進め!Gucchan号!

房総半島をメインフィールドに、マイボートで大物を追いかけています。たまには陸っぱりも。釣りがメインのブログです。

艤装換えます!NewGucchan号への序章♪

2015年09月27日 | 艤装

にほんブログ村 釣りブログ ゴムボート釣りへ にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
  

 

前回の2日連続出航でいい思いをして、わずか2日の出勤で週末です。

残念ながら諸般の事情でぐっちゃんは釣行しませんでした。

天気予報が2転3転しましたが、結果的には「雨」がかなり降りましたね。

 

本日日曜日、雨天決行を宣言していたビル・ジャックさんのFacebookが更新されました。

なんと、腰掛け板が真っ二つに割れて、

その下にあったタックルケースからハサミが飛び出して右舷チューブを貫通!

ほとんど釣りができずに撤退してきたそうです。

命あっての・・・、ですからね。

前回の開幕宣言に大いに期待して行かれたと思いますが、お疲れ様でした(汗)

 

さて、ぐっちゃんはこそこそと新艤装に向けて準備中。

フィッシャーマンシートの台座を作った事は報告済みですよね。

こんな感じで完成しました。

裏側はこんな感じになっています。

 

で、注文しておいた艤装Goodsが土曜日に届きました。

ただ、一部在庫切れで別ショップに注文したものが届いていません。

金額ですか?

全部コミコミでステラ1台くらいですね。

このくらいの金額になると、悩んでいては買えません。

金額なんて気にせず、欲しいものをリストアップして、エイッって注文しないと買えません(笑)

 

この日届いたパーツ一覧。

在庫切れでまだ届いていないのはアルミレール1本です。

右舷左舷用に2つ注文しました。

1人釣行なら片方でも大丈夫ですが、2人釣行だと両方必要だとの判断。

 

3連ロッドホルダー。

1箇所でも固定可能ですが、強度を重視して2箇所止めとしました。

 

魚探とロッドスタンドです。

こんな感じでついています。

3連ロッドホルダーとロッドスタンドで4本ロッドが置けますが、1箇所は認証旗用になります。

 

右舷側にもう一本レールを設定すれば、

横型の3連ロッドホルダーが設定できます。

こんな感じですね。

2人釣行では竿を振れる場所を確保しなければならず、

スタンドタイプのロッドホルダー2つは邪魔になるのではと考えました。

これについては実釣してみないと評価できませんね。

 

2つのマウントを使い、愛用しているプラケースを板につけて乗せています。 

すぐに使う物入れ+蓋の上が作業台になりますので外せません。

右舷側もレールを使う場合にはこのプラケースは右舷に移すかもしれません。

手前はカップホルダーなのですが、小物入れとしても活躍しそうです。

 

並ぶ順番は変更するかもしれませんが、

180cmのアルミレールに一人釣行時に必要な艤装が全て納まりました。

あ、今まではクーラーを右舷チューブの上に乗せていましたが、

今後は前席の前の床に置く予定です。

 

今まで活躍してくれたイレクター艤装たち。

新艤装がきちんと使えることがわかればお役御免となります。

さんざんイレクター艤装の紹介をしてきた手前恥ずかしいのですが、

電気機器のコードをまとめる用のマジックテープでボートに設置してきたのですが、

9.8馬力の船外機によるスピードと衝撃に、強度不足を隠せません。

少し荒れた海を爆走すると、マジックテープがしょっちゅう切れます。

また、右舷左舷の上に置いたクーラーや魚探台が、

衝撃で上下左右に揺れてずれてしまうことも度々。

つまり、6馬力船外機時代には感じなかった不具合で悩まされる日々でした。

 

今春、ようやく大枚を払ってでも欲しいと思えるような艤装グッズが発売されたので、

たーさんとビル・ジャックさんに毒見役を買って貰い、

ついに購入となった次第です。

 

アルミレールをボートにつけた図。

フッシャーマンシートもばっちりです。

各パーツの準備ができていれば、ジョイントをはめ込むだけなので、

ほんの2~3分で艤装が完了します。

ひとつ心配事が…。

けっこうしっかりしているのですが、これだけ重さをかけると、

全速で飛ばした場合に左右に大きく揺れそうです。

たーさんとお話した際には

固定ベースはボートを選ぶので強度を確認してから注文しては、ということになっていたのですが、

自宅でセッティングしてみただけで必要と判断しました。

少しセッティングが面倒になりますが、安全性には変えられません。

 

これでエスティマの荷台にも少し余裕ができます。

準備も楽になって、ますますゴムボート釣りが楽しくなりそうです。

 

こうなると、一刻も早く新艤装を試したいですね(まだパーツが揃っていないですが)。

 

それではまた おやすみなさい

 

 

にほんブログ村 釣りブログ ゴムボート釣りへ
にほんブログ村

  GyoNetBlogランキングバナー

コメント (20)

秋マサシーズン開幕! 連続出航2日目~ヒラマサ爆釣編!?

2015年09月25日 | ゴムボートJEX325 釣行記

にほんブログ村 釣りブログ ゴムボート釣りへ  にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
 

 

皆さん、お待たせしました(待ってない??)

シルバーウィーク後半、車内泊連チャン釣行の2日目です。

 

本当はもう1日くらいじらして投稿しようかと思いましたが、、それも大人気ないので…。

というか、他のブログ等々でネタばれしていますしね~。

 

この季節の車内泊は快適です。

暑すぎず寒すぎず・・・、

いい感じで寝ていると、なにやら横でごぞごぞ音がします。

「すわっ、泥棒か!?」

なんて思いませんよ。

AM3:30、たーさん&ミーサンが早くも来場して準備中。

まだ日の出まで2時間もあるよう!

 

前日に真鯛爆釣したミーサンに対し、ボウズだったたーさん。

この日はさすがに気合が違います。

これはついにたーさん覚醒か!?

 

おいらは準備の必要がないので、AM4:30までゆっくり寝て、

起きてからたーさんの準備の邪魔をします。

そんなタイミングで、久々のステキチさん登場!

続いてイサキ大王のパーフェクター・タダノさんも登場です。

だんだん役者が揃ってきましたね。

 

日の出はAM5:25、

きっちりと日の出時刻に合わせて出航です。

これが連チャンの最大のメリットですね。朝まづめを逃さないぞ、と。

 

前日の晴天とは異なり曇り空。

前日は時間とともに風が強くなっていきましたが、

この日は最初からけっこう吹いています。

結果的には時間とともに風は収まっていきました。

 

水温は20.3度。あれ?前日より3度も下がっている!

ステキチさんに確認すると、ステキチさんの水温計は23度台だそう。

その後、水温が乱高下を繰り返す非常事態、というか水温センサーが狂っちゃったみたい。

まあ、釣りには大して影響はないでしょう。

 

釣り始めて間もなく、ミーサンが竿を曲げています。

なんと、小ぶりながらもヒラマサをゲット!

しかもタイラバで!

相変わらずやりますね、ミーサン。

タモの扱いが上手ですね、たーさん。

 

いやいや、そんな事に時間を費やしている場合ではありません。

時合到来です。

次の流しでぐっちゃんのジグにヒット!

前日にカンパチが釣れたポイントなので、またカンパチか?

でも、引き味はヒラマサっぽいぞ、って・・・。

ぐっちゃんはタイラバではなく本気タックルなのであっけなく上がってきました。

秋シーズン1本目のヒラマサゲット!

早速、前日より練習を繰り返した自撮りにチャレンジ。

かなり小ぶりですね。60cmほどのミニサイズでした。

今日はこのサイズがレギュラーなのか?

前日結束部分を引き伸ばしてばらしたヒラマサは、もっと大きかったはず。

近くにいたステキチさんに声をかけて写真を撮ってもらいました。

サンキュー、ステキチさん。

とりあえず、時合を逃さないよう、早々にヒラマサを絞めて流し直します。

 

「ゴンッ」

またまたあたりました。

エイヤッと合わせを入れると、一瞬重みが加わった後「スカッ」と抜けました。

「ありゃ、空振り?」

と思った次の瞬間、

「ググンッ」

「おっ、いるじゃん!」

もう一回大合わせ。

でも、やっぱり「スカッ」と抜けてしまいます。

「なんじゃ、そりゃ」

とラインを巻きなおそうとすると、3度目の

「グググンッッ」

今度はがっしりフッキング、というより、最初の一発でかかったのですが食い上げだったと思われます。

その後はけっこう暴れまわりました。

前日の反省からゆるめに設定してあったステラのドラグがジージー音を立てます。

食い上げということは底のほうであたっています。

ということは・・・、

これは前日同様カンパチなのか?カンパチはよく食い上げがあるといいます。

しばし強烈な引きを楽しんで、徐々に巻き上げにかかります。

カンパチ特有の細かい首振りはありません。

それじゃあ、これは・・・?

ヒラマサでした。

ちょっとワラサっぽい、ハイブリッドのような感じですが、体型は間違いなくヒラマサです。

70cmを超えましたね。3.3kgありました。

久しぶりのヒラマサなので、こんなジギングレギュラーサイズなのにかなりビビリました。

いやー、よく引くなあ、と。

 

遠くを見ると、ステキチさんが寂しそうにしゃくっています。

ここはドヤ顔を見せてトドメを刺してあげなければなるまい!

ということで、

「ステキチさーん、写真撮って~」

ステキチさん、しぶしぶ、明らかに嫌そうにパチリ。

失礼しました(笑)

 

この後、潮止まりが近づき、アタリが遠のきました。

たーさん&ミーサンはどこかに移動して行きました。

しばらく頑張っていたステキチさんも、別の釣りを試すと移動して行きました。

 

ぐっちゃんのクーラーには前日のカンパチ、オニカサゴが入っています。

ここにヒラマサ2本でもう満腹。

そもそもこの日はシルバーウィーク最終日で帰り道の大渋滞が見えています。

ここは早上がりも視野に入れて、ちょっとキャスティングでもやってみるか・・・、と移動開始。

 

 

昨日同様、海は酷く濁っています。

相当な荒れ後の海です。

トップのヒラマサは、濁りが無いほうがよく出ます。

逆に、この日ミーサンが釣ったように、濁っている日はタイラバが有効だったりします。

 

浅場に向かう途中、実績はないけどいい感じの根を発見しました。

ここでちょっとタイラバを試してみることにします。

ミーサンのタイラバはPE0.8号にリーダーが3号ですが、

ぐっちゃんのタイラバはスロージギングタックルそのまま流用なのでPE2号、リーダー12号です。

え、はなっから真鯛狙ってないじゃん、って?

いつタイラバで真鯛を狙うって言いました?

そもそも、タイラバのフックも紅牙の最大サイズに変更してあります。

濁っているときはタイラバで狙える!が新常識なんですよ(?)

 

というわけで、ひと流し、ふた流し・・・、

いい根なんですが、そんなに簡単に魚は反応してくれません。

そりゃそうだよね。

根が終わりかけて、水深がやや深く30mほどになったときに、

「ガンッッ!!!」

いきなりの強烈なアタリでした。

「え、えーっ!」

スロージギングロッド、リールはオシアカルカッタ、決して軟弱なわけではありません。

が、

「キュルキュル~・・・」

オシアカルカッタは最大ドラグが6kg、

この日はやや弱めの設定だったので2kgくらいしか負荷をかけていませんでした。

一気に20m以上ラインを出されました。

1回、2回と締め込みをかわし、ようやく少しずつラインを巻き始めます。

巻いて、出されて、巻いて、また出されるの繰り返し。

水深30mに対し、ラインは40m以上出ていますから、あまり遊ばせるわけにもいきません。

徐々にドラグを締め込み、親指でサミングしながら、少しずつこちらに寄せていきます。

5分ほどのやり取りの後、ようやく姿が見えました。

「ヒラマサッ!」

どう見てもこの日一番のサイズです。

それでも、モンスターには程遠い、割と素直にネットに入るサイズで、

83cm、5.3kg

秋のトップで獲るヒラマサのレギュラーサイズですね。

水中で姿を見たときには90cm近くあるかと思いましたが、そこまではありませんでした。

またしても、ブツ持ち写真を・・・。

いやー、もう満足です。

これ以上釣っても手に余ります。

というか、既にこの時点で貰い手を捜さなければなりません。

3本のヒラマサを海上で処理して、なんとAM8:30に帰還開始です。

AM9:00前に出航場所に戻ると、ひさしぶりの駐車場管理のオヤジさんが、

「なんだぁ?もう帰ってきたのか?」

と声をかけてくれました。

これ幸い、

「お父さん、このヒラマサ、要る?」

「お、おう、ってデッケーなぁ」

オヤジさん、身内にブツ持ち写真をスマホで撮ってもらい、

この後帰ってくるボーターたちに、

「ホレ、俺もこれ釣ったんだよ~(笑)」

なんて写真を見せて自慢してました。まあ、喜んでもらえて何よりです。

 

帰り際の海はこんな感じ。

天気も良くなり、波も風もかなり収まりました。

ちなみにハンディGPSは2日間の釣行に電池が持たず電源が落ちてしまいました。

よってこの日のデータはありません。

 

いつもなら目の色を変えて釣っている時間帯に、早々に片づけをして

燃料切れで帰ってきたステキチさん、

超大物をばらしたミーサンと物静かなたーさん、

イサキが釣れ過ぎて貰い手を捜すタダノさんらと釣り談義で談笑。

それでも、12:00前に帰路につくことができました。

もちろん渋滞もなく、PM2:00には帰宅できましたよ。

 

この日持ち帰ったのはカンパチ、オニカサゴ、ヒラマサ。

一番左の白いのがオニカサゴ、右の皿がヒラマサで、真ん中がカンパチです。

刺身としゃぶしゃぶでいただきました。

この日のベストフィッシュ・一番人気は、「カンパチ」でした。

あっさりしながらしっかり味があり、刺身でもしゃぶしゃぶでも絶品です。

 

というわけで、大満足早上がりとなった2日連続の秋シーズン緒戦でした。

こんな状態が続いてくれるといいのですが、

あくまでも台風後の偶然の荒食いなのか、それとも春の貸しを一気に返すGoodな秋シーズンとなるのか・・・。

次回以降の釣行で判断できますね。

 

それではまた おやすみなさい

 

※追記

この日の片づけ中、ボートのフロアに敷くクロスが風にあおられ海に落ちました。

それを取ろうと堤防のロープを掴んで体重をかけ、海に手を差し出しました。

そのロープはしっかりと堤防につながれていませんでした。

結果、超浅い海でしたがお尻から落ちてしまい、ずぶ濡れになりました。

幸い車の電子キーや財布もそれほど濡れず、

着替えを持っていたので大事には至りませんでしたが、

たーさん&ミーサンとステキチさんには格好のブログネタを提供してしまいました。

どのように書くかは本人のみぞ知る、でしょうが、事実はここに記したとおりです。

いやー、冬じゃなくて良かった(笑)

 

 

にほんブログ村 釣りブログ ゴムボート釣りへ
にほんブログ村

  GyoNetBlogランキングバナー

コメント (26)

秋マサシーズン開幕! 連続出航1日目~雰囲気抜群編

2015年09月23日 | ゴムボートJEX325 釣行記

にほんブログ村 釣りブログ ゴムボート釣りへ にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
 

 

シルバーウィーク前半は、遠い台風の贈り物のうねりで、

外房秋シーズンが開幕したにもかかわらず、出航は自粛せざるを得ませんでした。

じっと海況が回復するのを待ち、

満を持して9月22、23日の後半戦に連続出航しました。

 

22日に1日釣りをして、車内泊、23日午前までがんばると計画です。

果たして今年の秋シーズンはどうなのか、占う意味でも重要な2日間です。

 

重要などと言いながらも、若干遅れ気味で現地到着、

出港準備が整ったのはすっかり日が昇った後でした。

 

たーさん&ミーサンは一足先に出航済み。

お初のゴムボーターも2名ほど。

そのほかにもこの日はFRPボートがかなり来ていました。

やはり、外房秋シーズンを待ちわびた人が多かったのでしょう。

 

天気は快晴です。

まずは春シーズンに不振を極めたジギングポイントへ。

 

海水の色がいつもと違います。

台風の影響か、少し前の豪雨の影響か、かなり濁りが入っています。

さらに、巨大な越前クラゲが大量に浮遊しています。

 

この日は自撮り棒を使ってブツ持ち写真を撮ろうと、

まだ魚も釣れていないのに撮影の練習(笑)

 

水温は23.1度です。少し下がった感じですかね。

内房では25度以上ありましたから。

 

まずはジギングからスタート。

北東の風でボートは東から西に流されます。

潮はゆるーい西から東への正潮です。

ジグとボートが逆方向に流されるので、釣りにくいったらありゃしない。

 

ベイト反応はバンバン出ています。

2流し目におさわり。

いい感じです。いかにも釣れそう。

その後、フォール中にアタリがあり、合わせると、

「根掛かり?」

重いし、生命反応も無いのに、リールを巻くことができます。

「うーん、でっかいゴミでも引っ掛けたか?」

そんな感じで上げてくると、

ありゃ?オニさんではないですか?

早速、練習したとおりに自撮りです。

雰囲気はあるのですが、なかなか青物があたりません。

ここは思い切って大移動です。

時間とともに風が強くなる予報なので、行けるうちに行っておきましょう。

 

次のジギングポイントでは、またしてもおさわりあり。

ちょっといつもより広い範囲を流していると、水深40mほどのポイントでひったくるようなアタリ!

「よっしゃー!」

「おー、久々!引く引くー!」

最初の突込みを何とかかわし、臨戦態勢を整えます。

第二段の強い突っ込み!

「ふっ・・・」

「・・・外れた?」

PE3号、50lbのリーダーです。

なんと、リーダーとジグの結び目が緩んで伸びていました。

実は、ちょっと試しにいつもと違う結び方をしていました。

痛恨の人為的ミスです。

引きから推測するに、間違いなくヒラマサでした。

その後何度も流しなおして2匹目のドジョウを狙うも不発。

時間とともに予報どおり風が強くなってきたので、浅場へ移動します。

 

時間はAM9:00過ぎ。

シャローでキャスティングをするも、少々キャスティングには濁りが強すぎます。

波も無いよりはマシですが、ちょっと強すぎる感じ。

 

と、突然アイドリング状態にしてあった船外機がエンストしました。

セルを回すとかかるのですが、アイドリングまで回転数を落とすとダウンしてしまいます。

よーく見ると冷却水が排出されていません。

「これはまずい!」

仕方なく、エンジン回転数を低めに保ちながら出航場所まで帰還しました。

(画像は使い回しです。このときは写真を撮る余裕なんてありませんでした)

もう少し遠くでトラブっていたら、オーバーヒートしていたかもしれません。

 

出航場所に戻ると、パーフェクターの海坊主さんが準備中でした。

「冷却水が止まっちゃったんですけで、原因わかりますか?」

と聞いて見たところ、

「水が循環するパイプが詰まっているだけなら直せますよ」

とアドバイスいただきました。

試しにパイプを外してみると、見事に詰まっています。

あ、っという間に修理完了!船外機は復活しました。

実は海坊主さん、この後ご自身の船外機がかからなくて出航を断念。

なんとも皮肉な結果になってしまいました。

海坊主さん、この場で再度お礼を言います。

「ありがとうございました。」

 

 

時間はAM10:00、風が強く波があって、潮止まりが近い。

ここは休憩でしょ、と言う事でしばらく車内で寝る事に。

程なくたーさん&ミーサンも帰ってきました。

他のFRPボート、ゴムボートの方々も次々帰ってきます。

聞けば、「釣りができるような海況ではない」 とのこと。

休憩して正解でした。

ミーサンはタイラバで真鯛爆釣したそうで、大小合わせ7~8枚の真鯛がクーラーの中に・・・。

たーさん&ミーサンは一旦帰って翌日また来る、と言う事で、ここで終了。

 

ぐっちゃんはPM2:30に午後の部スタートです。

夕方に向かって風がおさまるはずなのですが、まだとんでもない海況でした。

近場で1時間ほどタイラバなどを試した後、

風が弱まってきたPM3:30頃に沖に向かって移動です。

 

沖のポイントもかなり荒れていましたが、外房慣れしたぐっちゃんにはたいした事はありません。

ただ、風が強くてボートが時速4kmほどで流されます。

2流し目にはっきりしたアタリ!

ただし、午前中のヒラマサ(予測)とは異なる引き味です。

具体的には、パワーは午前中よりはるかに強いのですが、動きが小刻みです。

「なんだ?これは・・・」

とりあえずあげて見なければわかりません。

1~2分程、強い引きをこらえた後、またしても、

「ふっ・・・」

なんと、リーダとルアーの結び目が、今度は伸びたのではなく切れました。

傷が付いていたのでしょうか?

自己嫌悪です。

 

さらに、フッキングしないアタリが2回ほど・・・。

明らかに活性は高いです。

 

何回か流して、ついに再々度フッキングに成功! 

またしても、例の小刻みな動きです。

それなりに引きは強いのですが、重量感はありません。

この日ヒットした青物の中で一番小さそうです。

しばらくのやり取りの後海面にその姿が見えました。

「あれ?茶色い??」

なんと、カンパチ(ショゴ)でした。正体判明です。

なるほど、これなら引きの強さも細かい首振りも納得。

サイズは50cm強。

ヒラマサなら70cmくらいの引きでした。カンパチってやっぱり引きますね。

またしてもブツ持ち写真にチャレンジ。

この日の午後はカンパチの群れが入っていたようです。

ばらしたのはもう2サイズくらい大きかったと思います。惜しかったですね。

  

その後もおさわりはあるもののフッキングせず。

こんなおまけも・・・。

波風がそこそこあって釣り辛いなか、なんとか青物を見ることもできたので、

この日はこれで終了としました。

PM4:30沖あがり。

 

最高速は眉唾です。

距離はけっこう出ましたね。

 

翌日もここで釣りをするので、最低限の片づけでOKです。

楽チン!

暗くなってから、かんぽの湯で日帰り入浴して、

ラーメンを食べてまた出航場所に戻りました。

こういうときにエスティマは、フルフラットになるので便利ですね。

久々の車内泊です。

 

ずいぶん長くなってしまいました。

続きは次回にしたいと思います。

それでは、次回連続出航2日目~ヒラマサ爆釣編(ホント?)へ続きます。

 

それではまた おやすみなさい

 

 

にほんブログ村 釣りブログ ゴムボート釣りへ
にほんブログ村

  GyoNetBlogランキングバナー

コメント (8)

フィッシングシート改良(続き)

2015年09月19日 | 艤装

にほんブログ村 釣りブログ ゴムボート釣りへ にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
 

 

シルバーウィークが始まりました。

しかし・・・、

台風20号が南東海上に鎮座しておられます。

雨や風の影響以前に、波&うねりが心配な距離ですね。

いろいろな情報からトータル的に判断した結果、

外房に関しては21日までは危険と判断。

内房に関しては風向きに注意して出航場所を選べば釣りはできそうですが、

やっぱり外房秋シーズン開幕ですから、外房で勝負したい!

今の予報通りなら、22、23日のどちらか、あるいは両方が勝負日でしょうか。

ちなみに、本日19日は第3土曜日なので禁漁日です。

 

先週廃材を使って作ったシート台、

これの製作を進めます。

 

用意したのはこちら。

ボルトは8mm×60mmというサイズです。

これを、

こんな形で使います。

 

8mmの木材用ドリルで、

サイドに片側2箇所ずつ穴を開けます。

こうなります。

ここにネジをはめ込むんですね。

外側がこの形状だと力を入れて締め込みやすいですし、釣り道具やウェッダーを傷つけません。

 

内側はこんな感じ。

六角形なので締めこんでしまえばアルミ腰掛け板で回転しなくなります。

また、実際に釣りをするときには、このナットがシートが浮くのを抑え、腰掛け板にシートがしっかり固定されます。

これが今回の艤装のキモです(笑)

腰掛け板の下で長い1本のボルトを貫通させ、ボルトナットのセットを4つではなく2つで済ますバージョンも考えたのですが、

ちょうどいいサイズのステンレスのボルトが売っていなかったのと、

安全性やボルト回転防止に今回の形状のナットが適すると判断し、面倒ですが4箇所止めとしました。 

こんな感じで腰掛け板がしっかりはまります。

腰掛け板にほとんど固定された感じですが、ボルトと腰掛け板の間にほんのわずかな隙間があるため、

台座は左右に動かす事が可能です。

 

左は現在のフィッシングシートです。

イレクタージョイントの付いた板にスイベルを付け、シートを固定しています。

この板からスイベルを外し、右の新しい板に移植すれば完成です。

まだイレクタージョイントバージョンを数回使用するはずなので、今は移植できません。

イメージだけ。こんな感じで納まります。

台座の表面と腰掛け板の間の中心部分には、この写真からはわかりませんが、板一枚分の隙間があります。

これは、スイベルをボルトナットでとめますから、そのナットの納まる空間を保持するための処置です。

台座を腰掛板から外す事を前提に作成しましたが、4箇所のボルトナットを外したりはめたりは面倒なので、

実際には腰掛け板とシート台はこのままにして、

フィッシングシートのほうをスイベルの上下で分離できるので、 その形で保管になるでしょう。

 

えらそうに書いてきましたが、工具と材料があれば数分でできる作業です。

今回は図面等一切なしで、ホームセンターの廃材を見て触って組み合わせたりしながら、

完成形と必要な材料を頭の中で思い描いて完成させました。

作業よりも、この設計部分が一番時間を要したかもしれません。

 

さあ、この台座に実際にシートが付くのはいつになるんでしょうか。

完成までしばしお待ちいただければと思います。

 

次回は釣行記を書けるでしょうか。

それではまた おやすみなさい

 

 

にほんブログ村 釣りブログ ゴムボート釣りへ
にほんブログ村

  GyoNetBlogランキングバナー

コメント (13)

雨風避けてプチ艤装

2015年09月15日 | 艤装

にほんブログ村 釣りブログ ゴムボート釣りへ  にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
 

 

12日の土曜日は家庭の事情で釣行できませんでした。

13日日曜日に釣行すべく前日に天気予報をチェック。

当然上天気の釣り日和でしょ、と思っていたのですが、時間とともに怪しく変化。

 

波はまあそれほどでもない感じですかね。内房に限定すれば1m以下です。

ただし、

風が強い。

南東風なら何とかなるかもですが、南西風は荒れるんですよね。

これは厳しそうです。

海快晴とYahoo!が揃って10m、8m/sと強風予報。

これは相当吹くでしょう。

いつもなら、海快晴が10m/sでも、Yahooは3m/sだったりするのですが、

この二つが揃ってしまえば、逃れる術はありません。

確実に、「吹きます!」

さらに、ゲリラ的な雨も降りそうです。

ビル・ジャックさんも釣行を諦めて土曜に夜に焼肉&ビールに走った様子。

ぐっちゃんも自粛する事にしました。

 

 

せっかく日曜日が暇になったので、ちょっと艤装の見直しでもと考えました。

現在のイレクターを使った艤装は、我ながら非常に良くできていて、少しずつ進歩もしています。

でも、9.8馬力船外機でチューブの上に大きなものを乗せる形の艤装は、

様々な面で強度や安定性の問題が露呈してくるのです。

さらに、準備や片付けに時間がかかり、車内の場所もとるので、

思い切ったチェンジをしたいな、と思い始めていました。

 

そうは言っても、すぐに艤装を変えられるわけもないので、

来るべき日に備えて、できることから始めます。

 

ホームセンターで、

こんな材料を購入。

そもそも端材の処分品なので、1つ38円~120円、

ちなみにこのスプレー塗料は会社の廃棄予定備品をもらってきたものでタダ。

木材だけなら330円ほどでした。

 

これを、

ちょっと加工して形や長さを揃え、接着剤で仮止め。

 

こんな感じに。

お分かりだとは思いますが、間に挟まれているのはゴムボートの腰掛け板(アルミ製)です。

 

接着できたら、スプレー塗料でペインティング。

きれいに見せると言うより、防水が主な目的なので色むらは気にしません(笑)

シルバーを選んだのはアルミ腰掛板に合わせたからです。

 

こんな感じになりました。

 

塗料乾燥後に木ネジをドリルドライバで打ち込んでこの日の作業は完了。

 

今はイレクターパイプの骨組みにジョイントを使ってドッキングさせているフッシャーマンシート、

これをアルミ腰掛け板にうまくはめ込む土台を作っているのです。

椅子がいくつもあるわけではないので、ここで最後まで作業を進めてしまうと、

イレクター艤装が使えなくなってしまいます。

まだ買い足さなければならない部品がいくつかあるので、この作業はここで一旦中断です。

いつか皆さんが忘れそうになるくらいに完成形をお見せできると思います。

 

 

さて、前回の記事で、

SIXPADを買ったお話をしました。

早速試しています。そして毎日体重計に乗ります。ところが・・・、

 

我が家の体重体組成計、

タニタ製で、会社のウォーキングラリーで1位になった景品としていただいたものです。

6、7年は頑張ってくれたでしょうか、突然ちゃんとした重量を表示できなくなりました。

寿命です。

そこで、家電量販店のポイントが5000円分ほどあるのを思い出し、早速物色しに行きました。

予算は5000円ですが、

こんなのが買えました。

表面が強化ガラスで高級感があります。今回はオムロン製にしました。

やはり体重体組成計で、体脂肪率、内臓脂肪指数、骨格筋率、基礎代謝、BMI、体年齢までばっちり表示されます。

何よりすごいのは、一度登録すると大幅な体重の変化がない限り、

その体重から登録されているどの人かを勝手に選び出して、全ての測定をしてくれるところ。

今までのタニタ製は、最初に登録番号を呼び出してから測定しなければいけませんでしたから、

実際に使用する立場としてはすっごく大きな進歩です。

 

ただ、どうもこの新体重計、旧体重計より1~1.5kgほど重い数字を表示します。

この1、2日でそこまでの体重変化があるとは思えず、これはメーカー間の誤差として許容する事にしました。

 

ところで、これだけの多機能で税込み5000円弱です。

もちろん、スマホ連動だとか、データの取り出しや管理などの機能をつければ10000円を超えますが、

正直、そんな機能があっても使わないと思います。

 

で、話は戻りますが、SIXPADは本体が約25000円、消耗品のジェルシートは30回分4200円。

4ヶ月分で合計36700円使った事は報告済みですよね。

今回買ったオムロン製の高性能体重体組成計、7個買ってお釣りが来ます(笑)

うーん、物の価値ってどうよ!って感じですね。

あ、別に後悔しているわけではないんですけどね。ネタ的に面白いでしょ(爆)

 

そういえば、明日あたりまた太平洋に台風が発生しそうですね。

シルバーウィーク、関東の海に影響が出そうな感じです。

うーん、何とか追い払えないですかねぇ。

 

それではまた おやすみなさい 

 

 

にほんブログ村 釣りブログ ゴムボート釣りへ
にほんブログ村

   GyoNetBlogランキングバナー

コメント (10)

リベンジ失敗!2年連続完敗(涙・非釣りネタです)

2015年09月12日 | メタボリック対策

にほんブログ村 釣りブログ ゴムボート釣りへ にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
 

 

今回はしょーもない非釣りネタです。

9月10日(水)、日本中が台風18号の影響で、あちこちで豪雨と災害の報道がなされる中、

ぐっちゃんはここに向かいました。

東京ビッグサイトです。

ここではしょっちゅういろいろな展示会が開催されていまして、

研究開発企画という職種のぐっちゃんはちょくちょく展示会にお客として参加するのです。

この日の展示会は、

ダイエット&ビューティフェア2015

そう、美容と痩身のための展示会です。

この展示会は良い思い出がありませんで、

昨年も参加したものの、自然化粧品も美容関係の食品も、エステで使われる高級器具も、

ぐっちゃんには全然理解ができませんでした。

さらに、各社のブースは大量の女性が器具のお試しをしたり、

簡易のベットに横になり、お腹を出して痩身エステを体験したりしています。

つまり、

「居心地が悪い」

「目のやり場に困る」

「そもそも、展示されているもの全てが怪しすぎる」

普段、エビデンスとレギュレーションの中で仕事をしている立場としては、

この美容関係の展示会は、

「人も、会社も、製品も、みんな怪しすぎる!」

 

で、昨年はそんな状況に耐え切れず、小1時間ほどでたいした成果もなく退散したのでした。

そう、ぐっちゃんは美容業界に戦わずして敗れたのです。

そんなフェアになぜ今年も来たのかと言えば、それは、

「リベンジ」

に他なりません。

今年は昨年のように簡単に退散することなく、

何か新製品のきっかけになる種を見つけなければなりません。

そんなわけで、相変わらずの怪しさに満ちた会場を、女性の冷たい目線を感じながら、

いくつかのメーカーから情報収集しておりました。

 

そんなおり、ひときわ華やかなブースに目が止まりました。

ここです。

しかも、写真でもわかるように、この展示会の中では最も男性比率が高いような・・・。

後から紹介しますが、ここの製品、ちょっと興味があったんです。

覗き込んでいると、ちょっと年配の場を仕切っていると思われる女性が、

近くにいたかわい子ちゃんに目と顎で指示をしました。

そのかわいいおねえさん、当然この会社の製品の説明係なんですが、

いきなり、

「服をめくってお腹を見せてください、うっふん」 (誇大な表現が混ざっています)

「えっ・・・」 (ドキドキ・・・)

「とっても気持ちいいですよ、あっはん」 (誇大な表現が混ざっています)

「は、は・・・」 (てへ♪)

ちなみに、紹介&お試ししているのはこちら。

MTG(エムティージー) SIXPAD(シックスパッド) Abs Fit(アブズフィット) TR-AM2015A-E ブラック
 

 

これ、ご存知の方も多いと思います。

そう、あの、

クリスティアーノ・ロナウドが開発に携わり、宣伝までしているSIX PADというEMS筋肉増強器具です。

1回試すと23分かかります。

1日1回、23分間お腹に貼って電気を流すだけで、ロナウドのようなマッチョになれる夢のような器具なのです。

類似品と比べ周波数が低く、その分痛みがないので強い電流を送れるのです。

だから、効果が早く確実に出るんです。

(以上、オレンジ部分はおねえさんの受け売りです)

23分間、かわいいおねえさんは上目づかいでぐっちゃんを見つめながら、

時々シャツをめくってPADの強さを調節しながら、

心をこめて(?)自社製品の良さをアピールするのです。

 

で、どうしたかって?

買いましたよ、SIXPAD。

お腹用のSIXPAD本体1つと追加のジェルシート3セット。

安いバッタ品が存在する事も知っています。

でも、23分間のお試しと、その間のおねえさんとの会話がとっても心地良かったのです。

 

もちろん説明してくれたおねえさんも素晴らしかったのですが、

本当のヒーローは彼女をぐっちゃんの元に派遣した年配の女性ですね(笑)

あんたはエスパーか?どうしてぐっちゃんの好みが分かる?

おかげで36700円の散財です。

だって、説明係があの子じゃなかったら、たぶん買わずに帰ってます(マジ)

腕や足用のものもあるのですが、これはボート釣りで鍛えているから必要ないと断りました(せめてもの抵抗)。

 

本来なら下請けメーカーと受注メーカーを結びつけたり、メーカーと小売を結びつけたりするのが目的のはずの展示会、

単なる即売会になってしまっています。

ぐっちゃんが参加する展示会で、これほど商売っ気が強いのはこれだけですね。

 

と言うわけで、昨年と違い展示会には3時間近くいましたし、

原料メーカーの話を聞いたりもできましたが、

やはり今年も、

「完敗」

です。

仕事で行った展示会で、36700円のおもちゃを買ってるわけですから。

ちなみに、カードで決済するときに考えていたのは、

「ま、MCワークスより安いからいいか」

でした。

 

かわいい説明係のおねえさんが、

「2ヶ月で変わりますよ!2ヵ月後が楽しみです!」

「そうか、2ヶ月か・・・。って2ヶ月でかっこよくなっても君に見せられないじゃん」 (含む下心)

「あ・・・。」

 

しばし沈黙後、

「再来月大阪で同じフェアをやります。わたし、そこにも行きますので、大阪の会場に来てくれたら会えますよ。」

「誰が行くか!(爆)」 (心の叫び)

 

 

会社に帰っておばかな報告をして、一通り皆さんに笑われた後、

自宅に戻って商品の確認です。

けっこう立派な箱に入っています。

こんな感じでスポンジの型に入っています。

ま、過剰包装ですが、金額を考えれば妥当かもしれません。

 

普段はこのクリアケースに入れて保管します。

 

恥ずかしながら、お腹に貼り付けた状態です。

これが2ヵ月後にどう変化する事でしょう。

ちなみに、この10分の1ほどの値段のバッタ品を買った経験のある会社の後輩が、

「変わりませんよ」

いやいや、これはバッタ品じゃないですから・・・(汗)

きっと、

こんな感じになっているはずです(ロナウドさん、ごめんなさい!)

 

そういえば夏場にボート釣りを休んでいる間に、

たーさんやビル・ジャックさんがBMO JAPANの新製品で艤装を進めておられます。

BMO JAPANのホームページはこちら。

ぐっちゃんも前から気になっていて、フィッシングショーでカタログもらって持っているのですが、

準備や片付け、イレクターの錆などを考えると、導入するのもありですね。

ちょっと検討してみようと思います。

 

今週末は台風が去ってよさげな感じですね。

日曜日釣行を検討中です。

 

それではまた おやすみなさい

 

 

にほんブログ村 釣りブログ ゴムボート釣りへ
にほんブログ村

  GyoNetBlogランキングバナー

コメント (16)

超久々ゴムボート釣行!雨の合い間に…♪

2015年09月07日 | ゴムボートJEX325 釣行記

にほんブログ村 釣りブログ ゴムボート釣りへ にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
 

 

ずーっと天気が悪い日が続いていました。

この週末も雨かなーって半分諦めムードでしたが、

週末が近づくにつれ予報が持ち直してきました。

 

9月5日土曜日は終日晴れ! でも、この日の釣行はNGでした。

9月6日日曜日はビミョーでしたが、雨が降り始めるのは午後、おそらく夕方と予想しました。

で、久々にゴムボート釣行を決定!

行き先は内房のメジャー海水浴場。もう海の家は撤収されています。

 

実は土曜日、釣行準備をしようとエスティマに乗り込むと、

「あれ?」

エンジンがかかりません。

前回のバッテリー上がりの記事はこちら。

涙、涙のオルタネーター交換記事はこちら。

というわけで、既に5個目のバッテリーとなっているエスティマ君。

昨年オルタネーターを交換しました。

今年の5月に16万5000円を支払って車検を通しました。

でも、またバッテリー上がり。

 

慣れたもので、魚探用のバッテリー(12V)とブースター接続してエンジンスタート。

そのままトヨタの整備工場へ・・・。

その結果、

「バッテリーは使用年数が短いが年式は2011年製で、販売店の売れ残り在庫品だった可能性あり」

確かに、バッテリーはトヨタではなくイ〇ロー〇ットで買いました。

「さらに、接続端子の変形と錆がある」

「待機電力はそれほどではないので、アース等の不具合で放電してしまっている可能性もある」

という結果でした。

とりあえずオルタネーターは正常に働いていたので、仕方なくバッテリー交換。6個目です(涙)

接続端子は部品取り寄せということで、来週修理します。

さらにその後、2~3日入院させて、徹底的に原因を追究してもらいます。

まあ、トヨタで2時間ほど拘束されましたが、なんとか安心して海に行ける様になりました。

もう、こうなったら維持でもゴムボート釣りを敢行します。

 

今回はいつもの外房ではなく、内房なので、ヒラマサ1本狙いというわけにはいきません。

4ヶ月ほど冷凍庫に置かれて日の目を見なかった甘エビが活躍する時が来たのです。

ジギングロッド、スロージギングロッド、ライトジギングロッド、キスロッドをチョイス。

ジギングロッドは、その名のとおりジギングを、スロージギングロッドではタイラバを、

ライトジギングロッドでは小型メタルジグでキャストを、キスロッドはひとつテンヤを想定しています。

 

ちょっとゆっくり目に出発したのがあだになり、現地について少しすると東の空が明るくなってきました。

うーん、出遅れました。

既にカヤックが3艇、ゴムボートが2艇準備完了しています。

着いたころにはこんな感じでしたが、

 

準備完了時にはこんなに明るくなっていました。

しかし、外房と違って気合が入らないのはぐっちゃんだけではなかったようで、

ぐっちゃんより30分遅れでビル・ジャックさんが登場!

今日は知り合いがゼロだと思っていたので、嬉しい再会です。

さらに遅れて、ダイワフィールドテスターのオノさんらパーフェクターカートップチームもやってきました。

しばし談笑し、情報交換。誰も焦りはありません。

日の出はAM5:15。

カヤックや2馬力ゴムボートは規制がないことをいい事に日の出前の暗いうちから出航していきましたが、

Gucchan号の出航はAM6:00をはるかに過ぎていました。

 

沖に出て水温を確認すると、

25度以上あります。

水温はまだ夏ですね。

 

この海は穏やかで水深がそこそこあるので、大型船が停泊していたり、航行したりするのですが、

この日は、

こんなごついヤツも曳航されていました。

さらに、

こんな立派な有名船も・・・。

 

沖合いに停泊している船を真近で見ることができるのはミニボートならではです。

いやー、目の保養になりますね。

天気もこの時点では上々で、無風、べた凪です。

 

この日本丸のすぐ近くで底近くに魚探反応。

ライトジギングロッドで40gのメタルジグを投げて様子を見たところ、

釣れちゃいました。

驚きの尺アジ!33cmです。

気分を良くして2匹目を狙いますが、釣れません。

アジってなぜか1匹目は簡単に釣れるのに、後が続かないんですよね。

近くでアンカリングしてビシ釣りをしていたエボシ340の2人は、

比較的コンスタントにアジをあげていたようです。

 

ぐっちゃんはコマセもビシも持ってきていませんので、足で稼ぐ作戦です。

水深20~60mくらいまでのポイントを次々回りますが、なかなか魚探の反応がありません。

やっとの思いでそれなりに反応がある場所を見つけ、ここでもまずはメタルジグを投入。

反応がなければ、タイラバ等で再チャレンジするつもりでしたが、

すぐに、

サバゲット!

食べてもいいし、サバタンにして次回の餌にしてもいいやとキープ。

絨毯と言うほどではないものの、

小から中くらいの魚の群れがコンスタントに魚探のアラームを鳴らします。

そして、

ダブルヒット!

この後も釣れ続き、専門に狙えば相当な数が釣れそうでしたが、

たくさん持ち帰ってもクレームが出るだけなので、

食べる用とサバタン用に3本だけキープしてあとは全てリリースしました。

 

釣れなきゃサバでも超ありがたいのですが、釣れ過ぎると違う魚が欲しくなります。

釣り人は貪欲なんです。

 

ここで湾内のサバ・アジ場を離れ、一気に東京湾の外まで突っ走りました。

さすがに9.8馬力、べた凪の好条件もあって15分ほどで湾外の潮が早く流れる1級ポイントに到着。

ここでは、ジギング、タイラバを試しますが、

青物やマダイはお留守のようです。

そもそも、青物激熱タイムの朝まづめはとうに過ぎており、

一級ポイントと言えども簡単に釣れるものではありません。

 

結局、やっぱりこれかな、と次に選んだのはライトジギングロッド+40gメタルジグ。

そう、朝にアジやサバを釣ったタックルです。

第1投で、

尺サイズのアカハタが食ってきました。

次女から

「ヒラマサとブリは要らん!アカハタを釣って来い!!」

と注文を受けていましたので、これでミッション達成です。

 

メタルジグは後が続かず、ここでついに禁断の餌釣りスタート。

そう、甘エビを使ったひとつテンヤです。

しかし、久々のテンヤで勝手がわからず、珍しく連続ロストなんぞしてしまい、

速い潮と吹き始めた南風にに大苦戦。

重いテンヤはすぐに根がかりするので、5号ほどの軽めのテンヤを使い、

テンヤが沈下する方向に操船してボートを動かし、

なんとか釣りのスタイルを作り上げました。

さすがにエビは各魚の大好物のようで、ひっきりなしにアタリはあるのですが、

魚が小さいのか遊ばれているのかなかなかヒットしません。

ようやく釣り上げたのは、

またまたアカハタ。これも尺近くありました。

続いて、

20cmほどのチビハタ。

想像はしていましたが、このクラスが餌を奪っていたのかもしれません。

もう大きいのが2ついるのでリリースです。

 

続いては、

これも美味な尺カサゴ。

 

あ、こんなのもジグで釣れましたよ。

ジグと餌がごっちゃですが、なんと五目達成ですね(笑)

 

昼近くなって、予報どおり空模様がだんだん怪しくなってきました。

久々の操船で、全身のあっちこっちが疲れを訴えています。

船外機のレバーを持つ左手は、手の平がつりそうな感じ。

天気も怪しくなってきたので、のんびり操船して各ポイントの状況を見て回りながら、

出航場所を目指します。

正午ごろに沖上がりとしました。

ビル・ジャックさんも同じ考えだったようで、一足先に片付けを始めていました。

電動リールを使った中深場釣りで、ムツが爆釣だったそうです。

 

ハンディGPSを確認すると、

どうやら、何か釣り道具がタッチセンサーを作動させてしまったらしく、

出航2時間でカウントがストップしていました(泣)

 

結局天気は持ち直し、片付けが終わるPM2:00頃はまた日が差していました。

日が照った海岸でのボートの片付けは超重労働で、

帰ってから体重計に乗ったら、出発前から2kg以上減っていましたよ。

 

早く帰路についたので、帰りの渋滞はほとんどなし。

夕方には家に着きました。

 

サバは一部刺身にして当日食べ、残りは塩焼き用に、もちろんサバタンも作りました。

さばの刺身は釣った日限定ですが、とっても美味しかったです。

長女も次女も納得の笑顔。

翌日(今日)、サバとアジは塩焼きに。

カサゴとアカハタは次女のリクエストで煮付けです。

仕事から帰ってみると、

ぐっちゃん用に残されたアカハタ尾頭付きの煮付けです。

このアカハタ、激ウマでした。

今までたくさんアカハタを食べてきましたが、こいつがベストだったと思います。

 

全て尺サイズ以上のサバ、アジ、カサゴ、アカハタが、1日で全て完食されました。

ヒラマサだと全然売れないのに、この食いつきの違いはなに?

ぐっちゃん的には、それでもヒラマサが一番美味いと思うんですけどね~。

 

今週はまた2つも南海上に台風が発生しました。

週末に影響が残るか微妙ですが、次週までは内房で、

シルバーウィークから外房が解禁になります。

 

とりあえず、夏シーズン恒例の内房釣行、まだ1回だけですが行くことができました。

秋のヒラマサシーズンは刻一刻と近づいてきています。

これから一気にテンション上げていきますよ!

皆様、よろしくお願いします!!

 

それではまた おやすみなさい

 

にほんブログ村 釣りブログ ゴムボート釣りへ
にほんブログ村

  GyoNetBlogランキングバナー

コメント (20)