房総半島で釣り。ゴムボーダーSaiの連れない日誌!

中年になってから釣り好きを思い出し、カヤックから始めてエンジン付きゴムボートに魅せられてどっぷりと嵌ってます。

外房パート3 ㊗I先輩と試練の海 

2017-03-24 15:05:59 | 釣行記
3/23(金)出撃して来ました、外房の海!

前回20日からの中2日、「舌の根も乾かぬうちに」という言葉が有りますが、まさしくそんな感じ!

前日は以前からの約束で恒例の麻雀大会、少し仮眠してからの出発でかなりハードスケジュール。

実は出撃の予定は無かったんですが、天気予報を見ると中々いい感じの風!前回青物不発の

自分の中の自分が叫びます。「こんな絶好なコンディション最近無いよ!

この時点で気持は決まりです、あとはどう奥様に説明するか?「あの~明日行ってくるわ・・」

「バカじゃないの、独りで行かないでよ(怒)」という事で久々の登場 i先輩!

時刻は3時20分気温6度  事務所で先輩と合流、一路外房目指して車を走らせます。

  現地到着5時30分準備を済ませいざ岸払い!待てよ、何だかすごいウネリ、ボートが右へ左へ振られます。

なんとかボートに乗り込み颯爽と沖合目指します。 風は無いんですがウネリが・・・?

程なくポイント到着、竿を出します。今日の狙いはもちろん真鯛と青物!

2人とも真鯛狙いでテンヤを落としますが当たりが有りません(泣)暫らく様子見しますが反応なし!

チョットうねりは有りますが、風はこれから凪いで来る予報だし沖目で青物やって、帰りにまた真鯛

やりましょうという事で意見が一致、遥か沖合目指してアクセル全開!

風波は殆ど無く、ボートは気持ち良く滑走状態に入り時速25kmで暫らく走行、頬をうつ風も心地よく

日差しは何となく春を感じさせてくれながら、釣れるオーラを降り注いでくれます。(嬉)

ああ俺、釣れる事も嬉しんだけど、釣りに来れる事も嬉しんだな、なんて感じながら程よい水深に

到着、ジグに祈りを込めて投下、このひらひらが青物を狂わすのかな?なんて思いながら着底を待ちます。

さあここからが苦行の始まり、潮に流されながら斜めに入ったジグをひたすらしゃくります。

流石に前回の疲れと睡眠不足、そしてかなり強烈なうねりで少し気分が?・・・・程なくエサ釣りに

移行、根性無しです。 お判りでしょうか?水平線の凸凹は全てうねり!

i先輩ビビりが入ったようで、5分おきに「ねえsaiちゃん、やばくね?」、確かにうねりの頂点

と底の高低差はおそらく10m位かな?150号の重りがガツンガツン底をたたいて底取りが困難。

前日の麻雀が効いたのか船酔い気味(泣)すると先輩、「何か根掛かりかな?重たいよ」

よーく竿先を見ると生体反応有り、「先輩それ魚だよ!」ファイト開始。

ドラグの出されるチリチリ音を聞きながら、たも網の準備をして羨まし気にやり取りを見つめます。

取り込み成功  i先輩満面の笑み(嬉)怪しげな迷彩模様のジャケットも

この時ばかりはかっこ良く見えました。(笑) 私もやる気swが入りルアー釣りに変更、すると直後

ガツンとアタリ!この感覚久し振り(嬉)合わせを入れてファイト開始、しかし中層に来ると何故か

重たいだけ?「あれバレたかな?」ちょっと乱暴にリーリングして魚を確認、白いおなかが見えます。

なんだこれ?   ビッグなカサゴちゃん登場、最初魚種が判りませんでした。

もう少しやりたかったんですが、激しいウネリでi先輩がビビってしまったのと私の船酔いで敢え無く

終了。一度帰って考えようとなり沖上がり。

さて、着岸が問題でした、うねりによる波の打ち返しでボートが振られる振られる、やっとの事

ドーリーを付けて何とか引き上げ、ほっと一息・・再度出撃の元気は有りませんでした。

この時点で10時30分、実釣3時間30分、真鯛の姿は今日も拝めませんでしたが海の荒々しい

状況も経験出来たし、i先輩のタックルの入魂も出来たし、大満足の釣行になりました。

片付けして海にさよなら  して、帰って明日の現場の準備、かなりハードです。

普段魚の大きさを測った事が無いんですが、カサゴの大きさが気になり測ってみました。

   カサゴは47㎝1.5k ワラサは75㎝4.4k有りました。

ps  ステキチさんの真似して15リッターバケツで血抜き。次回は自分の釣った魚で!

帰って来たら自宅近くの桜ももう少しで開花  春ですね。



       今日の一句  赤と青 百課繚乱 春の宵 海の恵みに感謝!

 

コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

外房パート2 信じる者は釣り上げる

2017-03-21 13:27:32 | 釣行記
3月20日外房から出撃して来ました。

実は黒犬丸さんと南房からイサキ狙いで出撃しましょうという事で予定していましたが、

風がイマイチ(悲)・・午前中は7~8m北寄りの風午後13時頃にやっと3~5mに収まるという予報!

しかし外房は午前10時頃には北風3~5mに収まり、後14時には東寄りに変化5~7mの風という

前回完全〇坊主をくらった時と同じ予報!「外房行きますか?」とは言えずに悶々と夜を迎えます

そこへバンサレーさんから前日の釣行が中止になったんで行くのなら同行しませんかと?お誘い。

10時から13時までの3時間限定の外房出撃、決定です。(嬉)

朝6時自宅出発、現地到着8時半、急いで準備に取り掛かります  9時34分

準備完了颯爽と 岸払いと思いきや!トレーラブルの方が帰港して一言「全然ダメ!水温下がったかな?」

聞かなきゃ良かった(悲)・・・  

結局岸払いは10時半、  海はこんな感じ  

風は結構強めですが、待った甲斐が有り何とかテンヤやタイラバ釣りが出来そう!今日の狙いは真鯛と

ワラサ、私はテンヤでバンサレーさんはジグを落として青物狙い!

しかし風が強くかなり釣りずらい状況、暫らく続けますが嫌な予感が・・・またか?

テンヤでは底が取れないんで、私もジギングロッドを握り一心不乱にしゃくります。

何故か二人とも無言・・しかし考えている事は同じ様な気がして、どちらとも無くこれ一日中やってる

人凄いね!
と話が合います。

いい加減アタリも無いんでどうしようかと思案、深場に行こうとなりアクセル全開!この頃には

風目の代わり時なのか体感2m位の北東風!水深80m前後の良く解らない場所に来て、私は電動で

鬼カサゴ仕掛けを投入、バンサレーさんはひたすらジギングandキャスト。

程なく私の竿になにやら当たりが!重り120号をぶら下げた固めのロッドが良い感じでしなります。

  ビッグサイズなホウボウ君登場、その後も小さな鬼カサゴが

二連発リリース。そんな事をしているとバンサレーさん  意識朦朧としています。

いやいやオーラが全身から出ていますが、突然やって来るのがルアー釣りの醍醐味!ゴツンと

重いアタリの後ドラグが悲鳴をあげて、闘いの開始を告げます。久し振りにドラグの快音を聞いて

私も興奮マックス!たも網を抱えて準備態勢を作ります。「重くて上らない!」バンサレーさん

の叫び声を聞きながら「絶対上げよう!」応援しますが、何回か竿を熨されて巻き上げた瞬間「あっ!」

ラインブレイク(泣)フッキングはがっちりしていた様ですが、結び目が伸ばされていました。

しかしバンサレーさん諦めません、再びのジギングからのサワラゲット!

その後もワンバイト有りましたが此れはフッキングしませんでした。

その後カサゴ君を追加して  そろそろ風が真東になって来たんでヤバそう!

早めの撤退は海では常識、という事で沖から退散、無事帰還しました。

さて、タイトルの信じるとは?何を信じるか、今回エサ釣りに走り釣果を得た私、いやいやオーラを

出しながらも、ひたすらしゃくり倒し青物ゲットのバンサレーさん、

どちらも信じたものは自分!しかしルアー釣りは気持ちを試されますね・・・・・・・・

今回も真鯛は釣れませんでした(泣)「次回こそは釣るぞ」そう信じて海を後にしました。

釣れた魚は美味しく頂きました。   



    今日の一句   信じれば 海は優しい 鰆かな  海の恵みに感謝!





コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

外房 パートワン

2017-03-14 19:29:46 | 釣行記
3/12(日)外房から出撃して来ました、結果は惨敗

前週ワラサ祭りとの情報を聞きつけ、ワクワク感満載で6時31分自宅出発 

気温1度、この日は朝のうち7m北東の風、後10時位に3~5m東寄りに変化という海況予報!

朝一はダメだな?と予想して遅くに出発、同行者は黒犬丸さん。約2か月半ぶりの外房

という事で気合が入っています!現地到着8時すぎ、すると波打ち際に外房軍団の面々が井戸端会議中?

何何?どうしたの?ぐっちゃんが状況を教えてくれました。「水温が低いし、巻き網も入ったみたいだし、

魚からの反応も無いんで皆で休憩中!」との事・・・  そんなーと思いながらも1時間位で準備完了!

外房軍団の皆さんと少しお話していざ岸払い!今日もヤマハ9.9.hpでアクセル全開、するとブログで

見覚えのあるステキチさん発見、初めましてのご挨拶をして再び沖合目指します。

今日の狙いはテンヤか鯛ラバで真鯛、そしてジギングでワラサ!まずは真鯛狙いで私はテンヤ、黒犬丸

さんは電動で鯛ラバを投入  パラシュートがすごい勢いで引っ張られます、

久々の真潮!そして風は東から西に潮と真逆、暫らくすると根掛かりからのテンヤロスト(泣)

あっという間に流されてしまい、ジグを落としても糸が斜めになり、まるでキャステイング

してるみたいな状況(驚)こりゃーダメだ!釣りにならん、一旦帰港してカップラーメン

を食べたり、トイレを済ましたりとまったりとします。この時点で嫌な予感がしましたが、風が

収まる事を願い再びの岸払い、沖合に来ましたが相変わらず風は強く、しかも東風、潮と逆!

糸が立つことは有りませんでした(悲)それでも少し粘りいろいろ悪あがきをしましたが

残念、久々の完全○ボウズ・・・こんな時もあるさと自分に言い聞かせ沖上がりしました。

出航場所でぐっちゃんや、たーさん/みーさん、ステキチさん達と釣り談義して帰路に着きました。

普段なかなかタイミングが合わず、釣り友とお話が出来ないんですがこの日は有意義な時間が

持てた事が最大の収穫!特にステキチさんの放つ独特なオーラは想定外でした(凄)

ぐっちゃんはこんな状況でも結果を出しているし、やはりもう少し釣りの引き出しを

造らないと進歩無いな、なんて思いました。

帰りは大原の友人宅に泊り、男二人でお好み焼きパーティー開催!

「今度はお土産持って来るから」と、信憑性の無い約束をして翌日帰路に着きました。

外房万歳!

  今日の独り言  落としても 落としても わが竿アタリ無し じっと手を見る

                  海の恵みに感謝です!





コメント (12)
この記事をはてなブックマークに追加

How long enjoy ゴムボート釣り?

2017-02-23 12:43:00 | 釣行記
サザエさんのお父さんの波平さんは54歳だそうです。私の方が年寄り?複雑な気分ですが

今とは平均寿命が違うんで比較にならないはず、一体何歳迄この遊びを続けて行けるんだろうかと・・・最近思います。

2/26でゴムボート釣り2周年、元来何事にも飽きっぽい自分が、よく続いているものだと感心しきり。

記念に26日に出撃と計画していましたが残念!どうしても都合がつかず2/22行って来ました内湾の海。

時刻は5時8分  気温1度、外房か内房か悩みましたが、電動リールがどうしても使いたくて

深場の釣りが出来る内房にしました。

買ったばかりのオモチャをどうしても使いたい幼児と一緒(爆)、狙いは鬼カサゴと赤、黒ムツ!

釣り情報誌でしっかり釣り方をイメトレして臨みます。  どんなに急いでも準備に1時間。

結局岸払いは8時30分!大幅な出遅れ(泣)、この日は朝のうち北風5~7m後7時には3~5mに落ち着き

午後12時頃には南寄りに変化、7mの風時折雨が混ざるという変化激しい気象予報。

気候の変化が本当に激しいんでボート釣り師の皆さん!ご安全に!

  朝一の海を独り占めして疾走、今日もアキレスにヤマハ9.9.hp、目指すは

水深100m以上の駆け上がりポイント、果たして釣れるの・・?実は何の根拠もありません(迷)

   深場の釣りはやったことが無いんで経験値0、おまけに

魚探の水深とリールの水深が?な感じ、えー深くなると魚探も変えなきゃダメなの?この魚探150m超えると

正確な水深表示が出なくなるようです、仕方ないんでgpsの画面で地形変化を見ながら流します。

早速一投目から小さなアタリ(嬉) 可愛い鬼カサゴとフグ君が釣れました!河豚君はお帰り

頂き、カサゴ君にはお父さんかお母さんが迎えに来るまでお待ちいただく事にします。

同じラインンを流していると程なくお父さんが迎えに来てくれました(嬉) 立派な鬼カサゴ!(初)

この日は水深150mを超えると際限なく道糸が出て行き、これが噂に聞いた2枚潮?3枚潮?なんて

考えていると結構な間隔で当たりが続きます、コンコンっと引いたら即合わせは厳禁、優しく聞き合わせ

するのが良いようです、そして巻き上げ途中でもゴンゴンと引きが有り楽しませてくれます。

密かに持って来た、イカ仕掛けを投入しようかと思いましたが気が付けば時刻は12時30分、風向きも

南寄りに変わって来たぞ!ムツもイカもやりたかったけどここは安全優先して沖上がりとしました。

  片付けして  ラーメン食べて  
 
海にさよならしました。  本日の釣果、有りがたしです。

 
PS、バイプレーヤーズというWOWOWドラマはこの湾がある地域が撮影現場だそうです、いつもお世話に
  なっているんで地域の活性化に少しでも貢献出来ればと考えています。


      今日の一句     3年目  春一番の 鬼カサゴ 海の恵みに感謝!
コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

ヤリイカへGO

2017-02-11 13:53:44 | 釣行記
一度やりたかったイカ釣り!黒犬丸さんからのお誘いを受け行って来ました西伊豆の海。

厳寒期の夜釣り・・・この時期餌を求めて夜になると深場から浅場にヤリイカが上がって

来るそうです、そのイカを夜間照明でベイトを集めて釣り上げるというもの、天気予報は雪!

この冬一番の寒気が日本列島を覆いこんな時に釣り!それも自宅から200kmも離れた遠隔地。

一抹の不安を抱えたまま2/9、19時黒犬丸さんと合流、一路西伊豆の戸田港目指して

車を走らせます。

道中いろいろ釣り談義や世間話をしていたら、アッという間に現地到着、準備に取り掛かります。

  乗合船ですが貸し切り状態  当然かな?・・・

23時前にポイント到着、しかしスッテの取り扱いが判らないので黒犬丸さんに教えてもらい

いよいよ投入!順番を間違えると仕掛けが絡んで大変、今回は11㎝5本のスッテ仕掛け、

これが日中の深場釣りでは10本とかで広く棚を探り釣り上げるそうです。

今年はイカが全国的に大不漁でこの日も開始1時間くらいは音信不通!何か違和感を感じて

リールを巻いてみたら、付いていたイカを取り込みでばらしてしまい、嫌な予感がよぎります。

常にテンションを意識して取り込まないと、イカ君サヨナラです(泣)暫く竿を使って

誘いや落とし込みをやっていると、何となく乗りが判るようになりやっと釣りあげる

事が出来ました(嬉)。

途中黒犬丸さんに仕掛けをお借りして、餌まき餌木で置き竿 

餌は鳥のささ身!イカが鳥を食う?よく理解できませんが実際釣れました。

  時刻は3時半、天気は雨からのみぞれ状態、気温はたぶん0度位かな?

船頭さんの「もう帰りましょう?」という言葉に我に返り、釣りしてると時間がアッという間だな

なんていつも思う事を今日も感じて沖上り、イカの〆方を教えてもらい帰路に着きました。

帰りはほぼ爆睡状態!黒犬丸さんありがとうございました。

購入した電動リールも使えたし、イカ君も釣れてくれたし、大満足の釣行になりました。

さて時期は遡り、こんな催しに行って来ました!キャンピングカーショー。

       

ゴムボートと船外機を載せて日本全国釣行!夢は膨らみます。

  釣れたイカは美味しく頂きました。ゲソが絶品でした。



       今日の一句  凍えても イカ釣り楽し 食味よし 海の恵みに感謝!
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加