進め!Gucchan号!

房総半島をメインフィールドに、マイボートで大物を追いかけています。たまには陸っぱりも。釣りがメインのブログです。

NEO390&BF30メンテナンス入院

2018年07月15日 | メンテナンス

 ←ポチッとお願いします
にほんブログ村

 

猛暑です。

せっかくの3連休ですが、35度以上の猛暑必須、

都市によっては40度超えの可能性もあるとか…。

正直、この気温予報を聞いてボート釣りと言われても…、って感じですね。

 

ランドクルーザープラドが納車されて2週間、

今のおもちゃはこっちになっています。

先週の日曜日は、

いつもの外房の途中みたいなものですが、

養老渓谷までドライブしてきました。

途中で千葉ご当地3大ラーメンの一つ、

ありらんラーメンを久しぶりに食べました。

真夏日に食べたので汗だく。

相変わらずの人気でたくさんの人がありらんラーメンを食していましたが、

皆さん、汗を拭きながらのチャレンジでしたね。

 

こんな自然いっぱいの中を歩き、

こんな温泉に入ってきましたよ。

 

途中で気になったスポット、

チバニアン。

有名な地層ポイントに、意外に簡単にアプローチできるということで、

行ってみました。

 

そして今週。

猛暑はさらに酷くなりました。

朝にこゆきの散歩をしても、パンツまでびっしょりになるほど汗をかきます。

そんな中、

はじめてランクルプラドでNEOを牽引してみました。

もちろん重いボートを引っ張るわけですからエンジンは多少頑張りますが、

感想としては、

「ほとんど牽引していることを意識しないで済む」

という感じ。

エスティマに比べヒッチメンバーの位置が高めなので、

トレーラーの姿勢もなんとなく安定していますし、

最低地上高も高くなっていい感じです。

 

で、向かった先ですが、

海ではなく、

MGマリーン鹿島さん(写真は1年半前の使いまわしです。今回撮影するのを忘れました)。

特に問題点があるわけではないのですが、

かなり古くなってきているBF30船外機の定期メンテナンスというところです。

1年前に船外機が停止してしまうトラブルがあったときに、

修理してくれるところを探して行きついたのがこのMGマリーン鹿島さん。

ホンダ船外機は本当に修理してくれるところが無いんです。

自宅からMGマリーンさんまで約90km。

ほとんど外房に行くのと変わりませんね。

ちなみに店名は鹿島ですが、茨城県神栖市というところにあります。

 

せっかく神栖市まで行ったので、そこから20kmほどの

「銚子マリーナ」さんを訪問。

銚子マリーナさんはスロープを一般に開放してくれる貴重なマリーナです。

ただし、使用のためには講習を受けなければなりません。

確認したところ、繁忙期である7月、8月は講習の予定が無いとのこと。

春か秋に講習を受ける必要があるようです。

ちなみに年会費が2000円+税、1回の使用ごとに2800円+税がかかります。

問題は利用時間で、夏期でも8:30~17:30となっていて、

夜釣りや朝夕まづめ時の釣りはできないようです。

広々していて、非常にきれいなマリーナでした。

停泊しているボートも、いかにも高級そうなものばかり。

スロープの方を確認すると、トレーラーが3台ほど置いてありました。

3艇が一般枠で出航しているという事でしょう。

 

広々とした駐車場にて。

帰りはトレーラーがありませんから、普通乗用車です(笑)

ちなみに、行きはほぼ高速で行きましたが、燃費は8km/lくらいでした。

帰りは下道で帰ってきましたが11km/lくらいは行ったと思います。

トレーラーを牽引すると想像以上に燃費が悪くなることがわかりました。

往復200km弱で燃費は9.6km/lでした。

燃料計を見ると、200km近く走っているのにあまり減っていないことがわかります。

さすが、87リットルの燃料タンク。

エスティマだとトレーラーを牽引したら200kmで半分まで行っていましたから、

大きな進歩です。

さらに軽油とハイオクガソリンの差があります。

これは嬉しい変化です。

ところで、外気温はPM5:00を過ぎているというのに35度と表示されています。

ビックリですね。猛暑を超えて酷暑と言えるでしょう。

 

そんなわけで現在我が家にはボートがありません。

部品交換が無ければ1週間で戻ってきますが、

部品の取り寄せなどがあれば2~3週間は入院となります。

猛暑のうちに悪いところがあったら直しちゃいましょう作戦です。

 

しばらくは家でのんびりするかプラドで遊ぶかってことになりますね。

釣りに行くとしても夜釣りで陸っぱりでしょうか。

なぜか今、仕事はとてもハードなのでちょうどいいかも。

 

それではまた おやすみなさい

 

 


にほんブログ村

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

2m30cmの………お買い物

2018年06月18日 | メンテナンス

 ←ポチッとお願いします
にほんブログ村

 

みなさん、ご機嫌いかがですか?

世間は現在梅雨の真っ最中です。

雨の合間に家の近くを散歩していると、あちこちで

いろいろな色のあじさいを見ることができます。

ちなみに6月第3日曜日、つまり17日は父の日です。

皆さん、何かプレゼントもらいましたか?

ぐっちゃんは家族から半袖のカジュアルシャツをもらいました。

ちょっと柄がジジクサイと思ったのはナイショです。

そういう柄が似合う年になったという事なのかもしれませんね。

なんにせよ、プレゼントをもらえるだけ良かったです。

 

ところで釣りの方はと言いますと、今週末の天気は微妙ながらも、

日曜日は前日から残る波やうねりを我慢すればなんとか、という感じでした。

でも、ぐっちゃんはちょっと予定があり今週の釣行は見送りました。

 

 

まずはメンテナンスネタから。

先週、帰航してボートを引き上げてみると、

アルミで自作したキールガードが剥がれてとれてしまいました。

正確にはその前から剥がれそうになっていたのですが、

大した補強もせずにそのまま出航して、結果ご臨終となったわけです。

今年の2月に貼り直したばかりの物です。

作成時の記事はこちら。

しかもこれを取り付けてから天候の悪い日が多く、、

出航回数はわずか10回。

耐久性という面では失敗作だったと言えるでしょう。

15mm×100cm、厚さ0.2mmのアルミ板を、強力両面テープで仮止めし、

バスボンドでコーキングし接着していました。

数回の出航で両面テープまで海水が浸水し、接着力が弱まって、

バスボンドのコーキングが耐えきれなくなって破れ、

ボート引き上げ時にキールローラーに当たった部分から剥がれてしまったというわけです。

 

そこで今回は、

ポリエチレン(PE)やポリプロピレン(PP)といった接着剤が付きにくい素材にも使える、

スーパーXハイパーワイドという接着剤をスカウトしました。

これならFRPでもしっかりくっつくはずです。

耐水性がどの程度なのか心配ですが、例によってバスボンドでコーキングします。

 

こんな感じで接着して、1日放置。

バスボンドでコーキングして完成。

今回はがっちりついています。果たしてどれだけ持つか…。

せめて1年は頑張ってほしいですね。

 

日曜日の野暮用というのは、

オークションで落札した「大物」を引き取りに行ったんです。

家族に「2m30cmの大物を引き取りに行ってくる」と告げたところ、

「またボート買ったの?」(娘)

「いや、2mじゃボートとしては小さすぎるだろ!」(息子)

などと物議をかもしましたが、とりあえずエスティマで一人で出かけました。

奥さんの目線が厳しかったのは見てみぬふりをしました(汗)

 

船橋から平塚まで約90km、外房と変わりませんが交通量は全然違います。

たっぷり2時間かけて到着。

果たして2m30cmの大物とは…。

 

これです。

PIAA TERZOのローライダーインターナショナル。

230cm×75cm×22.5cmという堂々としたサイズです。

 

中古なのでバンパーがへたっています。

これがへたっていると蓋が開いた状態で止まらず、下りてきて自然に閉まってしまいます。

中のベルトもありません。

これらは簡単に注文して買うことができます。たいして高価でもありません。

さっさとポチッておきました。

 

これに何を入れるかって?

INNOのルーフボックスだと安価ですが内寸180cmくらいが最大です。

このTERZOのローライダーシリーズは基本外寸230cm、内寸220cmあります。

もちろん、スキー板やスノーボードを入れるわけじゃありません。

そう、180cmじゃ6Feetまでしか入らないので、7Feetが入る内寸220cmが欲しかった、と。

つまり、入れるのはロッドだという事ですね。

 

勢いで買ってしまったのですが、まだルーフキャリアもないし、

しばらくは庭のオブジェになりそうです。

ただのプラスチックの箱のくせに、新品を買うととても高価なんですよね。

実用品としてのスカウトであり、見た目のきれいさにはそれほどこだわらないので、

オークションでそこそこのタマが出た時に買っちゃえ、という作戦でした。

ただし中古とはいえ、写真を見てもわかるようにそれなりにきれいに使われていたようです。

 

貴重な外房春シーズンの週末を、

釣りに行かずにルーフボックスの引き取りに使ってしまいました。

先週の状況から今週もダメなのではという先入観があったのも事実です。

16日外房に行かれた方、ぐっちゃんのいかないという結論が正解だったのか否か、

答えをコメントに書いていただけたらと思います。

ちなみに、海況的にどうだったかと、釣果的にどうだったかの両方をレポートしてください(笑)

 

外房は来週末が最終日です。

梅雨シーズンの真っ最中ですが、天気はどうなるでしょうか?

それではまた おやすみなさい

 

 


にほんブログ村

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

桜開花とギアオイル交換

2018年03月25日 | メンテナンス

 ←ポチッとお願いします
にほんブログ村

 

桜が開花したと思ったら、なんと本日、東京は満開宣言が出てしまいました。

都内の花見は今週末がピークで、来週末では遅い感じだそうです。

春マサゲットと桜開花のどちらが早いかなんて考えていましたが、

あっさり桜に先を越されてしまいました。

 

今週末はどちらも出航できそうな天気予報だったのですが、

土曜日より日曜日の方が波が穏やかそうであることと、

日曜日の方が干潮が遅くなる分、スロープの使用可能時間が長くなり、

その分長く海上にいられるので、

土曜日行く気満々だったのを回避し、日曜日に行くことにしました。

 

釣りに行かなければ当然こゆきの世話なんですが、

桜の花がきれいな少し離れた公園までやって来ました。

 

某テレビ局の「池の水を全部抜いてみたら…」という企画で

ちょっと有名になった公園です。

 

桜はまだ2~3分咲きでしたが、日差しも心地よくて散歩日和でした。

 

ところで前日少し雨が降ったのですが、

ボートカバーに何やら変な汚れ?が…。

アップにしてみると、

ありゃ、これはスギ花粉ですね。

雨が溜まった場所にこんなに堆積してしまっていました。

これじゃ花粉症の人はたまりませんね。

ぐっちゃんは花粉症の薬が売れないと困ってしまう因果な商売なんですが、

それにしてもこれは気の毒に思います。

 

 

さて、釣りに行かないのならやり残しているメンテナンスを片付けましょう。

やり残しているといえば、

ギアオイル交換です。

少し前にエンジンオイル交換をしましたが、ギアオイルはパスしてしまいました。

時間があるならやっておくべきですよね。

 

思ったよりも汚れていました(汗)

 

写真ではわかりずらいですが、

真黒というよりは黒に限りなく近いグレーという感じの色です。

それにしてもギアオイルは排出に時間がかかりますね。

まだ少しづつ出てきているのですが、待ちきれずに新しいオイルを入れてしまいましょう。

 

オイルは例によって、

ワイズキア、つまりヤマハ製です。

大容量で安価なギアオイルを探すとこれになります(笑)

これを下側からめいっぱいのパワーで押し込んで充填していきます。

 

上のボルト穴からオイルが漏れだせば充填完了なのですが、

上から下からオイルがあふれて、どうしても手がオイルまみれになります。

ぐっちゃんが下手なんでしょうね~。

床面まで汚して、廃棄オイル用の箱の意味がないじゃんって感じですが、

何とかギアオイル交換、完了しました。

これでまたしばらく安心して航行できますね。

 

桜に続き、釣りの方も早々に開花と行きたいものです。

さてどうなりますか?

 

それではまた おやすみなさい

 

 

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

船外機オイル交換記録

2018年02月15日 | メンテナンス

 ←ポチッとお願いします
にほんブログ村

 

12日の振替休日に船外機のエンジンオイル交換をしました。

ブログ上で記録に残っているのは2016年11月の交換で、

2017年の夏にも交換したような気がするのですが、記事を書いていません。

うーん、本当に1年3ヶ月も交換しなかったのか???

とりあえずオイルの汚れをチェックしてみると…、

まあ、汚れていまねす。

でも、2016年11月に交換した時の汚れほどではありません。

NEOを譲り受けた時のエンジンオイルはとてもきれいで、

その後の7月から11月の10数回の出航で真黒に汚れました。

それから想像すると、

この汚れは1年3ヶ月の汚れとは思えません。

やっぱり夏に交換したような気がします。

 

それでも交換すべき汚れのレベルなのは間違いありません。

古いオイルを排出します。

こうやって見ると汚れていますね。真黒に見えます。

 

既定のオイルを約1.5リットル(規定量は1.6リットルなのですが、やや少なめで満タンになります)、

オイル投入口から入れていきます。

 

オイル注入後に再度オイルゲージで確認すると、

とてもきれいになりました。量もピッタリです。

これで安心。

オイルエレメントとギアオイルはまたの機会に交換とします。

 

BF30D、復活!(大袈裟ですね)

ずいぶん出航していないNEO-Gucchan号、いつでも出航可能ですよ。

 

 

オイル交換以外はこゆきとの散歩に費やした休日だったので、

こゆきは夜にはぐったり。

 

昨日今日は大阪で元気注入してきました。

もちろん仕事ですけどね。

 

そろそろ冬の天気から春の天気に変わってきそうですね。

釣行記なしで記事を書くのもそろそろ限界なので、

次週あたりは浮きたいです。

 

それではまた おやすみなさい

 

 

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

またしても強風予報、こんな時はメンテナンス♪

2018年02月05日 | メンテナンス

 ←ポチッとお願いします
にほんブログ村

 

2月最初の日曜日、またしても風で断念です。

ちなみに2月3日の土曜日は禁漁日、

さらにぐっちゃんは珍しく休日出勤だったので、

いずれにしても日曜日以外の選択肢はありませんでした。

 

前回GPV気象予報を紹介しましたが、

SaiさんからSCWというGPV気象予報の進化版が公開されていることを教えていただきました。

なるほど、同じ会社が提供しているだけあって、

SCWはGPVとそっくりです。

そして使い勝手がかなり向上しています。

GPVを利用していた人なら直感的に使えると思います。

逆にGPVを使ったことはない人には不親切かもしれませんね。

それぞれ得意分野があってGPVにしかない情報もあるのですが、

普段使用するにはSCWの方が使いやすいかもですね。

 

さて、2月4日の天気ですが、

AM6:00

 

AM9:00

 

12:00

 

朝は曇り空ですが、時間とともに晴れてきます。

雨は降りませんね。

画像にはありませんが、気温もかなり上昇しそうですね。

ただ、この時期に気温が上昇するという事は…、

そう、南風が強く吹く可能性が高いんです。

 

AM6:00

 

AM9:00

 

12:00

 

夜明け頃は北風がそこそこ強く、

AM8:00~10:00頃に一旦無風に近くなり、

昼頃には南西の風が非常に強くなります。

つまり、AM9:00前後の2時間ほどしか釣りにならず、

その後は暴風&大荒れになると思われます。

また、うねりや波は風が穏やかな時間もそこそこありそうです。

どう考えても、これで釣りに行こうとは思えませんよね。

というわけで、先週に引き続き、今週も釣りは自粛としました。

 

 

釣りに行かないのならメンテナンスということで、

1ヶ月ほど前に外れてしまったキールガードを再生します。

 

材料は幅15mm、厚さ0.2mm、長さ1mのアルミ板。

強力両面テープとバスボンドで接着します。

 

布テープで仮止めして、

見栄えは良くありませんがなんとか付きました。

 

もう一つ、

なぜか折れ曲がってしまった自作のトレーラージャッキハンドル、

直径8mmのボルトがこんな形にひん曲がるなんて、

どうやったらこうなるの?という感じですが、

仕方ないので再生します。

旧は130mmのボルトでしたが、今回は120mmにしてみました。

特に意味はないんですが、ちょっとだけ安かったので…(笑)

 

こっちも見栄え悪いですね。

なんだか曲がって見えますが、ボルトとカバーの間に挟んだゴム板が寄ってしまっているんです。

 

とりあえず復活しました。

また曲がってしまうようならボルトを太くすることも考えます。

 

というわけで、今週のメンテナンスはここまでです。

来週は3連休ですね。

3日あればどこかで浮けるでしょう。

 

それではまた おやすみなさい

 

 


にほんブログ村

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

ステンレス製フックを取り付けました

2017年12月23日 | メンテナンス

 ←ポチッとお願いします。
にほんブログ村

 

今週は24日日曜日に釣行予定です。

クリスマスイブに平然と釣りに行けてしまうぐっちゃん。

わがままなのか見捨てられているのか…。

 

さて、ボートトレーラーは修理&車検が終了したわけですが、

その後にひとつ追加で購入したパーツがあります。

ステンレス製のフックです。

こんな感じでつきます。

 

どこに使うのかというと、

ここです。

ボート後方からアプローチするのですが、けっこう大変。

そこで、フックをつけて楽にアプローチできるようにしようとしたわけですね。 

 

こんな感じだったのが、

こうなりました。

 

横バーにベルトを回して固定するよりも、

このフックに引っ掛けるだけだとかなり楽ができるというわけです。

この横バー、ボートの後ろ側からだとめいっぱい手を伸ばさないと届きません。

帰りはボートや船外機が濡れているので、

横バーにベルトを回して固定するのが大変なんです。

よーく見ると、完成形の模範写真とフック板の上下の向きが逆でした。

さらにバーの高さが短くて、付属のステンレスUボルトだと長すぎて止められないため、

以前取り外して手元にあった短いUボルトを流用しました。

(何に使われていたボルトかは忘れました(汗))

せっかくのステンレスボルト、余ってしまいましたが、またいつか使う時が来るでしょう。

こうやって少しでも楽ができるようにと考えると、

どんどん買うものが出てくるんですよ。

 

上の写真を見ると、ウッドレールがやや古めかしくなっていて、

レールを支えるステーがかなり錆びていますね。

次の交換アイテムはこのあたりでしょうか。

 

ちなみにこれまでに手を加えたり交換したパーツですが、

こんな感じ。

1つだけの物もありますが、トレーラーは左右対称の物が多いので、

実際の交換パーツは矢印の数の1.5~2倍くらいになります。

左右のメインフレームとホーシング、ウッドレール以外はほぼ交換した感じです。

いくつかのパーツも付け足しました。

トレーラーの交換パーツや、メンテナンスに関しては、改めて記事を書こうと思います。

 

トレーラー車検終了後初のNEO出航、どうなりますか?

あ、交換したリーフスプリング周りは、耐水グリスを塗りたくり、

さらに長期保管用スプレーを吹きかけておきました。

気休め程度だと思いますが、少しでも寿命が延びるように…。

 

それではまた おやすみなさい

 


にほんブログ村

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

トレーラー修理&車検終了!NEO-Gucchan号復活!

2017年12月17日 | メンテナンス

 ←ポチッとお願いします。
にほんブログ村

 

NEOトレーラーの板バネ(リーフスプリング)が折れて、

トレーラー&ボートが入院して早くも3週間近く経過しました。

元々板バネが折れなくても、トレーラー車検を受けるために入院予定だったのですが、

このトラブルでホーシング周りまでしっかりメンテしたために、

復帰に時間がかかりました。

 

折れた左側のスプリングは、

 

ごらんの通り。

スプリングだけでなく、タイプレートやUボルトも新品に交換しています。

 

もちろん、

 

右側も同じように交換しました。

ホーシングが黒く塗られていますね。

錆がけっこう出ていたので、研磨&錆止め塗装をしていただきました。

ハブ関係は、ベアリングに錆びはなく、しっかりとグリスで防水されていましたが、

オイルシールに劣化が見られたので交換しました。

このオイルシールの注文~納品が一番時間がかかったようです。

スプリングやUボルトはぐっちゃんがシーマリンさんで通販購入したのですが、

ホーシングとハブ周りは丸重自動車さんにお任せしてしまいました。

 

というわけでめでたくNEO-Gucchan号復活です。

丸重自動車さんから持ち帰る際、

走行中にバックミラーでGucchan号を見ると、

ちゃんと左右が均等平行にミラーに映っていました。

改めて、スプリングが折れた時のボートの傾きを思い出すと、

ヒヤヒヤ物でしたね。

 

 

早速17日日曜日に復帰戦と行きたいところですが…、

予報はけっこう厳しいです。

16日午後からかなり強い南風が吹いていて、

外房はかなり荒れているはず。

17日も波はかなり大きそうです。

 

穏やかとは言えませんね。

 

風も全体的にはかなり強く、かろうじて南向きの岸寄りだけが少しマシな程度です。

うーん、通過した後とは言え、まだ低気圧の影響が残っているのかな。

おそらく、実際に海に行くとかなり風が強くて波が高く釣り辛いと思います。

残念ですが17日は釣行断念と決定しました。

 

ところで本日、こんな物を買いました。

高さ12cmの踏台です。

これを、

こんな感じで操縦席とスターンの間、生簀の横に置きました。

実はこのスペース、生簀の蓋が飛び出していてフラットではありません。

クーラーボックスを置いているスペースなのですが、

このでっぱりのおかげでしっくりしませんでした。

この踏台の高さと生簀の蓋のでっぱりはほぼ同じ高さです。

ここがフラットになるとクーラーボックスが安定します。

クーラーボックスを椅子代わりにして眠りにふける爆睡王子への、

ささやかな船長からの心使いですね(爆)

 

後はこゆきの相手です。

朝夕合計で3時間近く散歩をしたところ、

疲れ果てたか、夕食後すぐにぐったり…。

あ、写真撮ったら起きちゃいましたね。

 

会社引越し最初の週で、今週は何となく疲れました。

17日日曜日はゆっくり休養したいと思います。

 

それではまた おやすみさない

 

 

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

コメント (12)
この記事をはてなブックマークに追加

ウインチストラップ交換、そして旅立ち

2017年10月14日 | メンテナンス

 ←ポチッとお願いします。
にほんブログ村

 

前回の釣行で、トレーラーへの引き上げ時に気付いた、

ウインチストラップとフックのトラブル。

こんな感じで、いつちぎれてしまってもおかしくない状態でした。

ボートを引き上げれたのでホッとしました。

帰宅後すぐにネットでストラップを注文しました。

すぐに届いたので早速交換作用開始。

そのままの状態でストラップだけを抜き取ろうと思ったのですが、

ストラップの最初の部分に使われているボルトナットが

曲がってしまってさらに錆びついていて、簡単に外せませんでした。

 

結局ウインチをばらして、レンチを2つ使って強引に古いストラップを外しました。

 

ステンレスウインチなんですが、所々錆が出ています。

ステンレスと言えども万全ではないですよね。相手は海水ですから…。

左側は古い取り外したストラップです。

 

ウインチのギアって左右同じだと思っていましたが、

適当に取り付けたらちゃんとストラップを送り出せませんでした(汗)

再度取り外し、ギアの向きを逆にしたらちゃんと動きました(ホッ)

強引に動かそうとしてウインチのハンドルが派手に回転し、

ボートの出っ張った部分のFRPを削ってしまいましたよ。トホホ…。

このハンドル、後1cm短ければ何の問題もないんですが…。

 

とりあえずこれにてメンテナンス終了。

次回は安心してボートを出せます。

今週末ですが、ちょっと天気が怪しいですね。

風も吹きそうですから、ボートは出せないかも…。

 

ぐっちゃんは前回宣言した通り今週末は外房には行きません。

14~16日、2泊3日で

ここへ行ってきます。

2年前に八丈島へ行きましたが、その時から次回はここと決めていました。

八丈島釣行記はこちらから。

 

でも、ここも今週末は天気が怪しいんですよね。

こんな景色が見れますでしょうか?

 

え?竿ですか?

もちろん持って行きますよ(笑)

本気タックルじゃなくてシーバスタックルくらいをね。

移動時間が長くて遊べる時間が少ないですけどね~。

一時ですが世間の雑踏を忘れ、のんびりしてきます。

 

それではまた 行ってきます

 

 

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

トレーラー最終パーツ交換と限定解除!

2017年09月03日 | メンテナンス

 ←ポチッとお願いします。
にほんブログ村

 

あっという間に夏は過ぎ、9月になりました。

しかし…、

台風です。

 

大荒れです。

もちろんボート釣りは自粛が妥当でしょう。

 

この夏のシーズンオフを使って、

トレーラーのメンテナンスをしたのは報告済みですね。

そして一連のメンテナンスの最後のパーツがようやく届きました。

最後のパーツはこれ。

タイトジャパン純正の12SMDサイドマーカーです。

このサイドマーカー、明るすぎるのかあまり売れないのか、在庫限り販売終了とのこと。

それならば無くなる前にぐっちゃんが買わねばなるまい!なんてね。

 

Gucchanトレーラーには、

こんな感じの控えめなサイドマーカーがついていたのですが、

テールライトを交換した際に、サイドマーカーが点灯しなくなっていると指摘されました。

同じタイプがもう販売されていないので、

どうせなら明るいタイプに交換しちゃえ、ということで、

最も明るい12SMDサイドマーカーをオークションで落札したんです。

届いたブツを手に持つと、その大きさにちょっとびっくり!

これはフェンダーに新たに穴を開けなければ取付けできませんね。 

 

さっそく丸重自動車ハサマ店さんにNEO+トレーラーを持ち込みました。

この夏のメンテナンスの際に、サイドマーカー交換の費用も込みで既に支払い済みです。

配線は既に終了しているので、

さすがプロ!という手早さで、

サイドマーカーは30分ほどで付け変わりました。

わかりづらいですね(笑)

 

どうです?でかいでしょ。

試しにポジションランプをONにしてみると、

うーん、確かに明るく点灯しているんですが、

外も明るいので写真ではよくわかりません。

 

夜になってから再度点灯してみました。

メチャクチャ明るいです。

トレーラー本体やボートの下部も明るく照らされるので、

たとえ暗闇であっても

ボートの存在をこの明かりがちゃんと周辺に伝えてくれそうですね。

 

 

ところで、8月10、11日に、

マリーナリトルオーシャン(ファーストポート)さんへ行ったと以前書きました。

正確には上の店舗は受付のみで、

大半はここで過ごしました。

このアパートの1階にある会議室で講習を受けたんです。

何の講習かというと、

そう、小型船舶操縦1級免許を取得しに行っていたんですね。

いわゆるステップアップというやつです。

珍しくまじめに勉強したもんだから、変な頭痛に悩まされましたよ。

それでも講習後の試験では、めでたく満点で合格しました(喜)

 

これが旧免許。

 

こっちが本日届いた新免許です。

顔写真、上下が縮小されて顔が太くなってる…(汗)

こんな画像加工が許されるのか!?

とは言えこれでめでたく、航行海域が限定解除です。

本当は前回の免許更新までに1級にステップアップしたかったんですけどね~。

2級免許だと沖5海里限定ですが、

NEO-Gucchan号は外房は沖10海里まで航行許可を取っています。

つまり、ボートに免許が負けている状態でした。

これでNEO-Gucchan号+ぐっちゃんはさらに沖まで航行可能になりました。

夏のオフシーズン、ただ休んでいるわけじゃなかったんですよ(笑)

 

ここ数日は気温も下がって一気に秋めいてきました。

間もなく外房秋シーズンもスタートします。

今回で全てのピースが揃いました。準備完了です。

待ってろよ、秋のデカマサ!

 

それではまた おやすみなさい

 

 

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

コメント (14)
この記事をはてなブックマークに追加

NEO-Gucchan号復活+陸っぱりに出かけるも…(怖)

2017年08月20日 | メンテナンス

 ←ポチッと願いします。
にほんブログ村

 

なかなか天気が良くなりませんね。

東京は8月1日~19日連続降雨を記録したそうです。

今週末も怪しい天気。

実は19日土曜日、酷い目に合って帰ってきたところなんです。

 

それはさておき、NEO+トレーラーを預けている丸重自動車さんから、

「整備が終わりましたよ」

と連絡がありました。

早速引き取りに行ってきましたよ。

 

2週間ぶりに定位置に戻ったNEO-Gucchan号。

今回はトレーラーの整備でした。

 

5月にトレーラージャッキを交換した時の画像を再掲載します。

 

こちらは今回のメンテナンス後の画像。 

わかりますか?

トレーラーの真ん中のアームがステンレス製に変わっていますね。

さらに電極コネクターが黒色の樹皮製に変わっていて、配線も新しくなっています。

今回は配線を全部新品に交換しました。

 

リアコンビネーションランプは左側に浸水があり、

点灯したり切れたりしていました。

これは前オーナーのフルさんから頂いた予備がありましたので、

配線交換とともに交換しました。

ポジションランプも怪しいとのことで、これはこれから注文して交換します。

自宅に戻ったNEO-Gucchan号、早速船外機をかけてみました。

心配していた冷却水もしっかり出て、順調そのものでした。

 

 

釣りの方はボートではなくまたしてもシーバス狙いで内房陸っぱりへ…。

道中、激しいゲリラ豪雨にあいました。

が目的の富津に着くと天気は曇りで微風でした。

港の船道付近を見ると、相変わらずベイトが大量に海面に見えます。

タックルを準備して投げ始めました。

はるか彼方、東京方面に小さく稲妻が見えました。

「東京は雷雨かな?」

風は南東ですから、雷の方に向かって吹いています。

これなら雷雲はこっちに来ないでしょう。

と思っていたら、

突然風向きが変わり、一気に空が暗くなりました。

夕まづめで暗くなったのもあるのですが、

どす黒い雲が一気に広がって空を覆い始めました。

同時に風が非常に強くなりました。

先ほどとは違った西の風です。

つまり、はるか彼方に見えていた雷雲がどんどんこっちに向かってきたのです。

 

雲はこんな感じ。

暗くなったのは日が傾いたのが半分、雲に覆われたのが半分といったところでしょう。

そして、

雷がどんどん近づいてきます。

 

動画をアップしますね。

 

 

結局この雷は次第に空全体を覆い、360度どの方向も稲妻だらけになりました。

不思議に雨はほとんど降ってこなかったのですが、

こんな状態で通電性のカーボンロッドを振る気にはなれません。

それどころか、車から出ると身の危険を感じます。

さらに予報が大きく変わって、雨雲レーダーではこの後大雨になりそうです。

出発時には千葉南部は雨は降らない予報だったんですけどね…。

 

「さっさと諦めて帰ろう」

帰り始めると間もなく土砂降りになりました。

富津からスタートして千葉市内まで雷は光り続いていましたから、

この日はかなり広い範囲で雷雨があったようです。

(後から確認したら、東京は浸水するくらいの100ml/h以上の豪雨&雷だったみたいですね)

 

というわけでたいして釣りもできずに、

ほとんど富津まで往復しただけで帰ってきました。

 

次週は日曜日と月曜日で家族1泊旅行に行きますので、

NEO-Gucchan号出航はもう少し後になりますね。

 

さて、東京の連続降雨記録はどこまで伸びるんでしょうか?

それではまた おやすみなさい

 

 


にほんブログ村

GyoNetBlogランキングバナー

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

マスト灯の電源デッキコネクターを変えてみました

2017年05月13日 | メンテナンス


にほんブログ村

 

釣りに行けない日々が続くと、ついつい散財してしまうのは釣り人の性。

足を怪我して釣りに行けなかったぐっちゃん、

ついつい以前から狙っていたブツをポチしてしまいました(汗)

まだ届いていませんので、これについてはまた別で記事を書きます。

 

今回は電気系メンテナンスのアップデートです。

少し前にマスト灯と両色灯のスイッチ近くにあるヒューズが飛んだという記事を書きました。

この時、純正よりも大きなアンペアのヒューズを買って取り付けたにもかかわらず、

その後2度もヒューズが飛ぶトラブルが起こりまして…。

 

複数の方から、

「ヒューズが飛ぶのは配線に問題があるはずだからそこを直すべし」

との助言をいただきました。

 

ぐっちゃんには原因が想像できていましたので、

そのメンテナンスをやったというわけです。

 

その問題の箇所とは、

ここです。

拡大すると、

これですね。

電源デッキコネクターです。

ここはマスト灯のコンセント部分です。

 

かなり接続が悪く、コンセント部分を手で押さえたりしないとマスト灯が点灯しません。

うまく決まると手を放しても点灯したままになるので何とか使えますが、

これでは不便と修理に取り掛かったのです。

いろいろ試した結果、銅線を使って接点を増やしたりしたのですが、

どうにも直りません。

それどころか変に銅線を使ったがために、+と-が銅線で結ばれてしまうような状態になって、

過剰な電気が流れてヒューズを飛ばしたのだと思われます。

このころから点灯しない原因はデッキコネクター部分にあるのかもしれないと疑い始めました。

 

かくなるうえは、電源デッキコネクターを取り換えてしまいましょう。

ネットで調べると、全く同じデッキコネクタ―はけっこう高額です。

3800円とか5500円とか…。

ところが、1530円という破格値で販売している店を見つけました。

これは即買いでしょ♪

ところが…。

 

商品が届くと、今までの物とは違うことに気づかされます。

簡単に言うと安っぽいのです。

防水キャップの色も黒ではなく白だし、

形状のかなり違います。

金具のサイズがやや小さくて、

取付け用のネジを通す穴は、前の物は3ヶ所でしたが今回の物は2ヶ所です。

同じ物を買って、おかしいパーツだけ変えてみる、という作戦は

互換性がないため実現しませんでした。

結局、悪戦苦闘して新しいものに総とっかえです。

かなり苦労して取付けを完了しました。

今までのネジが大きすぎて穴に入らないので、ネジを別途探す必要があります。

最小サイズのネジで

なんとかマスト灯復活です。

コンセント部分を押したり曲げたりしてみましたが、

今回はマスト灯が消えることはありませんでした。

使う予定があるわけではないのですが、ちゃんと点灯すると嬉しいものです。

 

土曜日が終日雨模様の予報なので、雨が降り出す前にと金曜日の夜に交換しました。

これでおそらくヒューズは飛ばなくなるはずです。

 

土曜日は大荒れ予報ですが、日曜日は近づくにつれて予報が上方修正されてきましたね。

何とか日曜日は出航可能なのではないでしょうか。

まずは明日整形外科医を受診して、

その後釣行計画を立てようかな、と思っています。

これ以上釣りに行かないと破産しちゃいますので…。

 

それではまた おやすみなさい

 

 


にほんブログ村

GyoNetBlogランキングバナー

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

やってしまった!トレーラージャッキの呪い…

2017年05月03日 | メンテナンス

  ←ポチッとお願いします。
にほんブログ村

 

私はトレーラージャッキである。

NEO-Gucchan号というトレーラブルボートを乗せる、

タイトジャパン製のトレーラーに付いている。

 

私の雄姿をお見せしよう。

お分かりかな?

なに?よく見えないって?

それではこれでどうだ?

前オーナー時代から長年このトレーラーを支え続けてきたのだ。

それなりに傷がついていたり、錆が生じているが、これは名誉の負傷である。

ダブルタイヤ仕様なので安定感があるし、砂場でも簡単に沈みこまない。

ブラック塗装されていて精悍な外観だとは思わないか?

昨秋ハンドルのグリップが外れた時は、

ぐっちゃんという今のオーナーがホームセンターでスポンジ製の代替品を買ってくれた。

そう、私とぐっちゃんは良いパートナーだったのだ。

 

ところが、最近私の立ち姿が少し斜めに見えるとかで、

私とぐっちゃんの間には亀裂が生じている。

どうも、ぐっちゃんは私の引退を考えているようだ。

 

私のライバルとなるべくスカウトされたのは、

フルトンというアメリカの一流メーカーで製造されている、

アルミ製で錆とは無縁のナイスガイ。

スチール製のノンブランドなら20個も買えるというバリバリのエリートだ。

 

あんまりではないか?

前オーナー時代から長年下働きをしてきた私を、ぐっちゃんは簡単にお払い箱にしようとしている。

私はダブルタイヤだぞ。そんじょそこらのポッと出とは安定感が違うのだ。

おや?

なんと、この新人もダブルタイヤではないか!

おのれー、これでは私のストロングポイントがなくなってしまう。

悔しい、

悔しいが、実労働時間10年のロートルとバリバリのエリート新人では、比較する余地もないだろう。

かくなる上は…、

最後の最後に一花咲かせて見事に散ってみせるぞ…!

 

 

 

皆さんごきげんよう。ぐっちゃんです。

4月29日土曜日AM10:00、サバしか釣れない厳しい釣りを終え、

ボートの撤収作業をしていたぐっちゃんとO君。

潮の関係で早上がりを余儀なくされ、

さらに道具の片づけを後回しにしてトレーラーにNEO‐Gucchan号を乗せることにしました。

トレーラーをO君と二人で手で動かし、エスティマにジョイントさせようとしたときです。

ふと海の方が気になって、トレーラーから目を離しました。

O君と二人で引っ張っているので、少々ぐっちゃんが力を緩めてもトレーラーは動き続けます。

次の瞬間、

「※△◆‼☆∬■※

ぐっちゃんの左足の上をトレーラージャッキが通過していきました(汗)

これは痛い!

実はこのトレーラージャッキはこの日を最後に引退予定でした。

帰宅したら新しいアルミ製のトレーラージャッキに交換する予定だったのです。

 

 

 

やってやったぜ!

今までの恩を仇で返そうとするぐっちゃんに一矢報いたんだ!

これでもし私がお払い箱になったとしても、

ぐっちゃんは私の事を一生忘れないだろう。

もう思い残すことはない。

鳴り物入りのエリート新人に下働きの大任を譲り、私はのんびりと隠居生活を送ることにしよう。

 

 

 

確かに痛かったんですが、かつて経験がないほどの痛みではありません。

まあ、内出血ぐらいはするだろうなーとは思っていましたが、

普通に歩けるし、そのうち痛みも引くでしょう。

さっさとボートをトレーラーに乗せて、釣り道具を洗浄しましょう。

釣果には恵まれませんでしたが、早上がりしたので時間は余裕たっぷりです。

外房の仲間たちに挨拶をして、AM11:00に帰路につきました。

 

この日はほとんど徹夜で行ったため、さすがのぐっちゃんも相当な眠気がありました。

途中の道の駅で休憩。

運良く大型車両用の駐車場が空いていたのでそこに停めました。

少し足の痛みがひどくなったかな?

ひょっとしたら爪が割れているかも、と思って靴と靴下を脱いで確認。

親指が紫色に変色していました。

でも、爪は割れていません。

痛みよりも眠気が勝り、この後がっつり1時間車の中で爆睡しました。

まあ、その程度の痛みだったということです。

 

 

自宅についたのはPM2:00。

まだ足は少し痛いですが、それよりも予定していた作業を進めましょう。

新しく購入したフルトンのアルミニウム製トレーラージャッキ。

シングルタイヤ仕様を注文したのですが、在庫薄ということでダブルタイヤ仕様を奨められました。

1万円ほど高額ですが背に腹は代えられません。

なぜなら今まで頑張ってくれたトレーラージャッキがまっすく立っていないんです。

変な遊びができてしまって、斜めになりながらかろうじてトレーラーを支えている感じ。

これはいつか大きなトラブルになるかも、ということで交換を決意したんです。

この新ジャッキはとても高額ですが、タイヤのストッパーも付いていますし、

ハンドルを固定することもできます。

アルミニウム製ですから、スチール製のように錆を気にする必要もありません。

ノンブランドなら20個買えるくらいの高額品ですが、それだけの価値があると信じて購入しました。

 

付属のアルミ製のU字ボルトとナットはちょっと扱いにくかったので、

今まで使っていたステンレス製のボルトとナットで固定しました。

写真では輪止めが置かれていますが、よく見るとタイヤ部分と接触していないんです。

タイヤのストッパーが仕事しています。

ジャッキの縦横の切り替えレバーも樹皮製になっていて先進的ですね。

 

この後、ボート用のガソリンを約70リットル買いに行って、

車から物置に運んだりと肉体労働しました。

夕方にこゆきの散歩にも行きましたが、さすがに少し足が痛かったので早めに切り上げました。

このように普段と同じ生活をして、寝不足のためかなり早めに就寝しました。

ちょっと足が腫れるのが心配で、冷えピタクールを足に貼って寝ました。

 

 

翌日の5月1日、冷えピタクールのおかげで足の痛みはほとんど感じません。

朝のこゆきの散歩に行こうと思いました。

自分では気づかなかったのですが足先がけっこう腫れているようで、

運動靴を履くと圧迫されて痛いです。

結局サンダルを履いて散歩に。

はじめは良かったのですが、こゆきと遊んでいるうちになんとなく痛みが出てきました。

うーん、やっぱりどこか傷がついているのかな…。

とりあえず病院へ行って何もないことを証明してもらいましょう、と整形外科医へ行きました。

ちなみにこの時の足の状態は、

こんな感じ。

医者に見せたところ、触診も何もしないで、

「レントゲン!」

こんな形で変色して腫れているときは、かなりの確率で骨折しているんだそうです。

そして診断結果は、

「指先の剥離骨折」

でした。

処置係のきれいなお姉さんに、

「固定しなくても治りますよね?」

この意味は、

「ギプスなんかしたらボートに乗れないよぅ(ウェッダーとか履けないじゃん)」

でした。

彼女の答えは、

「今の生活を取るか、将来の生活を取るかの選択ですね」

「変なくっつき方をして痛みが残っても知りませんよ!」

厳しいです。

「で、でも、2週間も固定すれば外せますよね(笑顔)?」

「もうっ(怒)! 通常は4週間固定です。2週間なんてとんでもない!」

「あ、やっぱり…」

というわけで、

固定されてしまいました。

これまで履いていたサンダルすらギプスが邪魔で履けないので、

その足で靴屋さんに行ってこんな感じのサンダルを購入。

会社には靴下を履いてこのサンダルで出社するしかなさそうです。

 

処置をしてくれたお姉さんからの指示は、

①安静

②毎日10~20分の冷却(腫れが引くまで)

③固定を外さない

④挙上(患部をできるだけ高くすることで浮腫を防ぐ)

です。

うーん、ボート釣りどころじゃないですね…。

そう言いつつ、今朝もこゆきの散歩に行ってしまいました。

どうしても足先をかばいながら歩くので、他の場所に負荷がかかります。

ふくらはぎがつったり、太ももが変な筋肉痛になったりしています。

トホホですね。

上は保冷剤をロッドベルトで固定して冷やしている図です。

しばらくは不便な生活を強いられそうです。

 

 

 

これにて私の役割は終わりました。

数多くの名誉の負傷を抱えて、私は隠居生活に入ります。

最後にぐっちゃんに対するお仕置きは、少しやりすぎた感がありますが、

まあ仕方ないですよね。功労者を軽視した罰です。

それではみなさん、ごきげんよう♪

 

 

というわけで、春のヒラマサトップシーズンを目前に故障者リスト入りとなりました。

うーん、悔しい。

これからどうするか、ちょっと考えなきゃですね。

無茶したらお姉さんに怒られるだろうなぁ…。

 

それではまた おやすみなさい

 

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

GyoNetBlogランキングバナー

コメント (18)
この記事をはてなブックマークに追加

電気系統のメンテナンス~夜間航行灯編

2017年04月27日 | メンテナンス


にほんブログ村

 

前々回の釣行後、両色灯がスティから外れてコードのみでついていることに気付きました。

赤矢印部分ですね。

前々回に同乗したあひさんが壊したかも…って申告してくれたのですが、

単純に両色灯をスティに固定しているボルトが取れてしまっただけでした。

下側からボルトで絞めてあったのですが、そのボルトはどこかに行ってしまって行方不明。

最初は3ヶ所で止まっていたはずですが、3本とも外れてしまってようやく気付いたというわけです。

両色灯の内側にナットだけは残っていますが、ボルトは無くなってしまっているので、

道具箱にストックされている中からサイズの合うボルトを探し出して流用しました。

残念ながらサイズの合うボルトが2本しか見つからず、3ヶ所のうち2ヶ所だけでの固定です。

あっさり復活したので、そのまま放置していました。

ところが前回釣行の前日に夜間航行灯が点くか確認してみたところ、

両色灯とマスト灯、どちらも点きません(昼間の写真を使っていますが、実際は前日の夜中の事でした)

両色灯を修理するときに何かやらかしたかと、再度外して付け直してみましたがダメ。

スイッチに問題があるのかと一度外してみたものの、

夜中だったために再生できなくなるのが怖くて断念。

前回釣行は夜間航行灯無しでのチャレンジとなりました。

 

釣行から帰った翌日の23日日曜日、本格的に調査開始。

青矢印のスイッチを分解します。

 

ちなみにぐっちゃんが記憶しているスイッチの配置は上の通り。

メインスイッチを入れなくても夜間航行灯は点灯するので、

起動用のメインバッテリーではなく、

I-pilot用のボイジャーバッテリーから電気を取ってると思っていました。

 

カバーを外し、ネジを取って、

配線を引きずり出します。

構造が全く分からず手探りでチェックします。

うーん、取説もありませんし、ホントよくわからん。

どこにどの線が接続していたかちゃんと覚えておかないと後で後悔しそうです。

配線を調べていくうちに、最初の思い込みが間違っていると気づきました。

どうも、このスイッチにはボイジャーではなくメインバッテリーから電気が来ているようです。

メインスイッチを介することなく、直接配線を引っ張っているので、

メインスイッチがOFFでも夜間航行灯が点いたんですね。

分解してはじめて気づきました。

そして青の矢印部分。

どうもこいつが怪しい。

小さな赤いBoxが2つあって、右2つのスイッチ、左2つのスイッチにそれぞれ電気を配給しています。

そして、スイッチのランプが点かない(通電していない)のは右2つだけ。

つまり、マスト灯と両色灯だけが点かないで、DC電源には電気は行っているんです。

果たしてこの赤いBoxはなんぞや?

詳しい人はもうわかっているでしょうが、ヒューズなんですね。

つまり、右側のヒューズが切れて、左側は生きている、と。

どうせ右側2つしか普段は使わないんだから、暫定的に右と左を入れ替えちゃえ、と

配線を入れ替えてみたら、予想通り夜間航行灯が両方とも点きました。

よっしゃ、応急処置完了、と思ったのもつかの間、

夜間航行灯を何度か点けたり消したりしているうちに、また点かなくなってしまいました。

4つのスイッチすべてが死んでしまったんです。

入れ替えた方のヒューズも飛んでしまったんですね。

 

船舶用の配線のヒューズなんて売ってるのか?と思いながらも、

漢のオアシス、ホームセンターへ。

ヒューズのコーナーをくまなく探しましたが、このBoxに入れることができるヒューズは見つからず。

諦めて帰ろうか、銅線でヒューズ無しで通電させてやろうかと考えました。

最後に寄った車用品コーナーで、

見つけてしまいましたよ、これにはまるヒューズを!

 

どうやらこのNEOは車用の配線を流用していたようです。

当然ヒューズも車用でバッチリ。

切れたヒューズは色から推測するに15A。

もちろん経年劣化もあったでしょうが、同じ規格を買ってきてまた飛んでも面白くないので、

20Aと30Aを買ってきましたよ。

2つ買っても300円くらいなので、予備として持っていてもいいかな、と。

で、20Aの方のヒューズを入れてみました。

 

見事にすべての回線に電気が通りました。復活です。

カバーをつけて、スイッチも元通りに。

配置は元のままなので、右から両色灯、マスト灯、DC電源、そして空です。

 

これらは全て船外機始動に使われるメインバッテリーから電気が供給されます。

HONDEXのプロッターもメインバッテリーからです。

ボイジャーバッテリーはI-pilotとKODENの魚探だけなんですね。

電気系統は触ってみないと全然理解できないものですが、

今回のメンテナンスでどのような配線になっているかがわかりました。

舷の内側を通って後方物入れのメインスイッチを経由する電気系は、

簡単に自分でメンテナンスはできませんが、

それ以外は何とかなりそうです。

トレーラブルボートはマリーナ艇と違ってメンテナンスしてくれる人がいませんから、

こんな感じで手探りで修理しながら、少しずつ経験値を上げていくんでしょうね。

 

次から次へとメンテナンスが必要になるボートとトレーラー。

でも、手がかかるほどかわいいとも言えそうです。

なんとか夜間航行灯復活しました。

今週末、現段階では強風予報で厳しい感じですが、どうなりますか。

浮けたら今度こそヒラマサゲットしたいですね。

 

それではまた おやすみなさい

  


にほんブログ村

GyoNetBlogランキングバナー

コメント (14)
この記事をはてなブックマークに追加

花見シーズン&キールガードメンテナンス

2017年04月05日 | メンテナンス


にほんブログ村

 

また今年も花見シーズンがやってきました。

本日4月5日はポカポカ陽気で、日中は上着が要らないくらいでした。

東京の桜は日本一早く開花します。

今年も開花宣言は3月21日でしたが、

その後の気温が上がらずに、4月5日現在5~8分咲きといったところです。

 

人形町甘酒横丁近くの小公園の桜。

もう少しで満開です。

 

中央区体育館がある浜町公園。

木によってまだ2分咲きというものから、8分咲きまで様々な桜があります。

満開にはもう少しですが、今週末は天気が悪く強風が予想されるので、

今週のウィークデー、もっと言えば今日明日が花見のピークだと思われます。

公園は御覧のように昼間から盛り上がる集団がいたり、

ポツンと広いブルーシートに座って場所取りをしている若者がいたり…。

 

自宅近くの地元の盟主宅には立派な桜の木があって、

こちらも7分くらいは咲いていました。

今年は長男が中学に入学するのですが、

10日の入学式まで桜はなんとか持ちそうですね。

週末の爆風次第ではありますが。

 

ところで2日の日曜日から今日まで、

奥さんと子供たちは春休みを利用して奥さんの実家に帰省していました。

その間ぐっちゃんはこゆきと二人暮らし。

最近はゲートを体当たりで動かして、こゆきエリアからダイニングキッチンに出てくることも…。

一昨日、昨日と家に帰ったらスリッパや靴下があちこち散乱していました。

ゲートの内側で何事もなかったようにお座りしてお迎えするこゆき。

でも、わかってるんですよ、あなたがいたずらしたってことは!

 

ここでちょっとだけボートネタです。

自作のアルミ板で作ったキールガードが剥がれかけていて、

修理が必要な状態でした。

完全に剥がして別のガードを取り付けるか、

そのまま貼り直すだけにするか悩みましたが、

今回はバスボンドで貼り直すだけにしました。

昨夜上の写真のように貼り付けて固定し、

見た目は汚いですが御覧のように固まりました。

 

キールガード復活。

このような小さなメンテナンスが毎回のようにあります。

ボート釣りをする人は、艤装やメンテナンスも含めて趣味だと思っていますし、

このような作業もけっこう楽しいです。

 

既に書いたように、今度の週末は天気が悪そうです。

土日とも南風が暴風というレベルで吹きそうで、ボート釣りはちょっと厳しそうですね。

さて、何をしましょうか。

 

週末、天気予報が好転しないかな~。

それではまた おやすみなさい 

 

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

GyoNetBlogランキングバナー

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

無念の出航即撤収、NEO-Gucchan号再入院(涙)

2017年03月18日 | メンテナンス

 ←ポチッとお願いします。
にほんブログ村  

 

3月17日金曜日、振替休暇を取って外房に向かいました。

今回の相棒はO君です。

実はこの日の夜、上司の家でホームパーティが開催されます。

上司公認の休暇釣行でパーティを彩る魚を獲ってくることが業務命令?でした(笑)

 

平日ということでゆっくり出発。

現場に着いた頃にはすでに明るくなっていました。

出航場所付近はかなり強いうねりと波があります。

O君、ちょっとビビッて酔い止め薬を2回分服用(笑)

でも、ぐっちゃんは勝算がありました。

経験上風向きと波の向きから考えると、出航場所付近は波立っていますが、

沖に行けは気にならなくなるだろう、と。

そして遊漁船の情報では、ワラサはまだまだ釣れているようです。

 

AM6:40出航。

まずはジギングポイント方面に向かいます。

予想通り、出航場所付近では波とうねりが気になったものの、

沖に出ると思ったよりも穏やかです。

 

1kmあまり進んだところで、いきなりの警告音です。

「ピーピーピー!」

オーバーヒート警告音です。

過去にも2度ほど鳴ったことがありますが、

一度船外機を停止し再始動すると何事もなかったように快調でした。

でも、今回は違いました。

 

再始動してしばらく進むと、

「ピーピーピー!」

また警告音が鳴り響きます。

 

検水はちゃんと出ています。

少し船外機を停止して様子を見ます。

そしてまた始動。

しばらくゆっくりと旋回します。

「ピーピーピ―!」

ついにたいして回転数を上げなくても警告音が鳴るようになりました。

 

この段階で超釣れそうな状況にもかかわらず釣りを断念せざる得ませんでした。

だましだまし、何度も警告音を鳴らし船外機を再起動させながら出航場所に戻りました。

出航から帰航までわずか40分弱です。

移動距離はわずか5km弱。大半は警告音が鳴らないか確認するための旋回です。

当然出航しただけで釣りはできませんでした。

上司の家に持ち込むはずの魚もこれでパーです。

 

ボートをトレーラに引き上げ、AM8:00を待って船外機修理ができそうなところに電話します。

出航場所近辺の漁船を扱う業者2件に電話しましたが、

ホンダの船外機扱えないということで却下。

自宅から比較的近いホーエイさんに電話してみましたが、立て込んでいてすぐの修理はできないとのこと。

ここで免許を取得したMGマリーン市川の兄弟店、MGマリーン鹿島を思い出しました。

ここはホンダ船外機を積極的に販売しているマリーナです。

ただし、その名の通り茨城県です。

「ホンダ船外機の修理可能ですか?」

「今日持ってきてくれればすぐ部品発注しますよ」

この一言で決定です。

外房から茨城県神栖市まで3時間近くかけてボートを運びました。

 

そのままNEO-Gucchan号は入院となりました。

MGマリーン鹿島さんはホンダ船外機に対してとても熱いショップでした。

せっかくだからホンダエンジンの良さを体験してみなよ、といことで、

75馬力のBF75を乗せた20フィートのボートを試乗させてくれました。

滑走までが超早く、あっという間に30ノット。

本当に75馬力なの?110馬力ぐらい出てんじゃないの?

この場所は利根川脇で水面は全くのベタ凪でしたから、超刺激的なクルージングができました。

NEOは修理が終わったら連絡してくれるということになっています。

不調の原因はサーモスタットへの冷却水が詰まっていたためのようです。

念のためサーモスタットとインペラーの交換もしていただきます。

ついでに、先日付けた油圧式操舵システムについてもチェックしてくれて、

ちょっと取り付け方法を修正をしてくれるそうです。

ボート経験のない丸重自動車さんに取り付けてもらった操舵システムが、より完璧になるみたいですよ。

 

なんだかんだで300kmも走ってしまいましたが、釣り自体はしていないので、

PM1:30頃には自宅近くに戻ってきました。

土日では行列ができてめったに食べれない超人気店、

ラーメンかいざんに行きました。

相変わらず美味いです。

 

一休みして出向いた上司の家でのホームパーティでは、

お土産の魚がないことを散々いじられましたが、まあ楽しめましたよ。

 

3連休、釣りに行けなくなってしまいました。

これからおとなしく家族サービスです。

もうすぐ奥さんの誕生日ですしね。

え、プレゼント?えへへ、実はもう準備してあるんですよ。

何かって?内緒です。

2年前みたいに車、とかじゃないですけどね。

 

今日はこゆきと遊びました。

ちょっと大きなトライカラーのシェルティ、アリオンくんと遭遇。

仲よく遊んでいましたよ。

 

NEO-Gucchan号、早く復帰できるといいなあ。

それではまた おやすみなさい

 

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

GyoNetBlogランキングバナー

コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加