑)

男の子に「ふーこ」と呼ばれる甘美さ・・・
ふしぎな感情。

「頑張ってるね!」「優しいパパだね~」「夫婦仲いいな~」「旦那さん優しいねー」

なんだろう?
みんながとても優しい。
みんなの間に優しい時間が流れている。

女の子同士は時々会っていたし、女子特有の励ましもしてきた。
けど、男の子は、昔からそんな子だった?

大好きだよ。大好きだわ。みんなが。

会が終わった翌日。
「楽しすぎて今朝は声が枯れています」
「息子のサッカーに来ています。また飲もう!」
「こんなに気取らない、気をつかわない飲み会は他にないよ」
「いつも気持ちよく酔わせてくれてありがとう」
「すぐにもみんなに会いたいわ」
「僕の帰郷をだしに、また会いましょう」
11人の一斉メールが飛び交う

この感情。
チープなタイトルじゃ表現しきれない気持ちです。

そして、男の子もホイケにも来るらしい・・・
「いいよー。無理しないでよ~。勘弁してよ~。女子だけでいいよ~」
と言ってみたけど、
どうやら私のココブラ三段腹&オットのファイアーショーを見に来るらしい(笑)
だから、どっちもないってーの


コメント

ダサい衣装の結末

2013-04-24 | Hula
ダサくてサガるぅ~と思っていた衣装ですが、
先日みんなの前に持って行きました。

あらかじめメールで「ダサくてちょっとビミョーよ」と通知しておいたのだけど、
やはりみんなも私同様、経験を積んでいるから、
「みんなで着たら素敵ってこともあるよ」
「舞台映えする衣裳ってこともあるよ」
「いろいろ装飾で工夫して、私達で素敵に転じよう」
など、前向きなレスポンスが。

恐る恐る…「どう?」と着てみた。

「え?可愛いじゃーーーん
「うんうん!悪くないよ~
「ワタシ、これ好き~
「悪くないよ~。全然いいよー。」
「あ~、良かった~。どんなダサいか覚悟決めてたわ」

あー、良かったのはこっちだよ~

レイを重ねたら・・・うん。
私でも納得できる具合に「しまり」、ホッとした


みんなの結論。

「やっぱり、夜中の1時に、髪の毛ボサボサ、メガネして、ブラなしおっぱいはぺっちゃんこ、
それじゃー、どんな衣装もダメだってことだ」
「そーだね そーだね

よかった・・・
引き続き量産いたしますっ
コメント (1)

駒まわし兄(あに)さん

2013-04-24 | Hula
来るなり「駒持って来たよ~」と葉(よう)くん。

「うまくなった?」と聞いたら、
「うん!クラスで一番うまいよ」だって。

「綱渡り、見せてあげよっか?」
「お。できるの?見せてー」



何度か挑戦したけど、一度もできないじゃーん。
はは~ん、こりゃ、眉唾かな(笑)?
きっと、この床がやりづらいんだね(^^;)
そーいうこと。そーいうこと。


ブログに乗せるとは言わないで、カメラを向けたら、
ささっと上着を脱いで、自慢のTシャツを見せたいみたい。



あら、おもしろい!
和柄のTシャツに「兄」「妹」って書いてある。
同様に「姉」「弟」ってのも売ってるらしい。

この「兄」。
ちょっと前まではおトイレに失敗して泣きべそかいたり、
ママの太ももにしがみついていたのに、
今じゃしっかり1人で遊べる。
ぐずる「妹」にラムネも与えるよ。

「妹」の自立ももうすぐだねー。
コメント

怒涛の争奪戦

2013-04-24 | Hula
ここ数日、ホイケのお知らせで
メールしたり手紙を書いたり電話をしたり、
携帯をバンバン充電しまくりながらの日々でした。

毎回、
きっとご迷惑だろうという躊躇と、
でも悔いなく動こう!という決意の葛藤です。
何かあったら声かけてね!
とか
Marchさんのフラ観たいな~。
とか、
どこまでが社交辞令でどこからが本気か、
考え始めると寝られなくなります。
(私は実は繊細です(笑))

だから、考えないことにしたの(結論)!

お断りするもそちらの選択、逃げ道はたくさん作ってますよ、と考えることにしました。
もちろん、わざわざ「行けません」メールを返していただくことにはホントに恐縮です。
ごめんなさい。
でも、誘ってくれたら本当に観たかったのに~!!って言ってくださる方もいるんです。そして、その方だけを見つけ出すことは不可能なのです。
だから、色々考えずに突き進んだ数日間でした。

すべて自分で選んだことだけど、
さすがにちょっと疲れました~。
平気な顔しながらも実はいちいち一喜一憂しますしね。(たぶん経験された方ならわかるはず)

現在もまだ、何枚足りない!だの、何枚追加だ!だのの指令本部も兼務のため、まだまだ休めませんが、でも私の山は越しました。
余らない、不足しない、チケットの確保は難しい。未来予測ができる能力があったら迷わずここで使うなぁ。

観に行くよ!と快諾くださった方、
調整中だから待って!と言う友達、
都合が合わずに見送られた方、
すべての皆様に感謝します。

頑張ります。


しかし、スマホにしといてよかったわ~。

50通前の送信メールを指一本でターッとスクロール。
予測変換の早さ。
だいぶ助けられました。

では、さようなら(笑)

次の記事からは平常運転に戻りまーす。
コメント (1)

ダサい と 野暮 の違い

2013-04-19 | Hula
フラの衣装について。

ワタシは今、毎日毎日わずかな時間でも衣装を縫っているんだけどね、
今作ってる衣装がちょいとダサいんだわ(笑)

なんかな~。

画像をお見せ出来ないのが残念なんだけど、ワタシのを見本として先に一つ作ったわけよね。
で、現在はそれを量産中なんだけど…

ワタシ、野暮ったい衣装は好きなのよ。
あか抜けてない野暮ったい衣装は、そこがハワイらしくて好きだったりする。
土着的と言うか、おおらかというかね。

けどさ、あか抜けた衣装を目指してあか抜けないのはダサいよね(笑)
なまじ洗練を目指して洗練できないのはダサいわー。

この違いわかるかしら?

まぁ、そう言ってても、全員揃ったら素敵に転じることもあるし、自分的にはサガル衣装でもお客さまには素敵~♪ってことも何回も経験してるからね。
ちょっとやそっとじゃ動じないし、昔みたいに不機嫌な顔で踊ることはないですよ。
(昔のワタシはひどかった(笑))

そりゃ、夜中の1時の眠いテンションで、髪の毛ボーボーでミシン踏みまくり、
ノーブラで一人で着てみたんじゃ、カッコいい衣装もカッコよく見えないわな(笑)
コメント (1)