いつもココロに太陽を!

~ Me Hana O Ka La I Ka Pu'uwai ~

フットネイル:細テープでラインどり

2018-11-05 | ネイル


毎回、どんな色にしようか迷ってしまいます。
紫もしたいし、ワインレッドもしたい・・・

そんな中、持っていた細テープの色が限られていたので
水色をチョイスしました。



シルバーと赤の細テープに赤のラインストーンで模様をつけました。

水色ベースにこの2色づかいがとても可愛くできたと思います
コメント

11月のネイル とりあえず緑膿菌からの復活⁈

2018-11-05 | ネイル
親指の爪がだいぶ伸びました。

幸いなことに緑膿菌部分は奥に拡がることはなく、どんどん上がってきてくれたので、とうとうカットしました。

厳密にはあと2㎜・・・まだ残っているのだけど、もうジェルネイルをしても平気と判断。
後半はもらったお薬を塗ることもありませんでした。



ワタシ的には珍しいマットなピンクに星のホログラム。

やっと装飾をつける(気持ち)までになりました。

今後は3週間ごとのネイルチェンジを目指して、しっかりしようと思います。
コメント

9月のネイル やっぱりジェルが好き!

2018-09-26 | ネイル
9月の頭からグリーンネイル(緑膿菌)でお休み中のハンドネイルですが、
無地の爪が淋しすぎて、サッと落とせるマニキュアを数回塗ってみました。

<1回目>



小さなラメの入ったオレンジっぽいマニキュア。
捨てずにとっておいたものですが、だいぶ固まっていました・・・


<2回目>



100均で気になって買っておいたきり、使うことのなかったマニキュアは、
「サンドネイル」という「砂のような」カラーのものです。


これはこれで充分に可愛いのだけど、
ベースコートを塗って、トップコートも塗っても、やっぱり爪の柔らかさが気になる~

地爪の厚いワタシでもそう思うのだから、薄い人ならなおさらね。



一週間もしたら、こうなってきちゃう・・・

頭を洗って、爪を見たら・・・OH~ボロボロ~


だめだ!
耐えられん!


もはやジェルじゃないと耐えられない身体になってしまった。



グリーンネイル発症中なのはたった一本。
それ以外はジェルをしても大丈夫なんだ!

ってことで落としやすい単色のレッドで短い爪にジェルを施術。
余分な装飾もなーし。



往生際の悪さはこんなところに現れていますが(笑)

爪が強くなっただけで、色んな事が作業しやすいこと
ジップロックの袋を開けるのも、四苦八苦だったものね。

親指の爪が完全に伸びて、グリーン部分がなくなるまであと一ヶ月。
我慢我慢の毎日です。
コメント

フットネイル:ピンク大理石

2018-09-17 | ネイル
ハンドネイル(ジェル)は現在、グリーンネイル症状(緑膿菌)でお休み中~

フットは健在。
しかし、いつまでもはがれないからと安心(放置)していてはいけません!
いつ緑色に変色しちゃうかわからないものね。

それが怖いので、ここらへんでチェンジです。




つま先のふさがった靴やミュールを履く季節になると、伸びた爪が靴先に当たってイタイ痛い。
特に第2指(人差し指)の痛さが尋常じゃなくなります。

なのでだいぶ短くカット

今回はピンクと黒と白を使って、大理石風ネイルにしました。
こんな色合わせ、人工石でもない限り存在しないんだけどね。



黒ジェルがちょっと強いだけでも大理石風にならず、かと言って薄いとまたそれっぽくもなく。
なかなか難しい~

グレーを用いるべきだったかなと、少し後悔です

ま、いっか。
そうそう見せるもんじゃないわね!
コメント

ネイルオフで発見!爪に菌

2018-09-05 | ネイル
前回ネイル記事をUPしたのが7月末。
今回は9月。

ってことは7月のネイルが1ヶ月も持ったってことね
ワタシも腕を上げたなぁ、すごーい

そんな風に満足しながらネイルオフをしました。



・・・しましたところ、「え?」何これ?



右手親指の爪に緑色の変色を発見

7月のネイルがグリーンだったから、その色素沈着かしら?
と考えたのもわずか5秒。

「あ、これ、カビかも」


以前ネットで見たことがある。
爪がカビる事件。

検索ポチ

あーやっぱり。
カビだか菌だかわかんないけど、何かだぁぁぁぁ


この緑、放置したら広がっていくのかしら?
ネット上には爪一面にびっしり緑色とか、恐ろしい画像があふれてる。


皮膚科!行かな


雨がザーっと降って風がビューっと吹く台風の中、空いているだろうと予測した皮膚科はそれなりに混んでいました。

「せんせぇ~ワタシジェルネイルってのをしてるんですけど、爪の中に何かカビみたいのできちゃいましたぁ」


オキシクリーンで荒れ、踏んだり蹴ったりの右手。
先生がワタシの爪を切り、緑の部分を溶かして顕微鏡で見てくれることになりました。

人に爪を切ってもらうって怖いのねぇ(笑)
自分でなら端っこからムニムニプチプチとカーブをつけながらカットしていくのに、
先生ったら真上からバチン!
1回目はまだいいですよ、爪先細いから。
でも2回目もてっぺんからバチン!
もう指と同じ幅になっている爪を真上から行くかいな

「あわわわわやります!自分でやります!」
要は緑の部分が取れればいいんでしょ?
横から自分で切りますがな



先生がカットしたガタガタのライン
センスなさ過ぎ~。
もちろん帰ってから直すからいいけどさ。


結局、ワタシの緑色は『緑膿菌(りょくのうきん)』という細菌(バクテリア)の一種で、別名『グリーンネイル』というらしい。

これはカンジダ菌や水虫菌(カビ)ではなく、一番軽い細菌が繁殖したもの。
もしカビの菌などだとしたら治療アプローチが違うらしいので、緑膿菌でよかった!というのが先生のお見立てなんだって。
人にウツることもないそうです。

それでも、しばらくネイルはお休みよ
と、宣告されちゃいました




1日2回、清潔に消毒した後に患部に塗布。
常に乾燥をさせること。

夏だったもんねぇ。
汗、かきまくってるもんねぇ。


ネイルが1か月持ったと喜んでいても、内部は浮いているのが普通で、そのすき間が菌にとっては好環境。

少なくとも、ジェルネイルは3週間ごとにオフしましょう。
さらに、ジェルをする前にはしっかりしたサンディングと、アルコール消毒をすることが大事だそうです。


これはネット上にあった注意事項です。


あぁ・・・深爪気味にカットした親指の肉が痛い

袋を開けるのも、リモコンを操作するのも、ボタンを留めるのも・・・
ワタシにとって右手親指の爪がこんなに使われていたなんて

特に利き手でない左手がアホなほど仕事をしないワタシなので、右爪がないだけでえらく苦労しています。
1ヶ月・・・いや2か月?

じっと我慢だなぁ
コメント

フットネイル:スターホログラムが進化してるぅ

2018-08-22 | ネイル
姪っ子には毎夏、ブルーのフットネイルをしてあげるのに、
自分にブルーをしたことがあったかしら?

あったような、なかったような・・・

「デニムブルー」なる名前のついたジェルで今回もチャチャっと簡単に。



キャンドゥさんは、ネイル用品には一番力を入れてくれている。
しずくちゃんも、ミラーネイルも、スタンプネイルも、全部キャンドゥで買えちゃうんだからステキ!

この日見つけたのはお☆様型のホログラムなんだけど、星が立体的になっているの。

と思って家で開封したら、立体的に見えるように屈折した模様が入っているんだわ。
すごい!

立体的に見えて、実際は真っ平らなホログラム。
使いやす~い



色んなカラーの☆でカラフルにしてみました。

コメント

修行にも似たファミリーネイル2018夏

2018-08-15 | ネイル
我が家に来た時に恒例となりつつある(3年目です)姉と姪っ子へのネイル。

あらかじめ「今年もやってぇ~」と言われていました。

ワタシもセルフになる!と買った道具も1年未開封のまま、裸爪でやってきた姉。
仕事の都合でフットネイルしかできない姪っ子(妹)。


あぁ、ネイルを始めないまま今宵も更けていきます・・・


お土産用にスイカキムチを作り、洗い物をして、お風呂に入り、
もう23:30だ。

これから2人のお客様にネイルかーい。
地獄かっ!

ワタシ、このネイルは年に一度の『修行』と思っていますからね
眠さとの闘いです



最初に姪っ子(妹)のフットから。

彼女は「足の爪はブルーを愛しすぎているの。ブルーでお願い!」
と3年連続のブルーリクエスト。

パパっと考え、去年おととしに使っていないブルーで縦じまストライプを施しました。

もう有無を言わさず、「marchちゃんに任せて!絶対にカッコいいから!」とね



ブルーとライムグリーンとポイントのホワイトが効いているランダムな縦じまストライプ。
ワタシがこの1年に自分でやって、友達に評判の高かったデザインを思い出せれば簡単です。



姪っ子は「スイカみた~い」と言ったけど、
姉は「過去3回のうちで一番かっこいい」と。
人の評価はそんなもん。
千差万別なんですよね。

はいっ!
23:30に始めて0:30に終了~。

「じゃ、お先にー」と布団に横たわる姪っ子の憎らしさよ




お姉ちゃんのハンドネイル。

これが、あちらもNOプランならこちらもうまく提案できずで悩みまくりました。

仕事上華美はNG。
ちょ~、ワタシって華美担当大臣なのよ~

姉ったら、華美はNGなのに「このグリーンを使ってぇ」と『アボカドグリーン』なるネーミングのジェルを持参したんですよ。

グリーンを使って華美にならず、とな?

フレンチにするか、グラデーションにするか。
マットな白を使うかパールホワイトにするか。
ホログラムを置くかクラッシュシェルまでOKか。

実際にネイルをしている時間より、試しに置いたり取ったり、塗ったり落としたり、
ターコイズの石を置いてやめてみたり、と2人で悩みまくってしまった



そうして完成したのがこちら。

おそらく仕事上NGより、お客様からの「素敵ですねー」の声の方が多いだろうとの判断で、
ここまでやってみました。
ダメなら取ればいいもんね。

お客様ってけっこう従業員さんの手元を見ているんですね。
食品関係でないキレイ職場なので、品の良いネイルはむしろお客様に評判が良かったりするそうです。



ブルーグラデのクラッシュシェル
「夏らしくしたいの」という姉の要求も叶ったでしょうか?


はいっ!
こっちは悩む時間が長すぎて2時間もかかってしまった

0:30から2:30まで。

姉も死ぬように布団へ倒れ込み、
ワタシは髪の毛を乾かして3:00に絶命しました・・・

ほんとに年に一度の修行ネイリストだ。
今年も頑張りました
コメント

8月のネイル ゼブラ・スタンプ

2018-08-01 | ネイル


グリーンベースにゼブラ模様をスタンプで押してみました。

模様のジェルは白。
濃度たっぷりの白を使っても、ここまでしか濃く出ないのねー

もう少し鮮明に模様が出たらよいのだけど・・・
上から細筆でなぞるかしら?
そりゃメンドーか




一部の指はゴールド系のラメジェルにしてみました。
これまた発色が弱いです・・・

でも!
少し日焼けした指先(チャリ焼けです)には
渋オトナチックで、これはこれであり!

OK。
今月はこれでいきましょ
コメント

フットネイル:ホワイト挑戦!ストーンもいっぱい

2018-07-04 | ネイル
待望の夏ですよ

関東地方が6月中に梅雨明けというのは久しぶりの記録らしく、
ジメジメの雨が少ないのはうれしい反面、
水不足がまた怖かったりしますね。

ワタシ、日々の節水、心がけます派です!



さて、フットネイル業界(そんな業界ある)においては、待望の夏!
足元がサンダルになるこの季節は、数か月もありません。

どんなデザインがいいかしらーと悩んでいるうちにすぐブーツの季節が来ちゃうんです。


夏だもの~
どんなデザインにしようかな~

チリンチリーン

う~ん、浮かばないものは浮かばないなぁ


・・・と、先日。

出勤途中のワタシのことを追い抜いて行った女性。
彼女の足元に目が行きました。

あ!可愛い

彼女のフットネイルがワタシの目に留まったの。


スタスタスタ  


ワタシ、さりげなく彼女に追いついて、なんとなーく並走(いや走ってないが)しながら
彼女の足元を凝視しました。




ワタシはこれまで足元に「ホワイト」を使ったことがありません(たぶん)。
なんとなく、足が膨張しやしないか、とか、汚れやすくはないかしら?とか
そんな理由でどちらかと言えば濃いめの色を、白は敬遠していたんですね。

でもその彼女、ホワイトの親指にストーンがたくさん散りばめられていて、とても可愛かった

なので今回はアイデアをマネさせていただきました



親指にだけいろんな色や形のストーンをハート型に置いてみたつもり。

ま、ハートに見えなくたって全然かまわず
キラキラっぷりはいい感じです


フットネイルにホワイト、特に変じゃないんですね。

これでサンダルも似合えばいいな。
夏のフットネイル第一弾は、なんとなく満足の出来です
コメント

6月のネイル(2) ワイン色で… と手荷物検査官

2018-06-30 | ネイル


爪が少し伸びすぎたので、今回は短めにつめて・・・っと。

ワインレッドと呼ぶとしたら、だいぶフルボディの濃い赤。
そんなネイルに「朝焼け」と名のついたラメジェルを2層に重ねました。



4本の指にだけ、オーロラピーコックに輝くストーンを4石。

出来はシンプルですが、ラメのグリッター感がキレイです。



外で見るとこんな感じ。



そうそう
ワタシのネイルが「海外でよくほめられる」の件ですが、
今回も手荷物検査官の女性に腕をつかまれてほめられました(笑)

飲んできたドリンクを捨て、
手荷物をカゴに乗せ、コンベアーで検査機に通し、
ワタシ自身は大きな金属探知ゲートの中で手を広げて立ちます。

金属類なし。
オッケー

手荷物を受け取り、オットの待つ方へ歩いて行き・・・

そこで「ちょっとあなた、来て」的に制服の女性に呼び止められました。
手荷物を受け取った後に再検査?

ワタシ、なぜか抜き打ち検査が多いのです。
密輸顔なんでしょうか

「サンダルを脱い・・・あら!可愛いネイル!」

え?今?

サンダルを脱げと命令され、なにやら金属棒で反応を見ている間中、
彼女はしゃがみこんでワタシのフットネイルに釘付けです


それがこれ↑

ワタシの心の声(こんなんで驚いてたら手の爪はもっとすごいよ)

案の定、しゃがみこんだ彼女が立ち上がり、今度はワタシの腕をつかんで感嘆の声を上げます。

それがこれ↓


どこでやったの?とか
誰がやったの?とか、まくしたて、
「すごいわ!貝の絵が描かれ…あ、これはシールね」的に1人納得したり(笑)
いわゆる興奮気味の外国の方に「by myself.」と言うともっと大きく驚きますね。

そんなやりとりを(これまで何度もあり)遠くでニヤニヤ見ているオット。
「身体検査のはずがまたネイルの話してるわ」と思って見てたんだって。

ほめてくれるのはお店の店員さんも多いけど、もっと多いのがいわゆる公務員の方。
空港職員だったり、お役所的な、そういう人がよくほめてくれます。
(お仕事柄ネイルがNGなのかしら?)

っていう話をハルミンにしたら、ハルミンも同感だって

「日本人は器用なのかね。なんでもオリジナルに昇華しちゃう技術があるからか、
発祥が外の国でも日本でやったものの方が素晴らしく見えちゃうみたいだよね」

そうなんだよね。
コメント