進め!Gucchan号!

房総半島をメインフィールドに、マイボートで大物を追いかけています。たまには陸っぱりも。釣りがメインのブログです。

この冬最大の…

2013年02月24日 | アジング/メバリング

    
にほんブログ村  ボート釣り ブログランキングへ
  

  

金曜日、このブログで知り合った日野さんからお誘いがありました。

「日曜日に外房で一緒に浮きませんか?」

親しくやり取りさせていただいていますが、まだ実際にお会いしたことはありません。

「是非一緒に浮きましょう!」

という事になったのですが・・・、

   

天気予報では朝から北西風がかなり強い予報。

さらに、この冬最大の寒波が迫ってきています。

104011

 題名を見て期待して閲覧してくれた方、ごめんなさい・・・

土曜日の夕方まで悩んだのですが、結局ボートは断念することにしました

結果的には、日曜日は大型ジギング船も早上がり、午後船欠航と、

海は大荒れになったようなので、正解だったんですけどね

 

日野さん、申し訳ありません。

次の機会には必ず一緒に浮きましょう!

 

さて・・・、

土曜日の所用が終わったのは21:00、

日曜日のボートは断念しましたが、朝までは風がそれほど強くないと思われます。

 

「海に行きたいなぁ」

「よーし、アジング&メバリングだ!」

 

今から準備して外房に行けば23:00、3~4時間アジングして、

朝マヅメに間に合うように内房に移動すれば・・・。

 

 

・・・・・・・・・、

  

アホですね(爆)

 

Nec_0225

計算通り、23:00ちょっとすぎに外房某港に到着。

ん?

思ったより風が強くないかい?

体感で風速5mくらいありそう。

 

今日の本命ポイントは西向き。風は西から吹いています。

逆風。

こういうときは、別のポイントに移動するか、釣り方を変えるんですが、

どうしてもこのポイントでやってみたかったので、投げサビキを試します。

Nec_0227

例によって赤い光はぐっちゃんの電気浮き。

前回シーバスロッドで全然釣った感じがしなかったので、今回はエギングロッドです。

港内なのに波がけっこうあります。

正面から冷たい風が吹きつけます。

幸先良く2投目から浮きが消し込んだのですが・・・、

1時間ほど頑張って釣り上げたのはわずか2匹・・・。

Nec_0231

ちなみに、エギングロッドでも釣った気がしません(笑)

20cmをちょっと超えるくらいのサイズなので、アジングロッドならけっこう楽しめるサイズなんですが・・・

 

正面からの風は、防寒着着込んだ体もどんどん冷やします

あまりの寒さに、風を背中から受けられるポイントを探し移動開始。

結局、よさげな場所が見つからず、どんどん南下。

アジングに切り替えです。

Nec_0238

結局、深夜の3:00頃までランガンしましたが、アジングの釣果はなし。

 

朝まづめまでアジングで粘る作戦もあったのですが、それには風が強すぎます。

予定通り、朝まずめは内房でメバリングと決定。

道中、車の気温表示を見ると、

Nec_0242

外気温マイナス3℃です(汗)

まあ、海沿いではなく、ちょっと内陸部の気温ですが・・・。

ちなみに、到着した内房のメバリングポイントは0℃でした。

  

それ以上に驚いたのは・・・、

 

「風、こっちの方が強いじゃん(大汗)」

 

しかも、南西風です。

南風ならメバリングは可能なのですが、体感気温は半端なく低い(涙)

 

ちょっと頑張ってみたのですが、朝まづめを待たずして挫折・・・。

向かった先は、

Nec_0244

内房某漁港にある、24時間営業のお風呂。

有名な漁協直営の飲食&宿泊施設に併設されています。

こんな時間なので貸し切りかと思ったのですが、同種の人がけっこういるようで、

4,5人先客がいました。

 

十分温まってお風呂を出たころには、東の空が明るくなっていました。

Nec_0245

風は相変わらず、というかますます強くなって、釣りどころではありません。

車のシートを倒して一休み、と思ったら爆睡してしまいました

 

目が覚めたら、当たり前ですがすっかり明るくなっています。

Nec_0247 Nec_0250

貸ボートがあり、普段は非常に穏やかな海岸が、このありさまです。

上はスロープ、下は貸ボートが出航する砂浜です。

当然、ボートどころじゃありません。ショア釣りも無理です。

さっさと帰路に着きます。

  

行楽客とは逆向きになるので、のんびりと空いている一般道を走り、

10:30頃自宅に帰りました。

 

釣り上げた2匹のアジは、本来ならリリースする数なのですが、

Nec_0255

刺身が食べてみたかったので持ち帰りました。

わずかばかりしかとれませんでしたが、非常に美味でした。

 

穏やかな日曜日を過ごしていたら、ヒラマサキラーI君からメール。

 

Nec_0257

 

・・・・・・。

  

またしても、自宅ジギングでワラサゲット70cm近くありますね。

I君、土曜日の午後船でまたしても乱獲したようです。

 

早速、

Nec_0264

半身は刺身。本日おいしくいただきました。

 

Nec_0261

半身は切り身用、カマ焼き用に頭を割って保管。

Nec_0262

卵を持っていました。

下の色の濃い塊は心臓です。

 

我が家はまたしても、しばらくワラサづくし突入です

浮けなくてもうまい魚が食べられるのは幸せですね

 

それではまた おやすみなさい

 

    GyoNetBlogランキングバナー

<script type="text/javascript"></script> <script type="text/javascript" src="http://www.assoc-amazon.jp/s/ads.js"></script>
コメント (2)

房総半島縦断2往復!真冬の外房を実感(涙)

2013年02月19日 | ゴムボートJEX325 釣行記

     
にほんブログ村   ボート釣り ブログランキングへ

 

2月17日の日曜日、外房で浮いてきました

先週の忌まわしきエアバルブ損傷事件もあり、2週連続で浮かぶ事ができず、、

今週こそは、と意気込んでいました。

新調したひとつテンヤタックル、やっと日の目を見るか?

破損したGucchan号のエアバルブの取り換えは、

Nec_0210

強風吹き荒れる土曜日に敢行しました。

写真を撮るのも忘れてしまうくらい簡単に交換終了~

 

時間が経つほど海況が回復する予報だったので、

ゆっくり出かけるつもりだったのですが、

子供たちが騒いで早寝することができず・・・、

結局深夜に移動し、車の中で仮眠して朝を迎えました。

 

AM5:30、東の空がうっすら明るくなりだしたころ、車から荷物を降ろします。

その時・・・、

 

「あ、やっちゃった!」

致命傷です。今回は、何か壊れたわけではないんですが・・・、

ゴムボート釣りを始めて初めて、エアポンプを忘れてしまいました

Btp12l

これですね。

え?フットポンプで膨らませばって?

あんな非効率的なもの、最近は倉庫の奥に放置しっぱなしです

以前は必ず車に積んでいましたが、全く使わないし、使う気にもならないので・・・。

荷物を車に戻して、冷静に考えます

今は朝の5:40です。

ここから家まで85km(内、高速道路は25kmほどです)、朝の空いている時間なら、

交通法規を無視してぶっ飛ばせば 急げば、1時間半で家に戻れます。

天気は晴れ。風は微風。波は少々残っていますが出航には問題ありません。

こちらに戻ってくるときには、行楽客も多いでしょうからそこそこ時間がかかったとしても、

9:00には再び出航場所に居れるのでは?

 

「よし、往復するぞ!」

こういう奴を釣りバカ、と言います

もっと冷静に考えれば、この日の最高気温6℃だったんです。

しかし、そんなこと燃え上がったの前には何の説得力もありません。

ひたすら北上、家の倉庫でエアポンプを見つけて車載し、再び南下。

事故渋滞などで迂回を余儀なくされたりしましたが、

それでもなんとか、8:50に再び出航場所に戻れました。

 

その時ふっと思いました。

「あれ?戻る前より風が強くなってない?」

予報は先ほども書きましたが、だんだん風が収まって凪に近づいて行くはず。

一抹の不安を覚えました。

それでも、大急ぎで準備して、9:30に出航!

Nec_0224

 

波は・・・、

Nec_0214

それなりにあります。

風は、なぜか強風の域に達しています。北の風、推定7,8mほどでしょうか。

天気も写真のようにどんより曇り気味。

晴天、微風、凪の予想は、出航直後に裏切られました。

 

風が収まるまで、近場でアジでもと思いましたが、

水温を見てびっくり!

なんと13.5℃しかありません。

実績ポイントを細かく魚探でチェックするも、反応ゼロ。

アジ、いません(汗)

底が岩礁になっている浅場に行くと、魚探の反応はあるものの、

水温が低すぎるのか、魚は口を使いません。

そうこうしているうちに、どんどん体が冷えてきます。

「さ、寒い・・・。」

手はかじかみ、足がしびれるような寒さです。推定気温5℃くらいでしょうか。

吹きつける風が体感気温をさらに下げます。

「いったん出航場所に戻ろうか・・・。」

寒さで心が折れそうになるも、何のために家まで往復したんだと自分に言い聞かせ、

あちこち魚探でチェックしながら、魚の反応のあるところをひとつテンヤで探ります。

Nec_0215

Nec_0222

ちょっと深い場所に移動。水温はやっと14℃に。

 

その後、時間とともに徐々に風が弱くなり、昼の12:00過ぎくらいから、

沖に向かって移動できそうな海況になりました。

Nec_0219

沖に向かうと、ちょっとずつ水温が上がります。14.4℃まで来ました。

Nec_0223

同じような海の写真ですみません。実際にはかなり波が小さくなっています。

少し太陽も出て、海の色も青く見えますね。

水深30mほどの沖で、ひとつテンヤやライトジギングを試みます。

 

が、

 

ここにきて、魚の写真がないことにお気づきの方も多いと思いますが、

水温低下の外房で、一か八かのジギング&テンヤゲームの結果は、

 

ボウズ

 

さすがにこの寒さでは、日が昇っているうちに片づけを終えないと厳しいです。

残念ながら、テンヤロッドに命を入れるのは次回に持ち越しです。

14:00、仕方なく納竿。

 

後片付けの最中に帰還してきたFRPボートの釣り師は、

水深60mの沖まで気合いで行って、

鯛ラバで60cmオーバーを筆頭に真鯛を3枚上げた、と見せてくれました。

別のFRPボート師は、やはり水深60mラインでヒラマサがバシャバシャと音を立て、

ベイトを捕食しているのに出くわしたそうです。

「友人が4kgクラスを上げて、まだ沖で粘っているんだよ」と言われていました。

 

結論から言えば、この低水温の中で勝負をするには、水深30mでは浅すぎたようです。

いくら風が弱まったとはいえ、冬の外房で水深60m地点まで行くのはけっこう大変です。

結局、チャレンジした人が釣りあげ、そこまでチャレンジできなかったぐっちゃんはボウズ。

非常に分かりやすい差でしたね。

 

房総半島の海は、ゴムボート釣り師にとって一番つらい季節に突入しました。

だからって、シーズンオフってわけじゃ、ないんですけどね~。

できる限り海況の良い日に浮きたいです。

 

それではまた おやすみなさい

 

    GyoNetBlogランキングバナー

コメント (4)

エアバルブ届きました♪

2013年02月16日 | DIY・日曜大工

            
にほんブログ村     ボート釣り ブログランキングへ

 

昨日2月14日バレンタインデーでした。

若かりし頃は、2月14日は親しいお得意先をできるだけ多く訪問し、

用意してくれているチョコレートを回収するのが仕事でした

今思えば、いい時代でしたね。

ホワイトデーでは、お返しのお菓子類で毎年1万円以上使っていたことを思い出します。

気がつけば、バレンタインデーなど無縁な年齢になってしまいました。

昨今は義理チョコを贈る風習もすっかりすたれたように思います。 

Nec_0212

最愛の奥さんが、チョコレートケーキを作ってプレゼントしてくれました

ハートの形をしていたのですが、食べかけてから写真を撮ったので、

元の形が分からなくなっています(汗)

 

話は変わりますが・・・、

我が家の台所、キッチンの照明が壊れてしまいました。

天井の照明も、手元を照らす照明も、両方ご臨終。

正確には、手元を照らす照明は、少し前から壊れていたんです。

  

天井の照明は形が古いので、そのまま付け換えという訳にはいきません。

配線工事が必要です。

手元用の照明も、システムキッチンに据え付けなので、簡単には外れないんですが・・・、

Nec_0203

こんなのを買ってきました。

LED照明で、8.5W。蛍光灯だと20W相当です。

これを、システムキッチンに貼り付けます。

Nec_0207

奥が壊れたもともとある照明。

ここにコンセントがあるので、そこから電源をとります。

Nec_0205

明るい

一気に現代風になりました

夜遅く帰ってきての作業なので、奥さんは寝ていて、この照明の存在はまだ知りません。

きっと明日気がついて、喜んでくれるでしょう

 

だいたい、ぐっちゃんが家族(特に奥さん)に喜ばれるようなことをするときは、

それなりに理由があります。

前回洗濯乾燥機を買ったときは、ひとつテンヤタックルの隠れ蓑でした。

今回は・・・、

Nec_0210

エアーバルブ2個と専用レンチのセット。

前回バルブを壊して浮けなかったので、早速手配した代替バルブです。

これが送られてくる事がわかっていて、奥さんに受けとってもらったので、

そのお礼と、後々嫌味を言われるのを回避、というところですかね。

 

明日、ゴムボートを広げて、早速修理してみます。

ということで、本日はバルブとレンチが届いたよ、という報告でした。

 

明日の土曜日は海と天気が荒れそう。日曜日は大丈夫かな?

とりあえず、出航準備は間に合いそうです。

 

それではまた おやすみなさい

      GyoNetBlogランキングバナー

コメント

ワラサ祭り出航できず(涙)→自宅ジギングで大物ゲット!

2013年02月11日 | カゴ釣り

     
にほんブログ村   ボート釣り ブログランキングへ

  

ギアオイルも交換して、やる気満々!

天候は上々、外房ジギング船はワラサが釣れまくっているとの情報です。

 

土曜日の夜に外房に入り、ちょっとアジ釣りやって、

日曜日の朝からゴムボート、という最近パターン化している釣行計画です。

 

Nec_0164

外房の某漁港に到着。

Nec_0168

港内なので海面は穏やかです。

 

カゴ釣りは仕掛けが大袈裟なので、

外房の20cmくらいのアジでは釣り味が楽しめません。

今回はシーバスロッドに投げサビキの仕掛けで、オモリは1.5号。

それでも、シーバスロッドですら中アジはやっぱり釣り味が薄い。

エギングロッドにすればよかったかな?さすがにアジングロッドは先が折れそうなので・・・。

Nec_0161

群れが小さいのか入れ食いにはなりませんでしたが、

ポツポツといつものサイズのアジが釣れました。

 

例によって公園の駐車場に移動し、睡眠をとります。

朝5:30、日の出前ですが、東の空が少しずつ明るくなりはじめます。

出航場所に移動。

この日は海況が穏やかだという予報もあって、ボート族大集合です。

トレーラブルボート、カートップボートが5,6艘、ゴムボートはぐっちゃんだけです。

ゴムボートは近くの海水浴場から出す人が多いので、

有料の漁港であるこの場所は、重量級のFRPボートが中心。

  

早速、明るくなりきる前に準備しようとボートを広げます。

「あっ!」

ホースの先をボートのエアバルブに差し込もうとした時、

バルブの中心にある棒を折ってしまいました。

よそ見をしていて、手元をよく見ていませんでした。

Nec_0170

以前ボートを畳もうとした時に、同じ棒が折れていたことがありました。

Nec_0024 ←2012年8月12日の画像です。

が、今回は明らかにぐっちゃんのミスです

この棒がないと、空気のストッパーを押し下げることができないため、

ボートを膨らますことができないと思われます(試していません)

一気に戦意喪失

意気揚々と出航していくFRPボートたちを見送って、

いそいそと6:30頃帰路に着きました。8時そこそこに帰宅したので、

Nec_0175

家族サービスで、成田ゆめ牧場に行っちゃいました

持ち帰ったアジは、

Nec_0174

干物にしました

ボートのエアバルブはその日のうちに注文しておきました

次の週末までに納品されるはずです。

 

翌日、つまり今日ですが、

ジギング船に乗ったヒラマサキラーI君と、ヒラメキラーO君から電話。

「魚お持ちします~!」

またしても、自宅ジギングで大物ゲットです。ゴムボートのトラブル関係なし!

Nec_0183

おいおい、O君。それ、ワラサじゃなくてブリだよね、

今年の目標である、70cmオーバー、早々と達成です。

  

Nec_0184

左がこの日最大サイズ、7kg以上のブリ。

右は、I君とO君がぐっちゃんに持ってきてくれた3kgクラスのワラサです。

 

なんでも、水深80mラインで入れ食いだったそうで、

I君は7kgを筆頭に30本以上を釣りあげたそうです。

O君も10数本は釣ったとのこと。

二人とも腕がパンパンで上がらないって嘆いていました。

おいおい、本当はぐっちゃんが昨日釣る予定だった魚なのに~。

Nec_0186_edited1

長男がうれしそうにクーラーを引っ張ります。 

このワラサは、例によって1尾が刺身、1尾が切り身となりました。

I君とO君には、昨日作ったアジの干物をお礼にプレゼント。

めちゃくちゃ縮小されましたが、ご愛敬で・・・。

 

この日の夕方、八千代市にある、

釣堀太郎 八千代店に行ってみました。

http://turibori-yachiyo.com/

Nec_0198  

屋根もあるし、寒い日や雨の日の退屈しのぎにはいいかも。

入場料がかかりますが、ジュース飲み放題だし、釣りしなくても元はとれます(笑)

釣れるのは鯉が中心ですが、あたりは多いものの食い込みがシビアでなかなか釣れません。

Nec_0194

金魚釣りもあったりして。

 

まあ、ゴムボートがないとご機嫌ナナメなぐっちゃんですが、

今週は家族サービスもできたし、よしとしましょう

  

I君、O君、またしてもありがとう。

我が家はまたしても、しばらくワラサ尽くしが続きます

 

それではまた おやすみなさい

 

      GyoNetBlogランキングバナー

コメント (6)

ギアオイル交換しました♪

2013年02月09日 | メンテナンス

     
にほんブログ村   ボート釣り ブログランキングへ

  

今週は3連休です。

天候&海況は日曜日が一番よさそうです。

釣行は土曜の夜~日曜を計画。

 

1月12日、今年初出航の前にエンジンオイルを交換しましたが、

その時はギアオイルは後回しにして交換しませんでした。

そこで今日、ギアオイルを交換してみることにしました。

前回の交換は昨年の6月20日、半年以上前ですね。

その時は、ギアオイルのオイルプラグ(ネジ)を外すのに、すっごく苦労しました。

そこで、秋葉原のショップ回りをして見つけたのがこれ。

Nec_0148

上が普通のマイナスドライバー、下がギアオイル交換用に見つけたドライバーです。

Nec_0154 Nec_0157

左が上側、右が下側のオイルプラグです。特に下側が固くて、大きなドライバー必須なんです。

前回の反省を踏まえ、前日に、

Nec_0153

CRC5-56を十分吹きつけてあります。

おかげで、今回はすんなりオイルプラグを外すことができました。

Nec_0143

意外にきれいですね。これなら交換の必要はなかったかな。

まあ、一度抜いたオイルは戻せませんので、新品を入れます。

使用するギアオイルは、

Nec_0151 Nec_0152

ヤマハ純正品です。船外機はトーハツなんですけどね。

トーハツの純正品はGL-5でヤマハ純正品のGL-4よりハイグレードです。

トーハツはGL-5を推奨しています。

しかし、このヤマハ純正品はトーハツの純正品の1.5倍以上入っていて値段はほぼ同じ。

お買い得です。

この半年で20回以上出航していますが、このギアオイルでトラブルは皆無。

はっきり言って、問題ないでしょう。

 

下のオイルプラグ穴にノズルを差し込んで、力任せにオイルを入れて行きます。

上のオイルプラグ穴からオイルが溢れだしたら充填完了。上→下の順にネジを締めます。

1回の交換に必要なオイルの量は195mLですから、

このヤマハ純正ギアオイルは4回分ある計算になります。

でも、2回目を入れた段階での感想は、今後1回は十分間に合うだろうけど、2回はどうかな?という感じ。

まあ、ロスもありますしね。

今回のオイル交換で、ギアオイルはそれほど頻繁に変える必要がないと分かりましたので、

まだしばらくは買わなくて済みそうです。

 

と、いう訳でエンジンオイルに続きギアオイルも新しくなった船外機

明日使えることを願って、これから準備を始めます。

 

それでは よい釣果報告ができるといいなあ

   

    GyoNetBlogランキングバナー

コメント (2)

釣り用のバッテリーは偉大です♪

2013年02月06日 | うんちく・小ネタ

    
にほんブログ村   ボート釣り ブログランキングへ

  

本日は、釣りネタではありません。

車ネタです!?

 

ぐっちゃんの愛車は、

P2063769

もうすぐ7才になるエスティマくんです。

既に10万キロ以上走っている働き者で、

こいつがあるゆえにゴムボライフが楽しめると言っても過言ではありません

  

ただ、こいつちょっと面倒な奴でして、

今のタイヤにしてから、2年弱で4回もパンクしていたり、

デスチャージランプが既に2回も球切れを起こしていたりと、

意外に手間がかかります。

そして、一番厄介なのがバッテリー

走行距離を見てもわかるように、釣行の足として相当走っているほうだと思いますし、

普段は奥さんが毎日運転しているので、

どう考えてもバッテリーがあがるような環境ではないのですが・・・。

既に3つ目のバッテリーを使用しています

そして・・・、

一昨日位からセルの回りが鈍いな、と感じていたのですが、

今日の朝、エンジンをかけようとしたら、

「キュルッ」と弱々しい音がして、その後動きません。

またしても、バッテリーあがり。

車が動かないと、駅まで送ってもらえません。

うーん、困った・・・。

隣の人にお願いしてブースターケーブルを・・・、と考えていた時、

「ピンッ!」と来ました。

我が家には、12Vバッテリーが3つあります。

そう、釣り用のバッテリー。

超高圧電動ポンプを動かしたり、魚探の電源になっているバッテリー。

Nec_0061

その中でも一番新しい、シーキングの12V12Aバッテリーを持ち出して、

ブースターケーブルで車のバッテリーにつないで、

「セル始動!プチッ」 ←ボタン式のスターターなので・・・

「キュルルルルルーーーバーン」エンジンがかかりました。

 

その後、奥さんに駅まで送ってもらい、

奥さんはそのままエンジンを切らすに、近くのイエローハットに。

結局、バッテリーは寿命だと言われ、新品を買うことになりました。

P2063773_2

突然の25000円出費は痛いです(涙)

ちょっと納得いかないバッテリーのトラブル数。

どっかで慢性的に放電していないかい?

前回バッテリー上がりした後に、室内灯をすべて省電力のLEDに換えたのに・・・。

次回車検時に確認させます。

  

で、何が言いたかったかというと、

釣行時にはこの釣り用12Vバッテリーとブースターケーブルは必ず積み込んでいるわけですから、

万が一深夜や人里離れた場所でバッテリー上がりを起こしても、

JAFなど呼ばないで、自分でエンジン始動ができるということです。

当たり前といえば当たり前ですが、

7年目で4個目のバッテリーという我が愛車には常に不安がありましたので、

それが解消されて、気分がすっきり

 

そういえば、明日は関東の平野部でも積雪の可能性があるとか・・・。

Weathermap00

上の図の九州南部あたりにいる低気圧が雨を降らせ、

日本海の高気圧がもたらす寒気が雪に換えるという図式ですね。

明日は車の出番がないかも。その分早めに家を出なければ(汗)

 

という訳で、そろそろ寝ますね。

しょーもない、車に対する愚痴に付き合っていただいてありがとうございます。

でも、エスティマくん、大変気に入っているんですよ

 

それではまた おやすみなさい

   GyoNetBlogランキングバナー

コメント

なにはともあれ、海に行ってみました(^^)

2013年02月03日 | カゴ釣り

     
にほんブログ村   ボート釣り ブログランキングへ

  

土曜日、1日中

Yahoo天気予報 http://weather.yahoo.co.jp/weather/jp/leisure/tsuri/12/

とにらめっこして、行くか否か悩みましたが、

「行かないで後悔するより、行って航海後悔しよう」

ということで、釣行決行といたしました。

 

車が使用可能となった土曜日の夕方から準備開始

土曜日は各地で暴風が吹き荒れたため、

夜は海の穏やかな内房でメバリング → 移動・睡眠 → 日曜の朝から外房でゴムボート

という計画です。

 

PM8:30ころ、内房のメバルポイントに着きました。

海は・・・、

すごいことになっています 気温は15℃と防寒着がいらないくらいなのですが・・・、

南西の風がまだ強く、普段は穏やかなポイントが、波立って暴れています。

水深が非常に浅いポイントなので、底までかき回されてしまっている感じ。

水は濁りまくり、海藻やゴミが浮きあがってとてもメバリングどころではありません

  

風向きを考え、漁港内の穏やかな場所を選べば、釣りは不可能ではないでしょうが、

漁港によっては、南側の堤防・テトラに当たった波のしぶきが、

堤防を乗り越えて内側に雨のように落ちてきています。

いつもは大勢釣り人がいるのですが、この日は一人も見当たりませんでした。

「こりゃ、ダメだ・・・」

  

計画変更。

夜は海の穏やかな内房でメバリング → 移動・睡眠 → 日曜の朝から外房でゴムボート 

  

とりあえず外房側に移動して、海況を見ながら作戦を練り直します。

  

外房に着いて、海を見てみると・・・。予想通り大荒れです。

外洋に面しているため、堤防に直接波が当たる場所はとんでもないことになっています。

何ヶ所か漁港を回って様子を見ているうちに、だんだん風が弱まってきて、

港内なら何とかアジングやカゴ釣りができるレベルになってきました。

Nec_0110

某有名漁港。ここなら風裏になるポイントが多数存在します。 

 

Nec_0109_2

写真で見ると穏やかそうに見えますね。中央付近の赤と緑の光は電気浮きの光です。

遠方に見える緑は、灯台の光です。

  

アジンガーもかなりの数いましたが、釣果がいまいちそう。

PM11:00、カゴ釣りタックルでようやく釣り開始。ただし投点は10~20m。

Nec_0129

中央の赤い光がぐっちゃんの電気浮き。

常夜灯の影が水面で揺れています。少しざわついた感じの海面であることがわかりますね。

近くにいたアジンガーによれば、2~3時間前は港内も大荒れで、

とても釣りできる状態ではなかったとのこと。

確かにここでも濁りが入って、ちょっと厳しそうな感じです。

釣り始めたら、お客さんが近寄ってきました。

Nec_0118

ここでも、デブネコ!しかもやたら慣れています。

昨年末の静岡県内浦湾で遭遇した猫とまったく同じ行動をします。

ぐっちゃんの足にまとわりついて、早く魚をよこせ、と催促。

Nec_0131

少し離れた場所で釣果を待つデブネコ君。こんな風にライトを当てても逃げません。

まあ、ボートで浮かんでいても、カモメが同様の距離で待っていたりします。

猫、海鳥、釣り人は共存共栄の関係なんでしょうね

ただ、彼の期待とはほど遠く、釣果が伸び悩み

しびれを切らしたデブネコ君は、他の人におねだりしようと移動していきました。

デブネコ君、腕がなくて申し訳ない

2時間近く頑張って、あたりが6~7回。

釣りあげたのは20cm程のアジが4匹でした。

Nec_0137

 

夜は海の穏やかな内房でメバリング  移動 → カゴ釣りでアジ → 移動・睡眠 → 日曜の朝から外房でゴムボート

 

いつもの公園の駐車場で仮眠し、夜を明かします。

やっと寝着いたところで、もう朝の目覚まし。携帯電話がけたたましく鳴ります。

朝の様子を見ると・・・、

風は昨夜と正反対で、北風がかなり強く吹いています。

推定6~7m?海上では10m以上の体感風速でしょう。

それ以上に問題なのは波とうねりの様子。

小型FRPボートが一艘、海に出て行きましたが、堤防の外に出たとたん引き返し、、

港内の沈みテトラ付近でアジ釣りを始めました。

それでも、かなりうねっているのがわかります。

沖は浅い岩場で波がけっこう激しくはじけて、飛沫が立っています。

ボート、出して出せないことはないでしょうが、うねりとの戦いになりそうです。

今日の目的は一つテンヤタックルのデビューなのですが、

とてもポイントまで行けそうにありません。

Nec_0140_2

ここがこんな風に波飛沫を上げている時は要注意なんです。

Nec_0142

出航場所付近の写真ですから、それほど波は気にならないですね。

日曜日だというのに、出航したミニボートは前出のFRPボート一艘のみ。

AM8:00まで待って海況の回復を願いましたが、結局諦めました。

分かっていることですが、前日荒れた外房の海は、翌日もうねりが残ります。

AM10:00前には自宅に帰還。

夜は海の穏やかな内房でメバリング  移動 → カゴ釣りでアジ → 移動・睡眠 → 日曜の朝から外房でゴムボート  帰宅

改めてこうして書いてみると、計画通り遂行したのは睡眠のみ(爆)

ボートも一つテンヤタックルも、外房まで運んで戻しただけになりました。

まあ、半分は覚悟の上でしたし、カゴ釣りですが、一応釣りもできたのでよしとしましょう。

来週こそ、タックルデビューさせたいですね。

 

それではまた おやすみなさい

 

    GyoNetBlogランキングバナー

コメント (2)

またしてもポチっとしてしまいました♪

2013年02月02日 | 釣り道具

    
にほんブログ村  ボート釣り ブログランキングへ
  

今週末は天気が荒れそうですね

とくに今日・土曜日は、南からの強風や雨で海はすごいことになりそうです

ニュータックルのデビューは持ち越しかなぁ

 

ニュータックルと言えば、先週、

Nec_0086_2

LEADING テンヤゲームMH230 を購入したと報告しました。

リールはエギングに使用している

Product1_sbb 

セフィアBB C3000HGSを流用する予定だったのですが、

普段の手入れが悪いせいか、ややハンドルが重く、ざらついた感触も・・・。

そこで、なんとなくAmazonでリールを検索していたら・・・、

シマノ(SHIMANO) セフィアCI4 C3000HGS

シマノ(SHIMANO) セフィアCI4 C3000HGS
 

見つけてしまいました。なんと44%offです

見たこともないような破格値です(価格は変動するので、今の価格とは違います)

悩んでいたら、ヒラマサキラーI君が 余計なことに 気を利かせてポチッしてくれました

めでたく、ご購入です。

メーカーの在庫処分だと思われますが、

Amazonはシマノのリールをとんでもない価格で販売することがあります。

 

ご存知の方も多いかと思いますが、セフィアは、

Product1_s_3

後継機種のセフィアCI4+が発売になっています。

X-SHIPやマグナムライトローラーが採用され、ボールべアリングが2個増えていますが、

Amazonの販売価格差5000円は大きいです。

正直、スピニングリールはほぼ完成された精密機械なので、

メーカはいろいろ新素材やシステムにそれっぽい名称を付けて新型を売ろうとしますが、

価格ほどの差はないと思います。

 

とりあえず、ロッドだけでなく、タックル一式が新調されたことになりました。

Nec_0095_2

セフィアBBは270g、セフィアCI4は200g。超軽量リールですね。

軽さも回転のスムーズさも段違いです。

セフィアBBは元のエギングロッドに戻りました。

Nec_0107_3

左がLEADING MH230(230cm)とセフィアCI4 C3000HGS、

右がエギングロッドZALTZ ZAT892E(262.5cm)とセフィアBB C3000HGSです。

全長はエギングロッドの方が長いのですが、

リールシートの位置は一つテンヤロッドの方が かなり高いのがわかりますよね

いずれにしろ、これでますますNewタックルを使うのが楽しみになりました。

 

という訳で、またしても散財してしまいました、という報告です。

 

今日は天気予報とにらめっこして、日曜日の釣行が可能か検討します。

まあ、厳しいでしょうけど・・・

そういえば、報告が遅れましたが、1月29日に、

ブログ「進め!Gucchan号」、30000 アクセス突破しました。

みなさん、ありがとうございます

  

それではまた おやすみなさい

      GyoNetBlogランキングバナー

コメント